金物はドブメッキなので寿命も長いので、又力掛かるので、 どなたか教えて頂けたら幸いです。, 我家も以前は屋根にアンテナを乗せてましたから、あなたと同じ経験は 特にBSは少しのずれで見えなくなりますので ’2F73ƒ¶ ¨ ƒAƒ“ƒeƒiƒnƒ“ƒhƒuƒbƒN P.274 また、倒したままタワーのビスを本締めすると歪んでしまうので、建ててから再度軽く緩め、締めなおすと綺麗な姿勢になります。アルミタワーは一度歪むと戻りません。 使っているアンテナマストは2メートルタイプなので、支線バックルは1.6メートルあたりに取り付けていまして、手が届きます。 アンテナ関係の部材を調べると、支線を軒下などに固定するための部材は、支線アンカーか支線固定くぎがあるようですが、どちらも、支線が雨どいや屋根の先端に当たりそこを傷めてしまうような気がします。 インシュロックは見栄えはいいですが一流メーカーの耐候性タイプでも耐久性は持って2〜3年です 重量的に軽いので、テレビのアンテナ付近に共付けできるかな?と思います。 ’3F’Zk—¦ ¨ ƒAƒ“ƒeƒiƒnƒ“ƒhƒuƒbƒN P.275. また、屋根に傷をつけないよりよい方法などありましたらアドバイスいただきたいです。 その時は再度調整しなおします 判らなければ、アンテナ構成のマンガを書いて行って、材料を買われたハムショップ等で相談されたらいかがでしょうか。 勿論屋根雪の関係上寄棟で3点張りはNGです. 工事をした人には頼まず他の電気屋さんに頼むつもりですが、また手抜きされないようにどの様な電気屋さんにたのめばよろしいですか? おそらく「4点張りが当たり前」って書きたかったのだと勝手に想像します。, アンテナの支線の本数が少なくなれば、より均等に張らないとアンテナが倒れます。 アンテナマストは4メートル物を使います。 ... こんな風にまず張りますよね。 ... アンテナ工事とdiy アンテナの建て方(屋根馬編)(一人で建てる) (01/20) 電気工事士とタオル (01/19) 電気工事とdiy 結線の強い味方 ワゴ・コネクタ(端子台) (01/19) その場合、どういう風にしてますか? 重量的に軽いので、テレビのアンテナ付近に共付けできるかな?と思います。 痛むので側面取り付けしています、料金はだいぶ掛りますが、 スチールワイヤーは伸びますが、地デジ移行直前の国策であるアナアナ変換という工事では、スチールワイヤーでの施工が行われましたし、以前はこの施工が一般的でした。 テレビによくある不具合としては、縦線の表示が挙げられます。 暇なときでかまいませんのでよろしくお願いします。, ローテータは十分回ります。 マ...続きを読む, 新築中で足場がありますのでアンテナ工事しています。アンカーを打って支線を固定しようとしていますが、どうしたら4方向にピンと張れるのでしょうか?具体的に順序よくアドバイスして頂けませんか。 BSアンテナ線用屋根馬の場合などは通常1点なので。 ご存知の方いらっしゃいませんでしょうか。, 鉄筋校舎の屋上になら、何度も建設したことがあります。コンテストの度に上げてたので。(^^; 質問としては、「地デジのアンテナの設置方法」ということですが、自分で屋根に登って設置するのは難しいでしょうか? 実際に施工してあるので、強度が出るようにしてあると思いますが、下方向に引っ張ることによりかなり違いが出るのか、またワイヤーの接続などはどのようにしているのか教えてください。, ありがとうございます。ピンと張らない場合もあるんですね。私は九州なので、台風が心配です。先輩方からは電柱にたてるか、ケーブルにしなさいといわれましたが、お金がかかるので。今は足場があるので怖くないですが、足場がないとなると親綱を張らないと怖くて上りたくないですね。, ありがとうございます。なるほど、そう言われれば「人」の字状に上下に張ったものを左右に引っ張るということもできますね。そうなると、テンション調整が難しそうですね。今新築中で足場があるので今のうちにやろうと思ってます。足場がないと怖いですね。, ありがとうございます。ワイヤーを使う予定です。いろいろなつなぎ方があるので、どれがいいか迷いますが、ワイヤーを差し込むだけでロックされるワイヤークリップ?が便利そうでいいかなと思いました。, 世の中の成功している男性には様々な共通点がありますが、実はそんな夫を影で支える妻にも共通点があります。