ヘッドの種類が多いので、どんなタイプのゴルファーにも必ず合うモデルがあると思います。ぜひお試しを! オデッセイのストロークラボがかなり良い感じ〜 ショップの試打ブースとかでは打ったことがありましたが、いまいちピンと来なかったので、今回はコースに持ち込んで、本グリーンで転がしました。 【プレゼント】精密加工の“クレーター”で高初速エリアを拡大! 最新おすすめモデルを一挙試打① オデッセイ&テーラーメイド編 【パター】2020年のエースパターはこれだ! 野村「トップアマの考えていることは凡人には分からんな~」, シャフトが変わるだけでストロークが変わるのか?とちょっと疑っていたのですが、予想以上にストロークがスムーズになりました。特に動き出しや切り返しなどの、アマチュアが不安定になりがちなところが、何も意識しなくてもテンポ良く動くところが素晴らしいと思います。 野村「テンポ大事だよね。パットが苦手な人って、テークバックからインパクト、フォローのスピードが違ったりするんだよね。大きくテークバックしておいて減速しながらインパクトとかね」 佐藤「イップスの人とかって。この動き出しが動かない人とかも多いから、そういう人にはとてもいいかもしれませんね」 プロギア「RS5 ドライバー」を2名様に, 【通勤GD】海老原清治&奥田靖己 もう一花のゴルフVol.27 浮かすか、飛ばすか。それが問題 ゴルフダイジェストWEB, 【通勤GD】時松隆光プロを育てた異次元打法「みんなの桜美式」Vol.35 スクェアは「する」ではなく「なる」 ゴルフダイジェストWEB, 【通勤GD】時松隆光プロを育てた異次元打法「みんなの桜美式」Vol.37 初心者こそ「デジタルスウィング」! ゴルフダイジェストWEB. しかもベントネックのパターやクランクネックのパター、センターシャフトのパターでもこのツートンカラーのシャフトを使っているんですよ。ヘッドはバラバラなのにシャフトは同じみたいな。またこのシャフトを使っているプロがけっこうパットがスコスコ入ってたりするので余計に目立つんです。 佐藤「プロがあれだけ使っているとたしかに気になりますよね」 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 野村「なんでもテンポが安定して良いストロークができるってことなんだけど、どういう仕組なんだろうね?持った感じは特に普通のパターとあまり違いを感じないけど」, 佐藤「シャフトの黒い部分がカーボンになっていて軽いので、その分の重量が手元とヘッド側に配分されているということなんですよ」 ゴルフダイジェスト社 オデッセイから2019年に発売された「stroke lab(ストロークラボ) 2019モデル パター」。 ストロークラボというパターは何年か前から発売されていて、これはその最新作。 そもそもストローク 佐藤「なんだか簡単に打て過ぎちゃって、僕には物足りないです(笑)」 最新おすすめモデルを一挙試打① オデッセイ&テーラーメイド編. ストロークはパターに任せられるので、プレーヤーは距離感と方向性だけに集中できるんじゃないでしょうか。パッティングがとてもシンプルになるパターだと思いました。パットに悩んでいる人には救世主となる可能性が高いんじゃないでしょうか。 シャフトを軽量化したことで出来た約45gの余剰重量をヘッド側に約15g、グリップ側に約30g配分。そのことでパターの慣性モーメントを最大化し、無駄な手の動きを抑制してパッティングの際のストロークとテンポを安定させるという効果があるようです。 最近パットが上手くなると話題になっているパターのシャフトがあります。それがオデッセイのストロークラボのシャフトと、アメリカのBGT社が開発したスタビリティーシャフト。 野村「テークバックはもちろんだけど、そこからの切り返しもスムーズにできるからフォローまで気持ちよくストロークできる」 佐藤「僕も正直ここまでシャフトだけでストロークが変わると思いませんでした」 2019-12-09. ゴルフバカイラストレーター野村タケオのゴルフバカな日常。ラウンドの話や、ギアの話、その他ゴルフに関係するいろんな話を書いていきます。, ODYSSEY(オデッセイ) パター STROKE LAB 右用 SEVEN 33インチ 2019年モデル メンズ用, ちょっと前になりますが、ずっと気になっていたオデッセイのストロークラボパターを打ちました。