:�؀�cհ�zj���z���ȼ;&V�[�C� 2��2�E�@�E�6,$�11$!�&!��6� �KQ8�^���I��������h�'&VcG&��&�yY�^��!QC�e���H�BHБ��y��^�:/R$:qy���Qr�!>?�x�B�� >> %���� イデア論 (ギ: idea, eidos 英: idea, form)とは、プラトンの哲学・思想の中心となる言葉で、プラトンによればイデアは時空を越えた、非物体的な永遠の実在であると言います。, プラトンがイデア界に真理があると主張したのに対し、アリストテレスは現実の世界に真実があると反論している, https://www.quora.com/What-message-does-Platos-Allegory-of-the-Cave-convey. 今回はその中でもアリストテレスの「自然学」がどんなものだったか、そのさわりだけご紹介したいと思います。 A#�h�z;w.����r�&��=fpa&χ�. /Length 564291 カトリック最大の神父アウグスティヌス(354 年- 430 年)は, キリスト教 を補強するために, プラトンのイデア論を採用した. /A << stream 今回は、ハイデガーを語る上で無視するのことのできない「ナチスへの加担問題」について考えてみたいと思います。 デイヴィッド・ヒューム(David Hume、ユリウス暦1711年4月26日(グレゴリオ暦5月7日) - 1776年8月25日)は、イギリス・スコットランド・エディンバラ出身の哲学者である。ジョン・ロック、ジョージ・バークリーらに続き英語圏の経験論を代表する哲学者であり、歴史学者、政治哲学者でもある。生涯独身を通し子供もいなかった。, イギリス経験論哲学の完成者で、主著に『人間本性論』がある。生前は歴史家、哲学者として知られた。自由主義者、政治面ではジャコバイトに反対し、先進的なイングランドとスコットランドの合同を支持する立場であった。, ヒュームはそれ以前の哲学が自明としていた知の成立の過程をそのそもそもの源泉から問うというやり方で問い、知識の起源を知覚によって得られる観念にあるとした。確実な知に人間本性が達することが原理的に保証されていないと考えるものの、ピュロンのような過激な懐疑は避け、セクストスの影響を受け、数学を唯一の論証的に確実な学問と認める比較的緩やかな懐疑論を打ち立て、結果的に人間の知および経験論の限界を示した。, 『英国史』(The History of England 6巻 1754-1762年に刊行)は、ベストセラーとなり、その後の15年間に多数の版を重ねた。また、この成功に乗じて、それまでの哲学書、例えば大著『人間本性論』(Treatise of Human nature 1739-1740年刊行)を再版して、重要な作品として認められた。ヒュームの思想はトーマス・ジェファーソン、ベンジャミン・フランクリンなどのアメリカ建国の父たちにも大きな影響を与えた。[1]。, ヒュームは『人間本性論』では、人はどのように世界を認識しているかという認識論より検討を始めている。, 人間の知覚(perception、これはヒューム独自の用法であり、心に現れるもの全てを指す)を、印象(impression)と、そこから作り出される観念(idea)の二種類に分けている。印象と観念には、それぞれ単純(simple)なものと複合(complex)なものとがあり、全ての観念は印象から生まれると主張した。そして印象は観念の源泉となるが、観念から印象は生じないとした。, これらの観念が結合することにより知識が成立され、この結合についてはヒュームは二種類の関係を想定した。一つを「自然的関係」と呼び、もう一つを「哲学的関係」と呼んだ。前者は「類似(similarity)」「時空的近接(contiguity)」「因果関係(causality)」であり、後者は量・質・類似・反対および時空・同一性・因果である。, ヒュームは、因果関係の特徴は「でなければならない(must)」という考え、あるいは必然性にあると見なした。しかし彼は、原因と結果の間に必然的な結合と言えるような結びつきはなく、事物は我々にそのような印象を与えないと論じ、「であるbe」あるいは「起こるoccur」でしかなく、「must」は存在しないと主張した。一般に因果関係といわれる二つの出来事のつながりは、ある出来事と別の出来事とが繋がって起こることを人間が繰り返し体験的に理解する中で習慣によって、観察者の中に「因果」が成立しているだけのことであり、この必然性は心の中に存在しているだけの蓋然性でしかなく、過去の現実と未来の出来事の間に必然的な関係はありえず、あくまで人間の側で勝手に作ったものにすぎないのである。