A8Hシリーズ, A9S, X9500Hシリーズ, X8550Hシリーズ, X8500Hシリーズ, X8000Hシリーズ 0 Comments, 2020年4月2日、ソニーは4K有機ELテレビ ブラビア『A8Hシリーズ』、4K液晶テレビ ブラビア『X9500Hシリーズ』など、BS4K/110度CS4Kダブルチューナーを内蔵した6シリーズ16機種を発表しました。, ソニーブラビアの2020年モデル発表!全てのモデルにBS/CS4Kチューナーが内蔵となっています。, 6シリーズ16機種が発表されましたが、A9Gシリーズ、X9500Gシリーズの85型、X8550Gシリーズの75型は継続販売となります。, 画質にこだわるお客様からエントリーモデルまで、画面サイズが大型化。また、設置環境で有機ELを選べなかった方にも嬉しいサイズ展開となっています。, 4K有機ELテレビのBRAVIA A8Hシリーズは、従来モデルから高画質プロセッサーや、動画応答性、高音質を進化。65型「KJ-65A8H」、55型「KJ-55A8H」の2機種のラインナップ。, ソニーストア価格:280,000円+税~ 有機elは、ソニーの専売特許なので、必然的にメーカーはソニーとなりました。 かつては、有機ELの大画面化は難しいと言われていましたが、ソニーが48インチまでの大きな有機ELディスプレイを開発して既に販売していることに、感銘を受けてこの製品を選びました。 Audio(オーディオ) α(デジタル一眼カメラ) VAIO(パソコン) ヤマダユウス型 サッカーの試合でボールを追跡するはずのAIカメラ、審判のスキンヘッドを追いかけ生配信, また最高が更新されてしまった。iPhone 12 Proのゴールド、今までで一番ゴールデンなゴールドかも, Sony HT-G700レビュー:おうちでドルビーアトモスサウンドを体感できるお手頃サウンドバー, スケールは小さく、密度はアップ:PS5注目タイトル『Spider-Man: Miles Morales』レビュー, 2030年代のイギリスの軍隊には、ロボットが大量に導入されることになるかもしれない. 最近釣りもしないのに「釣りよかでしょう。」にハマってます。, 1979年みなと横浜の地に創業し41年、横浜の地からの情報発信を大切にしてまいります。, ソニーストアのオンラインショッピングにて商品をお買い物の際は上の「ソニーのロゴ」からご利用ください。ご協力お願いいたします。, 全国にあるソニー直営店舗(銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神)にて商品をご購入の際に、当店のショップコード「2143001」を担当者様にお伝えください。ご協力お願いいたします。, ナカムラ電器はソニー特約店です。ご購入いただいたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。. BRAVIA(薄型テレビ) All rights reserved. ソニーストア会員登録後の価格:252,000円+税~, 4K有機ELテレビのBRAVIA A9Sは、横幅は約107cmで、収納付きテレビボードやお部屋のコーナー部分への設置が可能となるサイズ。設置場所などによるサイズの制約により、有機ELを選択することができなかったお客様の声にお応えするため、48型「KJ-48A9S」を有機ELテレビのラインナップに追加されました。, ソニーストア価格:230,000円+税 VAIO SX14, VAIO S15, VAIO SX12 0 Comments, よしおくん αアカデミー 0 Comments, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 当ブログへようこそ!著者のナカムラ電器の『よしおくん』です。 初代iPhone SEからiPhone 12 miniに変えたらいいことづくめでした! ソニーは、48v型のコンパクトな4k有機elテレビ「bravia a9s」を7月25日に発売する。価格はオープンプライス。店頭価格は税別23万円前後を見込む。 Copyright © 2014 NAKAMURA ELECRLIC. ソニーの有機elテレビのラインアップ比較。便利な壁掛け金具、気になる価格と口コミと評判も紹介。65インチ、55インチそれぞれの機能や特徴を解説。4kチューナーは全モデル搭載。 ソニーストア会員登録後の価格:81,000円+税~, 2020年モデル各シリーズ、従来モデルより進化をとげての登場。6シリーズ16機種と充実したラインナップより、お好みのテレビが選らべるソニー。, まずは、新製品の発表のご案内をさせて頂きました。皆様のブラビア購入のご参考になれば幸いです。, 初めてソニーストアのご利用の方は、登録直後から使用できるWelcomeクーポンの10%OFFクーポンをご活用ください。, ※Welcomeクーポンの10%OFFクーポンをご利用すには、My Sony ID新規登録画面の「メール・クーポンなどの受信設定」から「My Sony ID登録者向け特典ソニーストアの定期クーポン」を「希望する」にチェックを入れてください。, 無料登録のMy Sony ID 特典や、登録については下記のリンク先よりご確認ください。