3ヶ月後ぐらいに予約したps5を買いに行くことはできますよね。それまでは店舗で保管してくれますか? © 2016 CERN Bennett, Sophia Elizabeth: CERN. 地球を愛するソウルアーティストLuciaの世界へようこそhttp://trueforce369.wixsite.com/spacekuu?_ga=1.266619406.1282033667.1441969751, 欧州原子核研究機構(CERN)の物理学・高エネルギー研究所にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、学者や一般市民を再び驚かせ、心配させた。ザ・サン紙が伝えた。, なお学者たちは、これは微粒子を集める試みが行われた実験によるものだと説明し、市民を落ち着かせた。, CERNとは欧州原子核研究機構という、世界最大の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の運用管理を行う機関である。, 今回は悪魔崇拝組織?人工地震?と様々な憶測を呼んでいるCERNの黒いウワサをご紹介していきたい。, まず、CERNの表向きの実験の目的は「宇宙にあるとされている物質、エネルギーの解明」, モノを構成する物質である粒子同士を光の速さの99.7%にまで加速し、正面衝突させ、ぶつけて壊すことで世界や宇宙は何から作られているのか?を見つける実験である。, その加速するための装置、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を稼働させたところ、各地で地震が頻発した、という話があるのだ。, さらに大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を再稼働させた2011年3月、日本で東日本大震災、さらにチリの大地震が起こったとされている。, このことから「CERNは人工地震を起こすことが真の目的なのか?」と囁かれるようになった。, 詳しい地震のメカニズムはまだまだ分からないことが多いが、地震は磁界の変化によって起こる説があり、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)では電磁場を作ることで粒子を加速させている。, これは公式の情報なので確実であるのだが、なぜスイスにあるCERNの中にヒンドゥー教の神の像が…?と不思議に感じないだろうか?, シヴァ神は破壊の神、破壊神とされ、世界の寿命がつきたとき、古い今の世界を破壊して次の新しい世界を造るのだと言われている。, 2015年、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の再稼働の際、公式の動画としてCERNの科学者たちがシヴァ神の破壊の踊りを踊っているものがCMとして公開され、その様子からもCERNの科学者たちのシヴァ神への信仰が伺える。, さらにCERNの中庭にあるシヴァ神の像の前で黒いマントを付けた数人の人物が、横たわる白いワンピースを着た女性に刃物を突き立てる、などという儀式の様子が流出したこともある。, そしてその儀式がかの有名な「イルミナティ」のものとソックリなのだというから驚きだ。, 公式によると「この動画はCERNの施設内で撮られたもの」であると認めたうえで、「撮影の許可を出していない。たちの悪いいたずらだ」と不快感を露わにしている。, この儀式の動画について内部調査をするとのことだが、その後の進展は不明。公式の見解についても動画撮影の許可を出していない、と的外れな部分を指摘していると感じないだろうか?, それは悪魔崇拝を指しているのではないだろうか?つまりCERNは悪魔崇拝の組織だと暗に示しているのだ。, ヨーロッパの国々の科学者が多く参加しているCERN。日本よりも666の数字の意味はよく理解しているはず。, にも関わらず、666という悪魔の数字をあからさまに記す意味を考えてしまわないだろうか。, CERN(セルン)は「Conseil Européen pour la Recherche Nucléaire」の頭文字をとったものだとされているが、これは直訳すると研究所設立準備理事会となる。, この研究所設立準備理事会は準備する際のもので、稼働している現在ではすでに解散しているにも関わらず、CERNという名前を使い続けているのだ。, ケルト神話の狩猟の神にして冥府の神、ケンヌンノス(Cernunnos)から取ったのではないか?というのだ。, ケンヌンノスは頭に羊のような2本の角、手には山羊と蛇の巻き付いた杖を持つとされる。そう、羊頭の悪魔バフォメットと同じ姿をしていることに気付いただろうか。, かの有名な物理学者スティーブホーキング博士もCERNの実験には警鐘を鳴らしていた。, 他にもミニブラックホールを作り出してしまう可能性や、ビックバンを作り出してしまう可能性。, 宇宙の崩壊すら招きかねない、とても危険な実験をしていると一部の科学者は批判している。, CERNは全ての物質に質量を与えるという神の粒子「ヒッグス粒子」を世界で初めて発見するなど、その研究は成果をあげている。, ちなみにミニブラックホールを作り出してしまうと全ての物質が引き込まれて行き、隕石を引き寄せてしまうほか、地球すら取り込み、圧縮してしまうと言われている。, CERNはミニブラックホールの危険性についての反論では「理論上できない」とし、「万が一出来たとしてもすぐに消えてしまう」と回答している。