, ショップの試打ブースとかでは打ったことがありましたが、いまいちピンと来なかったので、今回はコースに持ち込んで、本グリーンで転がしました。, テレビで中継を観ていて、気になったシルバーとブラックのツートンカラーのパターシャフト。, ギア好きの僕はけっこう中継でもクラブを気にして観ているのですが、ツートンカラーのシャフトって何?みたいな。, 何年か前にバッバ・ワトソンが使ったりしていたバイメトリックスというカーボンとスチールを引っ付けたドライバー用のシャフトがあったんだけど、それを思い出しました。, おそらくバイメトリックスってのは今ほどカーボンシャフトで先端を硬くしたりできない頃に、先端が柔らかすぎてボールが曲がるのを防いでいたんじゃないかと。, で、調べてみたらカーボンの部分がかなり軽量化されていて、その分の重量をグリップ部分とヘッド部分に配分しているらしい。, んで、ちょっと気になりだして中継を観ていると、プロの使用率がかなり高くて、人によっては自分の今まで使っていたパターヘッドにこのシャフトだけを挿れて使ってたり。, ちょうどいつもクラブの面倒を見てもらっているアフターゴルフの順ちゃんが持っていたので、一緒にコースに行って試打させてもらったってわけです。, さっき書いたようにこのシャフトはカーボン部分の重量をヘッドとグリップ部分に配分しているわけだけど、カーボン部分で軽くなった重量は約45g。, そして手元の動きが安定し、ストロークやテンポが安定してパッティングの精度が上がるらしいです。, オデッセイさんの実験を見ても、いろんなテンポのアマチュアゴルファーのストロークがかなり良くなっていました。, やっぱゴルフって止まったところからの動きだしってのが難しいわけで、そこがぎこちない動きになったり、間違った動きをしたりするとストローク全体がおかしくなっちゃうわけですよ。, 今までこんな感覚でストロークできるパターって打ったことがなかったので、ちょっと驚きました。, マジでこのパター欲しいわけですが、僕はマスダゴルフの新しいSTUDIO-3というパター注文しているので、ちょっと今は買えないっす・・・。, このストロークラボ、今度追加されるヘッド形状も入れるとなんと23種類もあるんですよ。, 僕ならSEVENという名のツノタイプのヘッドか2M CSという五角形のセンターシャフトを選ぶかな〜。, もしパターのストロークが悪くて悩んでいる人がいたら、ぜひこのストロークラボを試してみてください。, このストロークラボに関してゴルフサプリさんで記事を書いていますので、そちらもぜひ読んでくださいね〜。. いったいどんなパターなのか?どんな効果があるのか?実際にコースでゴルフバカイラストレーターの野村タケオとプラスハンデのトップアマが打って調べてきました!, ストロークラボ パターはカーボンとスチールの複合シャフトを装着しており、そのシャフトは通常のパターシャフトの重量が110g~120gほどあるのに対し、約75gと軽量になっています。 【試打・解説】大本研太郎プロ コツッ © 2018- パッティング理論に定評があり、自身が主催する「GPC恵比寿」でツアープロからアマチュアまで幅広い層に始動する, 世界中のツアーで"ストロークラボ"シャフトを装着したパターが勝利を重ねている。これはカウンターバランスのために考え出されたものだが、オデッセイのすごさは従来の長さ、重さにとどめることができたことだと大本プロ。, ストロークラボとは 野村「へ~そうなんだ。とりあえず打ってみるよ」 最新おすすめモデルを一挙試打① オデッセイ&テーラーメイド編, 【通勤GD】海老原清治&奥田靖己 もう一花のゴルフVol.28 トライして、痛い目に遭うべし ゴルフダイジェストWEB. 佐藤「たしかに距離感の合わない人ってそういうストロークの人多いですね。そういう人にはとても効果のあるパターだと思います」, 野村「メーカーの実験映像を見たけど、テンポとかめちゃくちゃなアマチュアの人たちが、深堀プロみたいにテークバックとフォローの大きさが揃って、とてもいいテンポで打てるようになってて驚いた。シャフトを変えるだけでストロークが良くなるなんて凄いよね」 佐藤「これだけ気持ちよくストロークできると、毎回同じようなテンポで打てるので距離感とかも合ってくると思います。テークバックからフォローまで同じようなスピードで打てるところが一番いいところじゃないでしょうか」 【パター】2020年のエースパターはこれだ! ストロークのテンポが安定することで距離感を合わせやすくなり、パッティングの精度が上がります。 