「包丁が切れなくなってきた。」「包丁はいつもシャープナーで研いでいる。」「砥石で研ぎたいけど、研ぎ方が分からない。」最初は誰でも砥石で研がずに、簡易のシャープナーなどで包丁を研ぎます。私も現場に入るまではそうでした。しかし、包丁は絶対に砥石で研いだ方が切れ味が良いです。今回はご家庭で1番使う洋包丁で、基本の包丁の砥石での研ぎ方と、私が現場でやっている研ぎ方をご紹介します。, 荒砥………出来れば欲しい中砥………必ず必要仕上げ砥………あってもなくても良い包丁研ぎ補助………あってもなくても良い面取り用砥石………出来れば欲しい, 砥石には荒砥(あらと)、中砥(なかと)、仕上げ砥(しあげと)の3種類があります。砥石には番手というのがあり、番号で砥石の荒さが決まています。サンドペーパーと同じです。, 荒砥………#80~600目が粗くすぐに包丁が削れるので、包丁が欠けた場合や修正するときに使います。購入したばかりの包丁は刃が付いていない為、荒砥で最初にある程度の刃を付けます。, 中砥………#700~2000中砥は包丁の切れ味が落ちたと思った時に使います。日常では中砥だけで十分。, 仕上げ砥………#3000以上鏡面仕上げなどにして、切れ味を長く持続させる為に使います。仕上げ砥までやると時間が掛かるので、現場でやっている人はあまりいません。オープンキッチンのお店では見栄えも大事なので、包丁を綺麗に見せるために仕上げ砥までする人もいます。, 砥石を10分ほど水に漬けます。プクプクと気泡が出ますので、気泡が出なくなれば準備OKです。砥石に水を吸わせて柔らかくしないと、包丁を研いだときに砥クソと呼ばれるものが出ません。砥クソが研磨剤なので、砥石を使う前は必ず水に漬けましょう。, 包丁は鈍角に刃を付けると切れ味は悪くなるが、刃こぼれがしにくくなります。逆に鋭角に刃を付けると切れ味は増すが、刃こぼれしやすくなります。, 普通の包丁で魚の骨や凍った食材は切らないので、普段使いの包丁は鋭角に研いで結構です。鈍角に刃を付けるのは、骨を叩き折る出刃包丁の刃元くらいです。切れ味が良い包丁の方が玉ねぎを切っても目に沁みませんよ?, 包丁は目の粗い物から目の細かい物の順番で研ぎます。基本的には中砥だけで十分です。仕上げ砥まで研ぐのであれば、中砥→仕上げ砥の順番です。購入したばかりの包丁や欠けている包丁は、荒砥→中砥での順番で研ぎます。欠けている包丁は、欠けがなくなるまで荒砥で研いでから中砥で研いで下さい。購入したての包丁を荒砥→中砥の順で研いで刃が付けば、次の研ぎからは中砥だけで研ぎます。中砥だけで研いでも構いませんが、刃を付けるのに時間が掛かります。仕上げ砥は好みで研ぎをして下さい。ちなみに私は仕上げ砥を使っていません。どの種類の砥石でも、研ぎ方は共通なので下記を参考にして下さい。, 包丁を研ぐときに、砥石の下にいらない布巾やタオルを敷いて滑り止めにします。包丁は切っ先、中間、刃元の3か所を研ぎます。包丁と砥石の角度は写真の様に45℃が基本です。包丁を研ぐときは、押し出すときに力を入れ、引き戻すときには力を入れません。引き戻すときにも力を入れると、包丁に刃が付かないので注意してください。極端な話ですが、包丁を引き戻して元の位置に戻すときは、砥石に包丁が当たらないよに浮かして戻す人もいます。, 刃先の研ぎ方だけ特殊で、写真の様に包丁を持ちあげてガリガリしているかもと思うくらい削ります。, 中間からは普通に研ぎます。普通の研ぎは、包丁に10円玉1枚分の角度をつける、と言われています。しかし鋭角であればあるほど包丁は切れるので、最高の切れ味を出すために、包丁の角度がついてるかついてないかぐらいを目指します。私の包丁は全面に紋様がありましたが、ベタに近い角度で寝かして研いだため親指近くまで紋様が消えているのが分かります。本当は包丁の半分まで紋様を消したいのですが、せっかくのデザインが消えるのが嫌なので、半端になっています。, 包丁の片側を研ぐと、研いだ面とは反対側にカエリと呼ばれるバリが出ます。カエリを消したいので、カエリが出ている反対側の面を研ぎます。反対の手に持ち替えて、先程と同じように研ぎます。難しいですが頑張ってください。どうしても無理な場合は、利き手のまま包丁を裏返し、研ぐときは引くときに力を入れて研いでください。カエリが消えていれば研ぎ終わりです。, 研ぎムラが出来るからと、刃先~刃元まで1回で研ぎをする人もいますが、実際は包丁の形が悪くなります。最悪の場合、刃先が鎌首をもたげている状態になり包丁として機能しません。修正が面倒なので、包丁の形は購入したときと同じ形にするよう心掛けます。, 「研ぐときは50回研げ!」という方もいますが、そんな回数研いだら包丁の消耗も激しいですし、変な形になりやすいです。最高でも20回は研げば十分です。1ヵ所の研ぎの目安は10回でよいでしょう。刃先10回、中間10回、刃元10回です。反対側も同じ回数で研ぎます。, 研ぎ終わった包丁の切れ味を確認するには、自分の爪に刃を当て引っかかるか確認します。怖い場合は、クズ野菜などを切って確認します。, 砥石を使った後は必ず面取りをしましょう。砥石を使うと、どうしても中心がわずかに凹みます。この凹みを平らに直すことを面取りと言います。, 面取り石を使うと楽に凹みを直すことが出来ますが、無ければ平らなコンクリートで出来ます。コンクリートで面取りした場合は、砥石の表面がかなり傷ついているので、他の砥石で表面の傷を直していきます。, 包丁を研ぐ場合は、出来れば包丁を使う当日に研がないでおきましょう。研いだばかりの包丁は、金気が出ているので料理の味に影響します。包丁を研ぐ場合は前日にするのが好ましいです。研ぐときに角度補助の道具があれば楽に包丁の角度が付けれるので、無理してこの記事の様に最高の切れ味を追求する必要はありません。砥石を使って包丁を研げば、普通の角度で包丁を研いでも十分な切れ味は出てくれます。包丁が切れるようになっても、使い方が間違っていればせっかくの切れ味が台無しです。正しい包丁の使い方を下記に載せているのでどうぞ。【意外と知らない】包丁の正しい使い方【姿勢と持ち方と○○】, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 大阪市在住の30代シェフです。 ここでは「和包丁」と「洋包丁」の違いを紹介します。三徳包丁や牛刀など、いくつかの包丁に関してはその境目がなくなりつつありますが、包丁の種類を大きく二分するうえで欠かせないポイントです。日本で昔から使われてきた和包丁。明治時代に西洋から伝えられた洋包丁。 子供もいるので子育てに関する情報も配信していきます。, プロも間違えている正しい鉄のフライパンの手入れの方法です。今からでも間に合います。