ドストエフスキー作品は登場人物も多いし馴染みのない名前が多いので、私は人物相関図を片手に読みます。ネットで簡単に見つけることができますよ。プリントアウトすると便利です。 上記2名の方以外でお勧めがあればそれも教えて下さい 元、外交官の佐藤優さんが「カラマーゾフの兄弟」を薦められていたので「読んでみよう。」と思い、アマゾンでカラマーゾフの兄弟(上)、(下)を買ってみました。 これも面倒だという場合は、質問者さんには合わないのだと諦めた方が良いと思います。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 今まであまり本を読んだ事がないですが、恋愛物の小説を読んでみ, この前ピース又吉直樹さんの「火花」を読んだのですが少し難しくて… 皆さんは「火花」を読んでどんな所が. 「カラマーゾフの兄弟」を読みたいのですが、どなたの訳の物が読みやすいでしょうか? カラマーゾフの兄弟はこれまで3人の翻訳者のものを読みましたが、最初に読んだ江川卓さんの翻訳が一番気に入りました。図書館で借りた文庫で読んだので同じものを購入したいのですが、検索をかけても出てきません(集英社の世界文学全集 「はぁ~。残りのページがまだこんなにある・・・。」と感じていたある日、アマゾンのサイトを見ていて、"あなたにおすすめ"というところをクリックしたところ、な、なんとカラマーゾフの兄弟(中)というのを発見してしまいました。(驚) 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 前半はひたすら鉄屑を噛み砕くような忍耐力が必要です。だけど飛ばさずに、浮気は一切せずにこれ一冊に集中し、意味など分からずにゴリゴリと読んで下さい。時間を置いては駄目です。作者に負けます。トイレに置いて座る度に一行づつで良いので読みましょう。全てを読み終えて、他の日本の作家(誰でも構いません)の作品を読んだ時に全ての根本がこの本にあることを悟達出来ます。全てを知ることが出来ます。デュマもユゴーも清張もこの物語にあるのです。芥川も。, 読み始めから、上巻終わるのに2週間以上かかり、最初はよくわからず辛かったが、上巻の後半から面白くなり、のめり込んで行きました。中巻、下巻と3日で読了しました。, 上巻は「大審問官」まで。兄イワンが弟アリョーシャに語る「大審問官」はドストエフスキーのキリスト教に対する考えを知るうえで最も重要と言われている部分。多くの専門家が様々な解釈をしているようだが、それほど深読みせずとも面白い。個人的にはカトリックに対する痛烈な皮肉ともとれたが、これは素人の読み方かもしれない。父フョードルとドミートリイ、イワン、アリョーシャの三兄弟、スメルジャコフ、ゾシマ長老、カテリーナ・イワーノヴナ、グルーシェニカといった物語の中心となる人物が次々登場する。一方で、話題があちこちに飛んで錯綜する。本筋が現れてこないと感じる。カラマーゾフをなかなか読破できないという人のほとんどはこの上巻で挫折してしまうのではないか。しかし上巻は今後の展開の伏線ともなっているので頑張って読もう。上巻を読み通せば、中・下巻は一気に読み通せる。ロシア文学にあまりなじみのない人は、ロシア人独特の名前の呼び方を整理してから読んだ方がいいと思う。ドミートリイはドミートリイ・フョードロヴィチ(丁寧な呼びかけ。父がフョードルなのでフョードルの息子ドミートリイという意味)だったりミーチャ(親しい間柄)だったり、ミーチカ(もっと親しい)だったりします。, こんなに引き込まれた文学は30年来ありません。深い人間洞察、息をつかせぬストーリー展開、キリスト教が社会に与える影響。革命前のロシア人気質などが詰まった小説です。, ページ数が多く、読み進める速度を保つのに苦労しました。 人名+俗称が飛び交うので正直イライラしました。後半から面白くなってきますが、私は大審問官辺りの良さが全然わからず苦痛でした。 再読時に期待したいと思います。, 読了。ロシアの文豪ドストエフスキーが死の直前まで書き続けた最後の大作。130年以上前に描かれた小説で、文庫本サイズで3冊、計2,000ページ弱の大作ですが、全編を貫くのは、犯人は誰か?という推理小説のようなスリリングさで一気に読めました。, 強欲で好色下品な父、フョードル・カラマーゾフ。放埒で堕落した生活から抜けられない直情型の長男ドミートリィ。大学出の秀才、合理主義者、無神論者を気取っている次男イワン。修道僧であり純情で真面目で素直な三男アレクセイ。長男ドミートリィが財産と娼婦をめぐって父フョードルと醜悪な争いを繰り広げ事件は起こってしまう。愛情と思いやりを持って事態の打開に奔走する三男アレクセイ、あくまで冷静沈着な次男イワン。カラマーゾフ家の人々が織り成す情景を面白おかしく描いています。ロマンス、思想、ドラマ、サスペンス、コメディー、アクション、全てごちゃ混ぜだけれどもそれでいて上手く纏まっている。読めば納得いくハズです。カラマーゾフの兄弟(上巻)オススメです!, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. もう何だか一気に読む気がなくなり、挫折しそうになりました・・・。(涙) Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 貪婪淫蕩な父フョードルの血をうけた三兄弟―激情にまかせ放縦無頼の日々をおくるドミートリイ、徹底した無神論者の理性人イヴァン、そして無私の愛にみちた敬虔純真なアリョーシャ。僧院での一族の会合から、雄大深遠な思想のドラマの幕はあがる。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 個人的には(2)が分かりやすいかなと思いました。重要度ごとに名前も色分けされていたり短い解説もついていて、良くまとめられています。 原卓也訳(新潮文庫) 亀山郁夫さんの方が最近出版されたので・・・読みやすいのでしょうかね??? (1)は相関図になっています。 「読みやすさ」念頭は亀山さんですか。 (1) http://www013.upp.so-net.ne.jp/hongirai-san/kids/k-soukanzu.html 『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』など誰もが知っている世界的大ベストセラーの著者ドストエフスキーを読んだことはありますか?