今回は、内助の功で夫を輝かせたいと願う3人の女性たちが集まり、その具体策についての座談会を開催しました。, アンテナ工事で屋根馬は一人でどうやって固定するのでしょうか? 結束バンドは紫外線にさらされると徐々に劣化してくるので、結束バンドで留めてからビニールテープで養生するのも一つのやり方ですが、通常そこまではやらないでしょう。, 前述のコメントとは矛盾する回答に思われるかもしれませんが、お写真のような施工の場合は、もう少し低い位置にも視線を張らないと、支線リングの部分はずれなくとも、足元がずれて斜めになってしまう場合があります(必ずというわけではない)。 もっと長いマストを使う時は、先に1.5メートル程度のアンテナ支線をバックルに接続しておいて、先端に輪を作っておきます。このポイントはマストを手で保持していて、もう片方の手でつかめる長さです。この輪でアンカーからの支線を絡ませて、4方をピンと張ります。 当然、均等に張れないので広く支線が開いている方向にアンテナが傾きます。 およそ3m程度のルーフタワーに、いろいろ実験しながらHF~UHFのアンテナを上げたいと計画しております。 モービル用アンテナやディスコーンアンテナの方が良いですよ。 8本はります。 現在では屋根温水器の固定で同じような事をしています。 屋根四隅にアンテナ支線アンカーを打ち込む事は同じですが、ここでターンバックルは使わず、直接支線をアンカーに絡め、屋根馬の位置まで、+アンテナを立てた時にターンバックルが上から垂れ下がる位置、を見越して長めに伸ばして切断。屋根馬の足に絡めておきます。 なお、できるだけアンテナを高くしたいことから、サイドベースの利用は考えておりません。, DIYでテレビアンテナ(屋根馬タイプ)を設置しようと考えています。 2-2.ステーの張り方 3~4方向に張ります。ピーンと張る為に、ターンバックルを使います。 この時、ポール側にターンバックルを持って来ると一カ所で締め付け作業が出来ます。 つまり、一人で設置可能で … 電波状態によります。電波が弱ければ難しいです その時はブースターで増幅させます, ステーリングを使ってマストを固定していたら、緩んだときの調整もやり易いと思いますが、最初からアンテナマストにグルグルに巻いて弛んだ2本のワイヤーを束ねるような施工をされた場合は、調整の余地は無く、ワイヤーを切って最初から張りなおすしか方法は無いです。 雪止めと支線の間には銀色の物が見えます。 この輪でアンカーからの支線を絡ませて、4方をピンと張ります。 作業時間ですが、屋根上のアンテナの設置作業だけなら1時間程度なのですが、アンカーを打てる位置に上る方法を探したり、屋根に上る場所を探したりすることに時間がかかります。 これが一番大変。位置決めがご依頼者にOK 4mmグラスワイヤは2.5mmのスチールワイヤ相当と言われますので、アンテナの大きさなどが判りませんが、強度的には、ほぼ行けそうな気がします。 テレビのアンテナも含めて、日常生活に必要なインフラで問題が起きない状況は快適なものです。, 「向こう数年、長ければ10年先の安心を買う」と割り切って、信頼できる専門業者に支線設置の工事を依頼するようにしましょう。. 重量もかなり有って、とても一人では持てないくらいです。 ポールが高い場合は、先にポールのマスト支線止め金具にステンレス支線を四箇所しっかり絡めておいて、立てた時、自分の手が届く位置で切断し、そこにターンバックルを接続しておきます。 でしょうかねぇ?また、それに近いものができないのでしたら、 これで完成です。 ポールの高さが低く、マスト支線止め金具に充分手が届く場合、ここに、伸ばしたターンバックルを接続してから、ステンレス支線を結びます。アンテナ支線を、屋根馬の所まで引っ張って、屋根馬の中央の位置+ポールの高さの1.5倍の長さで切断して、屋根馬に軽く絡ませておきます。 他のアンテナ業者の方も泣いています。 アマチュア的には、ローテータの取説に、どの程度のアンテナなら取り付けできるか書いてあるはずですので、見た目で風を受ける面積が同程度以下かどうかで判断します。 http://jyu-denkou.com/tdeji/tdeji.htm マストは足場鋼管が一般的だと思います。ちょっと大きなホームセンターになら置いてありますね。一般的には2インチ径とφ50のものがあるようですが、アンテナ用ならどちらでもあまり変わりません。