なお、バッテリーの固定具合などは、素人作業ですと、緩むこともありますので、数日、運転しましたら、念のため、確認しておくことをお勧め申しあげます。, なお、自分でバッテリー交換するのに自信がない場合や、工具を新規で購入したり、廃棄バッテリーを回収してもらう費用を考えますと、下記のようなAmazonのバッテリー交換作業を頼んだ方が、安いと言う場合もありますので、念のため、明記しておきます。, 通販の場合、古いバッテリーは、宅配便などで、回収してもらう事もできます。 }else if(_UA.indexOf('Android') > -1){ また、軍手を両手にして、感電防止をはかります。 トヨタ 3代目エスティマの4つのグレードを徹底比較!中古車でおすすめのグレードはこれだ!! スズキの人気車種である「ソリオ」「バンディット」のハイブリットタイプであるMA-36Sの鉛バッテリーの品番はN-55です。 document.write('ナビクル車査定'); 毎日、クルマを運転しないのであれば、購入費用も含めたトータルコストは、ガソリン車のほうが、安いです。, ただし、鉛バッテリーのN-55の方は、3年~4年経過すると、かなりヘタってくると思いますので、この鉛バッテリーはエンジン始動にも使われるため、適切な交換が求められます。, 安心メンテナンスパックに入っているとエンジンオイルやオイルフィルターは交換対象ですが、バッテリーやタイヤなどの消耗品は別料金です。 購入時には必ず、46B24Lなど品番をよくご確認の上、注文して下さい。, スズキ・ソリオのバッテリー交換には、8mmスパナと、10mmスパナが必要となります。 安い中国製などの場合、8mmのはずが、微妙に大きかったりして、ネジをなめてしまうことがあるようですので、しっかりとして工具を使いたいところです。, なお、電気系統ですので「感電」には絶対に注意が必要です。 マイルドハイブリッドの代表格としてよく紹介されるシステムにスズキのsエネチャージがありますが、これは前述した直流モーター式のハイブリッドシステムのスズキでの呼び名です。 スズキのディーラーで交換すると「工賃含めて約2万5000円くらいしますが、ご自分で交換しますか?」との話でしたので、自分でしますと即答です。 新世代とし魅力をアップするスズキ新型ソリオについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。, スズキ・ソリオは、ブランドのコンパクトトールワゴンとして製作され、独自技術のフルハイブリッドモデルによる高い燃費性能や使い勝手の良さが人気になっています。, フルモデルチェンジする新型ソリオでは、ブランドの最新技術やデザインを採用するほか、全長を80mm延長することで室内空間を拡大。, ラインナップには引き続きベースとなる「ソリオ」とカスタムモデル「ソリオバンディット」が設定され、先進技術「スズキセーフティーサポート」には新しく全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールを採用。, また、ナビゲーションディスプレイのサイズを9インチに拡大し、10インチディスプレイをディーラーオプション設定。, スズキのコンパクトカーで初となるカラーヘッドアップディスプレイと、4.2インチ液晶メーターを全車標準装備。, 加えて、サスペンションの見直しやスリムサーキュレーターの採用、ルーフとルーフメンバーの改良による雨音の軽減、防音と防振技術の採用により大幅に乗り心地をアップします。, 新型ソリオは当初2020年9月の発売が予定されていましたが新型コロナウイルス感染拡大の影響から延期され、2020年11月25日に発表、12月4日の発売を予定。, 【新型スペーシア】「全車速クルコン採用!」マイチェン発売!最新情報、カスタム/スペーシアギア、燃費、価格は?, 【スズキ新型クロスビー】「安全装備充実!」改良発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, スズキ新型ソリオは、ベースモデル「ソリオ」が3グレード、カスタムモデル「ソリオバンディット」が1グレードの合計4グレード構成となっています。, 価格はコンパクトワゴンとして選びやすさを重視しアップ幅が抑えられ、前モデルは1.2Lエンジン車が145万9080円から設定されていましたが、新型ソリオでは装備を大幅に充実しながら160万円からとなります。, ベースモデルではLEDランプユニットが採用され、クロームパーツを採用することにより、スマートなデザインに仕上げ。, カスタムモデルとなる新型ソリオバンディットでは、グリルのサイズを大型化することで存在感をアップ。, バンパーサイドを強調することでよりワイドな印象とされ、広い室内空間がアピールされます。, スズキ新型ソリオのボディサイズは、前モデルから全長を+80mm、あわせて全幅を広げることで室内空間が拡大されます。, 前モデルでは、クロスオーバーモデルの「クロスビー」より全長がコンパクトになっていましたが、新型ソリオではより広い室内空間を確保することでハイトワゴンとしての魅力をアップ。, より室内空間の効率化が図られ、剛性を引き上げながら軽量化が可能な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」とあわせ、高い使い勝手と軽快な走りが作られます。, ナビゲーションディスプレイはサイズを9インチに拡大し、10インチディスプレイをディーラーオプション設定。, カスタムモデルとなる新型ソリオバンディットでは、専用のカラーを採用することにより質感がアップされます。, ドライバー前には、スズキのコンパクトカーで初となるカラーヘッドアップディスプレイと、4.2インチ液晶メーターを全車標準装備することで、多彩な情報をわかりやすくドライバーに提供。, 装備には、ハイト系ワゴンで発生しやすい前席と後席の空調の違いを改善する送風機「スリムサーキュレーター」を搭載。