では「原因」と「結果」と言われるものを繋いでいるのは何か。それは、経験に基づいて未来を推測する、という心理的な習慣である。, ヒュームは、それまで無条件に信頼されていた因果律には、心理的な習慣という基盤が存在することは認めたが、それが正しいものであるかは論証できないものであるとした。後世この考えは「懐疑主義的」だと評価されることになった。, なお同様の議論において、実体の観念は、個々の印象の連想による主観的な結合を客観において支えるべき何ものかとして、単に想定されたものであるとしている。, ヒュームの倫理学は、一般的にはシャフツベリーに始まる道徳を判断する感覚(道徳感覚、moral sense)があるとするモラルセンス学派に含められる。同時にヒュームの立場は感情主義と呼ばれる。その倫理に関する主張は、以下四つにおおまかに分けられる。, 生前よりヒュームは懐疑論者、無神論者として槍玉にあがっており、そのためにエディンバラ大学教授などのアカデミック・ポストを望んでいたにもかかわらず終生得ることができなかった。また、デビュー作『人間本性論』は「印刷所から死産した」と自ら評したほど当代の人々の注目を浴びなかった(しかし、海外ではちらほらと書評が書かれるなりしていたようであり、全く無視されたわけではなかったようである)。後世のドイツ哲学のイマヌエル・カントは、ヒュームが自身の独断のまどろみを破ったことを告白したと共に、「哲学を独断論の浅瀬に乗り上げることから救ったが、懐疑論という別の浅瀬に座礁させた」と批評している。, 20世紀の著名な分析哲学者バートランド・ラッセルは、因果関係の必然性を否定したヒュームの懐疑論を克服した哲学は、カントをはじめとしたドイツ観念論も含め、いまだに現れていないとの見解を示している[2]。, ヒュームの哲学が、20世紀以降の現代哲学において分析哲学の一部潮流に強い影響を与えたことはよく知られている。しかしそれだけではなく、大陸哲学の一部にも強い影響を与えている。若き日のジル・ドゥルーズは、カント的な哲学とは異なる手法の哲学を目指し、「ヒューム主義」をとった[3]。哲学研究者千葉雅也の言葉を引用すれば、「ヒュームと共にドゥルーズは、関係を事物の本質に依存させないために、事物を〈主体にとって総合された現象=表象〉ではなくさせる。総合性をそなえた主体の側から、あらゆる関係を解放する――私たち=主体の事情ではなく、事物の現前から哲学を再開するのである。カントの超越論哲学は、一般的な、大文字の《私たち》にとって世界がどのように理解されているか、を問うものであった。他方、ヒュームの経験論哲学は、既成の《私たち》からではなく、事物の関係の変化から発し、個々の主体の不安定なシステム化を問うのである。[4]」ということである。ヒューム哲学に踏み込むドゥルーズ本人の哲学書としては、初期の『経験論と主体性[5]』や論文集『無人島[6]』に収められた「ヒューム」などがよく知られている。, ヒュームは経済思想家としての側面も持つ。古典派経済学の祖とされるアダム・スミスとは信頼関係に結ばれた友人であった。経済評論家の中野剛志によれば、ヒュームは自由貿易の擁護はしていてもドイツが未発達の工業製品に関税をかけることは間違いではないとし、ヒュームが自由貿易を奨励したのは、海外とのコミュニケーションを盛んにすることで知識が交換されたり、海外から入る知識や技芸によって、国内の文化が刺激されて豊かになるという話であって、資源配分の効率化の話ではなく、海外市場を取りに行くべきではないとされる。また中野によれば、ヒュームは、単なる自由貿易をコマースではなく、コミュニケーションとして捉えており、コミュニケーションが上手くいき、文明が発達するためには大体同じ程度の文明水準でなければならないと言っていたとしている[7]。ヒュームをはじめ18世紀の頃の啓蒙思想家たちが注意深く見ていたのは世界の成り立ちであり、経済システムがいかに文化・制度・法律・政治体制により異なっていくかということであり、経済システムが国ごとにいかに違うかというのを強調するのが政治経済学、社会科学の始まりであったと、中野は評している[8]。, ヒュームは白人を至上のものとし、黒人や黄色人種など他の人種を劣っていると考えていたため、人種差別を正当化する人種主義であると批判されている。「国民性について」の注で、ヒュームは次のように述べている[9]。, わたしは、黒人と一般に他の人間種のすべてが生まれながらに白人より劣っていると思っている。白人以外に、どんな他の肌の色を持つ文明化された民族もまったく存在しなかったし、行動であれ思弁であれ、卓越した個人でさえもまったく存在しなかった。かれらのあいだにはどんな独創的な製品も、どんな芸術も、どんな科学も、決して存在しなかっ た。