スズキ「apv」 日本市場において3列シートミニバンはさまざまなモデルがラインナップされる人気のカテゴリですが、海外市場においても日本の自動車メーカーは3列シートを備えたモデルを多数販売してい … APVは、スズキが海外で販売するセミキャブオーバー型の7、8人乗りのミニバンおよび商用 バンである。. APVとは All Purpose Vehicle の略で、MPVと同義。. chibica (チビカ) | 新車情報・車選び・維持費・税金などをまとめた自動車の総合サイト, スズキは、インドやインドネシア等の国々で日本未発売のモデルを多く製造・販売しています。この中で、筆者が日本に導入されたら面白いのではないかというモデルをご紹介します。, スズキ株式会社のインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ社9は、新型の小型SUVとなる「S-PRESSO(エスプレッソ)」を発表し、販売開始しました。, スズキ エルティガは、3列シートの7人乗りミニバンとして販売されています。2012年からインドで生産と販売が開始されたモデルです。コンパクトな車体でありながら、広い室内空間と居住性、取り回しの良さが特徴で、現在ではインドネシアを中心に世界70以上の国と地域で製造、販売されていますね。, インテリアでは、木目調の装飾を随所に散りばめて、ワンランク上の室内を表現していますね。シャーシには、新プラットフォームの「ハーテクト(HEARTECT)」を起用しています。全長は、130mm延長され、広い室内空間と荷室スペースを確保しています。新開発のK15型 1500cc直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、燃費性能と動力性能の両立が図られています。, マルチ・スズキを通じて販売されているカリムンワゴンRは、2019年1月23日にインド仕様車が約8年9ヶ月ぶりにフルモデルチェンジされ、3代目となりました。, 新しいカラーガーニッシュダッシュボード、統合オーディオパネル、12V電源コンセントなどが採用されています。日本仕様と比較すると最下位グレードモデルといった装備になるかもしれませんね。不必要な装備なしで、価格重視という日本ユーザーにはピッタリかもしれません。, APVは、スズキが海外で販売するセミキャブオーバーの7、8人乗りのミニバンおよび商用バンです。2004年からインドネシアの子会社、インドモービル・スズキ・インターナショナル(現 P.T.スズキ・インドモービル・モーター)で生産が行われ、東南アジア、オセアニア、中近東、アフリカ、中南米等に輸出されている世界戦略モデルでもあります。エンジンは水冷直列4気筒1,500ccガソリンエンジンが搭載されています。, ボンネットの中にあるエアインテークは、インド特有の深い水たまりを横切るときでも安心なように、地面から101cmの高さに設置され、故障を防いでくれます。また側面衝突ビームは、車両のサイドから衝突が発生した場合にでも乗員を保護します。ボディ全体では、ラダーフレーム付きモノコックボディが採用され、事故の際の安全性を高めるために衝撃エネルギーを減らすことができるTect Bodyテクノロジー(モノコック部)とのミックスシャーシです。, スズキは、インドやインドネシアに日本未導入のモデルを多く製造、販売しています。同社海外専売モデルの中で、日本向けには、法律関連や暗線装備関連で改良しないとならないかもしれませんが、筆者が日本に導入されたら売れるかもしれないと思うモデルをご紹介しました。, 愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!. 概要. ≪レクサス UX Concept≫レクサスの最新コンパクトSUV!性能や特徴に迫る!, ≪レクサス HS≫レクサス初のハイブリッド専用車!スペックやカスタムパーツに迫る!. スズキ株式会社のオフィシャルWEBサイトです。企業情報や軽自動車、小型車、バイク、船外機、電動車いす等の最新の商品、販売店検索、カタログのご請求などのサービスを提供しています。 50ccの枠を越えたハイパフォーマンスエンジンを搭載したCB50。今回はそんなCB50の魅力と、中古車情報やメンテナンスなどについてご紹介しています。CB50が懐かしいと ... 4ミニと呼ばれるジャンルを築き上げたホンダ ゴリラ。今回はゴリラのカスタムの基本をレクチャーします。いろいろなスタイルと楽しみ方があるので、参考にしていただければ幸いです。ノーマルライクなカスタムから ... 三菱が代表する5ナンバーサイズのファミリー向けミニバン「ディオン」の特徴と魅力を再発見。少し前の車種ではあるものの中古車市場で値段が下がっている今が買い時です。古い車なんて言わせません!  CONTE ... 『シュコダ』って名前を聞いても、それが自動車メーカだなんて知らない人が多いのではないかと思います。ましてや『ファビア』ってなに?食べ物?なんて言われてしまいそうですね。でもこのクルマ、ベースはあのフォ ... 「ロードレーサー」を始めたい方の必ず知っておきたい3つのポイントと各メーカーのおすすめのニューモデルをご紹介いたします。 CONTENTS1 「ロードレーサー」とは?1.1 実はオールマイティなポテン ... 2000年頃に生産が終了したシャリー。今欲しくても中古車からお気に入りの一台を探すしかありませんね。