映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2:リミックス』のネタバレあらすじ結末と感想。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2:リミックスの紹介:2017年アメリカ映画。かつて宇宙を救ったピーター・クイル率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』ネタバレの詳しいあらすじ | アンパンマン先生の映画講座, 映画とAKB48が大好きなアンパンマン先生です。映画の感想とあらすじを結末まで書いているので、ネタバレになっています。舞台挨拶や気になった映画は細かい分析など多角的に紹介しています。またAKB48のコンサートや握手会観戦記も載せているのでお楽しみ下さい。, 1980年、アメリカ・ミズーリ州。ピーター・クイル(クリス・クラット)の母メレディス・クイル(ローラ・ハドリック)は、宇宙人の恋人とドライブして、林の中で二人は抱き合う。地面には宇宙の「種」が植えられていた。, 年後。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー達は、惑星ソヴリンの女帝アイーシャ(エリザベス・デビッキ)に雇われ、アニュラックス電池を宇宙怪獣アビリスクから守っていた。, 彼らが宇宙怪獣と必死で戦っている間、ベビー・グルート(声:ヴィン・ディーゼル)は音楽を聞きながら踊っていた。, 怪獣の硬い外皮に苦戦し、ドラックス(ディブ・バウティスタ)が口から怪獣の体内へ侵入して、内側から攻撃する。, ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)が怪獣の首を剣で切り裂いて倒す。ガーディアン達はアイーシャに謁見する。, 報酬としてソヴリンに捕獲されていたガモーラの義妹ネビュラ(カレン・ギラン)を報奨金目当てに引き取る。, ガーディアン達の宇宙船が出発して宇宙空間を航行していると、電池が盗まれたと気づいた惑星ソヴリンの遠隔操作の小型宇宙船が大軍で追ってくる。, ガーディアンの宇宙船は、惑星ベアハートへのジャンプポイントにたどり着くため、小惑星帯で敵を撒こうとする。ピーターとロケットが操縦の奪い合いをして、小惑星に衝突して宇宙船が破損する。, ドラッグが外に出て敵宇宙船を攻撃する。宇宙船は敵の挟み撃ちに遭い、絶体絶命になる。すると謎の宇宙船がソヴリンの宇宙船を全滅させる。何とか惑星ベアハートへワープするが、森林地帯に不時着し、宇宙船は大破する。, 大破したガーディアン達の宇宙船の近くに、彼らを助けた宇宙船が降下し、中からマンティス(ポム・クレメンティエフ)とエゴ(カート・ラッセル)が出てくる。エゴはピーターの父親だと言う。, 惑星コントラクシアでは、ヨンドゥ・ウドンタ(マイケル・ルーカー)が率いる宇宙海賊ラヴェジャーズの一団がいた。ヨンドゥは、仲間だったスタカー(シルヴェスター・スタローン)と出くわす。ヨンドゥは、掟で禁止されている子供の人身売買がスタカーにばれ、追放されていた。アイーシャがやって来て、ヨンドゥにある依頼を行う。, ピーターは、突然の父の出現に動揺する。エゴの説明では、母が亡くなった時、ピーターを迎えにヨンドゥを地球に派遣したが、ヨンドゥがエゴに戻らなかったので、再会に時間がかかったのだ。エゴは、ピーターをエゴの惑星に招待する。ベビー・グルートとロケットを宇宙船の修理とネビュラの見張りに残し、ピーターとガモーラ、ドラックスは、エゴの惑星に行くことにする。エゴの宇宙船内で、マンティスはドラックスやピーターに触れ、相手の感情を感じたり、相手を眠らせたりする。, ヨンドゥ達は、不時着したガーディアン達を襲ってくるが、ロケットが仕掛けた罠で多くの犠牲者が出る。しかし、ヨンドゥは口笛で操る空飛ぶ矢でロケットを追い詰める。ベビー・グルートを丸め込んで手錠を外させたネビュラが、ヨンドゥの頭のフィンを撃つ。ガーディアン達を捕まえた賞金に不満を持ったテイザーフェイスがヨンドゥを裏切り、ヨンドゥ、ロケット、ベビー・グルートを捕虜にする。, エゴの惑星に到着した一行にエゴは、自分は「セレスティアル」という神に近い古代種族で、この惑星はエゴが数百万年もかけて創り、ピーターの母をいかに愛していたか、などを説明する。ピーターは、母を置いて地球を去った事でエゴを怒る。エゴはピーターに手の中にエネルギーの球を作る能力を教え、二人は打ち解け合う。, ラヴェジャーズの宇宙船では、テイザーフェイスがヨンドゥ派の船員を宇宙空間へ出して殺す。ネビュラの提案で、ガーディアンズに懸賞金が掛かっている惑星クリーへ, 名を連行することにする。