今日は朝から高速に乗って出掛けてきました。さて高速道路の実力を語る前に自分の乗ってる車ですが、ゴルフ7のコンフォートラインになります。上中下の中、松竹梅の竹ス… コンフォートラインの方が、文字が多いです。 トレンドラインは、20万円安いですので、海外旅行が余分に1回行けます。 コンフォートラインを選ぶより、トレンドラインを選んで、1万円の食事20回されたほうが満足されると思います。 書込番号:16843999 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのエクステリア(外観), 「ゴルフ」TSI Comfortline Tech Editionのインテリア(内装), オデッセイハイブリッド・アブソルートEXパッケージ(外観・内装の評価)3列目もゆ…, VW「シャラン」TSIハイラインの試乗記(走り・加速性能)1.4Lターボで伸びのある力強い加速, 「ゴルフトゥーラン」TSI Rラインの試乗記(走り・加速性能)高速道路や長距離走行でも疲れにくい, 新型アルファード・S“Cパッケージ”(外観・内装の評価)2列目は贅沢すぎる乗り心地、3列目も広い, エスクード1.6Lと1.4Lターボ試乗記(走り・加速)走行性能は素晴らしくパワフル, エスクード1.6Lと1.4Lターボ(外観・内装の評価)後部座席の広さはそこそこ、乗り心地よし, VWゴルフ TSI Comfortline Tech Edition(外観・内装の評価)後部座席の足元は狭い. VWゴルフ TSI Comfortline Tech Editionの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。, ゴルフと言えば世界の車種別歴代総生産台数では第2位であり、累計総生産台数は3000万台を突破している車です。, 日本にも初代のモデルより継続して輸入されている車なので、日本で一番馴染みが深い外車なのではないでしょうか?, 現在のゴルフ2012年にモデルチェンジした7代目となっており、昨年マイナーチェンジした後もその人気は衰えることがありません。, 今回試乗したゴルフはTSIコンフォートラインテックエディションです。価格は2,999,000円で、グレードとしては下から3番目のグレードです。, このグレードの特徴は、デジタルメータークラスターや純正ナビなどを標準装備にしているところで、LEDヘッドライトや17インチ専用アルミホイールもパッケージングされています。, エンジンは1,200ccのターボエンジンを搭載しているので、低回転より太いトルクを感じることができる力強いエンジンです。, 最高出力は105ps/4,500~5,500rpmで最大トルクは17.8kgf・m/1,400~4,000rpmとなっています。, 白系のカラーは他にもあり、オプションカラーのオリックスホワイトマザーオブパールエフェクトとホワイトシルバーメタリックの全3色です。, その他、トルネードレッドやアトランティックブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、ターメリックイエローメタリック、タングステンシルバーメタリックがありますが、どのカラーもメタリックで落ち着いた輝きを放っています。, 今回のTSIコンフォートラインテックエディションは299万円ですが、ゴルフはグレードが多く、他のグレードも気になるところです。気になるグレードと価格をここでみておきましょう。, フロントマスクはフォルクスワーゲンの中では先端と走っている現代風の造りになっており、ワイド&ローな印象を与えるデザインです。, ヘッドライトはLEDを採用しており、外側からセンターのグリルの方に向けて絞り込んだデザインと、高さを絞り幅を薄くしたグリルとが相まっているところが魅力を感じます。, グリルもシンプルにシルバーのラインを1本入れて、中心に存在感のあるVWのロゴを配置している所もいいですね。, ボディーのサイドはエッジをきかせたキャラクターラインが入っており、美的センスが高い仕上がりになっています。, ホイールは17インチのホイールを採用していますが、光沢のないシルバーのホイールなので質感はあまり高く感じません。, グレードはあまり高いグレードではありませんが、ゴルフの洗練されたデザインであれば切削光輝の光沢の強いホイールを採用して欲しかったですね。, コンビネーションランプもシンプルでゴルフのボディーの美しさを妨げないのでいいですし、オーソドックスな中にもラインで上手く美しさを表現しているところがフォルクスワーゲンの凄さですね。, 営業マンにも聞いてみましたが、ゴルフはフロントドアとボディーの隙間は3㎜しかなく、フロントドアとリアドアの隙間も5mmしかないそうです。これって静粛性にも大きく影響するのでしょうね。, ゴルフのインテリアは大まかには大衆車の様な雰囲気を残しつつ、所々に先進の技術や上質感を散りばめた面白さを感じさせる物でした。, まずはシートから見てみましょう。チタンブラックのシートで素材はスエードです。座ってみるとお尻が若干深くなっているのでしょうか?