今回はシャリーの地域別に見る流通状況や最近流行りの浜松仕様に欠かせないパーツもピックアップ! そして ... 東京にポルシェとメルセデスベンツのコンセプトレストランがあるのをご存知ですか? ポルシェ、メルセデスベンツのオーナーやファンの方はもちろん、ドイツ車に興味がある方はぜひ一度訪れてみいてはいかがでしょう ... 今回は酒気帯び運転についてまとめていきます。年末年始と飲み会シーズンも終わりまたはこれからの人もいるかと思います。ちょっとした油断で大事故になりかねないのが酒気帯び運転や酒酔い運転です。また運転者だけ ... 今年も行われた名古屋モーターショーですが行けなかった方のためにどのようなメーカーがどのようなクルマを出展していたのかをご紹介していきます。さらにはクルマだけではないイベントも行われていたのは知っていま ... ブガッティ EB110。ご存じの方は相当の車好きな方ではないでしょうか。この車はブガッティ創始者のエットレー・ブガッティの誕生から110年目に作られたクルマなのです。 CONTENTS1 夢のEB11 ... キャンピングカーが欲しいけど新車は高そうだし、中古車だと買えるかな?新車じゃないと心配など、中古車やレンタカーについて、購入時のチェックポイントやキャンピングカーに対する疑問を解決する内容を紹介します ... いつかは所有してみたい日本の高級ブランド“レクサス”。日本車ならではの信頼性と経済性、海外の高級車にも引けを取らない品質や快適性、圧倒的な存在感を放つデザインで老若男女たくさんの方から人気のメーカーと ... 今は販売されていませんが、三菱のシグマ(Σ)をご紹介します。ギャランシグマの後継車として販売された車がシグマです。当時にしては斬新なデザインのセダンとして人気がありました。今は、一度、復活してほしいモ ... 2016年9月29日よりフランス・パリで開催されているる2016年パリモーターショーで、レクサス UX Conceptが発表されました。レクサスで開発中と噂の新型SUVは2台あります。小型SUVと3列 ... いつもカー用品の取り付けを用品店にお任せしていませんか? 取り付け簡単と言われるポータブルナビの取り付けに挑戦してみませんか? 今回は超初心者でも簡単に取り付けられるシンプルな方法をご紹介します。きっ ... バイクにETCを付けたい。でもユニットが高いし工賃も高い…。そんなあなたに朗報です。インターネットで自分で買えば、安く手に入るし、自分で取り付ければ工賃もかかりません。 Provision CONTE ... 利便性、快適性、ルックスというクルマの3大重要項目とも言えるこの3点すべてを兼ね備えたSUV。今回はそんなSUVの中でもトップに君臨する、誰もが欲しくなる高級SUVたちをそのお値段とともに紹介していき ... 現在、車メーカーの「ホンダ」を支えていると言っても過言ではない軽自動車「Nシリーズ」その中で軽トールワゴンの「N-BOX」「N-WGN」は人気を博しています。ですが、それらが発売されるよりも前に前身と ... みなさんはレクサス HSをご存じですか? レクサス HSは2009年に発表されたレクサス初のハイブリッド専用車にして、日本国内で販売するレクサス車初のFF車です。現行ラインナップではLSに次いで販売歴 ... 新車を購入した時の喜びや感動は忘れられない思い出です! しかし日常は何が起きるか分かりません。少し走っていたら事故にあってしまい嫌な思い出を植えつけられてしまうこともあります。そんな時のために今回は、 ... 世界中のセレブが集う中東ドバイ。ドバイのホテルやショッピングモールなどいたるところで高級車が勢揃い! さらにドバイの道路は広く走りやすいようで高級スポーツカーが我先にとスピードをだしやすいようです。そ ... 常に250ccクラスで存在感の強いVTシリーズの現行モデルVTR250F。ハーフカウルを装着し、走行風を抑えることで、長距離ツーリングも楽々となりました。そんなVTR250Fの魅力とスペックや中古車情 ... アメリカンの概念に囚われず、高回転型の水冷エンジンを搭載したVツインマグナ。ゆっくりした走行も、高速走行もどちらも得意なホンダらしいVツインマグナです。今回はVツインマグナのスペックや中古車相場、パー ... これから我こそはスバリストだ! と入門する方も多いはずです。最近ではスバリストではない人も多くスバル車に乗っています。そこで「スバルが好きで乗っているんだ!」とアピールするカスタム方法もご紹介します。 ... 「ダイハツ クオーレ」という車をご存じですか? 1970年代から80年代にかけて、ダイハツのメイン車種「フェロー」をベースに作られたクルマです。一体どんなクルマだったのか、その実態に迫りましょう。 C ... ダイハツの軽自動車の代表格であるミラシリーズ。ミラジーノのようにキュートなルックスで人気を稼得しているグレードや、燃費性能などの車としての性能向上で勝負しているミライースなど様々なミラがあります。どの ... 水平対向エンジンとはどんなエンジンでしょう。世界中に自動車メーカーはたくさんありますが、水平対向エンジンを製造しているのはポルシェとスバルだけです。しかもポルシェはスポーツモデルのすべて、スバルは全車 ... 「オイルエレメントを交換しないと車に祟られて病気になるぞ〜」なんていう迷信の様な話ではありません。今回はオートバックスなどのカー用品専門店に行くと売り場の広告でよく見かける「オイルエレメント交換」の重 ... 