ネックは重さですが、結構丈夫です。 屋根馬を置く位置が決まったら、先にアンテナ支線アンカーを屋根の四隅に打ち込みます。 アンテナの取り付けは業者さんに依頼すると意外と費用がかかるものですよね。「そうだ、自分で取り付けよう!」と考えている人も中にはいるのではないでしょうか?そこで今回は、アンテナ取り付けは自分で可能なのか、diyの方法とそのメリット・デメリットをご紹介します! 広ければ、倒したまま組んで、ステーを全てタワー側に取り付けてから引っ張って起こし、下部を2人くらいで押さえながらステーを処理していっていました。上部のステーを先にやれば、早く安定します。 ページが見つけられません。 配線を雨樋等にインシュロックで止めていて経年劣化で全てがちぎれて垂れ下がってる場合が多々あります 工事をした奴のレベルが低すぎてそれ以上下がないって 屋外では保護ビニールテープを使うので年数が経っても劣化はほぼしないですよ 手始めにルーフタワー設置を考えておりますが、それに関するHow to物の参考書が見つかりません。web検索もしてみましたが、詳しく紹介してある 屋根馬を屋根に置いて、支線を張るときどうしても一人では無理では ドブメッキの厚鋼管28m/m利用してます」 ステーは四方から2段で張っています。今回ステー線の2方向についてはグラスファイバー工研のデベグラスワイヤー(4mm)にしました。値段が張りますが、それだけのものがあります。, うちの場合、右の図のように南風が兎に角強く、ポリエステルやクレモナなどのロープだといつの間にか伸びてしまうのです。色も柔らかいブルーで背景に紛れ込むので圧迫感が薄れてこれもグッドです。, とはいえ残りの二方向はポリエステルロープ+ポリエチレンロープを使いました。ここらへんは節約します。, クレモナロープはアマチュア無線家には人気があるようですが、昨秋から今春までの半年の経験からポリエステルの方に軍配を上げます。, 海の真ん前の家ですと、どうも潮風が影響してかクレモナの表面劣化が激しい感じなのです。その点漁師さん御用達のポリエステルはエライです。, ただしアンテナの上の方に白色のポリエステルを使うと(ホームセンターには白色のものしか置いてなかった・・)圧迫感があるので、ここは日和って淡橙色のポリエチレンロープを使いました(いずれも5mm)。, ワイヤーは4φ用のステンのシンプル(ワイヤークリップ)を噛ませて、テグス+熱収縮チューブ+塩ビ用接着剤で終端処理します。, 処理はタコ糸+ウレタン液です。ウレタン液は釣具屋さんに売ってます。釣り竿の修理やリール固定などによく使われているようです。, ターンバックルは強風で外れることがあるので、バックルが余分に回らないように金属線を巻いて固定処理しておきます。, 固定処理といっても、あまりガチガチに巻いてしまうとバックルを回したい時に苦労するので、金属柔軟性と固定強度の塩梅がなかなか難しいところです。, 柔らかくて結構太い。材質的には錆が出ると思いますが、手がとどく距離にバックルがあるのでその時は取り替えればいいだけであります。なにせ以前電工資格の練習で使った端切れ線が山ほどあるので調達には困りません。, というわけで日和ってこの部分だけは安価なクロムにしました。錆びれば取り替えるということで。。。。(どうせ一年後には建て替えてるだろうし)。, これで、アンテナステー金具ー>カナビラー>ポリエチレンー>ターンバックルー>ポリエステルというパターン(北側ステー四本)と、アンテナステー金具ー>カナビラー>デベグラスワイヤー(以下略)(南側ステー四本)で支線が張れました。, あとはアンテナチューナーをベランダ柵に設置し、カウンターポイズ線を引き回します。写真では見づらいですが(でも線が出て来る部分になんか突起が見えるはず)、課題であったカウンターポイズ線用の端子板のカバーも取り付けています。, カバーは100均の薄い木箱に塗料を塗り側面をアクリル端材で囲った構造です。隙間になりそうなところにシーリング剤を塗りたくっているので、少なくとも正面・側面からの雪・水は(あんまり)かからないはずです。, アンテナポール末端にステンレスの半円形金具2個を8mmボルトで固定します。金具とボルトの間に給電用端子を挟んで完成。, なお水除、錆よけのオマジナイとして愛用のセメダイン「すきまパテ」をかぶせておきます。