, 当店では、ご相談を頂く際お待たせしないためにも事前のご連絡へのご協力をお願いしております。ご協力への感謝の気持ちとして、次のプレゼントをご用意しております。, ご連絡方法は「お問い合わせフォーム」か「電話」にて、ご来店希望時間帯のご連絡お願いいたします。皆様のご来店をお待ちしております。, よしおくん このテレビは、長年ソニーが研究を重ねてようやく製品化した有機ELテレビです。解像度も高く次世代放送方式の4Kにも対応しています。また、ディスプレイ自体を振動させるというユニークな音声システムと搭載しています。, この液晶テレビは、テレビ画質について徹底的にこだわる人に向いているテレビです。表示デバイスが有機ELですので、漆黒の黒が再現されます。透過型ではなく自発光デバイスが表現する黒は本当に真っ黒なのです。, また、薄型テレビなので、小さなスペースにテレビを置き部屋を有効活用したいと考えている人にもおすすめです。またこのテレビには、優れた音響システムが搭載されていますので、テレビや映画の音声を迫力のあるものにしたいと考えている人にもおすすめです。, また、829万画素の表示デバイスなので、4Kなどの高画質でテレビを楽しみたい人にも好まれます。これからは、4Kが主流となる可能性が高いですので、先を予想して高画質に対応しておきたいと考えている人にもおすすめできます。, 私は、これまで自宅でプラズマテレビを使用していました。そのテレビが、壊れてしまったので買い替えが目的でした。実は、私は大手電気メーカーのパソコンディスプレイの画質設計者で、会社では有機ELモニターをマスターモニターz使用していました。, それで、有機ELの画質の良さは熟知していたので、自宅でその画質を手に入れたいと思い、有機ELテレビを探しました。有機ELは、ソニーの専売特許なので、必然的にメーカーはソニーとなりました。, かつては、有機ELの大画面化は難しいと言われていましたが、ソニーが48インチまでの大きな有機ELディスプレイを開発して既に販売していることに、感銘を受けてこの製品を選びました。また、私の画質へのこだわりは強かったので、近い将来標準化されるであろう、4Kに対応しているモデルを探して、この製品にたどり着きました。, このテレビは、表示デバイスが有機ELなのが最大の特徴です。有機ELは、ソニーにより初めて製品化されたデバイスで、自発光型デバイスのため、コントラストが無限大と言えるほど高く、漆黒の黒が再現できるのが魅力で、特に、宇宙もののサイエンスフィクションなどを見ている時に、その素晴らしさがよくわかります。, また、次世代信号の4Kにも対応しているのも大きな特徴です。4Kは、通常のハイビジョンの4倍もの情報量を持つ高解像度の映像信号です。このテレビでは、優れたスケーリングエンジンが搭載されていて、2Kの信号も滑らかに、4Kに返還してくれるところもメリットです。, なお、画面自体を振動させて音声を発生させていて、「アコースティック サーフェス オーディオ」という、映像と音声が一体となった新たな映像体験ができるテレビでもあります。, このテレビを購入してから、テレビを見るのが楽しみになりました。特に、ブルーレイにて映画を楽しむ時間が増えたと感じます。, 有機EL画質が楽しめるのが最大の魅力で、漆黒の黒を再現してくれると同時に、色鮮やかな色彩を楽しめるようになりました。特に、赤色や緑色については、これまでのテレビにて表現できなかったような、広い色域をカバーしています。, また、かつてプラズマテレビを利用していた時は、その発熱量の大きさのあまり、部屋が熱くなってしまうことが多かったのですが、このテレビにしてからは、そんなこともなくなりました。電気代も心なしか安くなった気がします。なお、ネットアプリの高速起動機能があるため、動画コンテンツサービスも利用しやすくなりました。, このテレビの最大のセールスポイントは、表示デバイスに有機ELを利用しているところです。それにより、コントラストが無限大のスペックです。また、ソニーの独自パネル制御技術の「ピクセル コントラスト ブースター」という回路により、仕様以上のコントラスト感を感じさせてくれます。, また、ソニー独自の高画質画像エンジンの「X1 Ultimate」が採用されていて、2Kの信号も滑らかに4Kにアップコンバートしますので、4Kの信号源でなくても解像感のある画質が楽しめるところも良いところです。, 何しろ、薄型ですので部屋に置く時にわざわざ大きなスペースを確保しなくて良いところもおすすめポイントです。なお、画面自体がスピーカーとなっているので、音声の指向性がよくまるでテレビの中の人が本当に喋っているかのような音声を楽しめます。, このテレビは、ソニーの最先端技術が導入された有機ELが採用されているため、料金がとても高額なのがデメリットです。同スペックの液晶テレビと比較すると10万円ほど高いのではないでしょうか。しかし、有機ELテレビはまだまだ発展途上のため、今後は安くなっていくことが予想されます。, また、パネル寿命が短いこともデメリットです。液晶テレビの寿命は約6万時間と言われていますが、有機ELテレビの寿命は3万時間です。しかし、3万時間の寿命だとしても1日6時間使用して毎日テレビを見たとしても、13年〜14年持つので、さほど深刻な問題点ではないと考えます。