NARUTOのカリンの正体と能力、サスケとの関係、そしてうちはサラダと似ている理由を解説しました。カリンの正体はナルトと同じうずまき一族で、サスケとの関係は仲間の一人であり、サラダと似ている理由はカリンが眼鏡を渡したからでした。今後のカリンの登場とサラダの活躍に期待しましょう! 器械ならメンテもわかるがこの場合は柱間クローンの腕をナルトの欠損部にくっつけたか細胞を傷周辺に培養して生やしたかなのでイメージしにくい, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 【BORUTO】ジゲンとカグヤは関係あるの?そもそも誰がカグヤの血を引いているんだ, 【BORUTO】シズネはナルトの秘書なのに何してるんだ? 綱手と一緒にいるんだろうか, 【BORUTO】カカシが火影になった理由と辞めた理由は? カカシは今何をしているのか, 【BORUTO】ほとんどの家系奴がいままで片親からしか術引き継いでこなかったのか?, 【画像あり】BORUTOの自来也っぽいやつ、やっぱり自来也のクローンだったwwwww, 漫画「BORUTO」が前作「NARUTO」に比べてそこまで売れていない理由って何?, 【BORUTO】つまらないっていう人いるけどどういう話だったら満足するの?[BORUTO 2chまとめ]. 乗っ取ってくるんでしょダンゾウのときみたいに - ゴールデンタイム - ティーンエイジドリーム - はじまっていく たかまっていく, ドリーミージャーニー - サヨナラムーンタウン - 僕は走り続ける - デンシンタマシイ - 花鳥風月 - ライカ - ポラリス - 強がりLOSER - Ride or Die - 未完成な光たち - Wish on - Fireworks - Maybe I, ロック・リーの青春フルパワー忍伝 | うちはサスケの写輪眼伝 | BORUTO-ボルト- -SAIKYO DASH GENERATIONS-, 人物 | 暁 | 尾獣 | うずまきナルト | うちはサスケ | 春野サクラ | はたけカカシ, 岸本斉史(作者) | 集英社(週刊少年ジャンプ) | ぴえろ | テレビ東京(TXN) | バンダイ | バンダイナムコエンターテインメント(旧バンダイナムコゲームス) | タカラトミー(旧トミー), 『NARUTO -ナルト- キャラクター オフィシャル データ BOOK』シリーズ, アカデミー時代において友人といえる者は存在しないらしく、一人でいる事が多かった。また、親しかったのは兄であるイタチだけだった。, 自分の目の前でナルトが天涯孤独の身であることを侮辱的に揶揄したサクラに対し、不快感を顕わにして「うざいよ」と言い放った。, 映画版のみの設定ではあるが、カカシですら見切れないと言っていた点穴を見切り、正確に攻撃している。, こうなってしまうことはナルトとハゴロモは既に分かっていた様子で、特に驚きもしなかった。, ナルティメットストーム4では一度は勝利したものの、復帰したナルトと相打ちになった。, 事件の調査の際に出会った少女・チノから、「大戦の折に地下を謎の集団(量産された白ゼツ)が走り抜けたこと」「その集団の中に『別の何かと戦わなければ』と刷り込まされた個体がいたこと」を聞かされたことも起因となっている。, ただし、既に強力な瞳術が相手に仕込まれている場合、記憶を読み取ることが出来ないばかりか、逆に自身が幻術に巻き込まれるなどのリスクを負う。サスケは起爆人間や風心の記憶を読み取ろうとしたが、逆に自身が血龍眼の幻術に巻き込まれかけた。, asahi.com:「NARUTO」をミュージカル化 5月4日から上演 - 文化芸能, 舞台「NARUTO」松岡広大、佐藤流司ら“まとまりがない”第七班の絆をトーク - コミックナタリー, 2015年最大の話題作、ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』が、WOWOWにて放送だってばよ! _ エンタステージ, 『NARUTO』短期集中連載完結 すべては映画『BORUTO』につながる | ORICON STYLE, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=うちはサスケ&oldid=80389178, 身長:153cm(13歳時)→168cm(16・17歳時)→182cm(19歳以降). うちはサスケは、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『naruto -ナルト-』に登場する架空の人物。 