最近パットが上手くなると話題になっているパターのシャフトがあります。それがオデッセイのストロークラボのシャフトと、アメリカのbgt社が開発したスタビリティーシャフト。 はたしてシャフトが変わるだけでパッティングが良くなるなんてことがあるのでしょうか? カーボンとスチールの複合シャフトを装着し軽量化。余剰重量をヘッドとグリップに最適配分し、クラブ慣性モーメントを最大化。無駄な手の動きを抑制してストロークとテンポを安定させる, 大本プロ これまでカウンターバランスにするにはグリップを重くしたり、シャフトを長くせざるを得ず、それまでの打ち方を変えなければいけなかった。しかしストロークラボはこれまでの長さと重さで安定性を手に入れることに成功したんです。, 大本プロ 重量を両端に配分し、複合素材を使用することで最大の慣性モーメントを実現。ストロークの安定性とミスへの寛容性を合わせ持つ、やさしいパターと言えるでしょう。, 約45グラム軽いシャフトの採用で余剰重量をヘッドとグリップの手元側に配分。カウンターバランスの効果でコントロールがよりしやすくなった。, ブラックシリーズには従来よりも高めの打球音、ややしっかりした打感のホワイト・ホット マイクロヒンジ★インサートを使用, 上が従来の「マイクロヒンジ・インサート」。下がブラックシリーズに採用される「マイクロヒンジ★インサート」, 「クラブの慣性モーメントが大きいことで、自然と手打ちを抑えることができます」(大本プロ), ロフト角/3度ライ角/70度(CSは71度)長さ/33・34・35インチ重量/554g(TEN)・550g(S)・553g(CS)ヘッド素材/ステンレススチール&ABSフェース/ホワイト・ホットマイクロヒンジ★インサート, 大本プロ 四角に近い形状で、ターゲットにスクェアに構えやすい。"S"はつかまりが欲しい人、"CS"は打ちすぎる人に合います。, ロフト角/3度ライ角/70度長さ/33・34・35インチ重量/551gヘッド素材/ステンレススチールフェース/ホワイト・ホットマイクロヒンジ★インサート, 大本プロ 構えたときの白い線がラインをイメージしやすい。芯を少し外しても距離の差が出にくく、ミスになりにくい。, ロフト角/3度ライ角/70度長さ/33・34・35インチ重量/556gヘッド素材/ステンレススチールフェース/ホワイト・ホットマイクロヒンジ・インサート, 大本プロ 後ろに重量があるのでストロークが自然とアッパー気味になり、いい順回転で転がってくれる。, ロフト角/3度ライ角/70度長さ/33・34・35インチ重量/558gヘッド素材/ステンレススチールフェース/ホワイト・ホットマイクロヒンジ・インサート, 大本プロ スクェア感があってターゲットに構えやすい。仮想のカップに対してラインをストレートに読む人に合います。, 大本プロ マレットだがベンドネックがフェースの開閉を可能にしている。ブレードタイプからマレットへの移行を考えている人に。, ロフト角/3度ライ角/71度長さ/33・34・35インチ重量/549gヘッド素材/ステンレススチールフェース/ホワイト・ホットマイクロヒンジ・インサート, 大本プロ フェース後方に幅があり、安心感を持ってストロークできる。座りもよくアライメントが合わせやすい。, 通常、新しいパターが出ても、実際にプロが試合で使うまでには時間がかかるもの。ところが、新しい「ストロークラボ」は違う。なんでも、ツアープロがこぞって即投入しているというのだ。その噂を確かめるべく、ツアーの現場で取材を敢行した。, 世界のトッププロが愛用しているスパイダーも最新作「X」で10年目。小ぶりながら慣性モーメントが高く、ミスに強いのはもちろん、スポーツドクターと共同開発した"トゥルーパスアライメント"でターゲットに構えやすいと評判だが、新たに新色が加わった。, 大本プロ アライメントの黒と白のコントラストがはっきりしていてターゲットに構えやすい。全体的に丸みを帯びているので、仮想ターゲットまでのラインを曲線で読む人に合うと思います。, 大本プロ 白という色がいいですね。パッティングっでカップを意識しすぎると体が突っ込み左へ引っかけるミスが出るのですが、白は膨張色なのでアップへの意識が減り、よりパッティングに集中できます。, ロフト角/3度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/547gヘッド素材/ステンレススチール+グラファイトコンポジット/アイオノマー+アルミニウム, 大本プロ プロのほとんどがスモールスラントを使用しているのは、パターであっても球を操りたいという思いからです。