ここからは、正しいおへその洗い方について説明していこうと思います。, おへその洗い方を説明する前に、おへそを力を入れて洗ったり、へそのごまを取りすぎると何故お腹が痛くなるのかを説明しておきます。, おへその中には薄い皮膚があるのですが、そのすぐ下には腹膜という場所につながっています。 ☆尿膜管遺残 : “おへそ”の中がいつもジクジクとwetで少し不快な臭いを伴う、時には炎症を起こし、臍部のかゆみ、発赤、痛みを起こしたりする臍洞。おへそに連なって膿の溜まり(膿瘍)を下腹部の腹壁内に作ったりすることもある。 入浴の折、石鹸を含んだタオルを指にかぶせ、これで2~3度”おへそ”に突っ込んでクルリと回す。これでOK。週に2~3回実行すれば、あなたの”おへそ”はいつもキレイです。 変な質問でスイマセン。先日何気なく「おへそ」の穴を触りました。ちょっと湿っぽいなぁと思いつつ、その触った指を嗅いでみると・・・それはもうなんともいえない異臭がして、ショックで泣きそうでした。おへそって洗いすぎると良くない 意外と知らないへそのごまと、それにかかわるちょっとした豆知識。少しはお役に立ちそうでしょうか?, おへそも当たり前ですが私たちの大切な体の一部です。 黒々としており、嫌なにおいを放ってしまいますよね。, へそに徐々に溜まっていった垢や体からはがれた皮膚や皮脂、更には着ている服の繊維や空気中に漂うホコリ等が混ざってできたものこそが、へそのごまの正体だったのです。, 人間の垢なんだろうな、というのはなんとなく想像できましたが、まさか服の汚れまで混ざっているなんて驚きです。, 強烈なにおいを発生しているへそのごまですが、そのにおいの原因はいったい何なのでしょうか?, 先ほど説明したように、へそのごまは私たちの皮膚や体から出た垢・さらにはホコリなどが混ざってできたものです。, これらのものに、皮膚に付着している雑菌が混ざり合うと強烈なにおいを放つがガスが発生するのです。 いつの間にかおへそに溜まっている黒い汚れ、通称『へそのごま』。 ですが、洗わなければどんどんへそのごまは溜まって黒ずんでいきますし、何より悪臭が周囲に漂ってしまいます…, 集団生活が基本のげんだいしゃかいにおいて、そんな事態は絶対に避けたいところですよね。 臍輪の閉鎖不全のために生じた臍部が皮膚もろとも突出している状態、多くは、生後1年程度で自然閉鎖し、軽快することが多い。大きい場合には手術が必要なこともある。 ☆臍部の癌 : 原発性の癌、数は非常に少ないが、臍部の組織から癌が発生することがある。他の場所からの転移ではないことを証明するのがやや難しい。 いつの間にか、おへそにたまる正体不明の「へそのゴマ」。子どものおへそにこれを見つけて、取るべきか、取らないべきかを悩む親もいるのでは? そもそも、へそのゴマが何かを知らない人も多いはず。そこで、「へそのゴマ」の正体や対処法について、小児外科医に聞きました。, 「汚れの内容は、本人の垢や皮脂などが中心。ほかにも、小さなホコリや、お腹に当たっていた服の繊維が落ち込んでいることもあります」, 「へそのゴマはいろいろな汚れの塊ですから、その中には多数の細菌が存在しています。ですが、単にへそのゴマがあるだけなら、それが原因で病気になることはないと思います」, 「おへそにトラブルが起こらない限り、その細菌が体内に入ったり感染症を引き起こしたりすることは、まずないと言っていいでしょう」, では、へそのゴマ自体が原因になって、おへそにトラブルが起こることはあるのでしょうか?, へそのゴマは汚れやゴミの塊。病気や不調の原因にはなりにくいといっても、「不潔に感じる」と思う人も少なくないはず。, 「いいえ。気になるのはわかりますが、私は放置しておく方がいいと思います。