, なお、黒がしっかり再現されるところが良いところですが、逆に明るい画像のときは、液晶テレビの方が明るいので、時には暗く感じてしまうこともあるでしょう。”, 初めまして、flymomです。【由来】frying pan momを勝手に略しています。書くと長~いという理由だけです。それと忙しい時はフライパンで何でも作る。パンさえ焼いちゃう、手抜きっぷりです。, 【Soul Journey】の意味は人生は旅だという意味でとらえています。還暦を数年オーバーしているばぁーばーです。超がつくド素人。, [ソニー43型有機ELテレビKJ-43X8500H]テレビを購入するなら次世代型有機ELでしょ. ベッドルームに置ける有機elテレビって良くない? ソニーから48インチのbravia「a9s」 2020.04.02 10:00; 25,795. 48型 4k有機elテレビ「kj-65a8h」 ソニーストア価格:230,000円+税 発売日7月25日 4K有機ELテレビ「A9S」 ソニーストアならではの購入特典 headphone, 冬のソニーオーディオキャンペーン, 年末音ロトキャンペーン 0 Comments, よしおくん Copyright © mediagene Inc. All Rights Reserved. BRAVIA(薄型テレビ) BRAVIA価格改定, X9500Hシリーズ, X8500Hシリーズ 0 Comments, よしおくん 48 ディスプレイの種類 有機EL HDMIポート数 4 ブランド ソニー(SONY) 付属品 標準スタンド、音声検索機能付リモコン(無線)、単4形乾電池(2個)、転倒防止用固定ベルト一式 メーカー ソニー(SONY) 発売年 2020 ネットワーク Bluetooth, Wi-Fi, IEEE802.11ac/a/b/g/n, HDMI ソニーストア会員登録後の価格:121,500円+税~, 4K液晶テレビのBRAVIA X8000Hシリーズは、75型「KJ-75X8000H」、65型「KJ-65X8000H」、55型「KJ-55X8000H」、49型「KJ-49X8000H」、43型「KJ-43X8000H」の5機種をラインナップ。, ソニーストア価格:90,000円+税~ ソニーストア会員登録後の価格:153,000円+税~, 4K液晶テレビのBRAVIA X8500Hシリーズは、49型「KJ-49X8500H」、43型「KJ-43X8500H」の2機種をラインナップ。, ソニーストア価格:135,000円+税~ ソニーストア会員登録後の価格:207,000円+税~, 4K液晶テレビのBRAVIA X8550Hシリーズは、65型「KJ-65X8550H」、55型「KJ-55X8550H」の2機種をラインナップ。, 従来のラインナップですと、75型、65型、55型の3モデルが用意されていましたが、新型コロナウィルスによる物流の影響から、75型については、X8550Gシリーズ「KJ-75X8550G」として継続販売となります。, ソニーストア価格:170,000円+税~ よしおくん ナカムラ電器へようこそ。当店は「ソニーストア」と業務委託契約を結んだ「e-Sony Shop」です 。 ソニー製品の徹底レビューも随時更新中です。当店サイトより「ソニーストア商品」購入が出来て、店舗では、ソニーストア商品購入サポートを行っております。 お気軽にご利用ください。「ソニー修理受付認定店」ですのでサポート体制も安心です。, 2020年モデル発表! ソニー4K ブラビアの有機ELテレビ『A8H』、液晶テレビ『X9500H』など全16機種発売, 11月14日 店頭限定 VAIO 週末限定セール 開催|当店店頭にてVAIOが最大10,000円OFF!, 本日10時スタート「 音ロトチャレンジ 」の結果、2,000円当選。皆様に高額当選金が当たりますように!, 価格改定 2020年モデル 4Kテレビ ブラビア 49型の X9500H / X8500Hシリーズ「 KJ-49X9500H / KJ-49X8500H 」 15,000円の値下げ, 2021年1月 αアカデミー 講座開催情報|ソニー カメラの基本操作から学べるカメラ講座, 11月13日先行予約販売開始! VLOGCAM ZV-1 新色ホワイト 11月20日(金)発売, 画面から生まれる豊かな高音質「Acoustic Surface Audio(アコースティック サーフェス オーディオ)」, 速い動きも明るいままくっきりと映し出す「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティー)」, 映像から音が出ているかのような音響技術「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」(49V型を除くX9500H), 独自の光学設計「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」搭載(49V型を除くX9500H), 映像から音が出ているかのような音響技術「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」. ソニーストア会員登録後の価格:207,000円+税, 4K液晶テレビのBRAVIA X9500Hシリーズは、斜めから見た場合でも正面視聴時と同等の美しい表現が可能となる広視野角技術「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」を搭載。