そんな新型シエンタでまず注目すべきは、13色というカラーバリエーションの豊富さです。 その実力は?特徴は? それが、「トヨタ・ルーミー」と「トヨタ・タンク」です。 2015年の普通乗用車国内シェアは、2位のホンダを3倍以上離してのトップとなりました。 価格が200万円以下に抑えられているのも、うれしいポイントですね。, 【車種情報】 現在でもその人気が続くとともに、日本のコンパクトカーを変えた存在として記憶されています。 また、CVT車でありながら、マニュアル感覚の素早いシフトチェンジを可能にし、よりアクティブな走りを楽しむことができます。, 【車種情報】 新車価格:178万9,855~283万2,545円 燃費最大:30.4km/L(JC08モード) コンパクトカーとしては少しお高めの値段設定ですね。 エンジンは1.8L 2ZR-FXEを搭載し、30.4km/Lという低燃費でありながら、エンジンとモーターによるダイレクトな加速で心地よい走りを体感することができます。, 【車種情報】 特に評価の高い安全性はさらに進化を続け、最新モデルではトヨタの先進テクノロジー「Toyota Safety Sense C」を取り入れました。 新車価格:146万3,400~196万5,600円 ぜひ、ランキングを参考に、楽しい車選びをしてくださいね。, 【日産ノート新型発表】フルモデルチェンジしてe-POWER専売モデルのアリア顔風に|速報, 【新車情報カレンダー 2020~2021年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&スクープ|11月24日更新, 【スズキ ソリオ 新型発表!12/4発売】158万円からでマイルドハイブリッドを主軸|速報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月20日最新情報, 【ステップワゴン 新型 最新リーク情報】フルモデルチェンジは2021年秋か!歴代モデルを振り返る, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 【トヨタ コンパクトカー一覧比較】人気おすすめランキング|燃費と中古車価格も分かる, 【トヨタスペイドの購入前確認事項12選】実燃費や価格から内装の評価や特別仕様車についても, トヨタ新型ヴィッツ・ヴィッツハイブリッド最新情報!燃費や価格からGRMNについても, 【トヨタiQの評価は実際どうなのか】実燃費やカスタムからスペック&内装の口コミは?. トヨタ ライズ の公式サイト。走行性能、スペース・収納、安全性能、機能・装備などの紹介をはじめ、見積りシミュレーション、試乗予約などができます。 その俊敏な走りを支えるのが、高いボディ剛性と、ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションによる優れた接地性です。 その概念を打ち破ったのが、2015年にフルモデルチェンジした「トヨタ・シエンタ」。まるでトレッキングシューズのようなデザインです。 ポルテと同じく、電動スライドドアや低床フロアを採用しているほか、小さな子どもが立つことのできるほど高い天井を持ちます。 搭載された1.0L 1KR-FE VVT-iエンジンは燃費性能を追及し、アイドリングストップ機能も織り込むことで、ガソリンエンジン登録車No.1(2016年4月現在)の低燃費を実現させました。, 【車種情報】 販売台数(2016.7):15,748台 2011年、トヨタ最小のハイブリッド車がデビューしました。 それが、2014年、2015年と2年連続で国内車年間販売台数1位を記録した「トヨタ・アクア」です。 コンパクトカーに限定して見ると、2015年の年間販売台数は、2位のホンダ・フィットに2倍近くの差をつけてトップに輝いています。 その圧倒的な人気の理由は、驚異的な燃費効率と最小回転半径わずか4.8mという取り回しのよいボディ。 目的地が少々遠くても、あるいはちょっとした買い物にも、車で出かけようという気持ちにさせてくれるのが、この「トヨタ・アクア」なのです。 先行して発売されたハイブリッド専用車「トヨタ・プリウス」に比べて、スタイルが豊富に用意されているのもまた魅力。 そのふんだんな個性により、これまでコンパクトカーに乗らなかった層を取り込むことにも成功しました。, 【車種情報】 新車価格:176万1,382円~243万1,963円 燃費最大:37.0km/L(JC08モード) ハイブッド専用車でありながら、手の届く価格設定がうれしいですね。 トヨタのハイブリッド技術がぎゅっと濃縮されたトヨタ・アクアは、小型・軽量・効率化を極めることで、ハイブリッドカーの進化をリードする低燃費を実現させました。, 2016年11月9日、トヨタからコンパクトカーが2台同時に発売されました。 販売台数(2016.7):8,569台 燃費最大:28.0km/L(JC08モード) シャープな顔つきがかっこいい「トヨタ・ルーミー」には、新開発の1.0L 1KR-VETVVT-iターボエンジンが搭載されています。 新車価格:177万7,680円~192万6,720円 200万円以下の価格設定がうれしいですね。 