正しい鉄のフライパンの手入れをご紹介しますので、お手持ちの鉄のフライパンをご用意してください。. 現場で培った料理スキルを配信していきます。 間違った包丁の研ぎ方(1) きちんと包丁を研げない板前が本当に多い。 やり方を知っていても、面倒がってやらない。あるいは最初から知らない。 まともにやってる板前は三分の一もいないんじゃないか。 両刃包丁の研ぎ方を説明しています。三徳包丁等、両側に刃が付いている包丁の研ぎ方です。堺包丁の本場の職人が詳しく説明しています。分からない点がございましたらお問合せ下さい。 最初は切れ味が良かった包丁も、使っているうちに次第に切れ味が悪くなってきてします。そんな時に便利なアイテムが「砥石」。ですが包丁の素材や仕上がりによって選ぶべきものも変わってくるのです。そこで今回は人気のあるおすすめの商品をランキング形式にしてまとめました。 包丁を研ぐときの角度は10円玉1枚分とよく言われますが、包丁を研ぐ角度は鋭角であればあるほど切れます。この記事では洋包丁の基本の研ぎ方と鋭角の角度の付け方をご紹介します。切れ味バツグンの包丁をぜひその手に。 包丁に関する知識や、家で魚を自分で捌いて食べる楽しさを発信してます! 「茄子は美味しいけど、どんな風に調理すれば美味しいんだろう?」「美味しい茄子の調理を知りたい」「焼きナスってどうやって作るの?」夏や秋は茄子が美味しい季節。旬の食材は美味しくて安い物が多いので、家計も助かります。茄子は色々な料理があります... 現役シェフが料理初心者におススメする料理本です。料理本を300冊程持っていますが、厳選してこの2冊を選びました。この2冊を読んでおけば、料理の基本や考え方はカバーできます。, 初心者の方にも、分かりやすく魚の捌き方を細かく分けて説明しています。プロがやっている細かいコツも載せています。, ソースやシチューを作るとき、小麦粉がダマになったりします。ダマになる原因さえ分かっていれば、余計なストレスを味わわなくて済みます。ダマになったときの対処法もあわせてどうぞ。, 1週間は保存できる常備菜です。使う食材も少ないので簡単に作れます。簡単なのに美味しいのでおススメの料理です。ピーマンが安いときに大量に作ると良いです。. Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. 三徳包丁や牛刀など、いくつかの包丁に関してはその境目がなくなりつつありますが、包丁の種類を大きく二分するうえで欠かせないポイントです。, ちなみに、包丁を種類ごとに分類してまとめた記事もあるので、興味があれば覗いてみてください。, いろんな種類の包丁をまとめているので、一度全体像を見ることで和包丁と洋包丁の区別もしやすくなると思います。, ただし、この後詳しく紹介するんですが、一部和包丁の中には両刃のものもあるので注意してください。, とはいっても、一般家庭で使われるような包丁は「和包丁=片刃」、「洋包丁=両刃」と思っておいてもらって構いません。, 両刃の和包丁はプロの料理人向けの包丁なので、よっぽど料理にこだわりがない限り一般家庭で使うことは少ないでしょう。, 実際ほとんどの包丁がこれに当てはまるので、基本的にはこの考えで構わないんですが、和牛刀など一部両刃の和包丁があることも知っておくとよいでしょう。, それでは「和包丁=片刃」「洋包丁=両刃」に当てはまらない包丁を少し見てみたいと思います。, 包丁の種類をまとめた記事を見てもらえば分かるんですが、一般的に日本で見かける「三徳包丁」と「牛刀」は洋包丁に分類されます。, ややこしいんですが、実はこの2本「和三徳包丁」や「和牛刀」、「和ペティ」と呼ばれる、和包丁に分類されるタイプもあるんです。, また、素材は一般使いが便利な「ステンレス」タイプもあれば、和包丁特有の「鋼」を使ったタイプもあります。, 和牛刀は一般的に普及している牛刀にはない「しのぎ」がついているので、2つを見分けるときは刃に注目してみましょう。, 実は通常の牛刀同様に「両刃」なんですが、しのぎがついているおかげで非常に研ぎやすくなっています。, 和食の料理人は、出刃包丁や柳刃包丁などの中に洋包丁が混ざるのを嫌って、この和牛刀を使う人が多いですね。, ちなみに見た目はほぼ牛刀なんですが、日本の出刃包丁のように刃が厚く丈夫に作られています。, 和包丁と洋包丁は包丁の種類を二分する大きなくくりに過ぎないので、使い分けと言われても難しいです。, という特徴があるので、料理好きならこれを基準に2つの包丁をうまく使い分けてみるのも面白いと思います。, 万能包丁である「三徳包丁」や「牛刀」が登場してから、包丁は1本あれば十分になりましたが、最近は1週回って「出刃包丁」や「柳刃包丁」など専門的な包丁をそろえる家庭も増えています。, 正確に言うと「片刃」か「両刃」かによる違いなんですが、刃の付き方がちょっと違うだけで切り口が変わるんですよ。, 素材の切り方にこだわるプロは、当然ここまで意識して使い分けています。「切り口の違い=口当たりの違い」ですからね。, 包丁は「押し切る」のが得意なものと、「引き切る」のが得意なものがあるんですが、これは和包丁と洋包丁で分類することができません。, 例えば、調理用途が非常に似ている「三徳包丁」と「牛刀」にも、切り方に違いがあるんですよね。, 和包丁と洋包丁に関わらず、包丁の種類1本1本に正しい使い方というものがあるんです。, 料理センスのある人は、感覚的にここを見極められると思いますが、試しに一度包丁の使い方を見てみると意外な発見があるかもしれませんね。, 趣味は料理と家飲み。 料理全般を発信するブログ「CooNelNel(食う寝る寝る)」も運営中。, Latuna黒のセラミック三徳包丁を使ってみた!デザイン性と切れ味の持続性が魅力【PR】. 最初は切れ味が良かった包丁も、使っているうちに次第に切れ味が悪くなってきてします。そんな時に便利なアイテムが「砥石」。ですが包丁の素材や仕上がりによって選ぶべきものも変わってくるのです。そこで今回は人気のあるおすすめの商品をランキング形式にしてまとめました。, 包丁を研ぐアイテムとして便利なシャープナー。研ぎ方が違うので砥石とは全くの別物なのですが、初心者でも扱いやすく手軽なのが魅力。誰でも簡単に包丁を研ぐことができて時間もかからないので、日常使いするのに向いています。さらに比較的安価な商品が多いのでお財布にも優しいです。, ですがシャープナーで取り戻した切れ味はすぐになくなったり、長く使い続けていると、最悪元の切れ味を取り戻せなくなる可能性がありますので注意が必要です。, シャープナーは手軽ですが、長く包丁を使うにはたまに砥石でお手入れをすることがおすすめです。行う場合は砥石にしっかり水を含ませ、何度も動かして丁寧に時間をかけて研ぎます。