ジェームズ2世(英語: James II、1430年10月16日 - 1460年8月3日)は、スコットランド王(在位:1437年 - 1460年)。ジェームズ1世とジョウン・ボーフォート(サマセット伯ジョン・ボーフォート … - 1465年) - ヴォルフェルト6世・ファン・ボルセレン(Wolfart VI van Borsselen:後の, アレグザンダー(1430年 - 1430年) - ジェームズ2世の双子の兄だが夭逝。. 変更 ), Google アカウントを使ってコメントしています。 彼女とは14年間の結婚生活を送り、後にヘンリー8世の2代後に女王となるメアリー1世を生んでいます。, この奥さんジェーン・シーモアは、兄がエドワード・シーモアで弟がトマス・シーモアで、次の代の国王エドワード6世の政治のときに兄弟が大きな影響力を及ぼします。, 実は3回目の奥さんの弟トマス・シーモアの恋人だったのですが、ヘンリー8世が見初めて結婚することになりました。彼女は教養高くヘンリー8世の話し相手になり、またエドワード6世はヘンリー8世のもとに最後に生まれた男児であったため王位継承権はあったのですが、かつての奥さんの娘たちはメアリー1世とエリザベス1世の王位継承権は微妙なものであったのですが彼女が娘たちも王位継承権保持者として認めさせました。, ヘンリー8世は最後の奥さんキャサリン・パーにも十分な処遇を約束してなくなったのですが、キャサリン・パーはかつての奥さんの息子エドワード6世が王位に就くため、遠慮してか王室を出ていきます。そしてかつての恋人トマス・シーモアと再婚しました。, エドワード6世の母親の兄であるエドワード・シーモアはまだ幼い国王に変わって政治を執ります。そして、当時は別の統治であったスコットランドの支配のために、スコットランドの時期女王メアリー・スチュアートと結婚することを目論みました(もともとヘンリー8世のときにエドワード6世とメアリー・スチュアートは婚約をしていました)。メアリー・スチュアートはヘンリー8世の兄弟の娘に当たりエドワード6世と同じく王位継承権の強い立場でもあったので、関係を強めようという目論見もあったのでしょう。, しかし、メアリー・スチュアートの母はもともとフランス国王の娘でもあり、フランスとイギリスは当時敵対関係でもあったためスコットランドとフランスの連携を優先し、メアリー・スチュアートはフランス宮廷に避難させ、フランス王との婚約をすることでエドワード6世との結婚を破棄しました。, フランス宮廷で生活しているときに後にスペイン王フェリペ2世の3度目の奥さんとなるイザベルも同じく幼少期を過ごしてました。そして後にフランス国王フランソワ2世と結婚します。, その次の王位継承者としては、ヘンリー8世のかつての娘(メアリー1世やエリザベス1世)は離婚したときの娘であった関係から立場が危うくなり、メアリー・スチュアートと同様ヘンリー8世の兄弟の娘ジェーン・グレイ(「怖い絵」などで有名)が選ばれます(メアリー・スチュアートはフランス王と結婚してた関係からおそらく選ばれなかったのもあります)が、政治的紛争が起こり、すぐにメアリー1世が女王として選ばれることになります。, メアリー1世は即位し、すぐに次期スペイン王フェリペ2世と結婚します。そのため、プロテスタントやイギリス国教会(ヘンリー8世がカトリックで認められていない離婚を達成するために形式的にはカトリック的だが教皇の庇護下にない宗教)も蔓延っていたイングランドをカトリックに統一すべく多くの流血を伴った政治を行います(「ブラッディ・マリー」と呼ばれる)。, ただ、メアリー1世は不妊である疑いが強くなり、次の王位継承者としてエリザベス1世を特に夫のフェリペ2世は考え始めます。その頃、スペインはフランスと争っていて、メアリー・スチュアートが次期女王になるより、まだエリザベス1世の方が良いと判断したためでした。, ただし、カトリックの視点からみるとエリザベス1世より、メアリー・スチュアートの方がイングランドの王位継承者としての資格が強く、メアリー・スチュアートはエリザベス1世が即位しても王位継承者を名乗ります。, そしてエリザベス1世が即位して2年後の1560年、メアリー・スチュアートの旦那さんであるフランス国王フランソワ2世が若くして亡くなってしまいます。そのため、メアリー・スチュアートはスコットランドに帰国して、スコットランド女王は生まれたときから継いでいましたが、本国に戻り女王として政治を執り始めるのです。, ジェームズ1世は、スコットランドの女王メアリー・スチュアートから1566年に生まれました。, 1560年に、メアリー・スチュアートがフランスからスコットランドに戻ってきたときは、プロテスタントに宗教改革が進んでいて、カトリックとプロテスタントが緊張した状態で併存していました。, そのため、メアリー・スチュアートはカトリックでしたが女王として政治を執る際には、プロテスタントに寛容な政治をしました。, そんな不安定な中にメアリー・スチュアートはおそらく自分の女王としての立場を強めるために再婚を考えます。