出球のイメージもこちらのほうが出しやすいです。, ロフト角/3度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/551gヘッド素材/ステンレススチール+グラファイトコンポジット/アイオノマー+アルミニウム, 大本プロ フェースの開閉がしにくいので、よりオートマチックにストロークできます。ヘッドとネック形状の相性がいいので、スパイダーデビューならこちらがおススメ。, 数々のムーブメントを起こしてきた「スパイダー」の生みの親、ビル・プライスが自ら「理想に近いものができた」と語る新作「スパイダーX」を手に緊急来日。R・マキロイやD・ジョンソンも手にする「スパイダー」の誕生秘話と最新モデルについて語ってもらった。, パターの勢力図が大きく変わろうとしている。トーナメント中継で目にすることが増えたブロンズ色に輝くマレットパター。PGAツアーだけでなく、日本の女子ツアーでも使用者が続々と増え続けている。, 伝統を継承したクラシカルなデザインの"TPコレクション パティーナ"は使い込まれた器具の表面のツヤ、風格を意味する"パティーナ処理"が施されており、構えたときの美しさが際立つ。, 大本プロ SUS303ステンレスのボディとインサートの改良のせいか、前モデルより打感が柔らかくなった感じがします。高速化するグリーンに対応したのでしょう。美しいだけでなく機能もしっかり入っているのが特徴です。, インサートに施された45度の溝とソフトポリマーが、ボールの順回転を生み、直進性が向上。出球からいい転がりを実感できる。, 厚さ5mmのフェースインサートをネジでしっかりと密着・固定。インサートとボディがより一体化し、打感、打音が向上した。, ロフト角/3.5度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/547gヘッド素材/ステンレススチール(SUS303)/アルミニウム, 大本プロ オーソドックスなブレードタイプ。つかまり感があって、ボールの出るイメージがいい。, ロフト角/3.5度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/538gヘッド素材/ステンレススチール(SUS303)/アルミニウム, 大本プロ ブレードタイプのロングカーブネック。TPシリーズの中でいちばん操作しやすいモデル。, ロフト角/3.5度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/542gヘッド素材/ステンレススチール(SUS303)/アルミニウム, 大本プロ ワイドブレードのシングルベンドネック。ターゲットに真っすぐ向いているのが分かる。, ロフト角/3.5度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/540gヘッド素材/ステンレススチール(SUS303)/アルミニウム, 大本プロ ツノ型マレットにショートカーブネックの組み合わせ。丸みがあって傾斜地でも構えやすい。, ロフト角/3.5度ライ角/70度長さ/33・34インチ重量/550gヘッド素材/ステンレススチール(SUS303)/アルミニウム, 大本プロ 大型マレットのシングルベンド。ヘッド後方が薄いのでテークバックが真っすぐ引きやすい。. 佐藤「僕はこの前ラウンドで使いましたよ~」 で、そのシャフトが何なのか調べてみたら、オデッセイのストロークラボというパターのシャフトということが分かりました。どうやらカーボンとスチールをひっつけた複合シャフトとのこと。 佐藤「そうですね、たしかに使用プロ多いですよね。特に女子プロの使用率はかなり高いように感じます」 野村「そうそう、動き出しでヘッドがブレたりすることあるんだよね。そこがスッと気持ちよく上がるから気持ちいい」 またカーボン部分があることで、打感が手に伝わりやすく、タッチが合いやすくもなります。ヘッドの種類は18モデルあり、自分の好みのタイプのヘッドを選ぶことが出来ます。, 左:佐藤順。ハンデ+1のトップアマ。ヘッドスピード47。ほぼストレートで軽く右に曲がるフェードヒッター。ドライバー飛距離は270ヤード前後。栃木県佐野市のゴルフショップ「アフターゴルフ」店長。