包丁を研ぐタイミングはトマトを切った時の切れ味が悪くなった時が分かりやすいサイン。, 切れ味が良い包丁は、トマトに刃を当てた瞬間にスッと入り、皮が歪んでしまったり果汁が出ることがありません。シャープナーとは違い手間も時間もかかる砥石ですが、ぜひ定期的に研ぎ直してメンテナンスしてあげてくださいね。, 砥石は粒度(粗さ)によっていくつか種類があり、#220番や#1000番といった番手(ばんて)という数字で表します。数字が小さいほど粗く、大きいほど細かくなるという意味です。, 中砥石は粒度#400~#1500程度で、中くらいの粗さのものを言います。色はレンガ色の茶色系をしていることが多いでしょう。切れ味が悪くなった時に使う一般的な砥石で、日常的に使うのにおすすめです。, 家庭用で使うなら中砥石を1つ持っておくと便利。さらに仕上砥石があったら完璧ですが、買い揃えるとコストもかかるため初心者は日々のメンテナンスに使う中砥石から購入しましょう。, 荒砥石は粒度#80~#220程度と粗めで、研ぐ力が大きいものをいいます。色は青・黒色(全体的に濃い色)をしていることが多いでしょう。主に欠けた刃を修理する時に使いますので、普段使うことは少ないです。, もし1㎜でも欠けると中砥石で研ぎ直しするのは大変ですが、荒砥石だとそこまで時間をかけずに直すことができます。, 仕上砥石は粒度#3000以上で、名前の通り仕上げに使う用です。中砥石で研いだ後に使うとさらに切れ味を良くすることができます。粒度が細かいので刃付けが細かくでき、切れ味が増すのです。鏡面仕上げのような切っ先をピカピカにすることもできますよ。, 大きく刃欠けが起きていなくても、日々の使用後に仕上砥石を使えば刃先の強度がさらに上がるといったメリットもあります。プロの方だと、さらに見栄えや切り口などを重視するため超仕上砥石を使用する場合もあるようです。, 包丁の刃の状態で砥石を使い分けることをご紹介してきましたが、包丁の材質に適した砥石を選ぶことも大切となってきます。もし包丁の材質と砥石が合わないと研ぐのに時間がかかったり、刃が均一に砥げなかったりと思うように作業が進みません。, 家庭用包丁として広く親しまれている「ステンレス包丁」の場合は、柔らかめの砥石がおすすめ。一般的に使われている砥石で問題はないでしょう。料理人がよく使う和包丁によくある「鋼包丁」の場合は、硬い材質なので硬めの砥石を選ぶと良いです。特にセラミック系の砥石が適しています。, 「セラミック包丁」の場合はダイヤモンド砥石がおすすめ。硬度が高い材質なので普通の砥石は使えません。ぜひ材質にあったものを選び、長く包丁を愛用してくださいね。, 安心できるメーカーの砥石を選ぶことで、包丁を傷めることなく長く愛用することができます。, 家庭用の砥石でおすすめのメーカーですが、本職の料理人も多く愛用しています。研磨力が高くてどの包丁とも相性が良く、砥ぎやすいのが魅力です。特にシャプトンの「刃の黒幕」シリーズは変なクセもなく、どの包丁とも相性が良いので初心者でも使いやすいでしょう。, 砥石と包丁は相性があるので、全てにベスト!というわけではありませんが、家庭用として使うなら「刃の黒幕#1000」を1つ持っておくと十分です。シャプトンは他のメーカーの砥石に比べてやや高めですが、モノは確実に良いので長く使い続けるためにも初めに高品質のものを購入しておくのがおすすめです。, キング砥石は松永トイシ株式会社のブランドです。角砥石(キングデラックス、朝日虎印)をはじめ、研削砥石、切断砥石などさまざまな種類を販売しています。永年の経験を活かし研究を積み重ね、従来の人造化学砥石による刃先の損傷、硬度不均一などの諸欠点を補い、天然砥石以上のシャープな研ぎ味を発揮します。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41pA6zob1FL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FSK11%2B%25E4%25B8%25A1%25E9%259D%25A2%25E3%2583%2580%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2FSK11%2B%25E4%25B8%25A1%25E9%259D%25A2%25E3%2583%2580%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0029LH3BW?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0029LH3BW"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3DSK11%2B%25E4%25B8%25A1%25E9%259D%25A2%25E3%2583%2580%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25A4%25E3%2583%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2589%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, セラミック製の包丁や超硬金属などの硬い金属の研ぎが可能なダイヤモンド砥石となっています。一般的な砥石よりも摩擦に強く、砥石面の修正が不要です。荒砥石と中砥石の両面砥石なので、使い勝手が大変良いでしょう。, こちらの商品に台はありませんが、滑り止め付きの下敷き付きで滑らず研ぐことができるのも魅力となっています。リーズナブルな価格にもかかわらずサイズも大きめなので、研ぎやすいですよ。#400で刃こぼれなどを修正し、#1000で仕上げるという使い方がおすすめです。, レビューを参考にすると、この砥石は表面のザラザラのダイヤモンドが取れて初めて番手に近い粒度で研ぐことができるそうです。重さも適度にあり安定感もあって、大きさも良いので、いろいろな使い方ができるとありました。