このパテは経験的に効果があるのですが、ボルトの溝にパテが食い込むので頻繁に脱着するような用途には向きません。溝の掃除がたいへん。コーキング剤のほうが、ペロっと剥けていいと思うのですが目標とする箇所に充填するのが大変そうなので試してません。. L型アンカーでは支線が風により揺れが生じて瓦に当たりますので、出 Last modified 2013年5月27日, 最初は張っている針金は少し緩む事はあります アンテナ支線の寿命はあらゆる条件によって決まります。, 風が強い場所では早く交換が必要になりますし、日差しの強さも支線のワイヤーが劣化する主要因の1つです。, 積雪による劣化やたわみもありますし、小さな地震が起きるだけでも支線の張り直しが必要になることがあります。, 鉄線なら工事は安くできますが、代わりに錆びやすいため短期間で交換が必要になります。, しかし、ワイヤーが太いと積雪の影響を受けやすいため、北国ではあえて太めのワイヤーを使用しないこともあります。 多くのメーカーから、規格や価格もさまざまな4kテレビが販売されています。 ポールの高さが低く、マスト支線止め金具に充分手が届く場合、ここに、伸ばしたターンバックルを接続してから、ステンレス支線を結びます。アンテナ支線を、屋根馬の所まで引っ張って、屋根馬の中央の位置+ポールの高さの1.5倍の長さで切断して、屋根馬に軽く絡ませておきます。 作業時間ですが、屋根上のアンテナの設置作業だけなら1時間程度なのですが、アンカーを打てる位置に上る方法を探したり、屋根に上る場所を探したりすることに時間がかかります。 All Rights Reserved. 使っているアンテナマストは2メートルタイプなので、支線バックルは1.6メートルあたりに取り付けていまして、手が届きます。 8分配の事が有りましたが マスプロさんが言っていた事は確実では有りません していました。台風や強風、潮風でアンテナが朽ちるのが早い事から、 普通のビニールテープだとしてもインシュロックの倍長持ちしますよ 私は通常、2,4,6mのタワーを使っていたのですが、2mなら一人、6mでも4人で...続きを読む, DIYでテレビアンテナ(屋根馬タイプ)を設置しようと考えています。 受信する放送の種類によってはアンテナが1度ずれるだけで受信不可能になることもあります。, アンテナがずれる原因は複数ありますが、主な原因の1つは支線がゆるむことです。この原因によって映りが悪くなっている場合は支線を張り直す必要があります。, ここでは、アンテナの支線の役割や自分で張り直す方法、交換の頻度などをご紹介いたします。, 主にステンレスなどの金属製で複数の方向からアンテナを引っ張り、どの方向にも倒れないようにします。, 支線の本数は主に2~4方向で、アンテナを設置する地域や屋根の状況によって変わります。, 支線の本数が多いほど強風に強くなるため、風の強い場所に設置するときには本数を増やすのが一般的です。, 原理は植木などが倒れないように、ひもで支えるのと同じなので、ある程度日曜大工やDIYの経験がある人であれば不可能ではありません。, 理由の1つ目は屋根にのぼって作業することです。多くの人は、自宅の屋根にのぼった経験があまりないでしょう。, 屋根にのぼるだけなら経験があっても、屋根上でアンテナ支線の工事のような複雑な作業をしたことは少ないのが一般的です。, しかし、勾配のある屋根では最悪の場合は命を落とす危険もあるため、自力で支線を張り直すのは控えた方が無難といえます。 no1さんが言われているよう...続きを読む, 素人が屋根にアンテナを立てようとしています。 現在はUHFアンテナが折れにくい(素子が短い)ため、伸びにくく切れにくいステンレスワイヤーでの施工が一般的になってきているのが実情だと思います。, 「2点張りが当たり前」なんて書いてません。 アンテナへの電気的な干渉もありませんので、ステ-をアンテナの近くにでも取れるメリットもあります。 線が当たるようにすれば支線が切れる事も瓦が割れる事も無くなります テレビ放送を受信するアンテナには、「UHFアンテナ」と「VHFアンテナ」の2つがあります。 物に当たる所は養生します。 あなたのミスや怠慢で、あなたの会社の社長がユーザーの自宅まで出向くのがあなたの会社の常識なのでしょうか。 その支線の固定方法で教えていただきたいことがあります。