, それではこのように危険な実験であるにもかかわらず、どうしてCERNは実験を行うのか?, 今後今よりも大きな大型ハドロン衝突型加速装置の建設を計画中だそうだ。もちろん実験内容も今以上に危険になることが予想される。, ・「ブラックホールを創り、パラレル・ユニヴァースとコンタクトする目的」のためのCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の過去最大のエネルギーによる稼働は継続中。結果はどちらに転ぶ? [5]。, 陽子ビームを7TeVまで加速し、正面衝突させることによって、これまでにない高エネルギーでの素粒子反応を起こすことができる。最大重心系衝突エネルギーは、14TeV付近。但し、陽子-反陽子型の実験装置ではないため、連続重心系衝突エネルギーは8TeV~10TeV程度の実験エネルギーになる予定。, CERNが建設し、2000年に実験を終了した大型電子陽電子衝突型加速器 (LEP) の地下トンネルに、陽子-陽子衝突のための加速器を新たに設置して建設された。全周は約27kmある巨大なもので、日本のマスメディアは規模を山手線に例える事がある(山手線は全周34.5km)。LEP実験で用いられた、加速器(加速空洞)などは、全て超伝導型に置き換えられた。これは、電子に比べて陽子の質量が1836倍のため、強力な磁場を要することによる。, 陽子ビームの衝突点には、地下100メートルの地点に6階建てのビルに相当する観測点4箇所に観測装置5台を設置し、高エネルギー物理現象から生じる粒子を観測する。これまでLEPでは、標準模型の検証実験が行われてきたが、LHCではより精度の高い標準モデルの検証を行う。大統一理論および超対称性理論 を実験的に検証することが長期的な目的である。, LHCで用いる陽子ビームの安定性をシミュレーションする目的でBOINCを基盤としたLHC@homeプロジェクトを2004年から開始している。, 既存の設備をより高輝度、高いエネルギー領域で実験ができるように、加速器(加速空洞)及び粒子誘導コイルは、ニオブ系の合金を用いた超伝導型になっている。, LHC は陽子と陽子を衝突させる実験であり、陽子反陽子型ではない。反陽子を生成するためには、陽子シンクロトロンや陽子サイクロトロンで加速した陽子を、タングステンなどの金属に衝突させて生じる、反陽子を集めてそれを実験に用いる必要がある。実際に、CERNでもSPS実験(LHCのブースター加速器として活用)や国立フェルミ研究所のテバトロン実験などでも実施しているが、後述の実験の中にあるような、高輝度・連続衝突を要する実験には向かないため、陽子-陽子型実験とした。将来は、陽子-反陽子型の実験も行われる可能性もあるが、未定である[6]。, 7TeVの陽子ビームどうしを正面衝突させることによって、14TeVの重心系衝突エネルギーを得る実験が行われる予定。, 全ての実験グループは、理論的かつ実証的なシミュレーション実験並びにデータ解析を行うCERN(欧州原子核研究機構)の支援部門からの支援を受けている。各国の研究機関の参加に関しては、欧州原子核研究機構理事会によって決定することになっている。, 座標: 北緯46度14分0秒 東経6度2分49秒 / 北緯46.23333度 東経6.04694度 / 46.23333; 6.04694, 既存の設備に、反陽子生成加速器、反陽子貯蔵加速器、反陽子用ブースター加速器などを付加しなければならないため、同じ程度のシステム構築予算が必要なため, アメリカ合衆国ブルックヘブン国立研究所のRHICでの実験をふまえ、クォーク・グルーオン・プラズマの研究をさらに発展させるために行われる。, “First beam in the LHC – Accelerating science”, http://press.cern/press-releases/2008/09/first-beam-lhc-accelerating-science, http://www.swissinfo.ch/jpn/ビッグバンの解明に向けて_cernのlhcが2倍の高速エネルギーで運転再開-次の発見は-/41383208, http://press.cern/press-releases/2008/09/lhc-re-start-scheduled-2009, http://press.cern/press-releases/2009/11/lhc-back, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大型ハドロン衝突型加速器&oldid=79990524, TOTEM (Total Cross Section, Elastic Scattering and Diffraction Dissociation), CMS 実験は ATLAS に並ぶ規模の検出器。衝突の結果えられた素粒子の崩壊先を観測することが目的。崩壊先の一つである, 高エネルギーの陽子・陽子衝突実験によって、標準模型を検証し、それを超える新しい物理を研究する (ATLAS, CMS), 高エネルギーの陽子・陽子衝突実験によって、B粒子の性質を測定することにより、物質と反物質の非対称性を研究する。(LHCb), 高エネルギーの重粒子加速衝突実験によって、クォーク・グルーオン・プラズマを生成し、その性質を測定する, もし極小ブラックホールが出来たとしても、量子ブラックホールレベルの極小のものであり、, 巨大な予算を必要とするため、一部の特権的科学者の利権であるとか、実用的な研究ではないという批判もある。.