, 案としては、スペイン王フェリペ2世の息子ドン・カルロスなどもでましたが、結局同じくヘンリー7世を曾祖父にもつダンリー卿ヘンリーと1565年に結婚します。, イングランドのエリザベス女王も曾祖父に持つため、今回の結婚はエリザベス女王に対してもメアリー・スチュアートのイングランドでの影響力を強める結果になる有意義なものでした。周りの者たちはイングランドの勢力をスコットランドに引き込むことになるためか、あるいはカトリックの力を強めるためか非常に反対しますが、メアリー・スチュアートは強引に結婚を進めました。, そんな中、メアリー・スチュアートの秘書リッチオもダンリー卿ヘンリーの味方になり祝福します。しかし、そんな祝福してくれて秘書リッチオにダンリー卿ヘンリーは嫉妬心を抱き、メアリー・スチュアートの目の前で殺害させるという事件が起こります。原因は、ダンリー卿ヘンリーはあまりにもわがままでメアリー・スチュアートの味方になるどころか弊害になり始めたため、奥さんであるメアリー・スチュアートに見放されたため、寵愛を受けていた秘書リッチオに嫉妬心を抱いた事にあります。そして、その現場にメアリー・スチュアートのお腹の中に胎児としてジェームズ1世はいました。, そんなこともあったのでメアリー・スチュアートとダンリー卿ヘンリーとの夫婦関係は完全に終わってしまったのですが、女王である立場上、また女王としての立場を強めるためにはダンリー卿ヘンリーと仲直りしなくてはならないため、メアリー・スチュアートはダンリー卿ヘンリーの基に行き一時仲直りしますが、ダンリー卿ヘンリーが殺害されるという事件が起こりました。, 実体はリッチオ殺害による恨みによって貴族から暗殺されたとも、ダンリー卿ヘンリーが妻のメアリー・スチュアートに対する嫉妬心が再燃して暗殺しようとした手違いから自分が殺害してしまったとか言われますが、当時はメアリー・スチュアートのもとで活躍していた第四代ボスウェル伯に嫌疑が及びます。, こうして女王メアリー・スチュアートは、夫を失い、力になっていたボスウェル伯の立場が危うくなり力を失い、スコットランドを抑える力がなくなり、女王を退位しまだ1歳であるジェームズに国王の座を継ぐことになりました。, そして、元女王の勢力と国王ジェームズの勢力による「メアリー国内戦争」(Marian civil war)が1568年から(1573年まで)始まります。, そんな事もあり、その時点でまだ幼児であったジェームズと母メアリはそれ以来顔を合わせることがなかったといいます(メアリーはその後1568年からイングランドに亡命する事になることもあります)。, 国王ジェームズは1歳であったため、摂政としてモーレイが政治を執りますが1570年に暗殺されてしまいまいます。その後、ジョージ・ブキャナン(George Buchanan)という「16世紀のスコットンランドで排出された最も高い知性」とも称された人が政治やジェームズの家庭教師なども務めます。特にブキャナンは、ジェームズのもとにはカトリックに基づく神によって与えられた国王の考え方を勧めるものが多かった中、プロテスタントに基づく国王の立場を限定的に考える思想を教えたとも言われています。, このように幼少期は、生まれる前から母親の女王としても家庭の母としての立場も安定せず、また生まれてからも母親とはすぐに別れ、更に国王としての立場も安定しない混乱した内戦の中、ジェームズ1世は育ったといえます。, ジェームズ1世が20歳の始まりの頃、プロテスタントの貴族に捕囚され、徹底的にフランスとカトリックの影響を排斥される事件が起こります(1582 Raid of Ruthven)。, ただ、カトリックとフランスの影響はジェームズ自身も払拭したものの、プロテスタントの自身への影響を否定し、かつてジェームズにプロテスタンティズムに基づく制限の中での国王を教えた家庭教師ブキャナンの事を否定します(1583)。, そして、ついに1587年母親のメアリ・スチュアートが処刑されるとフランスやカトリック・プロテスタントによらない自分自身の正統性を確立することに努力の方向が向き(最もカトリック・プロテスタントは完全に否定ではなく許容はした)翌年にはカトリックの大御所スペインと戦ったエリザベス女王のイギリスに急速に接近します。, そこで地に足を付けるため、1589年自分自身の力を増すための結婚を考え始め、プロテスタントの王・フレデリック2世の娘・アンと結婚する事になります。, フレドリック2世といいますと、プラハのルドルフ2世のもとでケプラーと共に研究したティコ・ブラーエに、研究のために大きな援助を与えた王としても記憶されます(デンマークの後にティコはルドルフ2世のもとに行った)。実際、ジェームズ1世がデンマークに行った際、ティコ・ブラーエとジェームズ1世は宮廷で会っています。ただし、フレデリック2世は当時はもう亡くなっており息子のクリスチャン4世の治世にはなっていました。