ロシアが誇る世界的文豪の一人で、日本人作家の多くが目標としています。おすすめ作品を人気ランキング形式で紹介するので読んでみてください。 Amazonでドストエーフスキイ, 正夫, 米川のカラマーゾフの兄弟 1 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。ドストエーフスキイ, 正夫, 米川作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またカラマーゾフの兄弟 1 (岩波文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. こんにちは。 いま手元にあるのは、図書館で借りてきた岩波文庫の米川正夫訳『カラマーゾフの兄弟(第四巻)』と新潮文庫の原卓也訳『カラマーゾフの兄弟(下)』である。 開いてみると、どれも、光文社古典新訳文庫の亀山郁夫訳のものより、はるかに文字が小さく読みにくい。老眼バリバリの中高年� 亀山郁夫(光文社古典新訳文庫) カラマーゾフの兄弟 ... て、「「この訳が自分にはぴったりだ」と思える訳に出会えた時の喜び」があれば、どの翻訳を読んでもいいらしいです。 そこから、今度はまたもうちょっと後ろのページをめくっていると、こうありました。 正しいテキストを選ぶ 古い書物に書かれた事柄の良さを自� 『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』など誰もが知っている世界的大ベストセラーの著者ドストエフスキーを読んだことはありますか?ロシアが誇る世界的文豪の一人で、日本人作家の多くが目標としています。おすすめ作品を人気ランキング形式で紹介するので読んでみてください。, ドストエフスキーは、世界的文豪として有名な小説家の一人です。本名はフェードル・ドストエフスキーと言います。彼はロシアのモスクワに1821年に慈善病院の医師の家の次男として生まれましたが、工兵士官学校に進み、工兵局に就職しました。, しかし、その仕事が合わず、そのときから小説家を目指し始めることになります。1846年には処女作の『貧しき人々』が批評家に大絶賛され、華々しい文壇デビューを飾りました。ただ、彼の生涯は、順風満帆とはいきませんでした。, ドストエフスキーは1849年に空想主義的社会主義サークルに参加したことを理由に逮捕され、死刑宣告をされています。しかし、銃殺刑が決まり、一生はここで終わるのだと覚悟を決めた矢先、執行される直前に特赦によりシベリア流刑へと減刑され一命を取り留めます。, そうした経験がドストエフスキーの人生観や物事を捉える視点が変わり、その後に出版した作品は次々と大ヒットし、ドストエフスキーの代表作と言われる五大長編もシベリア流刑後に出版されたものです。, ドストエフスキーは世界的な文豪で、チャレンジしたいと思う読者も多いですが、難易度が大きく分かれます。読者は自分自身のモチベーションや読書慣れのレベルをきちんと確認して選びましょう。, ドストエフスキーを読むときに、そもそも読書が苦手な人はマンガから入りましょう。作品がどれだけ素敵でも小説を読むことに慣れていない場合は、なかなか読み切ることは難しいでしょう。, 作品は最初から最後まで読み切って初めて作品を堪能したと言えます。まずはマンガで作品の大きな流れを掴み、絵から伝わる臨場感や親しみやすさを利用することで小説への導入にもなりますのでおすすめです。, マンガを通して流れをつかむことで、小説を読む際にも大体今どのあたりを読んでいるのか感覚的に捉えることもできるので、読み切る大きな手助けとなるでしょう。小説が苦手な人はまずマンガ化されている作品を読みましょう。, ドストエフスキーを読む際に有名な作品から入りたい気持ちはわかりますが、まずは短編集で慣れましょう。作家にはそれぞれ大なり小なりクセというものがあります。ドストエフスキーの有名な作品の多くは長編作品です。まずはドストエフスキーのクセを知りましょう。, ドストエフスキーは長編作品が特に有名な作品として語られたり紹介されることが多いですが、短編小説や1冊で完結する作品の中にも非常に良い作品は多く存在します。短編小説を読み、彼のクセを知ることでより長編作品への期待も高まるので、まずは短編小説から読んでみましょう。, 小説に慣れていて、ドストエフスキーの作品をいくつか読んだことがある人なら人気長編作品にも挑戦しましょう。ドストエフスキーを語るのであれば長編作品はもちろん外せません。小説を読む習慣のない人にはおすすめできませんが、慣れているのであればぜひ長編作品に挑戦してみてください。, 長編作品の唯一の弱点は読み終わる前に挫折してしまう人が多いということです。小説は最後まで読まないと作品全体を堪能することはできません。もし、自信がない場合は短編小説から入るか、時間がゆっくりとれる時期に読むことをおすすめします。, ドストエフスキーを語るなら五大長編はマストです。五大長編を読むことでドストエフスキーの世界を知ることが出来ます。五大長編は世界レベルで評価されている作品で、日本でもたくさん翻訳されているので、読んだことがあるという人も多いことでしょう。, 五大長編とは『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『未成年』『白痴』『悪霊』の5作品のことを指します。日本でもマンガ化やパロディ作品が多く出るほどの人気のある作品もあります。また、日本の作家の多くに影響を与えているとも言われています。, 有名な話では『ノルウェイの森』で有名な村上春樹は『カラマーゾフの兄弟』のような作品を書くことが「最終目標」と公言しています。阿部公房や三島由紀夫、大江健三郎などもドストエフスキーの影響を色濃く受けていると言われています。日本の文豪と言われる人々も尊敬する五大長編は必読ですね。, ドストエフスキーの作品は、逮捕され死刑判決が流刑に減刑されるという出来事の前後で作風が大きく変わります。前半はどちらかというと人道主義的な作風が多いものの、シベリア流刑後は圧倒的に悲劇が増えます。世界観で選ぶのも良いでしょう。