},{ 「系列の編集」ダイアログが開いたら、変更したい凡例名を打ち込みます。 šãŒä½•ã®å•†å“ã«é–¢ã™ã‚‹ãƒ‡ãƒ¼ã‚¿ãªã®ã‹ã‚’知ることができます。, このように凡例がなければそれぞれのデータ系列が何に関するデータなのかが分かりません。(データ系列とは何かについては「データ系列と項目の違い」を参照されて下さい)。, それでは表示されている凡例を非表示にしてみます。グラフを一度クリックして下さい。, グラフの右上に表示されている「グラフ要素」を表すアイコンをクリックして下さい。, グラフにどの要素を表示するかどうかの設定を行う画面が表示されます。現在「凡例」にはチェックが入っているのでチェックを外してください。, 非表示になっている凡例を表示させたい場合も同じ手順となります。グラフをクリックし、グラフ右上の「グラフ要素」を表すアイコンをクリックしてから、表示された項目一覧の中で「凡例」にチェックをして下さい。, 凡例を非表示から表示にした時、グラフの下ではなく右に凡例が表示されました。特に指定しない場合はデフォルトの表示位置が右になっているためです。凡例の表示される位置を調整するには「凡例の位置とサイズを変更する」を参照して下さい。, 初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。. "position": 4, よねさんのWordとExcelの小部屋|Excel2007(エクセル2007)基本講座の総目次|Excel2007(エクセル2007)基本講座:グラフの凡例の修正方法 PageViewCounter Since2006/2/27 "name": "Excelグラフ|凡例の名前を変える3種類の方法", Copyright © 2014 TschoolBANK 作~るバンク All Rights Reserved. "@context": "https://schema.org", ダブルクォーテーション「""」に入れるのを忘れずに!, { 「OK」で「データソースの選択」ダイアログに戻り、他の系列も同様にして変更。 グラフの凡例名が変わり、表の項目名はそのままです。, オレンジ色で示された「セットA」系列の棒を一つクリックしてみましょう。 }] グラフではデータ系列の系列名が凡例に表示されます。グラフを作成すると自動的にグラフ内に凡例が表示されますが、必要なければ非表示にすることもできます。ここでは凡例の表示と非表示を切り替える方法について解説します。 "@type": "ListItem", "item": "https://www.tschoolbank.com/excel/graph/" この、「SERIES関数」はグラフの系列を定義する関数です。, =SERIES(Sheet1!$B$2,Sheet1!$A$3:$A$5,Sheet1!$B$3:$B$5,1) 当然のことながら、凡例に対応する元表の項目名を変えればグラフ中の凡例名も変わるわけです。, 「4月」「5月」「6月」という表の月度名を「7月」「8月」…と変えていけば、この表から作成したグラフの凡例名も同時に変わります。, 上記例の月度のように短い項目名ならいいのですが、商品名など長いものは意図しない位置で改行されたりして見栄えが悪くなる場合があります。, といって、表では必要な情報を含んだ名称のまま使いたいというようなときは、グラフの凡例名だけを変えることができます。 "name": "【グラフ】一覧", OfficePro ©2006-2019 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. "position": 2, 凡例をダブルクリックして、書式設定の作業ウィンドウを開き、凡例のオプションで「右上」にチェックを入れると、凡例を右上に配置することができます。 「凡例をグラフに重ねずに表示する」にチェックを入れています。 凡例の位置とサイズを変更する. エクセルで作った円グラフの凡例を編集する方法をお伝えします。影をつけたり、塗りつぶしや枠線をつけることも可能です。そして、凡例を円グラフに吹き出しとして表記する方法や円グラフの中に表記する方法もお伝えします。 [凡例マーカーあり]メニューを選択すると、テーブルの項目に凡例マーカーが表示されます。 [凡例マーカーなし]メニューを選択すると、凡例マーカーの無いテーブルが表示されます。 グラフとテーブル表が一体になった図表が作成できました。 "@type": "ListItem", 当然のことながら、凡例に対応する元表の項目名を変えればグラフ中の凡例名も変わるわけです。 「4月」「5月」「6月」という表の月度名を「7月」「8月」…と変えていけば、この表から作成したグラフの凡例名も同時に変わります。 グラフの「この色は を示しますよ」という部分、「凡例(はんれい)」。この凡例の位置を変えるには。Excel・エクセルでも、PowerPoint・パワーポイントでも、同じ操作方法です! 上図のような長すぎる凡例を変えるには、「グラフツール」「デザイン」の「データ」グループにある「データの選択」ボタンをクリックします。 "name": "TschoolBANK 作~るバンク", 折れ線グラフを作成すると、凡例(はんれい)の順番はデータに基づいて自動的に決められます。 この凡例の順番を変更する方法です。 [データソースの選択]ダイアログボックスの表示 グラフを選択します。 [デザイン]タブにある[データの選択]をクリックします。 グラフ内の凡例の名前は、データ内の新しい凡例名に更新されます。 集合縦棒などの特定のグラフではまた、各行の左側にあるセルを凡例の名前として使用します。凡例の名前は同じ方法で編集できます。 [データの選択] を使用して凡例の名前を変更する },{ "itemListElement": [{ "@type": "ListItem", "item": "https://www.tschoolbank.com/excel/graph/legend-name/" =SERIES(系列の名前,横軸の項目,数値,系列の並び順), 一見すればわかると思いますが、「データソースの選択」ダイアログを開かなくても、数式バーでカッコ内の最初のピンク部分を変更したい凡例名に変えればいいわけです。, =SERIES("セットA",Sheet1!$A$3:$A$5,Sheet1!$B$3:$B$5,1) "item": "https://www.tschoolbank.com/excel/" 「データソースの選択」ダイアログボックスが開いたら、左側エリアの「凡例項目」に並んだ中から修正したい項目を選んで「編集」ボタンをクリック。 "position": 1, グラフの凡例の文字列を変更することができました。 スポンサードリンク よねさんのExcelとWordの使い方 | エクセル2010基本講座:目次 | グラフの使い方 |グラフの凡例 今回もエクセルのグラフに関するトピックです。 グラフの「凡例」は、グラフを見る人にグラフの各要素が何を示しているのかを説明してくれる親切なパーツです。 要素が1つしかない場合は凡例は不要ですが、複数になると凡例は必須アイテムとなります。 当然のことながら、凡例に対応する元表の項目名を変えればグラフ中の凡例名も変わるわけです。 「4月」「5月」「6月」という表の月度名を「7月」「8月」…と変えていけば、この表から作成したグラフの凡例名も同時に変わります。 グラフから手動で凡例を削除すると凡例のないグラフになりますが、もう一度凡例を取得することができます。 このグラフの例では、各色がそれぞれ 2013 年、2014 年、2015 年を表していることを示す凡例が付けられています。 "@type": "BreadcrumbList", グラフの中の同系列の棒が全て選択され、同時に、数式バーに下図のような数式が出現していますね。 "name": "エクセル", 下図のように凡例をグラフの上に配置する例です。 リボンから設定する. },{ よねさんのWordとExcelの小部屋|Excel2007(エクセル2007) ... 凡例の表示位置 Topへ. }, 高機能の表計算ソフトExcelを活用すれば、仕事や私生活で、今あなたが必要とするいろいろなモノが作れます。その作成手順とデザイン、アイデアのヒントまでを可能な限り詳細にわかりやすくナビします。基本操作や関数、グラフに関する解説記事とともにご利用下さい。. "item": "https://www.tschoolbank.com" "position": 3, "@type": "ListItem",