Taylor inducted into California Hall of Fame, Palm Springs Walk of Stars by date dedicated, Michael Kors talks to Dame Elizabeth Taylor, http://books.google.com/?id=DOntMi39cukC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false, “Film View; Elizabeth Taylor – Her Life Is The Stuff Of Movies”, http://www.nytimes.com/1986/05/04/movies/film-view-elizabeth-taylor-her-life-is-the-stuff-of-movies.html, "Elizabeth Taylor Accepts the AFI Life Achievement Award in 1993", エディ・フィッシャー(アメリカ人歌手。1959年5月12日 - 1964年3月6日), ジョン・ウォーナー(アメリカ人政治家。1976年12月4日 - 1982年11月7日). SAG Remembers the Life and Legacy of Elizabeth Taylor.

if (rect.top <= 0){ adElem.style.width = ''; adElem.style.height = ''; 後にリチャード・バートンが、エリザベス・フランシスとマリアを養女にしている 。 1971年にテイラーは39歳で祖母となった。 テイラーが死去する2011年時点で、マリアも含めて4人の子供たちは存命で、テイラーの孫が10人、曾孫が4人いた [60] 。 Cliquez ici pour savoir comment activer JavaScript dans votre navigateur. テイラーは7人の相手と8回結婚した。結婚離婚を繰り返す理由を聞かれたテイラーは「分からない。私にもさっぱり分からないの」と応えている。また、別の機会には「私は両親から、誰かを本当に好きになったのなら結婚しなさいと教えられたのよ。多分私は古風な女なんでしょうね」と話したこともある。 テイラーは以下の男性たちと結婚した。 1. adElem.style.height = rect.height + 'px';

バートンは1970年代も映画を作り続けました。 悪役 (1971)、簡単な出会い (1975)および エクソシストII:異端者(1977)、そして1977年のドラマで精神科医としての彼の役割のために彼の7番目のオスカーにノミネートされました エクウス. 1975年:エリザベス・テイラー&リチャード・バートン またしてもこのカップルが登場! 1975年、究極のお騒がせカップルが2度目の結婚をした。 2011. バートンは飲み続けた。彼のテイラーとの結婚は、その不安定さと嵐のために注目され、両方のパフォーマーは物質中毒と戦っていました。 2人は1970年に疎外され、1974年に離婚しました。その後、1975年の秋にボツワナで和解し、再婚しましたが、翌年には再び離婚しました。バートンは1976年にモデルのスージー・ハントと結婚した。. adElemSticky.style.width = rect.width + 'px'; バートンはこの期間もステージパフォーマンスを継続し、イギリスのオールドヴィックおよびロイヤルシェークスピアの企業と協力し、1960年代にブロードウェイでの仕事で高い評価を得ました。 キャメロット. var adElem = document.getElementById('vi-ad'); } else { adElem.style.zIndex = '2147483647'; Jean-Louis Trintignant:マリーの死、彼が決して悲劇を起こさなかった... ロイヤルズは次のように説明しました。待っているチャールズ皇太子が…の前に死んだらどうなるでしょう…, 私の次のコメントのために私の名前、私の電子メール、私のウェブサイトをブラウザに保存してください。. Liz: An Intimate Biography of Elizabeth Taylor.