音質面での強化は、映像から音が出ているかのような音響技術「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」や、新開発の「X-Balanced Speaker(エックス バランスド スピーカー)」を搭載。, 圧倒的な高画質でご支持をいただいた従来モデルのX9500Gに、高画音質がさらに進化した液晶プレミアムモデル「X9500Hシリーズ」。, 75型「KJ-75X9500H」、65型「KJ-65X9500H」、55型「KJ-55X9500H」、49型「KJ-49X9500H」の4機種のラインナップ。, ソニーストア価格:230,000円+税~ ベッドルームに置ける有機ELテレビって良くない? ソニーから48インチのBRAVIA「A9S」. ああ、それにしても有機ELテレビが欲しい。でも有機ELって大画面になりがちで置く場所に困っちゃう。それなら液晶テレビでいっかぁ。狭い日本の住宅事情においては、こうしたジレンマは珍しくないと思うのです。, して、ソニーが発表した「A9S(KJ48-A9S)」は、そうした現代的事情を鑑みて生まれた新しいシリーズ。BRAVIAブランドの有機ELテレビなのですが、BRAVIA史上最小サイズとなる48インチなのが特徴です。, そのサイズ感は、iPhone 11と比較するとこんな感じ。横幅は約105cmで、10年前の46インチテレビよりも少し小さいくらいです。写真に写っている「A9S」はモックで、残念ながら映像のチェックはできませんでした。, ほっとんど見えないけど、ベゼルは1cm無いくらい。大画面の有機ELよりもベゼルは細かったので、画面占有率が大きく下がるってことはなさそう。, スタンドは珍しくベタ置きタイプ。ディスプレイを支えるパーツがほとんど見えないので、ちょっとインテリアみがありますね。, にしても、どうしてこのタイミングでコンパクトな有機EL48インチモデルを出してきたのか。ソニーの人に理由を聞いてみました。, ソニーの49インチ液晶テレビを購入したお客様に購入理由を聞いてみると「有機ELに49インチがなかったから」という声が、2019年あたりから増えてきたんです。ということは、55インチよりも小さいサイズの有機ELも需要があるのかなと思い、それなら作ってみようか、と。, なーるほっど。数年前は、有機ELを検討している人=大画面&高音質に映像を楽しみたいという、エンタメに積極的な人たちがメイン層でした。しかし有機ELが浸透するにつれ、カジュアルにエンタメ楽しいみたい人たちも有機ELを検討するようになった。でも、55インチを置くほどスペースに余裕がない。じゃあ小さな有機ELを作ればいいじゃない!, 「A9S」のスペックは、X1 UltimateやX-Motion Clarity、倍速パネルなど、2019年モデルの有機ELテレビ「A8G」を部分的に上回っていて、小さくなりつつも画質は最新クラスだと思われます(型番がA9だものね)。テレビを買い替えたいけど55インチは大きすぎる、でも有機ELが気になっている…。そんな層にラブずっきゅんと刺さるモデルなのでは?, ただ、スペックを妥協しなかった弊害か、2020年モデルの有機ELテレビ「A8H」の55インチとの価格差は5万円くらいなんですよね。サイズ的には48インチがベストでも、あと数万円出せば55インチが手に入るとなれば、これまた悩ましい…。いっそ背伸びして55インチに飛び込む覚悟が決まるかもしれませんね。, ちなみに「A8H」は、前モデルである「A8G」から大きく進化しています。「A8G」は機能的な出し惜しみが目立ったというか、それが最上位モデル「A9G」との差別化になってはいたものの、どうも中途半端感があったモデルだと記憶しています。X1 Ultimate非搭載はやはりデカかったのか。, しかーし、「A8H」はX1 Ultimateはもちろん、X-Motion Clarity、Pixel Contrast Booster、サブウーファーの搭載などなど、画質音質ともにフラッグシップに迫る進化を遂げました。これも人気になりそうな予感ですよ〜。, 48インチは、6〜8畳間に置くには丁度いいサイズだと思います。模様替えでテレビの位置を変えたくなっても48インチなら設置場所の候補も多く、コーナー置きでもデッドスペースが少なくて済んだりと、フレキシブルゆえの利点は結構あるんですよね。, でも、だからこそ背伸びしてワンサイズ上の55インチをお迎えする! そんなレベルアッパーな判断も大正義です。自分がテレビに求める要素、あるいは用途としっかり向き合えば、きっとジャストフィットなテレビをお迎えできるでしょう。その選択肢に、48インチがやってきたのです。, 「A9S」は2020年7月25日に発売予定、市場想定価格は23万円前後。「A8H」は6月6日発売予定、55インチが28万円前後、65インチが42万円前後です。有機ELのBRAVIAをお迎えするハードル、年々低くなっておりますよ。.