包み込まれるような感じがして座り心地が良いです。, ハンドルはレザーマルチファンクションステアリングホイールで握った感触は硬いという感触よりは滑らかといった方がよいのでしょうか、とても握りやすくて持ちやすいハンドルです。, このクラスのステアリングはパドルシフトも付いているので、減速時に手元でエンブレが出来るので便利です。, メーターはテックエディションだから付いているアクティブインフォディスレイで、ディスプレイの中にスピードやタコメーターが付いている他、ナビの地図もこのディスプレイに映し出すことができるのです。, センターパネルはガンメタ調で暗すぎない感じがして室内をよい雰囲気にしていると思います。, パーキングブレーキは電子式のパーキングブレーキを採用しており、オートにしておけば停止の度に設定・解除をしてくれるので、手の操作いらずで足を休ませることができるので、ストレスを軽減できます。, ダッシュボードにいれているラインや、ドアハンドルに使用している光沢のないシルバー加飾はアルミニウムの質感が強くて、こちらもマシン的な感じがして格好いいです。, リヤシートはセンターの膝元あたりにエアコンの吹き出し口があり、後部に中々届き難いエアコンの送風をダクトを使用して行っています。, シート自体はあまり幅がありませんし、足元も決してスペースがある訳ではありませんが、空間として捉えた時に、凄く狭いと言った印象はありませんでした。, ラゲッジルームは通常時で380Lの容量がありますので、それなりの大きさを確保しています。, 後部座席が6:4で倒せるので、全て前に倒すと1270Lまで容量を増やすことができます。, 元走り屋の車好きが、フルモデルチェンジ後の新車や気になる車種に試乗してレポートするサイトです。 ↓インスタ・Twitter・Facebookで更新情報を配信しています。フォローしていただけると励みになります。, スズキ・スペーシアギア「ハイブリッドXZターボ」の外観と内装を見てきたので画像つ…, MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…. コンフォートラインの方が、文字が多いです。 トレンドラインは、20万円安いですので、海外旅行が余分に1回行けます。 コンフォートラインを選ぶより、トレンドラインを選んで、1万円の食事20回されたほうが満足されると思います。 書込番号:16843999 | ƒvƒŒƒ~ƒAƒ€ƒKƒ\ƒŠƒ“‚ª•K—v Copyright ©  元走り屋の『新車・試乗ブログ』 All rights reserved. ‚é‚«‚ߍׂ©‚¢‘Ήž ゴルフtsiコンフォートラインテックエディション試乗記まとめ 今回はフォルクスワーゲンでゴルフに試乗してきました。 エクステリアのデザインの美的センスの高さも素晴らしいですが、やはり今回感動したのはゴルフの静粛性と安定感です。 Copyright ©  元走り屋の『新車・試乗ブログ』 All rights reserved. B. VWゴルフTSI Comfortline Tech Editionを実際に試乗運転してきた感想を書きたいと思います。, VWゴルフ TSI Comfortline Tech Editionの外観・内装レポへ, 今回試乗したゴルフは走行性能もよいのですが、静粛性と安定感が素晴らしく、走っていて感動してしまいました。, まずエンジンをかけてみると、アイドリングの時の車内は静かです。走りだしても運転者以外は走りだしたことに気が付かないくらい静かでした。, また60km/hくらいで走行しているときも、車内はとにかく静かで会話を邪魔するようなシーンは全くありませんでした。, ボディーがしっかりしていることも理由の1つだと思いますが、エクステリアでみたあのボディーの隙間の少なさが静粛性への拘りの強さを感じます。, 走行時の安定性に関しても、このCセグメントの車の中では群を抜いて良いのではないでしょうか?, 段差やマンホールを通過する時も、足回りが上手く吸収してショックを抑えており、これは抑えきれないだろうと思うくらいの障害でも、ボディーがしっかりしているので、上手く処理しています。, ちょっとしたワインディングを走行した時も、自分の運転を過信してしまうくらいに狙った場所に上手く車が走ってくれるので本当に気持ちが良いです。, 肝心の走行性能も悪くありません。1,200ccのターボエンジンで最高出力105psと聞いていたので、国産のコンパクトカーレベルの実力かなと高をくくっていましたが、走り出しも加速も良く、2000ccのエンジンでも積んでいるのでは?と感じるくらいストレスを感じさせない加速でした。, 国道での走行車車線から追い越し車線への車線変更時も追加速をした時にしっかりと後続の車に差を開いてくれるので、安心して車線変更ができます。, ゴルフはドイツのアウトバンで長い距離走行させられている車だけあって、走行性能に関しては文句の付け様がありませんね。, フォルクスワーゲンの安全性能はオールイン・セーフティーで、安全はすべてに優先するという理念の元、20以上の性能を備えています。, 事故につながりやすい高速道路の渋滞、流れが無くなってしまうと集中力が切れてしまい、眠くなったりよそ見をしたりしがちです。