●店の天ぷらは衣が多い傾向があり、カロリーや健康が気になるなら極力避ける ●再利用を繰り返しドロドロになった揚げ油は油切れが悪く、揚げ物のカロリーを大幅に引き上げる javascriptが無効な場合カロリー計算機の一部機能が正しくご利用いただけません。javascriptを有効にすることで、より便利にご利用いただくことができます。, 一食あたりの目安:18歳~29歳/女性/51kg/必要栄養量暫定値算出の基準カロリー1800kcal, さつまいもの天ぷらのカロリーは37.4g(1個)で81kcalのカロリー。さつまいもの天ぷらは100g換算で217kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は36.87g。炭水化物が多く10.98g、脂質が3.7g、たんぱく質が0.77gとなっており、ビタミン・ミネラルではビタミンEとビタミンKの成分が高い。糖質の量は10.24g。, さつまいもの天ぷら:37.4g(1個)あたりのビタミン・ミネラル・食物繊維・塩分など, ※食品成分含有量を四捨五入し含有量が0になった場合、含まれていないものとし表示していません。, ※一食あたりの目安は18歳~29歳の平常時女性51kg、一日の想定カロリー1800kcalのデータから算出しています。, ※流通・保存・調理過程におけるビタミン・ミネラル含有量の損失については考慮されていません。, さつまいもの天ぷら:1個 37.4gのカロリー「81kcal」を消費するのに必要な有酸素運動の時間, Twitterアカウントを利用してこの食品の栄養バランスや食材としての評価をクチコミすることができます。. ●重さが同じなら食材を小さく切り分けるほど表面積が大きくなり衣の使用量が増える さつまいもの天ぷらのカロリーは37.4g(1個)で81kcalのカロリー。さつまいもの天ぷらは100g換算で217kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は36.87g。炭水化物が多く10.98g、脂質が3.7g、たんぱく質が0.77gとなっており、ビタミン・ミネラルではビタミンEとビタミンKの成分が高い。糖質の量 … ●ごま油は油切れがよく酸化しにくい。揚げ油に加えると香ばしい風味が付きカラッと仕上がる ●食材の水分が多いほど吸油率が高い。一般的に野菜>魚介>肉の順で油の吸収量が多くなる ●揚げ油を繰り返し利用すると酸化し健康を害する。変色したりドロドロになる前に変えるのが望ましい ●天ぷらは衣の厚みでカロリーが大きく変わる。衣を薄く付けると油の吸収量を大幅に抑えられる Copyright © [kcal-control.com] All Rights Reserved. 評価. まず確認してもらいたいのが、さつまいも自体のカロリーです。さつまいもは100gあたり132kcalあります。Mサイズのさつまいも(200g)では264kcal、つまりご飯1膳と同じくらいのカロリーと考えて良いでしょう。 さつまいもは100g換算で132kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は60.61g。炭水化物が多く63g、たんぱく質が2.4g、脂質が0.4gとなっており、ビタミン・ミネラルではビタミンCとビタミンB6の成分が高い。糖質の量は58.4g。 「さつまいもの天ぷら」1個(20グラム)のカロリーは44kcal。たんぱく質0.3g、脂質1.4g、炭水化物7.7g、塩分相当0g。写真付きのページで、食材から栄養バランスまで、グラフを使って解説します! また、焼くと163kcalとなりますが、これは、焼くことでさつまいもの水分が抜けて、同じ100gでも生のさつまいもより総量が大きくなるからです。 ちなみに、さつまいもの天ぷらは100gあたり221kcalとなり、衣と油の影響でカロリーがアップします。 ●食材の水分が油に置き換わる。食材は大きく揚げ時間が短いほど水分が失われにくくなる ●衣が厚いほど油の吸収量が多い。