, ジャック・レプチェック著、平野和子訳『ジェイムズ・ハットン -地球の年齢を発見した科学者-』春秋社 2004年 135-136ページ, 千葉雅也、『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』、河出書房新社、2013年、85頁〜126頁、第二章「関係の外在性――ドゥルーズのヒューム主義」。, 千葉雅也、『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』、河出書房新社、2013年、87頁。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デイヴィッド・ヒューム&oldid=78445247, 倫理は情念から生まれる──ヒュームは、倫理は情念から生まれるとした。人間という種は集団で生活する中で, ヒュームはそもそもの道徳の成立の原因を利に求め、自分の利を確保するために統治機構や倫理を人工的に作ったと言う(このことから彼は, 福鎌忠恕・斎藤繁雄訳「一郷士よりエディンバラの一友人に宛てた一書簡」、『奇蹟論・迷信論・自殺論』所収, 福鎌忠恕・斎藤繁雄訳「奇跡について」、「特殊的摂理と未来〔来世〕の状態について」、『奇蹟論・迷信論・自殺論』所収, 斎藤繁雄・一ノ瀬正樹訳『人間知性研究』 法政大学出版局, 2004年、新装版2011年, 神野慧一郎・中才敏郎訳『ヒューム 人間知性研究』 京都大学学術出版会「近代社会思想コレクション」, 2018年, 福鎌忠恕・斎藤繁雄訳「自殺について」、「魂の不死性について」、『奇蹟論・迷信論・自殺論』所収, 福鎌忠恕・斎藤繁雄訳『自然宗教に関する対話 ヒューム宗教論集2』法政大学出版局, 1975年、新装版2014年, ニコラス・フィリップソン 『デイヴィッド・ヒューム 哲学から歴史へ』永井大輔訳、白水社、2016年. これは「ビッ... 人間が何かを「学ぶ」というのは、実はすでに知っていたが生まれると同時に忘れてしまっていたイデアを「想い出す」ことなのだ。これを, 、「イデアなるものが実体としてあるわけじゃない。それは人間がつけた名前(一般名詞)に過ぎない」という立場を. 今回は彼の有名な「寛容論」などについて述べてみたいと思います。 ギリシャ語の「イデア」というのは、英語の「アイデア」の元になった言葉で、日本語では「観念」「理念」「理想」などと訳されます。 そもそも日本語の「理想」という言葉は、明治になってから「イデア」の訳語として作られたものだと言います。 では、プラトンが語ったその「イデア」とはどういったものだったのか。 例えば数学者が紙の上で三角形を描いて、「三角形とは3つの直線で囲まれた図形のことで、内角の和は必ず180度になる……云々」とその本質を論じるとします。 その描かれた三角 … ナチス礼讃の演... 「アリストテレスの哲学(2)すごい業績を大まかに紹介」では彼の業績を概観しました。 x��} `չ�93��-K��]�%Y�%Y�eY�eɖ����ql�v��q��d';IH�C��$!� �@YS��R�lm)�noˣ��;3�m9 ��޽�%�23G3���?�L $� 鵍���?� �9�^]�V,K�?/� 5h{g���#X��mG���/X���� �$Z0�����K��A����x� ���G\)�>��SF��z������� /Z0:����xH�� ��O#ݫ9n$� nS6���{��rn�m�zђ�E�Ū\�����㿆� �v4+O�����!��� �&r^��"�*�����A$O��͙� �n� 4/ �w�����z�; �N !�+@�f�������t�N������W��@!���.p ؍��c�p3،Fע� �hE�@cV�s��e�9�P���� ������NĭD>�����c�,� H����4�%��79z�ǃ��7�����;��8z}�^��;��i�i ,BC�a8N,I��@���9g�Ox��S$$�\������D��"$K�I ��iA 1�Gs�ģyƱ�86:�M���8:�>��f���;����z���,ٞ�o%�O^�ۊ�4>�s|-�j|���y�ɡK�_�Of\��~�r.���:���`�Y8�C�ks8�.��~s��er�Tb4X̖�?��xtͿ�m�ˋ�k޾ ጁ��N� v"�t�+q�C�� ���%0��%�J���d>��0�>+������e� lR*���,o��ʃceU����CeU���[�ɯɀ���}=5u���;��e��r��ő�8'�hzNO�໰I�"�q�$D|�!h�"y�/zUOt��cj��M�ZH���{n�R�n1���=�+��y����ЄhԆy .�4�.�D$�����!