設置基準を確認する事はもちろんなのですが、建物全体に排煙設備が必要なのか、建物の一部の居室だけ排煙設備が必要なのか。, 今回はこの全体か、一部か、というポイントに絞って排煙設備の設置基準について確認をしてみましょう。, そうすれば、廊下や倉庫など非居室も排煙設備が必要な場合がある、という事がわかるはずです。, 冒頭でもご説明しましたが、排煙設備は全体に必要なのか、一部なのか法文で読み取る事ができます。, ◆延べ面積が1,000m2を超える建築物の居室で、その床面積が200m2を超えるもの, ◆法別表第1(い)欄(1)項から(4)項までに掲げる用途に供する特殊建築物で延べ面積が500m2を超えるもの, ちなみに、延べ面積500㎡は共用廊下、共用階段を面積を含みます。共用廊下、共用階段が算定面積から除かれるのは、あくまで容積率算定の時のみなので、今回の500㎡超えるかどうかという点では算入です。, 建築物全体に排煙設備が必要なので、共同住宅の住戸の居室、非居室はもちろん、廊下、共同住宅の為の集会室、共同住宅の車庫、全て排煙設備を設置してください。, と詳しい方は考えると思いますが、(確かに条件を満たせば施行令第126条の2第1項一号で免除できますが)ひとまず、原則は必要ですよ!!という説明をさせてください。(笑), それから、共同住宅300㎡+事務所300㎡の複合用途の時ってどうなると思いますか?, 防火避難規定の解説より、複合用途の場合は合算して500㎡超えるかカウントせよとありますので、ご注意ください。, あと、これは大丈夫かもしれませんが、全ての特殊建築物500㎡超に排煙設備が必要なわけではありません。別表(1)〜(4)なので、原則人が利用する特殊建築物のみなので、主要用途が車庫だったりしたら、不要です。, 事務所は特殊建築物ではありませんが、規模が大きいと排煙設備の検討が必要になってきます。, 階数が3以上で延べ面積が500m2を超える建築物(建築物の高さが31m以下の部分にある居室で、床面積100m2以内ごとに、間仕切壁、天井面から50cm以上下方に突出した垂れ壁その他これらと同等以上に煙の流動を妨げる効力のあるもので不燃材料で造り、又は覆われたもの(以下「防煙壁」という。)によって区画されたものを除く。), たまに、この区画をすれば先ほどご紹介した500㎡超の特殊建築物でも除けると思っている方がいますが、それはできません。, 『施行令第116条の2第1項二号の検討』と『施行令第126条の2の排煙設備の検討』は似ているようでまったくの別物です。, 延べ面積が1,000m2を超える建築物の居室で、その床面積が200m2を超えるもの(建築物の高さが31m以下の部分にある居室で、床面積100m2以内ごとに防煙壁で区画されたものを除く。), まぁ、実務でこの条件で排煙設備が必要になったことがないので、あんまり無いかもしれませんね。頭の片隅に入れておくぐらいでいいと思います(笑), つまり法文上だと、建物によっては、便所だろうと小さな部屋だろうと、すべて室に排煙設備が必要になるという事ですね!, そんな便所とか押入の細かいところまで排煙設備を設置してる建物なんか、見た事ないわよ!, このサイトを作成している管理者。建築士。建築法規に関わる仕事をしています。難解で堅苦しい建築基準法を、面白くわかりやすく伝えていきます!. 階数が3以上で延べ面積が500m 2 を超える 建築物: 第116条の2第1項第二号に該当する窓その他の開口部を有しない 居室 天井チャンバー排煙について質問です。 天井チャンバー排煙を行っている事務所ビルのテナント工事です。 床~天井までの間仕切りで区切った場合は追加の設備工事は不要ですが、 一部の部屋(1スパン)で天井無しのスケルトンになりました。 排煙設備の設置基準を紹介している記事です。排煙設備は建築基準法と消防法によって基準が違い、両方の基準を満たす必要があります。排煙方法は自然排煙と機械排煙があります。排煙設備の設計の参考になればうれしいです。 有毒ガスや一酸化炭素を早く建物外に出さないと人命にかかわるため、とても重要な設備ですね。, 排煙設備には建築基準法と消防法で設置基準が定められているので、本記事で参考にしてください(^^), 建築基準法と消防法の設置基準は、どちらか一方を満たせばいいわけではなく、両方を満たす必要があります。