, ドストエフスキーの作品にはもともと人道主義的な作風のものが多くありました。人道主義的な作風が好きな人は逮捕前の作品を選ぶことで、心地よくドストエフスキーの作品に入ることが出来るでしょう。, 悲劇が好きな人には、シベリア流刑後に書かれた作品を読むことをおすすめします。シベリア流刑後の作品には以前と違い、悲劇が多くなります。悲しい話が苦手な人は読み進めるのが難しいかもしれませんが、表現や描写の巧みさから感情移入してしまうこと間違いありません。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51oCx468LgL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%2582%25AA%25E9%259C%258A%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%2582%25AA%25E9%259C%258A%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4781600220?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4781600220"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%2582%25AA%25E9%259C%258A%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 『悪霊』は多彩な登場人物たちの人間関係、その背景を中心に世界の在り方や捉え方、人生における勝利とは何かを問う作品です。そうした壮大なテーマを「ニヒリズム」VS「肯定的世界観」の対立を通じて描いています。, ドストエフスキーの作品で多くの読者を悩ませるもののひとつに登場人物たちの名前の分かりづらさがあるかと思いますが、マンガ版では絵で判別できるのでひっかかることなくページを進めることが出来ます。, また、『悪霊』に関しては複雑な人間関係の相関を覚えるのが大変ですが、マンガであればわかりやすく敢えて誇張して書いてある部分もあるので、大変読みやすいと言えるでしょう。もちろんマンガ版ということで省略している部分もありますので、マンガを読んで興味が出た場合は活字で読んでみましょう。, [{"key":"発売日","value":"2008/12/1"},{"key":"ページ数","value":"190"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51xK0CEidWL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E5%259C%25B0%25E4%25B8%258B%25E5%25AE%25A4%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E5%259C%25B0%25E4%25B8%258B%25E5%25AE%25A4%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4781606687?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4781606687"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E5%259C%25B0%25E4%25B8%258B%25E5%25AE%25A4%25E3%2580%2580%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25AC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 『地下室の手記』はドストエフスキーの世界観が堪能できる一冊です。特に悲劇的であり、主人公の悲観的な思考は読む人をうんざりさせるかと思いきや、クスっと笑えてくる面白さや飽きない作品の魅力があります。, 現在の精神医学で言えば、あらゆる病名がつけられてもおかしくないような主人公の脳内は100%ネガティブな感情で支配されています。それゆえ、他人を信じられないものの、一方で理解してほしい、分かってほしいという想いも混在する青年の苦痛が見事に描かれています。, 中二病やモラトリアムといった表現に近いのかもしれませんが、誰もが抱えたことのある心の中の葛藤を描いた今作は男性ファンが多いのも、難しいこの世界で頑張る男性の心を上手く表現しているからかもしれません。上手く生きたいけど生きられない、そんな不器用な男性たちにおすすめの一冊です。, [{"key":"発売日","value":"2011/9/30"},{"key":"ページ数","value":"181"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51sMKNWvPuL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%25AD%25BB%25E3%2581%25AE%25E5%25AE%25B6%25E3%2581%25AE%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%25AD%25BB%25E3%2581%25AE%25E5%25AE%25B6%25E3%2581%25AE%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/410201019X?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=410201019X"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%25AD%25BB%25E3%2581%25AE%25E5%25AE%25B6%25E3%2581%25AE%25E8%25A8%2598%25E9%258C%25B2%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], シベリア流刑によって過ごした、ドストエフスキーの獄中で体験を記した作品です。