njp型赤道儀(1988年4月 発売) - jpをエンコーダー対応とした マイナーチェンジ版。 njp-nv型赤道儀(1996年3月 発売) - njpのウォームネジの軸受けにベアリングを挿入して、自動導入時の高速回転に対応させたマイナーチェンジ版。 小型赤道儀用の「sメタル三脚」と組み合わせて使用します。 対応赤道儀:sメタル三脚+em11t2m赤道儀. google_ad_client = "pub-2929211642249980"; google_ad_height = 600; 質実剛健で知られる高橋製作所(タカハシ)の赤道儀の比較一覧表です。 最新のTemma2シリーズは、ステッピングモーターを用いた自動導入赤道儀です。 このタイプの赤道儀には、その他にUSDという自動導入がないタイプや、 Temma2Jr タカハシ EM-11 TEMMA3 赤道儀 【6月発売予定】 スマートフォンでワイヤレス導入 TEMMA3 は標準で無線LANを内蔵しました。日本語表示にも対応した天文アプリの SkySafari 6* を使って、スマートフォンの操作で自動導入が行えます。 ※この品物はお取り寄せ品です。ご注文後納期のご連絡をいたしま … 関連する商品はこちら. タカハシ赤道儀/EM200・EM10・EM11・90S・EM100 ※受注生産品となりますので納期をご確認下さい。 ご指定の長さのピラー製作いたします。 標準のピラー部分の長さは約790mmで、この場合のフランジ面高さが最低約880~最高910mmとなります。 従ってピラー長60~90mmがフランジ面高さとなり … ¯å°, カメラマウント/カメラアダプター, 鏡筒バンド/アルカスイス台座, ドット・サイト・ファインダー, OPTOLONG オプトロン, バーダープラネタリウム アイピース, バーダープラネタリウム フィルター, 汎用クイックリリース・プレート, 専用クイックリリース・プレート, クイックリリース・L型プレート, フィールドスコープ・暗視スコープ, エクスプローラーサイエンティフィック. B, . google_ad_slot = "0278226098"; タカハシ(高橋製作所) 赤道儀 ・架台:三脚・ピラー脚 架台アダプター em-11. タカハシの赤道儀ラインアップ . 高橋製作所の望遠鏡製品一覧(たかはしせいさくしょのぼうえんきょういちらん)は、高橋製作所の販売してきた望遠鏡の一覧。, 初期の製品はTS式天体望遠鏡と銘打って発売され、対物の有効径(mm単位)を取り込んでTS式XXmm**型と称し、同口径で新製品を出す場合には特色を示すアルファベットを語尾に付けた。製品の呼称[注釈 1]については発売後の時間経過と販売形態の変化(赤道儀と鏡筒の分売等)に伴い変遷が見られるが[注釈 2]、これらの変化はメーカー自身がカタログ等で呼称を変化させているものであり、いずれを使用しても公式名称であることに変わりはない。[注釈 3]。, 1977年11月[1]から鏡筒と赤道儀を共通の取り付け規格で分離し自由に組み合わせて使用できるシステム化[2][注釈 4][注釈 5]が始まった。, 対物レンズはフローライトを外気に触れない後玉に使用する二枚玉アポクロマート[12]のケプラー式鏡筒。相玉は初期(1986年-1987年頃まで、機種による)はモノコート、その後はマルチコート(MC)化された。フローライトの2面は技術的な問題からノンコートであったが、その後治具の開発に成功し、1992年下半期からFC-76とFC-100では全4面のフルマルチコート化が達成されている[注釈 8]。また、メーカーでは断続的に再研磨・再コーティングを受け付けているが、現在はフローライトへのコーティングは受け付けていない[13]。, 対物レンズにフローライトを使用する、超短焦点の屈折式鏡筒。アポクロマート。Tは三枚玉(Triplet )の頭文字。, FCシリーズの後継シリーズ。フローライトアポクロマート。フローライトが傷つきやすいためFCシリーズでは後玉に使用していたが、マルチコートによりレンズ保護して前玉に設計変更し、FCシリーズより球面収差が15%減少した。, EDレンズにより究極の収差補正を目指した屈折鏡筒。対物レンズは3群3枚[1]の完全分離型で、EDガラス(型番非公開[20])を2枚[1]使用。惑星観望用に最適とされる。, FSシリーズの後継として開発された。対物レンズは2枚目にEDレンズを採用した3群3枚アポクロマート。, 対物鏡に放物面鏡を使用する、ほぼF6クラスのニュートン式反射鏡筒。MTは多目的(Multi purpose Telescope )の頭文字。, 凹楕円主鏡と凸球面副鏡によるドール・カーカム式反射鏡筒。眼視に好適である。コレクターはシリーズ共通の「μコレクター」を使用する。, 主鏡は双曲面鏡で焦点面近くに補正レンズを置く反射屈折式[3]の天体写真用鏡筒[2]。鏡筒前面に補正板がないので気温順応が早く、メンテナンスも比較的楽である。通常のニュートン式望遠鏡と比較し良像範囲が数倍広く、シャープさはシュミット式望遠鏡に近い[2]。ワイドマウントを介し各社の一眼レフカメラを取り付けられるほか、フィルムホルダー取り付け金具を介しマミヤ光機製作所(現マミヤ・オーピー)マミヤプレス用ロールフィルムホルダーが装着できる[2]。