これまで数多くの人気俳優や女優が若くして亡くなっています。その死因は自殺や交通事故、病気などさまざまで、日本中に大きな衝撃を与えてきました。今回は、死亡した俳優を衝撃順にランキング化しました、死因も紹介します。, 生年月日 1967年10月19日没年月日 2006年8月8日(38歳没)出生地 京都府国籍 日本血液型 O型映画『はいすくーる仁義』テレビドラマ『キモチいい恋したい!』『刑事貴族2』, 1990年に「シンデレラ・エクスプレス」で映画デビューし、「キモチいい恋したい!」(フジテレビ)でドラマデビューすると、1995年3月には中村獅童と「UNIT33」として歌手デビューしました。2006年8月8日白昼に、マンションから飛び降り自殺して38歳で亡くなっています。, 生年月日 1966年9月11日没年月日 2002年5月5日(35歳没)出生地 大阪府死没地 東京都身長 187 cm血液型 A型職業 男優ジャンル 映画・テレビドラマ活動期間 1986年 - 2002年主な作品『電脳警察サイバーコップ』, レギュラー出演作『電脳警察サイバーコップ』への思い入れが強く、インタビュー記事では「またいつかサイバーコップを」と語っていた人気俳優ですが、2002年、道玄坂のビルから飛び降り自殺し、35歳で亡くなっています。, 生年月日 1980年5月12日没年月日 2015年7月28日(35歳没)出生地 東京都荒川区死没地 東京都身長 171cm血液型 O型映画『劇場版 仮面ライダー555 パラダイス・ロスト 』テレビドラマ『ごくせん』(2002年)『仮面ライダー555』(2003年 - 2004年)『科捜研の女シリーズ』(2004年 - 2011年), 2002年に『ごくせん』でデビューすると、2003年に『仮面ライダー555(ファイズ)』で木場勇治 / ホースオルフェノクを演じてブレイクします。2012年頃に体調を崩し、以降は体の調子を見ながら仕事を続けていた。晩年は病気療養のため入退院を繰り返していたが、2015年7月28日17時35分、都内の病院で死去してしまいます。この突然の死には多くのファンが衝撃を受けました。, 生年月日 1939年5月8日没年月日 1961年2月21日(21歳没)出生地 東京府麻布区麻布笄町出身地 神奈川県藤沢市鵠沼映画『素っ裸の年令』『拳銃無頼帖』シリーズ『霧笛が俺を呼んでいる』, 『霧笛が俺を呼んでいる』(1960年)では少年時代からの憧れだったという船乗りを演じ、「マドロス姿が最もさまになる日活俳優」とも評価された、これからを期待された人気若手俳優でした。1961年2月14日、石原裕次郎のケガにより代役となって撮影に臨んだ映画『激流に生きる男』のセット撮影中の昼休憩時に、セールスマンが持ってきたゴーカートを日活撮影所内で運転中、咄嗟にブレーキとアクセルを踏み違え、60km/h以上のスピードで大道具倉庫の鉄扉に激突し、緊急搬送されます。一時は意識が戻ったものの、2月20日になって再び昏睡状態に陥り、2月21日、前頭骨亀裂骨折に伴う硬膜下出血のため、21歳の若さで死去しました。, 映画「花より男子」で共演した谷原章介と藤木直人はメンズノンノモデルコンテストの同期で、岩井俊二監督作『PiCNiC』、TVドラマ『ショムニ』などの出演で知られています。1999年7月9日、滞在先のアメリカ合衆国にてバイク事故のため死去してしまいます。享年26歳でした。, 生年月日 1967年1月13日没年月日 2014年11月6日(47歳没)出生地 東京都死没地 東京都身長 186cm血液型 O型テレビドラマ『功名が辻』『孤独の賭け〜愛しき人よ〜』『千の風になって ドラマスペシャル ゾウのはな子』『ドラマスペシャル 暴れん坊将軍』『水戸黄門』『官僚たちの夏』『七人の敵がいる! 話題の「平成最後のポテトチップス」はなぜローソン限定?ヒントは「昭和の終わり」にあった, 「表現の旅を続ける」あえて言おう、吉田栄作こそ「平成とともに歩んできたナイスガイ」だ, あの90年代ボーカリストが「平成を離したくはない福袋」化!平成最後の福袋商戦がアツい, 【12.29はバブル青田とジュリアナにGO!】C.C.ガールズ初期メンバーの今がスゴい!, 【ワークマンすごい】「えぇぇ こんなのあるの!?びっくり!!」「死ぬほど可愛くて機能性もいい」「一目惚れしちゃった」ワークマンの高撥水防風ボアコートがバカ売れ(1/2), 【売り切れ必至】ワークマンのマウンテンパーカーが「くっそ可愛い!」「撥水加工すごいね!