日本だけでなく世界中に存在するホンダファン! その中でも中核モデルとして長年親しまれ続けるシビックは、10代目となる新型モデルが欧米でセンセーショナルを巻き起こしています。日本での再発売の噂もあるシビ ... Copyright© WeDrive , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4. 今回も日本のメーカーでありながら現地生産などにより日本で未発売の車種についてご紹介いたします。スズキも2012年にアメリカ本土から4輪事業において撤退を発表していますが、現在では小型車市場で急成長を見せている東南アジアに重点を置いています。日本でも発売されている「バレーノ」などはインドで製造を行い日本に輸出する形をとっています、そんなスズキの日本以外での販売車種についてご紹介します。. スズキは、日本では軽自動車というイメージが強いかも知れませんが、7人乗りの乗用車も海外では積極的に販売していますね。取り回しがよい7人乗りということで、日本に導入されたら以外と面白いモデルではないでしょうか。 via www.suzuki.co.id. こんにちは、日本では販売されていない、スズキapvタイプ2の情報をフィリピンからお届けします。 まずはカタログ写真から紹介します。 2009年8月に購入しました。これから細部の写真等アップしていきます。 質問、リクエスト、お待ちしております! スズキが誇る多彩なカーラインアップを紹介するスズキ ラインアップページです。ボディタイプからの選択、燃費、価格など様々な情報から車種をお選びいただけます。 2.1 中古市場でも大人気; 2.2 気になる価格は; 3 日本でapvに乗るにはどうしたらいいのか? 4 まとめ 特に冬は窓の曇りが発生しやすく、ドライバーにとって視界が悪くなる「窓の曇り」は天敵となります。また、冬だけでは... 進学や転勤などで遠方への引っ越しとなった場合、乗っているバイクを引越し先へ持っていきたいと思ってもなかなか距離があるとなかなか自走では引越し先まで向かうことは厳しいですよね?そんな時バイクの輸送サービスを使ってバイクを輸送する場合どれぐらい... 日産自動車は2016年8月4日、EV(電気自動車)のコンセプトカー「ブレードグライダー」のプロトタイプをブラジ... BMWのスポーツカー「M3」をご存知ですか?車好きの方なら一度は名前を聞いたことあるかと思いますし憧れの車とし... 雨天時の事故は大変多く、その原因はさまざまです。誰でも雨天時には事故が多くなるとわかっていると思いますが、実際... バイクを手に入れたなら、遠くに行きたくなるもの。行動範囲も広がりますし、単に運転してるだけでも楽しいですよね。... http://www.suzuki.com.au/vehicles/van/apv, http://www.marutisuzuki.com/vitarabrezza.aspx. 今の原付には真似できない!? dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。, スズキがインドネシアなどで販売する3列シート車に「APV」というモデルがあります。いったいどんなモデルなのでしょうか。, 日本市場において3列シートミニバンはさまざまなモデルがラインナップされる人気のカテゴリですが、海外市場においても日本の自動車メーカーは3列シートを備えたモデルを多数販売しています。, なかでも、スズキがインドネシアなどで販売するモデル「APV」とは、どんなクルマなのでしょうか。, APVは、スズキのインドネシアの子会社「インドモービル・スズキ・インターナショナル社」で生産されている3列シート車です。, インドネシアでは上級仕様の7人乗り「APVニューラグジュアリー」と、比較的安価な価格で8人乗りの「APVアリーナ」というふたつの仕様が展開され、外観や装備が異なりますが、搭載されるパワートレインをはじめ基本設計は共通となります。, ボディサイズは、APVニューラグジュアリーが全長4300mm×全幅1690mm×全高1866mm、APVアリーナが全長4155mm×全幅1655mm×全高1855mmと、3列シート車としてはかなりコンパクトな設計です。, 外観を見ると、APVニューラグジュアリーは大型のフロントグリルやフロントバンパーを採用し、押し出し感の強いスタイルです。デイライト付きフォグランプもメッキ加飾が施され、キラキラ感が強く演出されます。, 一方、APVアリーナはフロントバンパーの押し出し感が少なく、シンプルでクリーンな印象のデザインで統一。設定されるグレードのなかにはバンモデルも存在します。, ボディカラーはモノトーン系だけでなくラディアントレッド(一部グレードのみ設定)やバーガンディパールなど、華やかな色も設定されます。, 搭載されるエンジンはどちらも1.5リッター直列4気筒で、最高出力94.5馬力(APVニューラグジュアリー:92.45馬力)・最高トルク126Nmを発揮。, APVはAPVニューラグジュアリーとAPVアリーナで価格も分けられ、インドネシアにおいてAPVニューラグジュアリーは2億3200万ルピアから2億3600万ルピア(日本円換算で約176万円から約179万円)、APVアリーナが1億5850万ルピアから2億1300万ルピア(日本円換算で約120万円から約162万円)です。.