, 加圧排煙方式は排煙口方式にプレスして、火災が発生していない部屋に新鮮な空気を送り込む設備です。, 火災が発生した部屋は機械で排煙し、人には新鮮な空気を送るので有毒ガスや一酸化炭素中毒のリスクが下がります。, 天井チャンバー方式は、天井部分に発生した煙をためておくスペース(天井チャンバー)を造ります。, ちなみに、機械排煙の加圧排煙方式については、消防設備士の特類でも取り扱いがあります。, 消防設備士の試験内容や合格率からみる難易度にまとめているので、参考に読んでみてください(^^), 百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェ、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場など, 学校、体育館、機械製作工場・不燃物の物品保管倉庫、危険物貯蔵場、処理場、自動車車庫、せんい工場以外の3階以上の建物, 学校、体育館、機械製作工場・不燃物の物品保管倉庫、危険物貯蔵場、処理場、自動車車庫、せんい工場以外, 延べ面積が 1,000m2 を超える建築物における床面積が 200m2 を超える居室, ①防火対象物の部分の屋根または外壁に、排煙に有効な開口部が、当該防火対象物の部分の床面積の 1/100以上あるとき, キャバレー、遊技場、風俗営業等、カラオケボックス、百貨店、車両停車場、自動車車庫、飛行機格納庫等, ①防火対象物の部分の屋根または外壁に、排煙に有効な開口部が、当該防火対象物の部分の床面積の 1/200以上あるとき。, 階段部分、昇降機の昇降路部分などのほか、局部的な倉庫・物入れ・書庫・洗面所・便所・ダクトシャフトなど, 高さ31m以下の建築物の部分にある室(居室を除く)で、内装仕上を不燃・準不燃とし、かつ主要な出入口に防火戸を設けたもの、又は床面積100㎡未満に防煙間仕切したもの, 高さ31m以下の建築物の部分にある居室で、床面積が100㎡以内ごとに防火区画することができ、かつ内装仕上を不燃・準不燃としたもの又は床面積を100㎡以下とし、かつ内装下地仕上共不燃・準不燃としたもの, 高さ 31m を超える建築物の室又は居室で、床面積が100㎡以下に防火区画し、かつ内装仕上を不燃・準不燃としたもの, 高さ31m以下にある居室で、「防煙壁」などで床面積が100㎡以内に防煙区画されたもの, 高さ31m以下の建築物の部分にある居室で床面積が100㎡以内ごとに防火区画することができ、かつ内装仕上を不燃・準不燃としたもの. 「天井について、あまり深く考えたことがない」という方も少なくないと思いますが、天井の工夫一つで大きくオフィスの印象は変わります。, 間仕切りや内装などが施されておらず、建物の躯体のみの状態の天井をいいます。つまり、クロスなどが貼られて覆われておらず、打ちっ放しのコンクリートがむき出しになっているような天井を指します。, 事業上、天井高が必要なスタジオなどの空間だけでなく、最近ではデザイン性からこうしたスケルトン天井を選ぶ人が増えています。, スケルトン物件は、4mの高さがあれば、床スラブの厚みである200mmほどを差し引いたものが天井高として使えることとなります。また、工事により後から天井をスケルトンにすることができます。, 天井について意識を向けたことのある方は少ないと思いますが、天井が低いスペースでは人は閉塞感を感じますし、心もこわばります。オフィスの天井が低い場合は、もしかしたら社員は圧迫感を感じながら仕事に当たっているかもしれません。, また、天井の高いオフィスで働く人の方はよりクリエイティブな業務ができるともいわれています。社員に創造性を求める企業は年々増えていますから、スケルトン天井にすることで業務のパフォーマンスを上げることにもつながっていくといえるでしょう。 また、元々あった天井の解体から内装工事を経てスケルトン天井にしていく必要がありますので、当然その分のコストはかかってきます。, オフィスの移転の際には、入居時の状態まで戻すことが義務付けられています。この原状回復の費用が、スケルトン天井にすることで多くかかってくる可能性があります。 