なんと、同じ年のコンパクト カー国内シェアでは、トヨタ車が反数以上を占めました。 新車価格:146万3,400~196万5,600円 新車価格:115万200円~165万7,800円 軽自動車に近いボディ形状の2台は、広々とした空間という意味での「リビング」と走りの良さという意味での「ドライビング」を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトにしています。, 【車種情報】 それまで低価格を売りにしたものが多かった中で、トヨタ・ヴィッツはデザインや品質、衝突安全性能や環境性能を重視し、爆発的なヒットを記録しました。 同車の自慢は、欧州の道に鍛えられた走行性能。 販売台数(2016.7):1,383台 燃費最大:24.6km/L(JC08モード) 比較的手を出しやすい価格と、バリエーションの多さが、コンパクトカーの魅力です。 ハイブッド車がラインナップされていないモデルでありながら、トヨタがハイブリッドで培ってきた、高圧縮比&アトキンソンサイクル、クールドEGRシステム、低フリクション技術に加え、VVT-iEを採用することで、ハイブリッド並みの熱効率を実現させました。, 【車種情報】 その輝かしい実績に大きく貢献しているのが、今回取り上げる「コンパクトカー」です。 性能もほとんど違いがないため、ルーミーかタンクで迷っている方は、見た目の好みだけで選んで問題ないでしょう。共にスポーティなデザインで、若者にも嬉しいですね。 「トヨタ・パッソ」は2004年に販売が開始され、その丸みを帯びたデザインで女性を中心に支持されました。 数年前までは街を走っているとトヨタ・ヴィッツが3台も4台も並んで走っていたものですが、現在は駐車場にトヨタ・アクアが隣も前も停まっている、なんて光景に見慣れてきましたね。 また、コンパクトな見た目に反して、車内に広がるのはまるでリビングのように大きな空間。 さっそく、6位から順に見ていきましょう。, 【車種情報】 個性的なランプが特徴的な「トヨタ・タンク」は、「トヨタ・ルーミー」と同じ価格が設定されています。 トヨタのインドネシア法人「トヨタ・アストラ・モーター(以下、tam)」は、2020年3月19日にコンパクトカーの新型「アギア」を発売しました。2020年2月14日に発売された新型「ヤリス」よりもコンパクトなモデルです。 燃費最大:27.2km/L(JC08モード) 販売台数(2016.7):960台 トヨタの新型車ヤリスの受注台数は、2月10日の発売から1カ月にあたる3月9日時点で約37,000台となり、月販目標(7,800台)の約5倍と、好調な立ち上がりとなっている。そのヤリスを公道試乗。初の公道試乗で感じたフィーリングはどうなのか、小沢コージがレポートする。 1999年、「トヨタ・ヴィッツ」はコンパクトカー市場に衝撃を与えました。 販売台数(2016.7):1,835台 また、3列シートでありながら、トヨタ・アクア譲りのハイブリッドシステムにより、他社のミニバンを圧倒する低燃費を手に入れました。 また、どちらの車種にもスライドドアが採用されているので、小さな子どもやお年寄りのいる家庭にも最適です。, 【車種情報】 普段は燃費効率のよい走りをこなすトヨタ・スペイドですが、アクティブコントロール4WDにより、発進・加速時や滑りやすい路面、コーナリング時には最適な駆動力を後輪に配分してくれ、安定した走行を任せることができます。 トヨタ 新型ヤリス(プロトタイプ)試乗│トヨタの本気が凝縮されたグローバルコンパクトカー 試乗レポート 2019/11/8 だからこそ、だ。 2004年、トヨタ・ラウムに続くユニバーサルデザイン第2弾として「トヨタ・ポルテ」は誕生しました。 後部座席でも、大人が余裕で足を組むことができます。, 【車種情報】 今回ランクインした車種には、走行、燃費、室内空間、安全性と、三者三様のこだわりがありました。 燃費最大:24.6km/L(JC08モード) 燃費最大:22.2km/L(JC08モード) こちらもトヨタ・ポルテと同じくガソリン車のみのラインナップです。, 【車種情報】 新車価格:168万9,709円~232万9,855円 1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮し、走る楽しさと低燃費を実現しました。 2016年には「軽じゃないK(カイテキ・カワイイ・カッコイイ・ケーカイ)をコンセプトにフルモデルチェンジを行い、男性でも使いやすいシャープさが追加されました。安価な値段設定も追い風となり、新しいファンの獲得に成功しています。, 【車種情報】 トヨタ自動車といえば、日本が誇る世界最大手の自動車メーカー。 コンパクトカーを検討している方は、価格よし、燃費よし、デザインよし、しかも小型なのに広い室内空間を持つ「トヨタ・シエンタ」も視野にいれてみてはいかがでしょうか。, 今回は、トヨタ コンパクトカーの人気おすすめランキングを紹介しました。 なぜ、トヨタのコンパクトカーがこれほど脚光を浴びているのでしょうか。 コンパクトカーとほぼ変わらないリーズナブルな価格設定も魅力的。