, [{"key":"種類","value":"荒砥石・中砥石"},{"key":"番手","value":"#400・#1000"},{"key":"サイズ","value":"幅6.1×奥0.8×高21.0㎝"},{"key":"特徴","value":"ダイヤモンド砥石"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31OxCeUqvSL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2592%25E3%2583%25AD%2B%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E4%25B8%25A1%25E9%259D%25A2%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2592%25E3%2583%25AD%2B%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E4%25B8%25A1%25E9%259D%25A2%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000OYZ07A?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000OYZ07A"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25A8%25E3%2583%2592%25E3%2583%25AD%2B%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2581%25E3%2583%25B3%25E4%25B8%25A1%25E9%259D%25A2%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], スエヒロの両面砥石は、中砥石と仕上砥石の両方が一体となっている便利なタイプです。両面使えるのでいちいち2種類購入する必要がなく、コンパクトなので場所も取りません。狭いキッチンスペースでも使いやすいです。, また付属でゴム台が付いており、研ぎ台としても使うことが可能。滑りにくくズレにくいので、集中して研ぐことができますよ。レビューを参考にするととても良く研げるそうで切れ味が良くなったそうです。ゴム台も付いているので使い勝手も良いとのことでした。, [{"key":"種類","value":"中砥石・仕上砥石"},{"key":"番手","value":"#1000・#3000"},{"key":"サイズ","value":"幅150×奥行50×高さ27㎜"},{"key":"特徴","value":"両面砥石"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41UrA9ApFxL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%2BKAI%2B%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2593%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%2BKAI%2B%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2593%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000RVDN9C?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000RVDN9C"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%2BKAI%2B%25E3%2582%25B3%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2593%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2582%25BB%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 荒砥石#400と中砥石#1000のコンビの砥石です。荒砥石は刃が欠けてしまった時などに活躍するので、使う頻度は少ないですが1つはあると便利でしょう。荒砥石で刃付けをしておいて、中砥石によって仕上げる方法で研ぐことができます。, またこの砥石にはホルダーが付いているので、砥ぎ汁が受けられるようになっています。キッチンが汚れる心配がなく、水差しがあるので水分補給もできて、とても楽に使うことができますよ。研いだ後の砥石の乾燥もそのままで良いので、手間がかかりません。, レビューでも付属の台が素晴らしいと高評価。ゴム製のパッドが付いているので安定感が高く、集中して角度付け出来たそうです。, [{"key":"種類","value":"荒砥石・中砥石"},{"key":"番手","value":"#400・#1000"},{"key":"サイズ","value":"254×95×56㎜"},{"key":"特徴","value":"ホルダー付き"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/21M5VOC1Q1L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E6%25A7%2598%2BPB-04%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E6%25A7%2598%2BPB-04%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0016VE6QG?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0016VE6QG"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E6%25A7%2598%2BPB-04%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], #800の中砥石と#6000の仕上げ砥石がセットになったお得商品です。荒砥石を使う機会は少ないので、中砥石と仕上砥石がセットになっているのは嬉しいですね。#800は一般的な#1000よりも番手が小さいので、少し粗目で刃付けがしやすいです。, 最後に仕上砥石を使えばピカピカに仕上げることができますよ。またケースが砥台になるので滑りにくく使いやすいです。使った後もすぐに片付けることができるので便利でしょう。レビューでは、最後に仕上砥石を使うとびっくりするぐらいピカピカになるそうです。