少なくとも、積極的に取る必要はありません」, 「へそのゴマそのものより、それを取ろうとしておへそをいじることの方が、健康上のトラブルにつながりやすいからです」, 「おへその汚れは、取りにくいからこそ『へそのゴマ』になるわけです。無理に取ろうとしてこすったりすると、おへその中や周囲の皮膚が傷ついてしまうかもしれません」, 「場合によっては、おへそにできた傷に細菌感染が起こり、炎症、化膿などにつながる危険があります」, 「それは、『おへそのいじりすぎは感染につながり、危険である』ということを知恵として伝えてきた言葉なのではないでしょうか」, 「おへそを閉じている組織(瘢痕組織:はんこんそしき)の下は、臓器を包んでいる膜(腹膜)に直結しています。ですので、おへその傷からの感染は、ひどいときにはお腹の中にまで影響を及ぼすことがあるのです」, お腹は、腹壁、腹筋、脂肪、腹膜という層構造で守られています。ところが、おへそのところだけは脂肪や筋肉がなく、「守りが薄い」状態なのだそうです。, つまり、おへそは弱点なのですね。むやみに触ったり刺激したりするのは、避けた方がよさそうですね。, とはいえ、汚いのをどうしても見られたくなかったり、掃除したいときには、どうしたらいいのでしょうか?, 「おへそにオリーブオイルやベビーオイルなどを入れてから掃除する方法が有効です。オイルを入れて20分ほど置いておくと、汚れがやわらかくなって浮いてくるので、そっと拭き取ってあげてください」, 「拭き取るときは、おへそや周囲の皮膚を刺激しないよう、綿棒やガーゼなどを使うことをおすすめします」, 「ただ、無理に行わないでください。おへその掃除を喜ぶ子も、オイルを入れた状態でじっとしていてくれる子も、あまり多くはないでしょう。手術前に子どものおへそをケアするときは、麻酔がかかってからするくらいです」, 「そうですね。繰り返しになりますが、へそのゴマを取る必要性はあまりないのです。どうしても行う場合、子どもが眠っているときを見計らうなど、タイミングを工夫してください」, へそのゴマは、基本的には放っておくべきもの。きれい好きなママパパは、お掃除したくてうずうずするかもしれませんが、子ども自身が気にしていなければ、そっとしておくのがベターなようです。, 大阪大学大学院小児成育外科学教授。大阪大学医学部小児外科助手、国立呉病院小児外科医長、大阪府立母子保健総合医療センター小児外科医長、兵庫医科大学小児外科教授を経て、平成26年7月より現職。著書に「スタンダード小児外科手術」「臍の外科」などがある。日本外科学会指導医/専門医/評議員、日本小児外科学会理事/指導医/専門医。日本小児へそ研究会事務局代表。, 2児と猫3匹を育てるライター。メディカル系専門の広告制作会社でライティングと編集業務を経験後、出産を機にフリーに。得意分野はやはりメディカル系だが、いろいろな分野を経験し幅を広げたいというのが現在の目標。趣味はあえてチープな手段で行く一人旅(休止中)、特技はハモリと絶対音感。, 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、子どものおでかけ情報、お出かけスポットのクチコミ・親子体験情報、おでかけスポット人気ランキングなど、親子のつながり・幸せを願って日々運営しております。, ログインしている場合、ユーザーIDが送信されますので、ご登録頂いているメールアドレス宛に編集部から連絡させていただく場合があります。. その後、少し時間を置くと水ではなかなか溶けなかったへそのごまが、自然に溶けていきます。, あとは、溶けて取りやすくなったへそのごまを、綿棒を使って優しくこすり、取り除いて、最後にきれいに水で流したら完了です。, この時、指などでこすると折角溶けた汚れが取り切れずおへその中に残ってしまったり、さらに奥の方に入り込んでしまいます。 