アニメでの声優は杉山紀彰、東山奈央(乳・幼児期、イタチ真伝)。 ミュージカルでの俳優は町田慎吾(2006年版) 、佐藤流司(2015年版〜) 、櫻井圭登(2016年ワールドツアー)。 CHEHON | MOTHER | さよならメモリー | I Can Hear | 夢を抱いて 〜はじまりのクリスロード〜 | ブラックナイトタウン | 虹 | FLAME | Never Change feat.Lyu:Lyu | だめだめだ | Spinning World | 言葉のいらない約束 | 虹の空 | トラブルメイカー | そんな君、こんな僕 | 青のララバイ |ピノとアメリ | 旅立ちの唄 | 絶絶, Home Sweet Home | Ding! 電池交換が不要なシチズンの光発電「エコ・ドライブ」を搭載した腕時計で、「ナルトモデル(ca0591-12e)」「サスケモデル(ca0597-16e)」「サクラモデル(ca0593-17a)」「カカシモデル(ca0597-24e)」の4種類。 ! サスケは知らんし, 【BORUTO】なんでボルトは頭がいいんだ?? ヒナタが教えていたのか (82,427pv), 【BORUTO】ナルト世代で結婚してないのはシノだけ? テンテンは? (72,193pv), 【BORUTO】カカシが火影になった理由と辞めた理由は? カカシは今何をしているのか (70,138pv), 【BORUTO】転生眼といい血統といいボルト最強すぎない?? (69,581pv). 【そらの書き物】の管理人。週刊少年ジャンプを愛読書に、会社員魂を燃やして働いていたけれど、退職して独立し上京。現在は法人化を目指してコツコツやってます。, 鉄血のオルフェンズ最終回の評価が真っ二つ!10代20代には比較的受け入れられている?. サスケの左腕は、ナルトとの結末の谷の戦闘で失われました。 原作では、naruto単行本72巻に収録されている、 698話「ナルトとサスケ⑤」にて、ナルトとサスケの腕が失われます。 ナルトは右腕、サスケは左腕で、お互いの術を撃ち合いました。 Dang! まあもうカブトが入れてるから手遅れだけど 他が束になってもナルトとサスケには勝てない世界だから多少はね? 92: 風吹けば名無し 2017/11/15(水) 01:35:19.67 ID:5Yr8YIT9M .net ナルトが最初の時点でサクラ騙せるくらいサスケに完璧に変化出来てるのもやっぱ観察の賜物なんやろうなぁ | distance | ブルーバード | CLOSER | ホタルノヒカリ | Sign | 透明だった世界 | Diver | ラヴァーズ | newsong | 突撃ロック | Moshimo | ニワカ雨ニモ負ケズ | 月の大きさ | 紅蓮 | シルエット | 風 | LINE | ブラッドサーキュレーター | カラノココロ, 流れ星〜Shooting Star〜 | 道 〜to you all | キミモノガタリ | 目覚めろ!野性 | 素直な虹 | Broken Youth | Long Kiss Good Bye | バッチコイ!!! 適合してても死にかけるくらいのチャクラになると | Place to Try | バイマイサイド | カスケード | この声枯らして feat. ベルセルクのガッツを見習え ・生まれた時すでに両親は戦争により死亡 ・幼少期から傭兵団で戦う ・10歳くらいのときに傭兵のおっさんにレ される ・一度国の英雄になり、幸せを手に入れるも、親友に彼女をレ される。 ナルトのカリンの正体と能力!サスケとの関係・うちはサラダと似ている理由は?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, ナルトに登場するキャラクター、長門についてまとめています。集英社の大ヒット漫画『NARUTO-ナルト-』に登場する長門は、もともと心優しい少年でしたが、両親や仲間の死を目の当たりにし、世界に痛みを与えることを望むようになっていきます。