, [{"key":"種類","value":"中砥石・仕上砥石"},{"key":"番手","value":"#800・#6000"},{"key":"サイズ","value":"185×63×25㎜"},{"key":"特徴","value":"セットタイプ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41uhuBgfaBL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%2B%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B8%2B%25E4%25B8%25AD%25E7%25A0%25A5%2B%25231000%2B%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%2B%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B8%2B%25E4%25B8%25AD%25E7%25A0%25A5%2B%25231000%2B%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001TPFT0G?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001TPFT0G"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%2B%25E3%2582%25AA%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B8%2B%25E4%25B8%25AD%25E7%25A0%25A5%2B%25231000%2B%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], プロの料理人にも愛用者がいるほど砥ぎやすいのが、シャプトンの「刃の黒幕シリーズ」です。中砥石で粒度#1000となっており、家庭で良く使われるステンレスの包丁にピッタリ。研磨力が格段に良く、どの包丁とも相性が良いのでこれ1つあれば十分と言えるでしょう。, さらに収納用の箱を土台として使うことができますので、砥石をのせてしっかり固定できます。土台の足にはゴムがついているので滑ってケガをする心配がありません。砥石の専門メーカーなだけあって砥石も長持ちするので、多少高くても長く良いものを使いたい方にピッタリです。, [{"key":"種類","value":"中砥石"},{"key":"番手","value":"#1000"},{"key":"サイズ","value":"210×70×15㎜"},{"key":"特徴","value":"荒・中兼用の砥石として便利"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41b2CjiZfaL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E6%25A7%2598%2BPB-05%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E6%25A7%2598%2BPB-05%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B008FU42TW?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B008FU42TW"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E3%2581%25AE%25E7%258E%258B%25E6%25A7%2598%2BPB-05%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 番手が#220と#800の両面タイプの荒砥石です。台が付属されているので安定させて研ぐことができ、初心者でも扱いやすいでしょう。砥石自体にもある程度幅があるので、包丁を研ぎながらでもバランスを崩しにくいです。, レビューを参考にすると荒砥ぎと刃付け用が付いているので便利とありました。1ヶ月に1回使うだけで切れ味が抜群に変わるとのこと。大きさもちょうど良いので使いやすいようです。, [{"key":"種類","value":"荒砥石"},{"key":"番手","value":"#220・#800"},{"key":"サイズ","value":"185×63×25㎜"},{"key":"特徴","value":"台付き・両面タイプ"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41yKO%2BUl96L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%2B%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%25E3%2580%2580%25E8%258D%2592%25E7%25A0%25A5%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%2B%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%25E3%2580%2580%25E8%258D%2592%25E7%25A0%25A5%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B002LW76OS?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002LW76OS"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%25E3%2580%2580%25E8%258D%2592%25E7%25A0%25A5%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], シャプトンの大人気「刃の黒幕シリーズ」です。ステンレスの欠け刃や溶解ハイス鋼の荒研ぎにおすすめとなっています。#220の他にも#120、#320タイプのものもあるので、包丁に合わせて選ぶことができますよ。, またケースが研ぎ台として使うことができるのもポイント。滑りにくいので安定させて研ぐことができます。レビューを参考にすると、欠けなどがなくなり切れ味が良くなると高評価でした。ホームセンターで購入したものより研ぎやすく削れる感じが分かりやすいそうです。