��+ ��A�U��Z�!4���Ts��UP�P���G���A�0:/�? :/9}N��� ���'���`�؈4��")�(@�"�/�\ �p�7�q�ŗm�E0Z�e����N�%����o��ZL���-zK':�9�AH �r>- b���%�X0:]YY�XSU��諡�yl�L�E;��#.̜�ॉӬ���! なぜ(無が支配しているのではなく)何かが存在しているのか。ハイデガーはこれを探究しようとしました。 << +cD~�F���ϴX(��L�#���� ������������×z.͛�DF�bb�����V`���o'"߄��q�ei|�{>,��2A�E�, endobj �L�my2X4��|x�o?����> �O��D�{�������0���b[��-t[X��J��TdS�h��F�D�2f1��J˨�7۰Ʉ4ǜ��-r�����Cj*N7[�j�E�c���#� こんにちは、大学院で教育哲学を研究する現役教員、あつくてゆるい(@atsukuteyurui)です。この記事では、プラトンのイデア論についてわかりやすく解説。※この記事は「岩波 哲学・思想辞典」イデア論・プラトン・プラトン主義の項目を始め、複数の書籍を参考にして書いています。, イデア論 (ギ: idea, eidos 英: idea, form)とは、プラトンの哲学・思想の中心となる言葉で、プラトンによればイデアは時空を越えた、非物体的な永遠の実在であると言います。簡単に言うならば、イデアとは現実とは別の世界(イデア界)にある「究極の理想の存在」のこと。「現実世界は不完全でイデアの影」に過ぎず、哲学者は「完全で真実の世界であるイデア」を知るために探究すべきだとプラトンは考えたのです。, この「真理はある!絶対的な真理を探究すべきだ!」というプラトンの考え方は、師匠ソクラテスの教えを受け継いでいます。↓ソクラテスについてはこちらの記事に詳しく書いています, 以下に、4つの三角形があります。質問ですが、これらは「完全な三角形」だと言えるでしょうか?, 左上の岩の三角形は三角形ぽいだけで、ゴツゴツしてるし…右上の道路標識みたいなのは、角がまるいし…右下の楽器のトライアングルは角がつながってないし…左下が一番まともな気もするけど、よく見たら線がなかぶつぶつ切れてる…?, そうなんです!!一見完全に見える三角形も、厳密に見れば「完全な三角形」とまでは言えません。というより「完全な三角形」なんて、そもそも現実世界には存在しないということも突き詰めるとわかると思います。でも、私たちはなぜ「この三角形は完全ではない」と言えるのでしょうか?それは私たちが「完全な三角形」をイメージし、それと比較しているからではないでしょうか?つまり「完全な三角形」は現実にはない…けれどもある…このとき「完全な三角形」を「三角形のイデア」と呼び、イデア界に存在しているとプラトンは考えるわけです。そして、現実世界にあるものはイデアの影にすぎず、それらは常に不完全であると考えるのです。, プラトンは「善」「美」「正義」などの抽象的な価値についても、現実界にある不完全なものに対し、イデア界にその真実の価値があると説きます。イデアには「大そのもの」「小そのもの」や、「寝椅子」など物に対応するものなど、いろんな種類があります。中でもプラトンは「善のイデア」が最高のイデアであり、「イデアの中のイデア」としてイデア界に秩序をもたらすものであると考えました。, なお、もう一つプラトン思想で有名なものに想起説があります。想起説では、私たちは生まれる前にイデアを見ていたけれども、生まれるときにそれを忘れてしまうと考えます。そして、私たちは生まれてから忘れられたイデアの記憶を「想い起こす」、つまり学習とは想起に他ならないと考えるのです。なお、プラトンのイデア論は時期によって変遷があり、後期の思想ではこの想起説は取り下げられます。このように、一概に「これがイデア論である」とは言いにくいところに注意をせねばなりません。, 地下の洞窟に住んでいる人々を想像してみよう。明かりに向かって洞窟の幅いっぱいの通路が入口まで達している。人々は、子どもの頃から手足も首も縛られていて動くことができず、ずっと洞窟の奥を見ながら、振り返ることもできない。入口のはるか上方に火が燃えていて、人々をうしろから照らしている。火と人々のあいだに道があり、道に沿って低い壁が作られている。, 現実のわれわれは洞窟の奥で身動きが取れない囚人と同じであると、プラトンは言います。つまり、私たちが現実に見たり経験したりすることは真実ではなく、影にすぎず、不完全なものなのです。そして、囚人が拘束を解かれて洞窟の外に出たとき、初めて本当の世界を知ることができると言うのです。このことはゲームの世界でも例えることができるでしょう。