雨の日の保育園送迎に役立ちそ〜」「洗車のときに着よっと」「冬の自転車通勤のウエア」良すぎ(1/2), コメダ珈琲店、あの人気メニューの裏ワザ的な注文方法がこちら!→ネット民「知らなかった」「今度やってみよ」, 【ばか売れ】「たったの100円であっという間に人参や大根の千切りができてしまう」「セリアの千切りピーラー。素晴らしい!!」千切りスライサーが超便利(1/2), ひき肉はこのように冷凍しておくと便利→ネット民「この発想は無かった」「ナイスアイデア」, 【ロングセラー】「サメほしい!」「IKEAいったらサメ家族が生活しててかわいかった」イケアのサメの人気がすごすぎ(1/2), 油はねガードや金属製ボウルでWi-Fiが速くなる! ?→ネット民「真似します」「正解」, 「このタグ見て朝からゲラゲラ笑ってる」「このタグおもろすぎてずっと読めるwwww」「片腹痛いww」#世界一役に立たない育児テクに「共感しかない!」の声, 【衝撃】「睡眠の質が明らかにアップ」イケアのキャットハウスが安眠にすごく良いらしい(1/2). シンデレラ・エクスプレス とは、東海旅客鉄道(jr東海)が1987年と1992年に展開していた東海道新幹線のテレビcmである。 制作は電通・tyo. 概要. 藤野推薦!まだあまり知られていないお勧め新人ユーチューバーをご紹介2019年度最新版, コロンビアのレインウエア「シンプソンサンクチュアリレインスーツ」を実際に利用してみた感想. シーブリーズCMの女優!歴代人気ランキングTOP10【動画付き・2020最新版】 清純派女優の登竜門とも言われているシーブリーズのCM。ここでは、過去にシーブリーズのCMに出演していた歴代女… kii428 / 85 view シンデレラ・エクスプレスとは、東海旅客鉄道(JR東海)が1987年と1992年に展開していた東海道新幹線のテレビCMである。, 1987年夏にテレビCMとして第1作が制作された。1985年放送TBS系『日立テレビシティ』の遠距離恋愛をテーマにしたドキュメンタリー番組『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』を見て当時国鉄の広報関係者が触発され製作が始まった。番組の主題歌として制作された松任谷由実の「シンデレラ・エクスプレス」(1985年リリースのアルバム『DA・DI・DA』収録曲:番組名も曲名もユーミン発案)がCMにも使われた。その後に民営化されたJR東海の初めてのテレビCMとして放送された。東京発新大阪行き最終列車「ひかり289号」(当時)の出発時刻である21時ちょうどを童話のシンデレラで主人公が舞踏会に行くための魔法の解ける午前0時に見立て(新幹線の営業運行も0時で終了するようダイヤが組まれている)、離れ離れに暮らす恋人たちが週末に出会い、再び別れていく日曜日の夜の新幹線ホームで繰り広げる恋のドラマをモチーフとした。, 撮影は、列車運行が終了した深夜の東京駅ホームを使い、100系電車を数回往復させて行われた。ホームには一部布が敷かれ、スモークも発生させるなど、大掛かりな撮影となった。, 実際に各車両の出入口毎に1組のカップルという状況も見られた、恋人たちが新幹線で週末に相手のもとに会いに行き、最終の新幹線のホームで別れを惜しむ姿[注 1]が、このCMが放送されると各メディアで注目されるようになった。JR東海も、該当列車となるひかり289号に当時最新型であった100系を優先的に充当させる[注 2]などして、これに応じた。, 1992年に東京発新大阪行き最終が21:18発「のぞみ303号」(当時)に変わったことをうけ、第2作目が5年ぶりに作成された。このバージョンではのぞみに用いられた300系が用いられている(一連のエクスプレスシリーズCMで唯一の登場)。, このCMの好評を受け、JR東海は東海道新幹線をモチーフとした一連の「エクスプレス」シリーズを制作。本作の後「アリスのエクスプレス」「プレイバック・エクスプレス」「ハックルベリー・エクスプレス」「ホームタウン・エクスプレス」「クリスマス・エクスプレス」「ファイト・エクスプレス」「リニア・エクスプレス」と続いたが、1992年にシリーズを終了している(2000年に「クリスマス・エクスプレス2000」で1年限りの復活を果たしている)。, このCMは、国鉄分割民営化により誕生したJR東海の最初の企業広告として、競合プレゼンテーションにより電通の三浦武彦らが提案した案が採用されたものであった[1]。