研削力がかなりあるのに深い傷がつかず、後処理がすごく楽なのもポイントとありました。, [{"key":"種類","value":"荒砥石"},{"key":"番手","value":"#220"},{"key":"サイズ","value":"210×70×15㎜"},{"key":"特徴","value":"ケースが研ぎ台になる"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41fjo4YbpVL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%2B%25E7%25A0%2594%25E3%2581%258E%25E5%2599%25A8%25E3%2580%2580%25236000%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%2B%25E7%25A0%2594%25E3%2581%258E%25E5%2599%25A8%25E3%2580%2580%25236000%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0016VC47E?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0016VC47E"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%2B%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%2B%25E7%25A0%2594%25E3%2581%258E%25E5%2599%25A8%25E3%2580%2580%25236000%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 打ち刃物、ステンレス刃物の超仕上用としておすすめの砥石です。#6000とかなり粗めとなっています。料理包丁以外にもナイフ、カンナ、彫刻刀、ハサミ、のみなどさまざまな精密刃物に使うことができ大変使い勝手が良いでしょう。, また使う際には砥石に水をかけて研ぐだけ。最高超微粒研材を使用しており硬度にムラがなく、使用時に上滑りすることがありません。さらに刃物と砥石の吸い付きが良く、ソフトなタッチで細かい鋭利な刃がつきます。, レビューを参考にすると素人でも良い刃が付くと高評価。水に浸けておく必要がないのですぐに研ぎ始めることができるそうです。, [{"key":"種類","value":"超仕上用"},{"key":"番手","value":"#6000"},{"key":"サイズ","value":"210×73×22㎜"},{"key":"特徴","value":"最高級超微粒砥材を使用"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41aGzXAhIdL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%25E3%2580%2580%2B%25E4%25BB%2595%25E4%25B8%258A%25E7%25A0%25A5%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%25E3%2580%2580%2B%25E4%25BB%2595%25E4%25B8%258A%25E7%25A0%25A5%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B002LVZG0U?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002LVZG0U"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%2588%2583%25E3%2581%25AE%25E9%25BB%2592%25E5%25B9%2595%2B%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25B3%2B%25E4%25BB%2595%25E4%25B8%258A%25E7%25A0%25A5%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 大人気シャプトンの「刃の黒幕シリーズ」の仕上砥石です。天然砥石の滑らかな研ぎ感と仕上がり感を実現した高品質商品です。一般的な家庭には#1000程度を持っておけばいいと言われていますが、やはり仕上砥石で研ぐと仕上がりは歴然!, 中研ぎがそこそこだったとしてもしっかりカバーして、美しい仕上がりとなります。レビューを参考にすると、仕上がりや切れ味はもちろん、研ぎ感が良いそう。早く仕上げることができるのでストレスがないとありました。, [{"key":"種類","value":"仕上砥石"},{"key":"番手","value":"#8000"},{"key":"サイズ","value":"210×70×15㎜"},{"key":"特徴","value":"ケースが研ぎ台として使用可"}], 包丁には「両刃包丁」と「片刃包丁」の2種類があり、それによって研ぎ方も変わってきます。まず両刃包丁とはどちらの面も削られていて刃が存在するものを言います。例えるなら牛刀や三徳包丁などがそれに該当するでしょう。両面に刃が付いているので、表面と裏面を研ぐ必要があります。, 片刃包丁は、片面だけに刃の細工がなされている包丁のことを言います。刺身包丁や出刃包丁がこれに当てはまるでしょう。片方にしか刃がないので裏面を研ぐ必要はありません。ですが表面を研いだ際に出たかえり(包丁の削りカス)を落とす程度に、軽く研ぐと良いでしょう。, いざ砥石を準備しても、正しい研ぎ方をしないと意味がありません。1つ1つしっかりと段階を踏んでキレイな包丁を手に入れましょう。, まず最初にキレイな容器にを準備し、その中に砥石を入れて水面から少し出るくらいまで水をためましょう。砥石には細かな穴があいていて、その穴から水が徐々に浸透し色が変わってきます。目安としては20分ほど。水面から出ている部分も全て色が変わったら準備OKです。, この水は包丁と砥石との摩擦をなくし、摩擦で生まれる熱を軽減する役割があります。水に浸けておくことでその効果がより発揮されるわけです。ただし商品の中には水を含まないタイプの砥石もあるので、しっかり確認してから行うようにしましょう。