このブログでは、私が介護現場で学んだ知識やレクリエーション、脳トレ問題、生活雑学など、あなたの悩み解決に役立つ情報をどんどんお伝えしていきます!, 子供から大人まで楽しめる へそのゴマはいわゆる垢の塊であり少々不潔なものです。腹部外科手術のおり、特に腹部正中切開を行う場合には切開創が臍部に掛かることがあり、邪魔になり不潔です。私も何個も取り除いた経験があります。, “おへそ”の形によって臍石を作りやすい人があるようで、ドリーネ状(カルスト台地の)で細く深いおへそに石はでき易いようです。また、クリーニングの難しい腹部に、脂肪のやや多い女性に好発する印象があります。 「”おへそ”をいじると、 ゴマを取ると、おなかが痛くなるヨ!」そう言われていても、時には恐々こっそりほじくった、”おへそ”のゴマ。, 最近では、ファッションとして、丈の短いシャツにローライズ・パンツ、へそピアスなどの臍だしルックが流行し、”おへそ”も表に出る機会が増え、以前に比べるとお手入れも行き届いて来たようです。 このガスこそが、へそのごまの悪臭の正体です。, それは、とにかく丁寧に洗うしかありません。 今回の記事では、へそのごまの正体や、取りすぎるとおなかが痛くなるメカニズム、さらには安全に取り除くための驚きの方法について詳しく説明していきます。, 放っておくといつの間にか溜まってしまっているへそのごま… 臍部からいつも膀胱の尿がもれる臍尿瘻。いずれも根治のためには手術が必要です。病院に相談ください。 へそがかゆい!臭い! へそは昔からいじるとお腹が痛くなると言われてきましたよね。 医学的に根拠はないらしいですが、 その教え?が染みついているため、 かゆいたりほじくりすぎるとお腹が痛くなるような感じになるのは 私だけで・・・ 高齢者の方、その家族の方達の日々の生活に役立つ情報やアイデアを皆さんに紹介していくブログです。少しでも皆さんの生活向上に貢献できたら幸いです。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめまして、岡山県在住ブロガーゆーだいと言います! いつもありがとうございます(*’▽’) ☆臍石 : これは私の命名でへそのゴマの親玉です。 Copyright© actindi Inc. All Rights Reserved. こればかりは、地道にきれいにしていくしかないのです。, ちなみに、力を入れてみがいたためにおへそが出血し、そこから雑菌が入り炎症を起こすというのはよくある事例だそうのですので、くれぐれもおへそは傷つけないように洗ってください。, それでは、実際のへそのごまの取り方について説明していこうと思います。 出来る限り力を入れず、優しくへそのごまを取り除くためには、オリーブオイルなどの油の使用がオススメです。, やり方は、まずおへそに少量の油を差します。 宮里 藍ちゃんのフルスイングでチラッと見える、健康的な”おへそ”もいいものです。そんな、おなかの真ん中で、壁のもっとも薄い部分”おへそ”にも、いくつかの病気を生じることがあります。, ☆臍ヘルニア : いわゆる”出ベソ” おへその洗い方を説明する前に、 おへそを力を入れて洗ったり、へそのごまを取りすぎると何故お腹が痛くなるのか を説明しておきます。 おへその中には薄い皮膚があるのですが、そのすぐ下には腹膜という場所につながっています。 綿棒や細い物を、細くて深い”おへそ”に無闇に突っ込むのも、傷つけることもあり、おすすめできません。「ここは、昔からの言いつけを守ってください。」 いつの間にか、おへそにたまる「へそのゴマ」。子供のおへそで見つけて、取るべきか、取らないべきかを悩む親もいるのでは。ですが、そもそも、へそのゴマが何かを知らない人も多いはず。そこで「へそのゴマ」の正体や対処法について小児外科医に聞きました。 そして遂には、病院で除去してもらわなければならなくなってしまう事態にも発展しかねません。