一般的にフライ>天ぷら>から揚げの順でカロリーが高くなる さくさくとした食感で甘さがあるさつまいも天ぷらは、天ぷらの中ではカロリーが少ないのでダイエットに使えると思われるでしょう。, そこで今回は、さつまいも天ぷらのカロリーと食べて太ってしまった理由、痩せた後の食べ方、いろいろな天ぷらのカロリーなどについてまとめてご紹介します。, さつまいも天ぷらは比較的低カロリーで食物繊維が豊富だからと安心して食べ過ぎてしまったからです。, 確かに他の天ぷらの具材(いか天103kcal、海老天98kcal)と比べると低いですよね。, 太っていた頃の私は、天ぷらが食べたくなったらさつまいも天ぷらを多く食べていました。, 私は高カロリーなスイートポテトやさつまいもアイスなどを食べても、ストレスなく15kgの減量に成功しました。, その経験をしてからというもの、ダイエットのためにさつまいも天ぷらばかり選ぶことはしていません。, もしどうしてもさつまいも天ぷらが食べたい時には、かき揚げなど脂質の多いものも合わせて食べるようにします。, 簡単なのは甘露煮で、砂糖としょう油、水を混ぜてフライパンで熱し、そこにさつまいも天ぷらを投入するだけで完成します。, その他、大学芋のように餡にからめたり、カットして味噌汁に入れたりといったレシピも人気です。, さつまいも天ぷらは低カロリーな部類に入りますが、腹持ちが悪いのでダイエットには不向きです。, どうしてもさつまいも天ぷらが食べたい時にはかき揚げなど他の脂質の多い料理を一緒に食べましょう。, 私は高カロリー食品ダイエットという方法で、辛い食事制限なしに痩せることができています。, もしあなたがさつまいも天ぷらでダイエットできないと悩んでいるのであれば、ぜひトライしてみてほしいですね。, 20代でMAX90kgになり、高カロリー食+サプリメントというダイエット方法でマイナス15kgをキープしている社長です。, そんな試行錯誤の末、成功したのは摂取カロリーを1日1600kcal以下にし排出を良くするという入れるものは少なく出すものは多くという新しいダイエット方法です。, この方法は無駄な筋肉がつかないのでムキムキにならずにスマートな体型を維持しています。, 僕のダイエットを楽にしてくれたのは、糖の吸収を抑えて腸内環境を整えてくれた富士フイルムの機能性表示食品。. ●輪切りにした一般的な太さのさつまいもを分析。薄く切り分けるほど衣の使用量が多くなる さつまいも自体のカロリー. (蒸し)可食部:114g カロリー:149kcal 上、29cm。下、18cm。 左写真の下の芋、18cm、296g。 (蒸し)可食部:281g カロリー:368kcal 上の大きな さつまいも、29cm、560g。 スポンサードリンク 天ぷらサイズのさつまいも 可食部:21g カロリー:28kcal --- ●工夫次第で大幅なカロリーダウンは可能だが、天ぷら特有のサクサク感は失われやすくなる, ●食材の吸油率、衣の厚み、揚げ時間の長さで油の吸収量が決まり、カロリーも大きく変わる 100gあたり200kcal以上になるさつまいもの天ぷらは、ほくほくで甘くそれだけで十分におやつになりますよ。同じカロリーで既製のおやつを食べるよりも、素材重視で健康的ですね。 ここでは、はがれない歯触りのよい衣の作り方と揚げ方の基本を丁寧にご紹介します。ぜひ、お試しくださいね。 さつまいも天ぷらのカロリーは、1個(34g)あたり81kcalほどです。 さくさくとした食感で甘さがあるさつまいも天ぷらは、天ぷらの中ではカロリーが少ないのでダイエットに使えると思われるでしょう。 ●オリーブ油を使うと独特の風味が付くが、油の吸収量が少なく酸化しにくいので揚げ油に適している, 日本食品標準成分表より試算。表の数値は調理前。分量は一個分。数値は単位別に四捨五入。「*」は未測定の食材を除く参考値。あくまで目安で調理方法や食材の種類等で数値は前後します。, カロリーダウンの方法を3段階で評価。相対評価で「★」の数が多いほどカロリーの下げ幅が大きくなる。