, 加えて、ルーフとルーフメンバーの改良による雨音の軽減、防音と防振技術の採用により静粛性を改善することで、車中泊などでの快適性もアップされます。, シートレイアウトは、後席をフラットに格納できるようにすることでラゲッジスペースの利便性を向上。, 助手席シートはロングスライドが可能とされ、車外にでることなく後席へアクセスすることができるように。, 室内長は、前モデルでコンパクトハイトワゴン最長の2515mmとなっていましたが、全長を+80mmとすることでより広い空間が確保され、長尺物の荷物に対応できるようになります。, 新型ソリオには、1.2Lガソリンエンジンと1.2Lガソリンマイルドハイブリッドが設定されます。, 1.2Lマイルドハイブリッドは、回生エネルギーを使用し、アイドリングストップからのスムーズなエンジンの再始動を可能とするモーターを搭載。, モーターは、発進加速時などにエンジンをアシストすることで高い走行性能と環境性能が両立されます。, その他、新型ソリオではサスペンションを見直すことで、後席の乗り心地をアップします。, 前モデルは、1.2Lガソリンで24.8km/L、1.2Lマイルドハイブリッドで27.8km/Lとされていましたが、新型ソリオでは最高28.5km/Lほどが見込まれています。, スズキ新型ソリオの安全装備には、スズキの先進安全機能パッケージ「スズキ セーフティ サポート」として、最新システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されます。, 前モデルでは、ステレオカメラを採用する前世代の安全システム「デュアルカメラブレーキサポート」が採用されていました。, 「デュアルセンサーブレーキサポート」は、歩行者認識に対応した自動ブレーキ機能をはじめ、標識認識、ハイビームアシストなどの最新機能に対応。, また、6エアバック(フロント・サイドSRSカーテンエアバッグ)を全車標準装備とすることで安全性をアップします。, その他、新型ソリオでは全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、自車の前方および後方で左右から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」を採用することで、安心して運転ができるようになります。, 新型ソリオには、スズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されます。, ハーテクトは、フルモデルチェンジしている「アルト」や「ワゴンR」、「スイフト」などにも採用。, 構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状に。, 足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。, フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上します。, 新型ソリオは当初2020年9月の発売が予定されていましたが新型コロナウイルス感染拡大の影響から延期され、2020年11月25日に発表、12月4日の発売が予定されています。, スズキは2015年に登場した前モデルをフルモデルチェンジすることにより、主力コンパクトカーとなっているソリオの競争力をあげ、コンパクトトールワゴン市場での存在感をアップしていきたい考えです。, スズキ・ソリオ(SOLIO)は、初代となる「ワゴンRソリオ」が2000年に登場したコンパクトトールワゴンです。, 軽自動車「ワゴンR」とパーツを共有し開発された普通車「ワゴンRワイド」が1999年のフルモデルチェンジにより「ワゴンR+」とされましたが、翌年の改良時にモデル名を「ワゴンRソリオ」に変更。, 2010年に登場した2代目では、新設計のプラットフォームによりコンパクトカーに最適化することで、名実ともに独立。, 2015年に登場した3代目では、スズキの新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用することで、1トン以上だった車重を930kgまで軽量化。, マイルドハイブリッドやストロングハイブリッドパワートレインを搭載し、クラストップの燃費性能を持つモデルになっています。, 新型スズキ・ソリオについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 やはり、国産が良いだろうと言う事で、下記のパナソニック最上位のバッテリーにしました。 そのため、あなたのお住まいの地域で「持込みタイヤ交換」をお願いできるところを探してみてください。, Googleなどの検索サイトにて「東京 タイヤ交換」など、地名とタイヤ交換と言うキーワードで検索すれば、色々と出てくると思います。, タイヤ交換格安実録 スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズ 165/65R15タイヤ交換格安実録 スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズ 165/65R15, […] スズキのソリオやバンディットMA36SのバッテリーはN-55 バッテリー交換DIY実録スズキのソリオやバンディットMA36SのバッテリーはN-55 バッテリー交換DIY実録 […], このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 自分でチャレンジする自動車の簡単メンテナンス 素人でもできるオイル交換・部品交換・激安バッテリー紹介などを行って費用を節約しよう, タイヤ交換格安実録 スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズ 165/65R15, スズキのソリオやバンディットMA36Sのタイヤサイズ 165/65R15 タイヤ交換格安実録.