これからシルビアS15や昔の車を買いたい人が 気になるのは購入した後の維持費ですよね?   実際に中古で購入して維持していますが、 リアルな維持費はそれほど高いワケではありません。 &nbs ... これからシルビアS15や昔の車を買いたい人が 気になるのは購入した後の維持費ですよね?   実際に中古で購入して維持していますが、 リアルな維持費はそれほど高いワケではありません。 &nbs ... 私が2018年当時にシルビアS15を購入した時 スペックRは高くても150万円位でした。   ちなみに私のシルビアはスペックSですが 120万円で購入しています。(かなり状態良い個体) &n ... https://www.carsensor.net/contents/market/category_1491/_64472.html. 案件・仕事の依頼は サイト下部のお問い合わせフォームよりお願いします。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こちらにスペックSの維持費を記事にしています。 え?月8000円しか稼げないの?   私はサラリーマンの傍ら、全くの初心者からブログを始め はや半年が経過し、月8000円を稼げるまでに成長しました。   ネット上に溢れる 月10 ... 東海オンエアの動画を見ていて思うこと… みんな高級車買いすぎ!!笑   真面目な話をすると、 高額所得からの高額納税、さらには高級車や高級な時計などの購入。 東海オンエアだけで、一般人何人分 ... 4月のコアアップデートとコロナの影響で ブログのアクセス数が3分の1になり すっかりやる気を無くしていたさとうです。(@EverydaySilvia)   久しぶりの記事となりますが、 今回 ... 機械式駐車場の中でバッテリー上がりました(重要) そう、救援車を呼んだところでブースターケーブル繋げない…焦る私。   冬の急なバッテリー上がりには注意…とのチラシを見ながら、そんな人いるの ... 先日バッテリー上がりを起こしまして、 新しくバッテリーを交換することを決意しました。   選んだのは 「パナソニック カオス 60B19R」 何故かネットで買うと店頭より半額並みで買えるとい ... 私はS15シルビアスペックS(NA)に乗っています。 同じNA乗りなら一度は考えた事があるだろうターボ化について、 費用対効果とメリットデメリットなどを交えて紹介していきます。   &nbs ... スポーツカー好きなら 誰もが待望しているシルビアの後継車。 S16の発売はあるのか?   GTRのような大型スポーツや NOTEのようなe-powerでの復活も噂がされていますよね。 &nb ... 先日、群馬への旅行を計画していたのですが 頭文字Dの聖地を周る前にゲームでコースを予習しておこうと 調べていました。   しかし、最新のタイトルはPS3のモノでした。 ゲームセンターでは新し ... Copyright© Everyday Silvia , 2020 All Rights Reserved. 2018年の年末に YouTuberである”ヒカル”さんの動画にて ラファエル氏が ランボルギーニを購入していましたね。   でも普段、車に興味が無い人は どんな車なのか知らない人も多いでし ... クルマ離れが叫ばれる昨今。 発売当時から売れに売れ続けているホンダ・フィット。 トヨタ一強のこの時代、 ホンダも売れるクルマを作り続けています。 ではなぜフィットはロングセラーとなったのか、 紹介して ... ある日ドライブに向かう為、エンジンを始動させ動き出すと あれ?何かおかしい…。スピードメーターが動いていない!!笑 なんなら針が20km/h付近をビクビク動いている。   という訳で今回は「 ... 自分のクルマも持つと嬉しくて、 目的地が無くてもついついドライブしちゃいますよね。 のんびり夜ドライブが好きなさとうです。(@EverydaySilvia)   さて、千葉氏が「フェアレディ ... 映画館にてリアルタイムで見始めたのが ”TOKYO DRIFT”からだったのですが この映画には独特の雰囲気がありますよね。   土屋圭一さんの出演。 ハンのRX-7などが有名だと思いますが ... 建築現場の元現場監督。 としみつ氏の愛車はポルシェ911カブリオレと判明。一体どんなクルマなの??【東海オンエア】. 現在の愛車であるシルビアは1999年式のスペックrをベースとしていて、ほぼすべての部分に手が加えられている。そして、その目的は速く走るためのものだ。初めはほぼノーマルの状態から現在の仕様にまで仕上げたというから驚く。 適応障害で一時休職していました。 適応障害で一時休職していました。 紹介させていただきました。 人気で品薄のスペックRに隠れたスペックSですが. 以上、シルビアS15スペックSについて. 一口に改造車と言っても、そのジャンルは多岐にわたっている。エアロパーツを纏いドレスアップをしたり、エンジンを強化してパワーアップするケースもあるだろう。どのように手を入れるかも十人十色だ。最近では、極端に車高を落とした「スタンス」と呼ばれる新たなスタイルが浸透しつつある。SNSが発達したインターネットの空間では、何よりも視覚的な新鮮さこそが、コンテンツの拡散において最も重要なポイントとなっている。スタンスもそういった流れの中で、世界へと拡散しているのだ。, 日本の街道レーサーにヒントを得て、オーバーフェンダーを装着したモディファイを得意とするショップ「リバティーウォーク」がインターネットを通じて世界を席巻している。