, 包丁を握ったら、砥石に45~60度くらいの角度で寝かせてのせます。刃のアゴ(刃の一番下(ハンドル寄り)の角の部分)に親指をのせると、刃を砥石に当てる角度を固定しやすくなりますよ。, 刃の部分だけが砥石に触れるようなイメージで、刃を砥石に当てたまま包丁の背中(みね)を少し持ち上げます。持ち上げる角度は15度。ちょうど10円玉2枚が間に入るくらいが目安です。, 包丁の角度をできるだけ動かさないように気を付けながら、砥石の上を前後に動かしていきます。このときあまり力を入れ過ぎないのがポイントです。包丁が上手く研げたかどうかは刃に包丁のかえり(削りカス)が付いているかどうかで分かります。, 刃を指でなぞった時にひっかりがあればそれが「かえり」です。かえりができていると上手く研げたという証拠になります。逆にかえりがない場合はもう一度研ぎ直した方が良いでしょう。ただし仕上砥石など粒度が低い砥石を使った場合はかえりが分かりずらいかもしれません。, 一度に包丁全体を研ぐのは難しいので、3か所に分けて研ぐのがポイントです。最初は先端から研ぎ始めます。切っ先(幅が小さくなっている刃先の部分)を砥石に当てて、少しガリガリしている程度で研ぐと丁度良いでしょう。包丁を押して引いて1往復したらを1回とし、それを20回繰り返します。, 切っ先が終わったら次は真ん中、その次は包丁の根本と順番に研いでいきましょう。右手で柄を持ち、左手で研ぎたいところを上から押さえます。押す時と引くときは同じ力でバランスよく研ぐのがポイントです。, 砥石が小さくて研ぐ時の刃が一部しか当たっていない場合は、当たっている部分で20回。終わったら包丁をずらして、また当たっている部分を20回と繰り返していきます。, かえりとは包丁の削りカスのことです。かえりができている=上手く研げているという証拠となります。研ぎ終わりましたら最後にカエリをとりましょう。この削りカスをとらないと、せっかく研いだのに切れ味が悪いままということになってしまいます。, やり方はとっても簡単。丸くした新聞紙に包丁の刃を当てて、引くように切るだけです。これを3回繰り返して終了となります。そして研ぎ終わった包丁は中性洗剤で良く洗い、水気をきって保管してください。砥石は洗剤を使わずに水洗いして、日陰干ししてから片付けると良いです。(完全に乾くには2日間程度かかります), 初心者は包丁を研ぐ際、どうしても角度がブレてしまいがち。そこで便利なのが研ぎ角度を固定することができる「包丁研ぎホルダー」です。これがあると、包丁を研ぐ時に角度を一定に保つことができるのでキレイに仕上げることができてしまいます。, しかし最適な角度は包丁によって微妙に違うので、購入したホルダーと角度が合っていなければその包丁の切れ味を十分に引き出すことができません。購入する際は注意しましょう。, 面直しとは砥石の面を平らにならす作業のことを言います。簡単に言うと砥石のデコボコを削って平らにするのです。砥石はきちんと平面を保っていないと包丁が丸まってしまうため、この作業は非常に大切となってきます。, そんな面直しに便利なのが「面直し砥石」。包丁を研ぐのではなく、砥石を研ぐための砥石です。普通の砥石とほぼ同じサイズとなります。面直しをするのは少し手間ですが、へこんだ砥石で研ぎ続けているといずれは包丁がダメになってしまうので、定期的にメンテナンスするのがおすすめです。, 砥石はそのままレンガのように裸で売られているタイプと、台が付いているタイプの2種類があります。台が付いていると砥石が薄くなってきても研ぎやすく、包丁を握った手が地面に当たる心配がありません。, また砥石台が薄くなってきた砥石全体を支えてくれるので、割れの防止にも繋がります。たいていの商品には台が付いているものが多く売られており、ケースが台の代わりになるものも販売されています。, ["https:\/\/item-shopping.c.yimg.jp\/i\/g\/vaps_4960092101039"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001TPFVJ0?psc=1&SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001TPFVJ0"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25BA%2596%25E4%25B8%2581%25E3%2581%25A8%25E3%2581%258E%25E8%25A7%2592%25E5%25BA%25A6%25E5%259B%25BA%25E5%25AE%259A%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E5%25BA%2596%25E4%25B8%2581%25E3%2581%25A8%25E3%2581%258E%25E8%25A7%2592%25E5%25BA%25A6%25E5%259B%25BA%25E5%25AE%259A%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E5%25BA%2596%25E4%25B8%2581%25E3%2581%25A8%25E3%2581%258E%25E8%25A7%2592%25E5%25BA%25A6%25E5%259B%25BA%25E5%25AE%259A%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AB%25E3%2583%2580%25E3%2583%25BC%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 包丁研ぎに慣れていない初心者におすすめな「包丁研ぎホルダー」。包丁の背に取り付けて研ぐだけで誰でも簡単に一定角度を保つことができます。グリップ部分は包丁に傷をつけにくい樹脂製となっており、砥石に当たる部分はセラミックを使用しているので滑りが良いのが特徴です。, レビューを参考にすると、無駄研ぎすることなく短時間で仕上げることができると高評価。装着もしやすく外しやすいとのことです。先端を研ぐ時少し難しいですが、包丁研ぎホルダーを少し前側にずらすとやりやすいようです。, [{"key":"サイズ","value":"100㎜"},{"key":"重量","value":"18g"},{"key":"材質","value":"ナイロン・アルミナ系セラミック"},{"key":"原産国","value":"日本"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/41KGzooKs4L.