体験記ということで思想や想いが書かれていると思いきや、ロシア文学としてきれいにまとめられており、世界的評価も高い作品です。, 様々な囚人たちや看守の様子を第三者的に記している点が文学作品として評価される理由の一つだろうと思いますが、この作品には獄中とは思えない明るさが表現されています。それを支えるのは獄中の囚人や看守たちを細部まで観察して詳細に描かれた人間性やドラマです。, ドストエフスキーは、シベリア流刑後から作風が大きく変わっていくのですが、この作品はその初めの作品であり、この後に執筆される『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』の登場人物のモデルとなった人々との出会った瞬間の作品でもあったようです。, 『貧しき人々』がはドストエフスキーの処女作ですが、この作品はドストエフスキーの作家としての第二の人生で言うところの処女作と呼べるのではないでしょうか。, [{"key":"発売日","value":"1973/8/1"},{"key":"ページ数","value":"567"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41BF49ZHZGL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%2599%25BD%25E7%2597%25B4%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%2599%25BD%25E7%2597%25B4%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010033?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010033"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%2599%25BD%25E7%2597%25B4%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 『白痴』はキリスト教が大きく影響している作品です。ドストエフスキーの作品には宗教的表現を感じる作品は多いが、この作品はどこからどう見ても宗教的作品と言えるでしょう。主人公の白痴は、純粋な信仰心と表現できますが、それが周囲に微妙なズレをもたらしていき、個々人の問題を潜在化させていきます。, この作品は、少女時代に性的暴行を受けたことのあるヒロインと、性的不能者である主人公と、性的欲望が強すぎるロゴージンの三角関係がベースに話は進んでいきます。道徳心と愛欲と相反するものの間で揺れ動く人間の葛藤を見事に表現しつつ、最後には衝撃の結末を迎え、読む人を絶句させることでしょう。, 救いようのない人間の業というものを表現した今作品は覚悟をもって読んでもらいたい作品です。, [{"key":"発売日","value":"2004/4/1"},{"key":"ページ数","value":"684"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51pJLlGzpuL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E8%25B2%25A7%25E3%2581%2597%25E3%2581%258D%25E4%25BA%25BA%25E3%2580%2585%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E8%25B2%25A7%25E3%2581%2597%25E3%2581%258D%25E4%25BA%25BA%25E3%2580%2585%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010068?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010068"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E8%25B2%25A7%25E3%2581%2597%25E3%2581%258D%25E4%25BA%25BA%25E3%2580%2585%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 登場人物を対比させ、さらに往復書簡のやりとりで、時間も場所も離れたところにいる二人の存在感を際立たせ、手紙という媒体の中で二人の心の変化や、変わらない道徳心などを鮮やかに描いています。, この作品には娘の生活を援助している小役人のマカールと、体が弱い田舎娘のワーレンカが登場します。当初、この二人はお互い貧しくても心豊かに生活していますが、逆境が二人を襲います。マカールには金銭面、ワーレンカには体調面での問題が大きくなっていくのです。ただ、後半、マカールは状況がだんだんと改善していきます。, 人は状況が悪くなって追いつめられるとどうしても心がすさんでしまいますが、ワーレンカも例外ではありませんでした。残念なことに、そこでマカールとの温度差がだんだんと出てきてすがマカールは変わらない態度で接していきます。その切ない様子に胸を打たれる読者も多いことでしょう。, この作品でドストエフスキーは世に才能を知らしめる作家となりました。ドストエフスキーに挑戦するなら一回は読んでおきたい一冊です。