ゲームの世界というのはプログラムによって構築され、第三者の手によって操作される仮想の世界にすぎませんが、ゲームの主人公自身はそのことを知りません。つまり、ゲームの主人公は、真実の世界を知るよしもないわけです。, また、映画『マトリックス』も、現実だと思っていた世界が実は仮想の世界で、真実はその外側にあるというのがテーマになっており、この構図はまさに「洞窟の比喩」と同じであると言えます。, 余談ですが、マトリックスの1作目は本当に名作なのでオススメ!しかし、2作目、3作目とどんどん面白くなくなると感じるのは私だけでしょうか…涙, さて、現実世界とイデア界の対比、おわかりいただけたでしょうか?ところで、これを読まれたみなさんの中にも思う人もいるかもしれませんが…, みたいな疑問が浮かびます。プラトンの弟子、かの有名なアリストテレスも、まさにそのような疑問をもった1人でした。, 上の絵は、ルネサンスの画家ラファエロの作品である『アテネの学堂』。この絵の舞台となっているのは、プラトンの作ったアカデメイアという学園です。この絵の中央で語り合う2人の男がいますが、左がプラトン、右がソクラテスだとされています。, 2人の手を見ると、プラトンは天上を、アリストテレスは地上をそれぞれ指しています。これはプラトンがイデア界に真理があると主張したのに対し、アリストテレスは現実の世界に真実があると反論していることを示しているのです。アリストテレスは、現実の世界を探究した哲学者でした。彼は万学の祖と呼ばれ、天文学、気象学、動物学、植物学、地学などの学問はすべてアリストテレスから始まっていると言われます。アリストテレスの研究は, というのがモットー。生物学、特に動物学の研究で大きな成果を上げていると言われ、数百種にわたる生物を詳細に観察し、多くの種の解剖にも着手したそうです。, この記事を書く上でも参考にさせていただいている飲茶さんは、「人智を超えた存在」をあるかないかで哲学の歴史を振り返ることができると述べています。, 「人智を超えた『超越的な存在』はあるのか?」「ある!」と考えるのが白哲学。「ない!」と考えるのが黒哲学。結局、哲学はこの『白黒』の2種類しかない……ということにして哲学の歴史を振り返ると、とてもわかりやすいと思う。「プラトンは白哲学!」「ニーチェは黒哲学!」みたいな。, プラトンとアリストテレスの違いは、まさにこの2つの大きな流れの分かれ目にあると言え、後世に大きな影響を与えていくのです。, このホワイトヘッドの言葉にあるように、”もし<プラトンの哲学>を「プラトン主義」(プラトニズム)と呼ぶことができるとすれば、西洋哲学の歴史はたしかにプラトンの哲学の受容と影響の歴史である“との指摘がされています。(『岩波 哲学・思想事典』p1398)しかし、実際にどのような影響があったのかを正確に取り出すことはそれほど容易なことではないようです。3世紀に成立した新プラトン主義(ネオプラトニズム)やその後の中世の哲学では、イデアは宇宙的な精神や神の精神のなかにある超越的なものとして捉えられ、ネオプラトニズムでは、万物は一者(善のイデア)から流出したと考えられていました。しかし、近世になると、デカルトやイギリスの経験論哲学者たちによって、しだいに人間が心に思い浮かべる、意識的、心理的な「観念」を意味するようになります。これは近代が人間中心主義的な考え方に変化してきたからなのですが、一般にギリシア思想におけるイデアという言葉は、このような近代的な「観念」の意味は含むものではありませんでした。その後、カントにはじまるドイツ観念論の哲学では、イデー(Idee)※という言葉を、感覚や経験の世界を越えた理性の普遍的な形式としてとらえようとする傾向が強まり、よりプラトン的な意味に近づくことになります。※イデアのドイツ語, イデーをこうしたドイツ哲学的な意味でとらえる時は「理念」という訳語が用いられることが多いです。, この記事で参考にしたのは以下の書籍です。↓哲学・思想の決定版(分厚い)!高価なこともあり私はまだ購入できていませんが、近所の図書館で気になるページだけをよく読んで勉強しています。, ↓教育思想を学ぶ上で哲学的な知識が必要となることが多いのですが、「哲学」全般を学ぶ入門書として超オススメ。読んでいてとても面白い一冊。, この記事では、プラトンのイデア論とは何か?わかりやすく解説!というテーマに書いてきました。まとめると以下の通りです。, ・イデア論 (ギ: idea, eidos 英: idea, form)とは、プラトンの哲学・思想の中心となる言葉, ・目に見えない世界を想定したプラトンに対し、弟子のアリストテレスは目に見える現実世界を観察することで自身の哲学をつくり上げた, 普通の中学校にて、 宿題なし、小テストなし、 遊んでいるようにも見えるゆる〜い授業で完全習得達成。 ※全県模試にて5段階評価、全員3以上達成!!