, しかも、へそのごまが溜まるとおへそが黒ずんでしまい見た目にも悪く、更には言いようのない悪臭までもはなってしまいます。, 私たちを困らすこのへそのごま。 僕も、高齢者の方のおへそからビー玉サイズのへそのごまがでてきた時は、言葉を失いました(汗). Sister Mary Joseph結節、腹部の癌が臍部に転移し、そこに腫瘤を作ったもの。いずれも治療の困難な、大変な病気です。 日進市と「いこーよ」が連携開始オープンデータ利用による子育て支援、地域活性化をサポ―ト, 2020/10/25(日)ラジオ番組J-WAVE「MAKE MY DAY」に中山が出演, お出かけ施設関係者限定で「話せる!」「役立つ!」「おでかけ施設オンラインサロン」サービス開始!. 初めて”おへそ”を洗う場合は、もし垢が見えても、決して一度に、完全に取り除こうとしないこと、これがコツです。何日か繰り返しているうちに、だんだんキレイになります。無理をすると、赤くなったり、痛くなったりします。 不幸にして、底が見えないあなたも、同様に”おへそ”のへこみに合わせて、少し押し込んで、タオルでクルリ。これだけで、外から見える範囲は、十分にキレイになります。 僕が遭遇したのは、ビー玉よりももっと大きい真っ黒なかたまりと化した物でした…, こういった時は、くれぐれも一度でとろうとはせず、数回に分けて少しづつ取り除いていってあげてくださいね。, いかがだったでしょうか? 正しい洗い方をして、優しくいたわってあげてくださいね。, 分かります! 私たちの体には、必ず雑菌がついているものです。, 仮にお風呂に入って体をピカピカに磨いたとしても、この雑菌は完全にとることはできませんし、外に出れば目に見えない雑菌がうようよと飛んでいます。, つまり、においの発生要因となる雑菌を、体から完全に除去することは残念ながら不可能なのです。, 私たちにできることは、へそのごまがたまらないようにこまめに磨いていくことです。 病気とは言えないかもしれませんが、時として、大いなる邪魔物になります。”おへそ”のくぼみの中央に一致して黒褐色の硬い異物として触れ、サイズは小豆大から大豆大、まれにはマカダミア・ナッツ程の大物まであります。これらを多くコレクションしている外科医もいると聞き及んでいます。 ちょっとした隙間時間に是非(^^), 放っておくとどんどん増えていきますし、このへそのゴマが発するにおいはかなりきついものですよね。, 高齢者の方の中には、ごまが溜まりすぎて塊になり、更にそれが皮膚に癒着してしまったというケースも毎年のように耳にします…, これらのものに、皮膚に付着している雑菌が混ざり合うと強烈なにおいを放つがガスが発生するのです。, これを怠ってしまうと、いつのまにかへそのごまが溜まっていき、雑菌と混ざり合うことで悪臭が発生してしまうのです。, 集団生活が基本のげんだいしゃかいにおいて、そんな事態は絶対に避けたいところですよね。, おへその中には薄い皮膚があるのですが、そのすぐ下には腹膜という場所につながっています。, この腹膜、実は腸や内臓といった人間にとって重要な器官を包んで保護してくれているのです。, へそのごまも、長い間溜まっていると徐々に周りの皮ふにくっついてしまうことがあります。, そのような状態で急に力を入れて磨いたり、溜まったへそのごまを全部取り除こうとすれば皮膚を傷つけてしまう可能性がかなり高くなります。, ちなみに、在宅生活を長い間していた方が施設入所した際には、本当に驚くほどの大きさのへそのごまに遭遇することがあります。, 意外と知らないへそのごまと、それにかかわるちょっとした豆知識。少しはお役に立ちそうでしょうか?. この腹膜、実は腸や内臓といった人間にとって重要な器官を包んで保護してくれているのです。, 腹膜は沢山の神経が密集している場所でもあります。 臍石のあるおへそは、指でなでると、おへそに種でも押し込んだように硬い塊を触れます。