, [{"key":"発売日","value":"1969/6/24"},{"key":"ページ数","value":"260"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51BY9924GTL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E3%2581%258A%25E3%2581%258B%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AA%25E4%25BA%25BA%25E9%2596%2593%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%25A2%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E3%2581%258A%25E3%2581%258B%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AA%25E4%25BA%25BA%25E9%2596%2593%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%25A2%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4846004406?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4846004406"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E3%2581%258A%25E3%2581%258B%25E3%2581%2597%25E3%2581%25AA%25E4%25BA%25BA%25E9%2596%2593%25E3%2581%25AE%25E5%25A4%25A2%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 自分でもおかしな人間であると自覚し何もかもがどうでもよくなった男が自殺を決意するが、その夜不覚にも眠りに落ちて不思議な夢を見る。そこでもう一つの地球を見て、それをユートピアではないかと考えるところから始まります。, 彼が夢で見たもう一つの地球のユートピアはきっと無意識に内心で追い求めていた理想の姿なのでしょう。そして、その夢が長続きせずに、当時の社会そのままの状況に同化してしまうのはやはりそういった社会を実現するのは非常に困難だと自覚していた証かもしれません。, これはドストエフスキー自身の価値観や問題意識の中心でもあり、ドストエフスキーの価値観がそのまま反映されているとして有名な作品の中の一冊です。また、主人公の強すぎる自意識はドストエフスキー作品の印象を強く与えるとしてファンの中でも必読の一冊となっています。, [{"key":"発売日","value":"2006/11/1"},{"key":"ページ数","value":"118"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41QQ164SCZL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E8%25B3%25AD%25E5%258D%259A%25E8%2580%2585%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E8%25B3%25AD%25E5%258D%259A%25E8%2580%2585%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010084?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010084"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E8%25B3%25AD%25E5%258D%259A%25E8%2580%2585%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], この作品はほぼドストエフスキーの実体験と言っていい内容で、作品の舞台はドイツのある観光地にて、ルーレットの魅力にとりつかれ身を滅ぼしていく青年を通してロシア人特有の病的性格を浮き彫りにしています。タイトルそのままで、ギャンブルで身を亡ぼす主人公がリアルに描かれています。, また、『賭博者』にはもう一つテーマがあり、それは「女」である。「金と女で男は人生狂う」とは昔からよく言うが、主人公はルーレットだけではなくポリーナという女性にも激しい恋心を抱いています。, ルーレットで大金をかけてのめりこむ姿、女に入れ込んで命も財産もすべてを賭けてしまう愚かな男の姿がすべてリアリティあふれるのはすべてドストエフスキーの実体験だからでしょう。ドストエフスキーの人となりを知る上でも読んでおきたい一冊です。, 人生に刺激が欲しい人、自分の人生に悲観的になっている人、『賭博者』を読んでいい意味で教訓にし、励ましにもし、未来への活力にもしていきましょう。, [{"key":"発売日","value":"1979/2/22"},{"key":"ページ数","value":"317"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ORpGBG1sL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%259C%25AA%25E6%2588%2590%25E5%25B9%25B4%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%259C%25AA%25E6%2588%2590%25E5%25B9%25B4%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010157?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010157"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E6%259C%25AA%25E6%2588%2590%25E5%25B9%25B4%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 『カラマーゾフの兄弟』と『悪霊』を足して2で割ったような作品と言われることもある『未成年』ですが、表現としては適切かもしれません。