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B0023W6QX8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B0023W6QX8"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E9%259D%25A2%25E7%259B%25B4%25E3%2581%2597%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%2B%25E4%25BA%2580%25E5%258D%25B0%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25BB%25E3%2583%25A9%25E3%2583%259F%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E9%259D%25A2%25E7%259B%25B4%25E3%2581%2597%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%2B%25E4%25BA%2580%25E5%258D%25B0%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E4%25BA%2580%25E5%258D%25B0%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 中・仕上砥石用の面直し砥石です。砥石に水を含ませてから前後にすり合わせて使用します。砥石は使っているうちにデコボコにへこんでいき、包丁を研いでもキレイに仕上げることができなくなってしまいます。砥石を平らにすることは包丁を長く使うためにも大切なことなのです。, レビューを参考にすると、表面がかなりツルツルで仕上砥石の面直しに最適のようです。#5000や#12000の砥石の面直しに使ったとしても傷がつくことなく丈夫とありました。価格も安いのにキレイに仕上がるとかなりの高評価を得ていました。, [{"key":"サイズ","value":"150×50×28㎜"},{"key":"重量","value":"358g"},{"key":"材質","value":"PA(ピンクアランダム)"},{"key":"原産国","value":"日本"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/31IaDyGMVEL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07C4RJ5VH?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=excite-can-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B07C4RJ5VH 画像URL:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31IaDyGMVEL.jpg"},{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000001?pc=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A4%2528GDREAMT%2529%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E5%258F%25B0%2F&m=https%3A%2F%2Fsearch.rakuten.co.jp%2Fsearch%2Fmall%2F%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A4%2528GDREAMT%2529%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E5%258F%25B0%2F"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3437865&pid=885619230&vc_url=https%3A%2F%2Fshopping.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26fr%3Dshp-prop%26oq%3D%26aq%3D%26mcr%3D70f20422e7ebf967499eba4db9609fd4%26ts%3D1549946450%26p%3D%25E3%2582%25B8%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2589%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25A0%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A4%2528GDREAMT%2529%2B%25E7%25A0%25A5%25E7%259F%25B3%25E5%258F%25B0%26pf%3D%26pt%3D%26sc_i%3Dshp_pc_top_searchBox%26sretry%3D0"}], 1つあれば市販の砥石全てに対応可能な砥石台です。砥石を滑らせずしっかりと固定させる高品質な商品。挟むだけという簡単な装着なので、非常い便利となっています。またステンレス製なのも魅力の1つ。サビにくいので長く愛用することができますよ。, レビューを参考にすると、しっかりと固定してくれるので研ぎやすさがあるとのこと。申し分のないホールド感に固定のしやすさが高評価でした。また価格も安いながらボルトが太く頑丈な作りとありました。, [{"key":"サイズ","value":"29×7×3㎝"},{"key":"重量","value":"630g"},{"key":"材質","value":"ステンレス"},{"key":"原産国","value":"-"}], 砥石について詳しくご紹介してきましたがいかがでしたか?包丁や砥石にも種類があり、それぞれ使い分けることが大切という事が分かりました。これから購入を考えている方は、どう使いたいのか事前にしっかり考えてから選ぶと失敗しにくいです。ぜひ自分にピッタリの砥石を使って包丁を長持ちさせましょう。.