, この機能は予め設定した間隔を先行車との間で保ちながら走行レーンを維持する様にサポートしてくれるシステムです。, ストップ&ゴーの多いシーンではアクセル、ブレーキ、ステアリングを制御してくれるので疲労とストレスの緩和になります。, 更に高速走行時は「アダプティブクルーズコントロール」が便利です。この機能は私も国道で使用させてもらいましたが、前の車に追従してくれるのでとてもラクでした。, 高感度なレーダースキャンにより先行車を測定しており、設定した速度を上限として自動で加減速するシステムで、先行車が停止するまで低速域でも作動してくれます。, 3つめはレーンキープアシストシステムです。フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリングします。, ドライバーが疲労や居眠りでハンドルを意図しない方向へ切った時にステアリング補正を行いドライバーに警告します。, このシステムはわざと疲れたふりをしてハンドルを切っても作動してくれません。かなり優秀です。, 最後は「レーンチェンジアシストシステム」です。リヤバンパー左右のレーダーセンサーにより車両後方約70mまでの範囲で周囲の状況をモニタリングします。, 車両がいるにも関わらずウインカーを作動させると点滅に切り替わり、ドライバーの注意をミラーに引き寄せます。, 今回10kmくらい試乗させてもらいました、走行性能を確認するのに少し長く走ってしまった様です。, ゴルフのコンフォートラインのJC08モード燃費は19.1km/Lでしたが、実際の走行での燃費では13.2km/Lでした。, 今回の走行では流れの良い国道の走行がメインでしたので、燃費は良くなっていたのではないかと思います。, 実際にゴルフに乗られている方の実燃費も踏まえながら、ゴルフの実燃費をみてみましょう。, ゴルフにはエネルギーを無駄なく、効率的に利用する先進技術ブルーモーションが標準装備されています。, その機能とは、自動的にアイドリングをストップして低燃費に貢献する「ストップ&ゴーシステム」と、バッテリーへの充電を効率良く行う「ブレーキエネルギー回生システム」の2つです, アイドリングストップは今や馴染みの機能だと思いますが、ブレーキエネルギー回生システムは、アクセルから足を離して減速した時に減速エネルギーを効率良く電力に変換し、アクセルを踏み込んで加速した時に、充電の為の燃料消費を削減します。, エクステリアのデザインの美的センスの高さも素晴らしいですが、やはり今回感動したのはゴルフの静粛性と安定感です。, ガソリン車なのにここまで静かなのは本当に感激します。ボディーの造りをはじめ、多くの拘りが積み重なって今のゴルフが存在するのだと思います。, 今のところCセグメントの車を購入する予定はありませんが、将来購入することがあればその時は絶対ゴルフを選択したいと思います。, 今回ゴルフに興味を持っていただいた方はフォルクスワーゲンのお店に足を運んで見て下さい。, VWゴルフ TSI Comfortline Tech Edition(外観・内装の評価)後部座席の足元は狭い, 元走り屋の車好きが、フルモデルチェンジ後の新車や気になる車種に試乗してレポートするサイトです。 ↓インスタ・Twitter・Facebookで更新情報を配信しています。フォローしていただけると励みになります。, スズキ・スペーシアギア「ハイブリッドXZターボ」の外観と内装を見てきたので画像つ…, MINIクロスオーバー・クーパーDの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介しま…. ƒpƒ[ƒV[ƒg‚̐ݒè‚ÌŽd•û‹³‚¦‚Ä‚¢‚½‚¾‚¯‚Ü‚¹‚ñ‚©? VWゴルフ TSI Comfortline Tech Editionの外観と内装を見てきたので画像つきでご紹介します。フォルクスワーゲンを代表する車種「ゴルフ」の外観・内装をご紹介します。 個人的に最も評価したいのは、 セミatモード です。 テックエディションのベースはコンフォートラインなのでパドルシフトがついていますし、フロアシフトでも変速ができます。 昨年日本市場に投入されたモデルはtsiコンフォートラインと、tsiハイラインであり、今回評価の対象として選んだコンフォートラインは1.4lのシングルチャージャーtsiエンジン(122ps)と7速dsgを搭載した現時点でのゴルフのベースモデルだ。 y‰Ž©ìzRyzen 7 3700X‚ÆRX 5700 XT‚É‚æ‚鎩ì, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv. | ‚à‚¤ˆê•àV‚µ‚³‚ª‚Ù‚µ‚©‚Á‚½ŠOŠÏƒXƒ^ƒCƒ‹ vwゴルフ テックエディション 試乗評価レポート ⑥その他. | Š®‘S–žƒ^ƒ“‚ªŽŠ“ï‚ȃKƒ\ƒŠƒ“‹‹–û«, ŽOŽ÷‘–[@§101-0051@“Œ‹ž“sç‘ã“c‹æ_“c_•Û’¬1-30@TEL 03-3295-5398@FAX 03-3291-4418.