その二作品と比べるとカタルシスは感じませんがかなりストーリー展開は面白くまだドストエフスキー初心者にはちょうど良い作品です。, ただ、五大長編の中でも特に長い長編小説なため、登場人物が多く把握が苦手な読者には荷が重い作品となる可能性もあります。ただ、構図はかなり単純明快で父ヴェルシーロフと私生児の主人公アルカージイの間の愛憎が対比され描かれるので引き込まれること間違いなしです。, 作品全体としては前半と比べ後半に入ると畳みかけるように物語は展開し、主人公の世界がひっくり返っていく様子が読者の心をかき乱します。ドストエフスキー作品に多い後半の怒涛の追い込みですね。, 五大長編の中でどちらかというとマイナーな作品ですが、実は一番読みやすくわかりやすい作品と言えますので、ドストエフスキー初めての方は特にまずは読んでみましょう。, [{"key":"発売日","value":"1969/5/27"},{"key":"ページ数","value":"632"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/411x7%2BmRpSL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00H6XBEK4?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00H6XBEK4"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E7%25BD%25AA%25E3%2581%25A8%25E7%25BD%25B0%2F"}], ドストエフスキーといえば『罪と罰』でしょう。この作品は正直読むのに大変苦労します。なぜなら、まず登場人物がかなりたくさん登場します。そして、その人間関係は実社会のように複雑に絡み合っているからです。また、その登場人物もかなり精巧に人物設定がされており小説上の人物とは思えない仕上がりになっています。, 作品全体で共通することといえば、バックボーンにキリスト教があるのだろう、ということです。この作品に登場する主人公のラスコーリニコフは金貸しの老婆を殺害しますが、この理由にはキリスト教で「金貸し」は「最も卑しい仕事」と考えられているからです。彼は老婆殺害時に、その卑しい仕事から解放してあげたという正義感さえ持っていました。, ところが、家族のために娼婦をしているソーニャに出会ったことから罪の意識が芽生えてきます。その後紆余曲折がありながらも物語はハッピーエンドに向かっていきます。主人公とソーニャだけでなく、主人公の妹ドゥーニャや親友ラズミーヒン、ソーニャの親マルメラードフなどの存在も物語を濃厚にしてくれていますし、作品全体に人間愛を感じさせてくれます。, 悲観的な作品の多いドストエフスキーですが、最後に希望が持てる作品になっています。一読の価値は法等にありますので、一度手に取ってみてください。, [{"key":"発売日","value":"2008/10/20"},{"key":"ページ数","value":"488"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31TV5ADQ12L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BE%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E5%2585%2584%25E5%25BC%259F%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BE%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E5%2585%2584%25E5%25BC%259F%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4102010106?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4102010106"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2583%2589%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2595%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2580%2580%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259E%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25BE%25E3%2583%2595%25E3%2581%25AE%25E5%2585%2584%25E5%25BC%259F%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 強欲で好色下品な父フョードル、堕落した生活から抜け出せない長男のドミートリィ、秀才で無神論者の次男イワン、修行僧であり純情で素直な三男アレクセイが織りなす情景を面白おかしく描いた作品です。, 作品を通して彼らを見ていると、様々な人間が持ついろいろな要素をこの家族は体現していることが分かってきます。身近にいるな、と思う瞬間がしばしば出てくるので読んでいて誰もが楽しい気持ちになるでしょう。, ドストエフスキーの最高傑作にして集大成との言える世界文学屈指の『カラマーゾフの兄弟』ぜひ読んでみてください!, [{"key":"発売日","value":"1978/7/20"},{"key":"ページ数","value":"667"}], 今回はドストエフスキーのおすすめ作品を人気ランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。とっつきにくいイメージのあるドストエフスキーですが、選び方やおすすめを参考にぜひ挑戦してみてください。.