ネビュラはその見返りとして、惑星エゴへ行く宇宙船を用意させる。, 寝静まった頃、ヨンドゥはベビー・グルートに、矢を操るフィンのプロトタイプをテイザーフェイスの寝室から盗み出すように頼む。ベビー・グルートは何回も間違った末、やっとフィンを持って来る。ヨンドゥは矢を飛ばして、裏切った船員を次々と刺し殺し、宇宙船を爆発させてテイザーフェイスも始末する。, ヨウドゥ達は脱出用宇宙船で、ガーディアン達がいるエゴの惑星へ向かう。エゴの惑星へは, エゴの惑星では、マンティスとドラックスは良い雰囲気になるが、ガモーラはピーターに気を許そうとしなかった。ガモーラが一人で散歩していると、ネビュラが宇宙船でガモーラを襲ってくる。ガモーラは洞窟へ逃げるとネビュラの宇宙船も突っ込んできて、大破炎上する。ガモーラはネビュラを助け出すが、復讐に燃えるネビュラはガモーラを殺そうとする。ガモーラとネビュラはお互いの気持をぶつけ合う。二人は洞窟の奥に大量の人骨を見つけ、エゴの秘密を知る。, エゴがピーターに真の目的を教える。エゴは、宇宙全体へ彼の存在を拡張するため、地球を含め彼の分身の「種」をあらゆる惑星に植え付けていた。しかし、彼一人では宇宙全体のエネルギーを集めるにはパワー不足なので、様々な種族との間に子供を作り、彼の, を受け継いだ分身を作り出そうとした。その子供たちを回収するのがヨンドゥの役目だった。能力を持たない子供は、エゴが殺した。ピーターがインフィニティストーンを触っても死ななかったので、能力を持っているとエゴが気づいた。エゴは計画を優先するため、メレディスに脳腫瘍を埋め込んで殺した。, それを聞いたピーターは怒って、エゴを撃つ。エゴはピーターを拘束し、ウォークマンと母のカセットテープを壊す。エゴはピーターをエネルギー源として使い、宇宙中にばらまいた種を発動させる。地球の種は巨大化し、人々を飲み込む。, ガーディアン達は、マンティスが教えた、惑星の中心にあるエゴのコアを破壊することにする。ガーディアン達は宇宙船で地下深く行き、コアを攻撃する。, するとヨンドゥ達を追いかけてきたソヴリンの小型宇宙船が攻撃してくる。マンティスがエゴを一時的に眠らせる。その間に、ロケットが電池を使って時限爆弾を作り、ベビー・グルートを狭い洞窟からコアの奥に送り、爆弾を仕掛けさせようとする。, しかし、ロケットが何回手順を説明しても、ベビー・グル―トは爆破ボタンを押そうとする。, ヨンドゥの宇宙船はソヴリンの小型宇宙船に取り囲まれる。ネビュラが腕を宇宙船に接続し、光線を放射してソヴリンの小型宇宙船を殲滅する。マンティスは気を失い、エゴが起きる。時限爆弾が爆発すると、エゴの惑星が崩壊を始める。落下したカミーラをネビュラが助ける。ヨンドゥがピーターを助け、宇宙空間までピーターを連れ出して、, 着しかないスーツをピーターに着せ、ヨンドゥは「お前の父は俺だ」と言い残して宇宙空間で凍って死亡する。, ガーディアン達は、手厚く彼の亡骸を葬る。ピーターは、ヨンドゥが父親同様の存在であったことに気がつく。カミーラはネビュラに謝るが、ネビュラは去っていく。ヨンドゥの追悼に、彼の昔のラヴェジャーズの仲間であるスタカー達も集まってきて、彼の死を偲ぶ。, (エピローグ1)クラグリンは、ヨンドゥの残したフィンを使って矢を制御する練習をしていたが、なかなかうまく行かず、ドラックスののどに刺さる。, (エピローグ2)スタカーは、ヨンドゥの死に集まってきたマルティネックス、チャーリー、スターホーク、メインフレームら昔の仲間とチームを作ることを決意する。, (エピローグ3)アイーシャ達は、ガーディアン達を倒す新たな作戦として、出産ポッドから最終兵器の「アダム」を取り出す。, (エピローグ4)グルートは成長して、反抗期を迎えた。ピーターがグルートに根をだらしなく這わせるなと叱るが、グルートは無視して.

大ヒットマーベル映画シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第3作目となる『Guardians of the Galaxy, Vol. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 3/ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』のあらすじ、監督、キャスト、公開日などに関する最新情報を分かりやすくご紹介します。 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』ネタバレの詳しいあらすじ ピーター・クイル(クリス・クラット)の母メレディス・クイル(ローラ・ハドリック)は、宇宙人の恋人とドライブして、林の中で二人は抱き合う。