, 料理に使用する食材の100g当りのカロリーを比較。使用量が少ない薬味や調味料等はカロリーが低く、料理の総カロリーに及ぼす影響が小さいので基本的に記載していない。また、主要な食材であっても比較対象がないものは除外している。例外的に調味料等のカロリー比較に100g当りではなく、大さじ、小さじ、カップなどの計量器単位で比較することがあるが、その場合は食材の名前欄に略称*で表示する。 *大さじ1→(大1) 小さじ1→(小1) 1カップ→(1カ), 熱量。肉体改造やダイエットに最も重要な値で筋肉や体脂肪の増減に直結する。基礎代謝+消費カロリーの合計が摂取カロリーを上回ると体重が減る。筋肉量を維持しつつ体脂肪を減らすには筋トレ等の運動とたんぱく質の摂取が欠かせない。なお、1日に必要なカロリーは運動量(スポーツや職種)によって大きく異なる。, 三大栄養素。筋肉を構成する栄養素で筋肉の増減に直結する。摂取カロリーが基礎代謝+消費カロリーの合計を上回っており、なおかつ筋肉に負荷を与え、必要十分なたんぱく質を摂取すると筋肉が増える。筋肉を増強するのに必要な1日の摂取量は体重(㎏)×1.5~2g。例として体重が60㎏ある人は1日に約90~120gのたんぱく質が必要になる。, 三大栄養素。たんぱく質や炭水化物はグラム当たり4kcal、脂質は9kcal。値が高いとダイレクトにカロリーの増大に繋がる。また、運動の前に摂取すると体脂肪ではなく脂質を消費して脂肪燃焼効果を阻害する。体脂肪の燃焼を目的とした運動の前は極力摂取を控える。1日の理想的な摂取量は総摂取カロリーの20~30%。仮に2,000kcal摂取した場合、44~67gになる(計算式:kcal×0.2~0.3÷9)。, 三大栄養素。主に運動によって消費される。車で例えるとガソリンに当たり、運動を行う人には欠かせないエネルギー源。ただ、米や小麦粉などの主食に多く含まれており、カロリーオーバーになりやすいので注意が必要。1日の理想的な摂取量は総摂取カロリーの50~65%。仮に2,000kcal摂取した場合、250~325gになる(計算式:kcal×0.5~0.65÷4)。, 人間の消化酵素で分解できない難消化性成分の総称。不溶性は噛む回数を増やし満腹中枢を刺激する、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らむ事で腸のぜん動運動を高めて排便を促す。水溶性は胃の中で水分を含みゲル状に膨らむ事で食物の滞留時間が延び満腹感を得やすくなる、また、急激な血糖値の上昇を抑えコレステロールを吸着・排出する効果がある。, 主要ミネラル。筋肉や神経を正常に保つ。摂取量が多いと体内の水分が溜まりやすくなり、体のむくみの原因となる。過剰摂取はのどの渇き、高血圧、胃がん、鼻咽頭がん、腎臓病等を招く。普通の食生活で不足する事はない。摂取量はカリウム1に対してナトリウム2以下が望ましい。, 主要ミネラル。筋肉や神経を正常に保つ。体のむくみの原因となる余分なナトリウムを排出する。不足すると筋力の低下、脱力感、不安感、食欲不振、便秘、高血圧等を招く。腎機能が正常なら余分なカリウムは体外に排泄されるため、過剰症になる事は稀である。, 主要ミネラル。骨や筋収縮を正常に保つ。骨や歯の主成分であり筋収縮においても必要不可欠で重要な役割を担っている。不足すると骨粗鬆症や筋肉の異常を招く。マグネシウムと相互関係がありバランスよく摂取する事が重要で、比率はカルシウム2マグネシウム1が最適とされる。, 主要ミネラル。たんぱく質、脂質、炭水化物等のエネルギー代謝や筋収縮を正常に保つ。カルシウムと相互関係がある。, 水溶性ビタミン。ビタミンB群。たんぱく質、脂質、炭水化物、アミノ酸の代謝に用いられる。B1は運動のエネルギー源となる炭水化物の代謝、B2は体脂肪をエネルギーに変換する脂質の代謝、B6はたんぱく質を筋肉に変換するアミノ酸の代謝に必要な栄養素で美容と健康は勿論、筋肉増強やダイエットにおいても重要な役割を果たす。相互作用があり8種をバランスよく摂取する事で相乗効果が生まれる。