三浦は「新幹線は(人と人が出会う、町と町を結ぶ)コミュニケーションメディアである」というコンセプトを掲げ、このコンセプトを元に、当時の日曜午後9時東京発の最終「ひかり」をモチーフとした遠距離恋愛物語のシナリオを描いたものであった[1]。このメインコンセプトは、以後の「エクスプレス」シリーズのCMにも貫かれているという[2]。, このシナリオのきっかけとなったのは、1985年に『日立テレビシティ』(TBS)で放送されたドキュメンタリー『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』である[3]。これは複数のCMディレクターにより制作されたオムニバス形式のドキュメンタリーで、東京発最終列車「ひかり313号」を舞台に、遠距離恋愛のカップルが東京での週末を過ごす様子と、東京駅での別れの場面を撮影したものであった。この番組を、当時の国鉄経営企画室の人物が偶然見ており、「ああいう感じのCMをつくりたい」と話したことで、前述のようなシナリオにつながったという[3]。, このときのドキュメンタリーの制作を担当したCMディレクターの一人に、松任谷由実の舞台演出が手がけていた黒田明がいた縁で、松任谷に番組オリジナルの楽曲の制作を依頼し、CMでも用いられた「シンデレラ・エクスプレス」が誕生している(「シンデレラ・エクスプレス」のネーミングも松任谷の発案によるものであるという[2])。またこのときには、わたせせいぞうの漫画『ハートカクテル』とのコラボレーション企画(いわゆるメディアミックス)も実現させており[2]、日本テレビ系のテレビアニメ版でも放送された。, このCMの前年である1986年9月21日には、「東芝日曜劇場」の第1550回として『週末物語 シンデレラ・エクスプレス』(森田芳光脚本、岩城滉一・荻野目慶子主演)という単発のテレビドラマが、毎日放送の制作によりTBS系列で放送されていた。こちらも離れ離れに暮らす男女の遠距離恋愛がテーマとなっており、主題歌も同じく松任谷由実「シンデレラ・エクスプレス」を起用している(大阪を舞台としているため、新大阪発最終列車「ひかり170号」がドラマの中心となっている)[4]。, 三浦武彦・早川和良『クリスマス・エクスプレスの頃』高嶋健夫、日経BP企画、2009年。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Lock-green.svg/9px-Lock-green.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg/9px-Lock-gray-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Lock-red-alt-2.svg/9px-Lock-red-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Wikisource-logo.svg/12px-Wikisource-logo.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:12px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:inherit;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration,.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-4-86130-374-6。, ひかり289号への100系充当は当初は日曜のみで、折りたたみ時刻表にも「シンデレラ・エクスプレス」と記載された。100系充当後は、ひかり289号の東京 - 新大阪間の所要時間が当時最速の2時間49分となった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=シンデレラ・エクスプレス_(CM)&oldid=72888939. WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 名作cm「クリスマス・エクスプレス」でキレキレの動きを披露していたアノ人に会ってきた! 2015/12/16 10:00 djgb. シンデレラ・エクスプレス とは、東海旅客鉄道(jr東海)が1987年と1992年に展開していた東海道新幹線のテレビcmである。 制作は電通・tyo.