, その結婚のためにジェームズ1世がデンマークに行った帰り、なんと船が嵐に巻き込まれ1隻は沈没してしまいました。そこで、その嵐が起こったのはデンマークとスコットランドで魔女が魔術を使ったため事件が起きたとして、裁判が行われたのです。, デンマークでは以前から魔女裁判が行われており、このデンマークでの結婚を機に、ジェームズ1世がデンマークに習って、スコットランドにおいても魔女裁判を行いました(1590-1 North Berwick with trials)。, この魔女裁判において、「国王はサタンが相手にする世界最大の強敵である」「かの人は神の子である」など国王が神の使いであることを意識させる効果があったといわれています(『魔女幻想』度会好一著参照)。, ジェームズ1世自身も魔女裁判の正統性を高めるため『悪魔学』という悪魔や魔女に関する体系的な著書を描き、その著作の冒頭にこの裁判を記載した程でした。, この著作が書かれたのは1597年ですが、イングランドで後に発刊されたのは1605年頃で、この『悪魔学』の裁判のことの影響も受けて、魔術師が登場するシェイクスピアの『マクベス』が作られたとも言われています。, ただ、ジェームズ1世は『悪魔学Daemonologie』という著書だけだと君主の人格を疑われそうですが、翌年1598年に書いた『正しい方における自由な君主(The true law of free monarchies)』では王の正統性を論理的でありながら読みやすく描き、1599年の『Basilikon Doron』という著作では息子に向けた手紙において帝王学を語るという切り口で、君主論を説いていますが、そこでも深い知識の勉強が必要な事や分かりやすく明快に話すことが大切など、優れた人格と理性を備えた国王像が感じさせられます。, WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 Alison Weir, Britain's Royal Families, Vintage, 2008. ジェームズ1世は、スコットランドの女王メアリー・スチュアートから1566年に生まれました。 1560年に、メアリー・スチュアートがフランスからスコットランドに戻ってきたときは、プロテスタントに宗教改革が進んでいて、カトリックとプロテスタントが緊張した状態で併存していました。 ( ログアウト /  ジェームズ4世(James IV, 1473年3月17日 - 1513年9月9日)は、スコットランド王(在位:1488年 - 1513年)。ジェームズ3世とデンマーク王クリスチャン1世(スウェーデンとノルウェーの王も兼ねた)の娘マーガレット(マルグレーテ)の子。 変更 ). ジェームズ1世(James I, 1394年12月10日 - 1437年2月21日)は、ステュアート朝のスコットランド王(在位:1406年4月6日 - 1437年2月21日)である。, ジェームズ1世はロバート3世と王妃アナベラ・ドラモンド(英語版)の三男として生まれた。1402年3月、兄のデイヴィッド(David Stewart)が幽閉先のファイフのフォークランド宮殿で原因不明の死を遂げると、1404年12月にロスシー公・キャリック伯に叙爵された。, 父王ロバート3世は長男デイヴィッドの死が幽閉時の監督責任者であった王弟オールバニ公ロバート(Robert Stewart, Duke of Albany)による暗殺ではないかと疑った。そこで1406年にロバート3世は当時まだ11歳だったジェームズを保護するために同盟国フランスの宮廷に送ることにした。しかし、その航海の途中でジェームズの乗った船が当時フランスと敵対していたイングランド勢に拿捕され、そのままイングランド王ヘンリー4世の許へ送られた。伝えられるところでは、ジェームズが捕らえられたことを知った父王ロバート3世はその失意がもとで亡くなったという。, イングランド王ヘンリー4世はスコットランドに対してジェームズの身代金を要求した。だがロバート3世亡き後摂政として国政を行っていた叔父オールバニ公ロバートはなかなか身代金を払おうとしなかった。1402年の9月にホームドンの丘の戦いで息子マードックが捕虜になった折に、捕虜交換でいち早く帰還させたのとは対照的である。結局ジェームズは18年間をイングランドで過ごすことになる。, ジェームズを拘束したヘンリー4世は、この若い(名目上の)スコットランド王をロンドンに近くて安全で広いカントリー・ハウスであるウィンザー城に留め、そこで教育も与えた。そして人質生活が長くなるにつれて、イングランドの対外政策にも変化が出てきた。フランス戦線で圧勝したヘンリー5世はその余裕からジェームズを厚遇し、さらにヘンリー5世が急死してヘンリー6世が即位すると、イングランド国内の混乱からイングランドはフランス並びにその同盟国であるスコットランドに一定の配慮を行う必要が生じ、ジェームズはさらに厚遇されるようになった。, 1420年にジェームズの叔父オールバニ公ロバートが亡くなると、スコットランド側はジェームズの身代金として4万ポンドを支払った。