Related Posts Carnet rose : Regina Daniels a accueilli son premier enfant Ghislaine Maxwell’s arrest puts focus on pal Prince Andrew… You’ll never forgive yourself for missing these 10 deals at Best… Elizabeth Taylor et Richard Burton ont formé l’un des couples mythiques de leur génération. 私は学校が嫌いでした。少なくともあれは学校ではありませんでした。私は子供たちと一緒にすごすこと自体は大好きでした。でも教師が舞台セットにいる私の耳をつかんで引き摺り下ろし、教室に叩き込もうとするのです。私はよく激高しました。そのころ16歳だった私と真面目に接してくれる級友もいなかったのです。15分もしたら教室を抜け出して、ロバート・テイラーの妻役として情熱的なラブシーンを演じたものです[20]。, 10歳代のころのテイラーは、映画出演に嫌気が差していた。ステージママとなった母親サラは、テイラーが即興で泣けるようになるまで容赦なく稽古を続けさせ、撮影中のテイラーを監視し続けては、発声やミスを指摘した。撮影所で同年代の人間と出会うことはほとんどなく、貧弱な教育しか受ける機会を与えられなかったため、テイラーは簡単な算数であっても指を使わないと計算できなかった。16歳のときにテイラーは、両親に普通の子供に戻りたいから女優をやめると告げたことがある。母親のサラはテイラーには感謝の心がないと諭し「貴方には責任があるのよ、エリザベス。私たち一家にだけではなく、この国、さらには全世界に対してのね」と言って聞かせている[21]。, 1948年10月にテイラーは『Conspirator』の撮影のために、客船クイーン・メリーでイギリスへ向かった。他の子役と違って、テイラーは成人女性役への転身に苦労することはなかった[19]。『Conspirator』が公開される1949年以前に、雑誌『タイム』がテイラーのことを「非常に高価な宝石、サファイアのような本物のスター」と呼んで、モンゴメリー・クリフト、カーク・ダグラス、エヴァ・ガードナーらと並ぶ、次代のハリウッド・スターだと紹介している[22]。成長してもテイラーは小柄で華奢な体格のままで、ウェストサイズは19インチしかなかった[21]。, 『Conspirator』の興行成績は悪かったが、当時38歳のロバート・テイラー演じる共産主義のスパイと、そのことを知らずに結婚してしまうという、メリンダ・グレイトン役を演じた。当時16歳だったテイラーが演じたこの21歳の女性の役は、テイラー初の成人女性役として評論家から高い評価を得た。新たに週給2,000ドルとなったテイラーが出演した映画が人気俳優ヴァン・ジョンソンと共演した『The Big Hangover』(1950年)だったが、この作品は興行成績も批評家からの評価もよくなかった。また、この映画では成長したテイラーの性的魅力を描写しようとしていたが、その面でも成功したとはいえない作品だった[23]。, テイラーが成人女性を演じた映画で、最初に興行的にヒットしたのがコメディ映画の『花嫁の父』(1950年)である。テイラーはスペンサー・トレイシーが演じるスタンリー・T・バンクスの娘ケイ・バンクス役で、ほかにはジョーン・ベネットらが共演していた[24]。『花嫁の父』の続編として製作されたコメディ映画『可愛い配当 (en:Father's Little Dividend)』(1951年)でテイラーは再びスペンサー・トレイシーと共演した。トレイシーはこの映画について「退屈、退屈極まりない」と評している[25]。『可愛い配当』の興行成績は非常によく、二作続けてコメディ映画でヒットを飛ばしたテイラーだったが、次作の『陽のあたる場所』が、以降のテイラーの女優としてのキャリアを方向付けることとなる[24]。, 1949年の終わりにテイラーは、ジョージ・スティーヴンス監督作品『陽のあたる場所』の撮影に入った。この作品が公開されたのは1951年で、テイラーは資産家令嬢のアンジェラ・ヴィッカース役を演じた。共演したのはジョージ・イーストマン役のモンゴメリー・クリフトと、イーストマンの恋人で妊娠しながらも工場で働く貧しいアリス・トリップ役のシェリー・ウィンタースだった[19]。『陽のあたる場所』はセオドア・ドライサーの小説『アメリカの悲劇』を原作としており、「アメリカン・ドリーム」への批判とその悪影響をテーマにしていた[26]。