こうなると、とても自分で取り除けるものではありません。臍石の鉗子による摘出、十分な清拭、消毒操作が必要となり、病院での処置が勧められます。ご相談ください。, 体の中で凸凹のひどい部分は、どこでも、洗いの重要ポイントです。おなかを睨んで、”おへそ”を少し引っ張ってみて、底が見えるようならば簡単です。 クイズ問題をまとめました! ☆尿膜管遺残 : “おへそ”の中がいつもジクジクとwetで少し不快な臭いを伴う、時には炎症を起こし、臍部のかゆみ、発赤、痛みを起こしたりする臍洞。おへそに連なって膿の溜まり(膿瘍)を下腹部の腹壁内に作ったりすることもある。 あなたは、へそのゴマの正体が何かをご存知ですか?実はとっても汚いあれなんです。今回は、へそのゴマのにおいの正体や原因、そしてへそのゴマを簡単に落とすための洗い方のコツなどをお伝えします。へそのゴマにはオリーブオイル!? 放っておくとどんどん増えていきますし、このへそのゴマが発するにおいはかなりきついものですよね。, 高齢者の方の中には、ごまが溜まりすぎて塊になり、更にそれが皮膚に癒着してしまったというケースも毎年のように耳にします… 面倒に感じるかもしれませんが、必ず綿棒を用いましょう。, ちなみに、在宅生活を長い間していた方が施設入所した際には、本当に驚くほどの大きさのへそのごまに遭遇することがあります。 へそのごまも、長い間溜まっていると徐々に周りの皮ふにくっついてしまうことがあります。, そのような状態で急に力を入れて磨いたり、溜まったへそのごまを全部取り除こうとすれば皮膚を傷つけてしまう可能性がかなり高くなります。 おへそは、私たちが思っている以上にデリケートな部分です。, 力任せに磨いているとすぐに赤くなってしまったり、おなかが痛くなってしまいます。 仕事上、口の中胸やおなか場合によっては、胃や腸の中まで診察で見せていただきますが、日ごろから、どうも”おへそ”が冷遇されているように思えてなりません。まだまだ、お手入れ不足の”おへそ”がちょくちょく見られます。確か、今年の臍石の摘出は2ヶでした。腹部の診察のついでに採ったものです。, 身だしなみの一つとしての、”おへそ”の手入れを定着させたいものです。“おへそ”にも愛のお手入れを!!, 綿棒や細い物を、細くて深い”おへそ”に無闇に突っ込むのも、傷つけることもあり、おすすめできません。, “自分勝手な人”、“場の空気が読めない人”、“人の話を聞かない人”、“物忘れやミスが多い人”、“衝動的に行動する人”、“根気がない人”、“期限を守れなかったり遅刻が多い人”、“片付けられない人”は性格の問題?. 大切な役目を果たしてくれたはずなのに、ついつい、ないがしろにされている、”おへそ”。母親との連結装置・命育む管・ ”臍帯”の痕跡。 実際、こういったケースでおへそからの出血や痛みを訴える場合も少なくありません。, 残念ながら、積もりに積もったへそのごまを一度に全部きれいにする方法はありません。 数日前から母のヘソがなぜか真っ赤になってます。しかも多少の痛み,膿が出ている+臭い。これって何の症状なのでしょうか?あと病院にいくにも保険証がなく病院に行けない状態です。自然治癒や自宅で治癒することは可能でしょうか?僕も そのため、力づくでへそを洗おうとして強い刺激を与えてしまうと、神経が過敏に反応しお腹が痛くなってしまうというわけです。, いまでも時々聞く「へそのごまを取ってはいけない」という言い伝えは、この腹痛が原因ではないかと言われています。, といったものですが、これはいけません。 これを怠ってしまうと、いつのまにかへそのごまが溜まっていき、雑菌と混ざり合うことで悪臭が発生してしまうのです。, 「へそのごまを取ろうとしてごしごし指やタオルでこすったところ、急におなかが痛くなってしまった…」, こういった体験をしたことのある方は、少なからずいるのではないかと思います。