御社のオフィスの天井はどんなものを使用していますか? オフィス移転の際にはただでさえ出費がかさみますから、原状回復が多額になるという点はデメリットとなるといえるでしょう。, 天井を覆っていた間仕切りや内装がなくなるので、外気の影響を受けやすく暖房や冷房が効きにくいと感じる可能性があります。そうした理由から、最上階はスケルトン天井の施工ができないことが多いです。 建物全体に排煙設備が必要: 建物の一部の居室に排煙設備が必要: 法別表第1(い)欄(1)項から(4)項までに掲げる用途に供する特殊 建築物 で延べ面積が500m 2 を超えるもの. オフィスのスペース自体は変わらずとも、天井高が上がるだけで、人は広々と感じることができるようになります。, また、天井が高くなると、部屋全体が明るくなったように感じるものです。オフィスが重苦しい雰囲気の場合には、社員同士の関係性の改善ももちろん必要ですが思い切って天井をスケルトンにすることで、ガラリと変わることができるかもしれません。, スケルトン天井は、そのおしゃれさからスタジオやカフェなどで使用されることが増えています。スケルトン天井のオフィスは、真っ白で無機質なクロスが貼られた一般的なオフィスと比べると、断然“オフィスっぽさ”が軽減するという特徴があります。, 実際に、オフィスを作る際に近年では、「オフィスらしくしたくない」という要望を聞くことも増えてきました。, そうしたデザイン性を担保するのが、無造作な雰囲気で好評のスケルトン天井なのです。社員の満足度だけでなく、お招きしたお客様や入社希望者などにもプラスの印象を残すつくりといえるでしょう。, これまで間仕切りや内装などに覆われていた天井に収められていた空調・防災・排煙などがスケルトン天井になることで明るみになります。天井には有象無象の配線やダクトがあることがほとんどなので、その設備をまとめたり移設したりする必要が生じる可能性が高いのです。 感じ方は、物件や人によって違うので一概にはいえませんが、空調効率の低下により、これまでよりもエアコン使用による電気代がかかるようになることもあります。, スケルトン天井の代表的な事例を紹介しましょう。「六本木ヒルズ クロスポイント」です。このビルの最大天井高は、約5mで、フラット天井仕上げの場合でも3.7mという広々とした空間になっています。空間の広がりを重視し、配線などがむき出しになっているのがわかるでしょう。, 最新鋭のデザインの空間を作り上げることで、働く人のクリエイティビティを高めたり、コミュニケーションを活発化させたりすることを期待しています。自由度の高さを感じさせ、近未来的な雰囲気も出す「六本木ヒルズ クロスポイント」。入居している企業のブランドイメージ向上にもつながっています。, このような今流行のスケルトン天井。十分にメリット・デメリットを鑑みて、御社でも導入を検討してみてはいかがでしょうか。, オフィスにスケルトン天井を導入すると、コスト面などのデメリットはありますが、働く人とっては開放感あり、よい空間を演出することが可能です。コストをうまく抑える方法などについてもオフィスハンズではノウハウがありますので、お気軽にご相談ください。. 御社のオフィスの天井はどんなものを使用していますか? 「天井について、あまり深く考えたことがない」という方も少なくないと思いますが、天井の工夫一つで大きくオフィスの印象は変わります。 今回はその中でもスケルトン天井とそのメリット・デメリットをご紹介します。 天井は床と同様部屋の中で占める面積が大きいものです。そのため、人に与える印象も大きい。そのため、自社の雰囲気に合った天井を選んでいくことが欠かせないのです。, スケルトン天井の大きなメリットは、開放感が生まれることです。スケルトン天井にすることで、少なくとも天井が80cm以上上がることとなります。 いつもお世話になっております。下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。床面積:12.0m2天井高さ:3.315m開口部種類:引き違い窓高さ:FL+750 寸法:H1.300m×W1.800開口は上記1ヶ所のみです。よろしくお願いします。廊