, 当時のテイラーはまだ17歳であり、『陽のあたる場所』にこめられた心理的な影響力やテーマ性を理解できてはいなかったが、この作品はテイラーの女優としてのキャリアに極めて重要なものとなった。伝記作家キティ・ケリーは、監督のスティーヴンスがテイラーのことを若く美しいスターだと認識しており、そのことによって「(クリフト演じる)ジョージ・イーストマンが、彼女(テイラー演じるアンジェラ・ヴィッカース)と陽のあたる場所を手に入れるためなら何でもすると思いつめた理由を、観客たちにはっきりと理解させる」効果があったとしている[26]。ケリーは『陽のあたる場所』の撮影現場の見学を許された芸能コラムニストのヘッダ・ホッパーが「『緑園の天使』に出演していた少女が、カメラの前でモンゴメリー・クリフトを誘惑しているシーンを食い入るように見つめていた」と書いている。さらに、このシーンの撮影後にホッパーがテイラーのところへ行って「エリザベス、あんなふうに男を誘惑する手管をいったいいつ覚えたの」と尋ねていたとしている[26]。批評家たちは『陽のあたる場所』を傑作と評価し、映画史に50年以上残る作品だとして高く称賛した。『ニューヨーク・タイムズ紙』のA・H・ワイラーは「裕福で美しいアンジェラを演じたエリザベスの演技は、彼女のキャリア中で最高だった」と書いた。また、『ボックスオフィス誌 (en:Boxoffice)』はその劇評で「ミス・テイラーはアカデミー賞に値する」と断言している。, 1950年ごろから、テイラーは自身に振られる配役に対して徐々に不満を持つようになっていった。テイラーが望んでいたのは『裸足の伯爵夫人』でエヴァ・ガードナーが演じたマリア・バルガスや『明日泣く (en:I'll Cry Tomorrow)』でスーザン・ヘイワードが演じたリリアン・ロスのような役柄だった。しかしながらMGMは、テイラーがカメオ出演した『Callaway Went Thataway』(1951年)や、『Love Is Better Than Ever』(1952年)、『黒騎士』(1952年)、『en:The Girl Who Had Everything』のような、どちらかというと愚かしく、記憶に残らないような映画への出演しか認めなかった[24][27]。, 1954年に出演した『ラプソディ (en:Rhapsody)』も、テイラーにしてみれば飽き飽きするような恋愛映画で、不満が残る役どころだった。テイラーが演じたルイーズ・デュラン役は、ヴィットリオ・ガスマン演じる気難しいヴァイオリニストと、ジョン・エリクソン演じる真面目な若きピアニストの間で揺れ動く裕福で美しい娘という役どころだった。『ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙』は「全編が美しさに満ちた作品で、ミス・テイラーはあらゆる角度から輝いている。……台詞は高尚で出演陣も優れた容姿ではあるが、いかんせん内容に乏しい」と評している[28]。, 『ラプソディ』、『巨象の道』と同じく1954年に公開された『騎士ブランメル (en:Beau Brummell)』で、テイラーは凝った衣装に身を包むレディ・パトリシアを演じた。しかしながらこの魅惑的な美女役は、スチュワート・グレンジャーが演じる主役ボー・ブランメルに恋愛風味を加えるだけの美しい添え物に過ぎなかった。『The Big Hangover』で共演したヴァン・ジョンソンと再びコンビを組んだ『雨の朝巴里に死す』(1954年)でテイラーが演じた役はそれまでの作品に比べるといくぶんましな役どころだった。テイラーが演じた役であるヘレン・エルスワース・ウィリスは、アメリカの小説家F・スコット・フィッツジェラルドの妻ゼルダ・セイヤーをモデルにしている。当時のテイラーは1952年に結婚したマイケル・ワイルディングの二人目の子供を妊娠していたが、この作品の撮影に4ヵ月間を費やした。『雨の朝巴里に死す』の興行成績は悪くなかったが、テイラーはより存在感がある役を切望していた[24] Life. 2016/08/22 - Elizabeth Taylor with daughter Maria Burton. Des années après leurs deux mariages leur histoire d’amour […]