フェラーリやランボルギーニといった、ハイパフォーマンスかつ超高級車のフェンダーにメスを入れるという行為は、世間一般を相手にしたとき、少なからず反発を生むように感じる。しかし、インターネットという空間を通して、リバティーウォークが造り出した斬新なビジュアルは、世界の隅々まで行き渡り、確実にファンを増やしてきたといえるだろう。, このように、現代の改造車は、視覚に訴え掛ける過激なビジュアルが優先されがちだ。しかし、インターネットを通じて拡散される画像や映像から改造車から発せられるオーラを、果たしてユーザーが感じることはできているのだろうか?見た目重視の改造車が増える中、すり減ったハイグリップタイヤ、フロントバンパーやフロントウィンドウについた飛び石による無数の傷跡・・・。これらの走りの痕跡が放つオーラのようなものが、よりいっそう魅力的に感じられるように思えてならないのだ。, このS15型日産・シルビア(以下、シルビア)も、改造車特有の魅力を発する1台だ。センスよくエアロパーツやライト類がチョイスされているが、適度に下げられた車高や、RAYS製VOLK TE37SLホイールから覗く、オレンジに塗られたブレンボの巨大なブレーキキャリパーが目を引く。単なるドレスアップではなく、走りを重視したこのクルマの素性を物語っているといえるだろう。, このシルビアのオーナーは22歳なのだが、すでに日産・スカイライン GT-R(R32型およびR34型)に加え、ホンダ・シビック タイプR(EK9型)、ホンダ・S2000を乗り継いでいる。これらのラインナップから、かなりの走り好きということが感じられる。現在はこのシルビアを駆り、筑波サーキットなどでスポーツ走行を楽しんでいる。これまで多くのスポーツカーを乗り継いできた中で特に印象に残っているのは、過去に所有した2台のGT-Rだという。いずれのクルマも、ハイパワーによる加速やサウンドが忘れられないそうだ。, 当初シルビアは、ドリフトするためのクルマという程度の認識だったそうだ。シビックではパワー不足を感じ、2.0L程度の排気量で楽しめるターボ車はないかと探した結果、現在の愛車であるシルビアを選択したのだという。FRならではのクルマの挙動がはっきり感じ取れる点に魅力を感じている。最近ではリアをスライドさせる走り方にも楽しさにも目覚めたようだ。, オーナーは、以前所有していたシビックを手に入れたときにサーキットデビューを果たした。それまで、ゲーム上では走ったことがあるコースでも、実際にはライン取りがまったく分からない状態だった。オーナー曰く、ゲームと現実では、コース幅などの感覚が異なることが起因しているという。それでも、サーキット走行に慣れている人の後ろについて走ることで、少しずつコースの雰囲気に慣れていったそうだ。サーキット走行を行うことでクルマの限界を知ることができ、自分の目標としていたタイムを達成することに魅力を感じているようだ。, オーナーがクルマ好きになり、速く走ることに夢中になったのは、同じようにサーキット走行を楽しんでいた父の姿を見て育ったからだという。中学生のころには、クルマはカッコイイ存在として認識していたようだ。オーナーが育った環境は、クルマ好きとなるための英才教育そのものといっても良いのかもしれない。, 現在の愛車であるシルビアは1999年式のスペックRをベースとしていて、ほぼすべての部分に手が加えられている。そして、その目的は速く走るためのものだ。初めはほぼノーマルの状態から現在の仕様にまで仕上げたというから驚く。, エアロパーツは、前後バンパーおよびフェンダーはVERTEX製をチョイスし、リアウィングはVORTEX製を装着。決して見かけではなく、ダウンフォースを得るために装着している。ワンオフでリアディフューザー、フロントアンダースポイラーを作製し装着。手を加え始めたころより、他のシルビアと被らない見た目や、安価なパーツで仕上げないことを意識していたそうなのだが、RAYS製のVOLK TE37SLホイールを履き、GTウィングを装着したVERTEXのデモカーの画像を見つけたときに、自分の想像していたイメージと一致したことから、その仕様を意識したものとなっている。, エンジンはこれまで2度のブローを経験しているという。現在は東名パワードによって組まれたエンジンを搭載。カムシャフトなどは交換しているが、ピストンなどの腰下パーツやタービンは純正のままとしている。, 駆動系はミッションブローをしたためにNISMO製の6速ミッションに交換し、KTS製カッパークラッチを組み合わせている。足回りはARMS製のサスペンション、ブレーキにはフロントにブレンボ製のフェラーリF50用キャリパー、リアにはHCR32型スカイラインのキャリパーを装着している。, クルマを改造していくにあたり、ある一定のラインで自ら制約を作らないと、見た目が過激なものになっていってしまう。サーキット走行専用のマシンであればそれでも構わないかもしれない。しかし、オーナーはこのシルビアに対して自分なりのレギュレーションを課している。車検をパスし、公道を走行することができること、そして純正のタービンのままで、どこまで速く走ることができるのか?という2点である。, 現在、筑波サーキットなどで行われるタイムアタックが加熱しつつある。マシンの前後には巨大なウィングが装着され、これが強いダウンフォースを生み出す効果を与えている。パワーを上げるだけではなく、空力にも目を向けることで、ラップタイムを縮めることができる。