そして1424年5月にようやくスコットランドへの帰国がかない、すぐにスコットランドのスクーン修道院で戴冠式を行い、正式にスコットランド国王として即位した。, イングランドの捕虜となっていたジェームズも最終的には賓客扱いにまで厚遇され、イングランド貴族の娘たちとの交際も認められた。ジェームズはヘンリー5世の従妹でジョン・オブ・ゴーントの孫娘であるジョウン・ボーフォートと恋に落ち、恋文代わりの詩「王の献辞」(The Kingis Quair)をジョウンに送っている。この詩は初期スコットランド文学でも有名な作品の一つであり、ウィンザー城時代にジェームズがイングランド最高の教育を受けていたことがうかがえる。, スコットランドへの帰国に先立つ1424年2月2日にロンドンのサザーク大聖堂で挙式を行った。2人の間には8人の子供が生まれた。, 1424年にジェームズ1世として正式に即位するとすぐ、ジェームズ1世は国王としての権威・権限を取り戻すための強硬策を開始した。まず、不在の間摂政を務めていたオールバニ公マードックの一族が摂政として王権を専横していたことを罪とし、1425年5月24日にマードックと2人の息子をスターリングのキャッスルヒルで処刑した。, ジェームズ1世は政策面でもスコットランドを厳格に統治し、多くの金融・法律の改革を行った。まず他国と交易するための外貨との交換はスコティッシュ・ボーダーズ内だけに限定した。また彼はスコットランド議会をイングランド風に改造しようとした。さらに外交政策では1428年にフランスとの「古い同盟」 (Auld Alliance) を再開した。その翌年はフランスでジャンヌ・ダルクが登場したが、多くのスコットランド兵が彼女の許で戦っている。1436年の長女マーガレットとフランス王太子ルイ(後のルイ11世)の結婚式も同盟の一環である。, ジェームズ1世の政策全般は効果的ではあったが、多くの人の反感を買った。この反感が、治世後半にジェームズ1世の王位継承権自体を疑問視する声を増長させた。ジェームズ1世の祖父ロバート2世は2度結婚しており、その最初の結婚(ジェームズ1世の祖母エリザベス・ミュアとの結婚)の手続きが正しく行われなかったという疑惑が再燃したのである。正しいスコットランド王位継承権を、法的に疑問がある最初の妻との子孫が得るのか、それとも間違いなく合法的な2番目の妻との子孫が得るのか、議論が生じた。, 国王に対する反感の渦巻く1437年2月21日夜、ロバート・グラハム卿率いるスコットランド人集団がパースの修道院に宿泊していたジェームズ1世を暗殺した。暗殺劇に関与していた者は次々と捕らえられ、1437年3月に首謀者としてジェームズ1世の叔父アサル伯ウォルターやその孫ロバート・ステュアート卿(2人ともロバート2世の2番目の妻の子孫)らが処刑された。, http://www.oxforddnb.com/view/article/49411, http://www.oxforddnb.com/view/article/26468, http://www.oxforddnb.com/view/article/54325, http://www.oxfordreference.com/views/ENTRY.html?subview=Main&entry=t246.e169-s5, http://www.oxforddnb.com/view/article/14587, http://www.oxforddnb.com/view/article/26483, http://www.oxforddnb.com/view/article/26499, “'That Old Serpent and Ancient of Evil Days': Walter, Earl of Atholl and the Death of James I”, http://www.oxforddnb.com/view/article/54280, https://books.google.com/books?id=904G29jMdzIC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false, http://www.historic-scotland.gov.uk/educlinlithgow.pdf#xml=http://web1:10700/texis/webinator/pubssearch/pdfhi.txt?pr=publications&prox=page&rorder=500&rprox=500&rdfreq=500&rwfreq=500&rlead=500&rdepth=0&sufs=0&order=r&id=4c858ebb20, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジェームズ1世_(スコットランド王)&oldid=78999583, メアリー(?