リチャード・バートンは、ウェールズの舞台とスクリーンの俳優として高く評価されていました。彼はオスカーに7回ノミネートされ、女優のエリザベス・テイラーと2回結婚しました。リチャード・バートンは、ステージとスクリーンの称賛された俳優でした。彼は次のような仕事でオスカーに7回ノミネートされました。 ローブ, 誰がバージニア・ウルフを恐れていますか?, ベケット そして エクウス。彼は1964年にハリウッ, リチャード・バートンは、ステージとスクリーンの称賛された俳優でした。彼は次のような仕事でオスカーに7回ノミネートされました。 ローブ, 誰がバージニア・ウルフを恐れていますか?, ベケット そして エクウス。彼は1964年にハリウッドの象徴エリザベス・テイラーと結婚し、二人は再婚と二人の離婚を含む今後数年間、不安定な関係を維持しました。バートンは、1984年8月5日にスイスのセリニーで亡くなりました。, リチャードバートンは、1925年11月10日、サウスウェールズ州ポントライフェンでリチャードウォルタージェンキンスとして生まれました。貧しい炭鉱夫の12番目の子供であるジェンキンスは、2歳のときに母親を亡くしました。彼は、少年の保護者になり、彼を演劇の世界に紹介した教師であるフィリップバートンの管理下に置かれました。, ジェンキンスはバートンの姓を取り、劇中のウェールズの若者としてロンドンの演技デビューを果たしました ドルイドの休息。バートンはオックスフォード大学に通う奨学金を獲得し、その後戦時中にイギリス空軍に加わりました。, 1947年に軍を離れた後、彼は舞台作品を続け、彼の顕著な声と演説で知られるようになりました。 燃えてない女性 ジョン・ギルガードSとバートンは1949年に映画製作でデビューしました ドルウィンの最後の日々。同じ年、女優のシビル・ウィリアムズと結婚しました。夫婦には最終的に2人の娘がいます。. ハリウッド黄金期後半の1940年~50年代に活躍した美人女優と言えば、マリリン・モンロー、オードリー・ヘップバーン、エリザベス・テイラー、グレース・ケリーが頭に浮かぶ人が多いのではないで … Heymann, C. David (1995). コンラッド・ヒルトン・ジュニア (en:Conrad Hilton, Jr.)ホテル王コンラッド … }; adElem.style.top = '0'; バートンの最終映画は 1984、ジョージ・オーウェルの古典を改作したもの。バートンは、1984年8月5日、58歳で、スイスのセリニーの自宅で脳出血により死亡しました。彼は彼の4番目の妻であるサリー・ヘイ・バートンによって生き残りました。バートンには4人の子供もいました。シビルクリストファーとの結婚から、ケイトとジェシカの2人の娘が生まれました。バートンは後にテイラーの娘エリザベス「ライザ」トッドを採用し、彼とテイラーは別の娘マリアを一緒に採用しました。, いくつかの本はバートンの人生を記録しています。 リチャード・バートン日記、2012年に公開され、長年にわたって俳優によって保管されたジャーナルエントリとメモを収集します。, cril17 | ar | bg | bn | ca | cs | da | de | el | es | fi | hi | hr | hu | it | iw | ko | lt | lv | ms | mr | nl | pl | pt | ro | ru | sk | sl | sr | sv | ta | te | th | tl | tr | uk | ur | vi | zh, ブロック上の新しい子供たち:ポップミュージックの成功を楽しむ前に彼らが克服したハードル. window.onscroll = function() { var adElemSticky = document.getElementById('vi-sticky-ad'); 後にリチャード・バートンが、エリザベス・フランシスとマリアを養女にしている 。 1971年にテイラーは39歳で祖母となった。 テイラーが死去する2011年時点で、マリアも含めて4人の子供たちは存命で、テイラーの孫が10人、曾孫が4人いた [60] 。 } Dame Elizabeth Taylor Receives Dame Commander of the Order of the British Empire. Walker, Alexander (1991). vitag.videoDiscoverConfig = { random: true, noFixedVideo: true}; (vitag.Init = window.vitag.Init || []).push(function () { viAPItag.initInstreamBanner('vi_417613280') }); if (window.innerWidth > 900){ Afin de pouvoir poster un commentaire, s'il vous plaît contrôlez que les Cookies et JavaScript sont activés puis rechargez la page.