, 脂溶性ビタミン。カルシウムの吸収効率を高める。近年の研究で筋肉増強や肥満予防に効果があると発表。加齢で減少した速筋は運動しなくても増加するという報告例がある。皮膚に日光を当てる事でビタミンDを体内で生成できる。, 水溶性ビタミン。抗酸化物質。激しい運動、強い紫外線、ストレスで発生する大量の活性酸素はしみ、しわ、老化、生活習慣病、がん等の原因といわれるが、ビタミンCをはじめとする抗酸化成分は活性酸素を無害化する。また、抗酸化成分はコラーゲンの合成やメラニン色素の沈着抑制など美肌効果も高い。近年の研究では抗酸化成分が持久運動効果を妨害するという報告があり、持久力を高める運動(ランニング等)をする場合、サプリメント等による過剰摂取に注意したい。, 脂溶性ビタミン。抗酸化物質。ビタミンEの抗酸化成分もビタミンCと同様の効果をもたらす。フリーラジカル(活性酸素)を無害化した後にビタミンEラジカルになるが、ビタミンCなどの抗酸化成分を摂取する事でビタミンEに再生することができる。, 抗酸化物質。抗酸化力はビタミンEの50~100倍とも言われる。天然の色素であり緑黄色野菜に豊富に含まれるが、中でもにんじん、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、春菊、ニラ、大根の葉など、色の濃い野菜に多い。現在、欠乏症や過剰症の報告はなく、具体的な目安量などは定められていない。, サプリメントでは健康や美容を目的に摂取される不飽和脂肪酸。食事からの摂取が欠かせない必須脂肪酸の一つ。生活習慣病からうつ病などの精神疾患まで、様々な病気の予防・改善効果が報告されている。食事からは脂質の摂取が前提になるが、脂質の取り過ぎはカロリーの増大に繋がるため、含有量が多い魚などから効率よく摂取したい。, サラダ油やマーガリンなどに豊富に含まれる不飽和脂肪酸。食事からの摂取が欠かせない必須脂肪酸だが、肉の脂身や大豆にも多く、現代の食生活では取り過ぎる傾向がある。健康の為にはオメガ3とバランスよく摂取する事が大切で、オメガ3とオメガ6の理想的な比率は「1対4」とされる。, 食物に含まれている塩の量。塩分は生きていく上で必要不可欠だが、現代の食生活では取り過ぎる傾向がある。過剰摂取は高血圧など生活習慣病の原因となる。, 有機化合物。過剰摂取や不足すると様々な病気・症状を招く。特に悪玉コレステロール(LDL)値が高い人は動脈硬化による重大な病気になるリスクが高く摂取を控える。過去に1日の目標量が定められていたが(男性750mg未満・女性600mg未満)、現在は目標量を算定するのに十分な科学的根拠はないとしている。. さつまいも天ぷらのカロリー. 輪切りにした一般的な太さのさつまいもを分析。薄く切り分けるほど衣の使用量が多くなる, 天ぷらは衣の厚みでカロリーが大きく変わる。衣を薄く付けると油の吸収量を大幅に抑えられる, 工夫次第で大幅なカロリーダウンは可能だが、天ぷら特有のサクサク感は失われやすくなる, 食材の吸油率、衣の厚み、揚げ時間の長さで油の吸収量が決まり、カロリーも大きく変わる, 食材の水分が多いほど吸油率が高い。一般的に野菜>魚介>肉の順で油の吸収量が多くなる, 衣が厚いほど油の吸収量が多い。一般的にフライ>天ぷら>から揚げの順でカロリーが高くなる, 再利用を繰り返しドロドロになった揚げ油は油切れが悪く、揚げ物のカロリーを大幅に引き上げる, 揚げ油を繰り返し利用すると酸化し健康を害する。変色したりドロドロになる前に変えるのが望ましい, ごま油は油切れがよく酸化しにくい。揚げ油に加えると香ばしい風味が付きカラッと仕上がる, オリーブ油を使うと独特の風味が付くが、油の吸収量が少なく酸化しにくいので揚げ油に適している, 芋類で最もカロリーが高いが、食物繊維、カリウム、ビタミンB群・C・Eが豊富で栄養価が高い. ワンポイントアドバイス 輪切りにした一般的な太さのさつまいもを分析。 薄く切り分けるほど衣の使用量が多くなる 天ぷらは衣の厚みでカロリーが大きく変わる。 衣を薄く付けると油の吸収量を大幅 …