( ログアウト /  変更 ), Facebook アカウントを使ってコメントしています。 Press Enter / Return to begin your search. 変更 ), Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ( ログアウト /  ジェームズ5世(James V, 1512年4月10日 - 1542年12月14日)は、スコットランド王(在位:1513年 - 1542年)。ジェームズ4世とイングランド王ヘンリー7世の娘(ヘンリー8世の姉)マーガレット・テューダーの子。, 父ジェームズ4世のフロドゥンの戦い(英語版)での死により、生後1年5ヶ月でスターリング城にて即位した[1]。幼年期には母、次いでジェームズ2世の孫(ジェームズ5世の従叔父)にあたり王位継承権第2位のオールバニ公ジョン・ステュアート(英語版)が摂政を務めた[2]。1525年に義理の父親(母マーガレットの2度目の夫)アンガス伯アーチボルド・ダグラス(英語版)が後見人となったが、実際にはジェームズ5世は軟禁状態に置かれた[3]。1528年にこれを逃れ、親政を開始した[4]。, ジェームズ5世はフランスとの古い同盟を更新し、1537年1月1日にフランス国王フランソワ1世の王女マデリン(マドレーヌ)とパリのノートルダム寺院にて結婚する。しかしマデリンは、結婚後数ヶ月後にホリールード宮殿で結核で病没した[5]。, 1538年6月、フランスの大貴族である初代ギーズ公クロードの長女メアリー(マリー)とセント・アンドルーズで結婚する。2人の間には長男ジェームズ、次男アーサーが生まれるが、2人とも1歳を待たずして1541年4月に夭折した[6]。, 1541年にイングランド出身の母が死去すると、もはや和平を保つべき理由も薄れ、ついにイングランドの戦争が勃発した。ローマ・カトリック教会から離脱したヘンリー8世は甥のジェームズ5世にもカトリックからの離脱を強要したが、ジェームズ5世は教会の改革をひどく嫌った。1542年11月、国境近くのソルウェイ湿原の戦いで敗北し[7]、フォークランド宮殿へ帰ったジェームズ5世はそのまま熱病に倒れた[8]。12月8日、王妃メアリーが女子(女王メアリー1世として王位を継承)を出産した知らせを聞くが、回復することなく6日後の14日に死去した[9]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ジェームズ5世_(スコットランド王)&oldid=77893714. ジェームズ5世(James V, 1512年4月10日 - 1542年12月14日)は、スコットランド王(在位:1513年 - 1542年)。ジェームズ4世とイングランド王ヘンリー7世の娘(ヘンリー8世の姉)マーガレット・ …

ジェームズ1世(James I, 1394年12月10日 - 1437年2月21日)は、ステュアート朝のスコットランド王(在位:1406年4月6日 - 1437年2月21日)である。 ( ログアウト /  ジェームズ7世及びジェームズ2世( James VII of Scotland and James II of England, 1633年 10月14日 - 1701年 9月16日、在位:1685年 2月6日 - 1688年)は、イングランド・スコットランド・アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ7世、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ2世。3王国にとってジェームズは、歴史上最後の