主焦点アダプターを介し眼視も可能だが高倍率での惑星観望などには不適で100倍以下の低倍率観望に限定される[2]。, 三脚は一般のカメラ三脚を使用するか、P型の三脚にアダプターを介して使用する[3]ポータブル赤道儀。, 赤道儀や接眼部等のアルミ鋳物の塗装色は、初期の黒色ハンマートーン(第1期)、メタリックグリーングレー・ハンマートーン(第2期:1979-1982年頃)、グレー・レザー(第3期:1983-1987年頃、フローライトファミリーセット、MTシリーズの発売時より変更)、ライトグリーン・レザー(1988年-)と変化してきた。このうち、第1期-第2期まではアルミ部品一つ一つに丁寧なアルマイト処理が施されており、現行品に比べて塗膜が極めて丈夫である。2016年には、赤道儀が新型のTemma2Zに置き換わったのを機に、赤道儀にのみ新色のライトブルー仕様が追加された[26]。, 本項目では原則として、メーカーの公式文書(カタログ、取扱説明書、広告)に記載された名称を掲載し、小項目内での順序は口径順(鏡筒)、搭載重量(赤道儀)の昇順とした。, 例えば「TS式160型反射赤道儀」の赤道儀部分は発売当初「TS式160型赤道儀」であったが後に「J型」と呼ばれるようになった。またその, 常識的に赤道儀単体の場合は「-赤道儀」、鏡筒単体の場合は「-鏡筒」と呼ぶのが普通であり、現在の修理受付票の公式記載もそのようになっている。, 『天体望遠鏡のすべて'85年版』p.25、高橋製作所がEM-1赤道儀を使用しているMT-130について「システム反射望遠鏡」との記述。, 『天体望遠鏡のすべて'85年版』p.25、高橋製作所がEM-100赤道儀を使用しているMT-160について「システム反射望遠鏡」との記述。, 『高橋製作所会社案内』「会社のあゆみ」昭和46年3月の項目として「小口径のセミ・アポクロマート付天体望遠鏡を開発し、製造、販売に着手。セミ・アポクロマートは、わが国初の快挙で、一般ユーザーの話題となり業界の注目をあびる」と記述。, 『天体望遠鏡のすべて'75年版』p.28に高橋製作所自身が「発売以来すでに3年を経過」と記述。, 『天体望遠鏡のすべて'87年版』p.161「有効口径130mm」「焦点距離460mm」「口径比F3.5」とあるがこの有効口径と口径比から計算した焦点距離は455mm。, 『天体望遠鏡のすべて'85年版』pp.5-52「メーカーが推薦するベスト・テレスコープ」。, 『天体望遠鏡のすべて'75年版』pp.113-176「いま売り出されている天体望遠鏡」。, 『天体望遠鏡のすべて'83年版』pp.142-220「いま売り出されている天体望遠鏡カタログ」。, 『天体望遠鏡のすべて'85年版』pp.117-168「口径別天体望遠鏡カタログ」。, 『天体望遠鏡のすべて'87年版』pp.111-168「口径別天体望遠鏡カタログ」。, 『天体望遠鏡のすべて'87年版』pp.7-56「メーカーが推薦するベスト・テレスコープ」。, http://www.takahashijapan.com/ct-products/bn-catalog/1983-ALLMT.html)「160JP」(シリーズ生産終了時:星ナビ2008年6月号, http://www.takahashijapan.com/ct-corp/corp-history.html, http://www.takahashijapan.com/ct-products/bnclog.html, http://www.mmjp.or.jp/takahashi-sb/data/fckenma.htm, http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_topics/news_fc-100dl.html, http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_091210.html, http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_101204.html, http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_110601m300crs.html, http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_151221_temma2z.html, http://www.takahashijapan.com/ct-news/news_topics/news_temma2z.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=高橋製作所の望遠鏡製品一覧&oldid=67329910, 高橋製作所会社案内 - 「昭和7年7月、故高橋喜太郎によって創立され、本年をもってめでたく創立満50周年を迎えることができました」とあることから昭和57年=1982年版と考えられる。. //160x600, ì¬Ï‚Ý 08/01/19