敵役ではあるものの、主人公・ナルトの兄弟子でもあり、その来歴や人となりを知ると、必ずし, 「ボルト」に登場する、クラスの委員長スミレについて調べました。視聴者にかわいいと評判のキャラクターです。すぐに慌ててしまうかわいい所が特徴的で、しっかりしていて優しい性格です。「ボルト」に登場するのは、親子関係が分かっているキャラクターが多数ですが、委員長スミレに関しては誰の子なのか分かっていませんでした。委員長スミレ, アニメ・漫画で大人気のナルト声優陣を顔画像付きで紹介!主人公のナルトやライバルのサスケを初めとした魅力的なキャラクターの声を担当している声優を記載します。また人気キャラクターのプロフィールも交えながら紹介していくので本記事を読めばアニメNARUTOの事が丸わかりです!声優の意外な特技やプロフィールが明らかになるなど盛り, NARUTOの続編であるBORUTOは、ナルトの息子であるボルトの世代が奮闘する漫画です。人気キャラクターのナルトやサスケが大人になった姿や、意外な人物の新しい一面に触れられることでも話題となっています。そんなBORUTOにおいて誰も予想できなかった人物が再登場してファンを驚かせました。水隠れの忍者、青は誰もが死んだと, 皆さんはナルトという漫画作品をご存知ですか?ナルトは超人気漫画作品として知られており平成を代表する少年漫画作品です!ナルトは現在完結していますが、多くのファンを現在も魅了しています!今回はそんなナルトに登場するキャラクター達を最強ランキングでまとめてみました!今回の最強ランキングで第1位に輝くキャラクターは果たして誰な, 世界中で大人気の漫画・アニメであるNARUTO!感動の最終回を迎え、漫画史に残る名作となった漫画です。一度はその長い歴史に幕を閉じたNARUTOですが、なんとそのNARUTOに続編があるのを知っていますか?NARUTOの続編となるのは、ナルトの息子であるボルトが主人公となって大活躍するBORUTOという漫画です!前作の, 世界中で愛されている不朽の忍者アクション漫画のNARUTO。落ちこぼれだったナルトも里の英雄となり、満を持して連載が終了しました。NARUTOの最終回では登場人物のほとんどが結婚して子供を残しています。主人公のナルトもヒナタと結婚してボルトとヒマワリという子供をもうけています。そんな中で結婚しているのかどうか分からない. 本日も「そらの書き物」にお越しいただき、ありがとうございます!そら(@sorazukisora)です!, 原作では、NARUTO単行本72巻に収録されている、698話「ナルトとサスケ⑤」にて、ナルトとサスケの腕が失われます。, 結果、ナルトとサスケは意識を失い、気づいたらお互いが腕を失い倒れていたという流れでした。, 正直、ここのナルトとサスケのやりとりは、めちゃくちゃ奥が深すぎて、是非72巻を読んでいただきたいです。(むしろ1巻から読み直さないといけないレベル), 二人の腕がなくなって、でも血がつながって、週末の谷で、本当の意味で和解の印を結ぶ二人がとても感動的でした。, 本来サスケは強制的に投獄される予定でしたが、カカシ先生とナルトの嘆願により、サスケの望みが聞き入れられた形でした。, そのサスケの旅の出発前にサクラが、「・・・綱手様が柱間様の細胞で造った義手ももう少しで・・・」とサスケに話しているシーンがあります。, サスケは、「・・・今のオレならこの忍界が・・・この世界が見えるか知りたいんだ」と言い、義手を付けること無く旅に出ました。, 「罪を償う旅でもある」とサスケは言っているので、自分の行いを反省も含めて、義手をつけなかったのではないでしょうか。, 私の予測ですが、サスケは、片腕を失ってまで友として自分を止めてくれたナルトに対し、いろいろな思いを込めて、自分の失われた左腕をそのままにしているのではないでしょうか。, ナルトの右腕が700話で初めて出てきたコマは、パソコンのキーボードを打っている場面です。, この演出から私が感じたことは、ナルトは自分のために右腕をつけたのではなく、未来を作る子供たちを守る仕事をするために、右腕が必要だったから義手をつけたのではないでしょうか。, ナルトはただ、【スネている友達を一発ぶん殴って、目を覚まさせてやろうと思ったら、右腕無くした】という考え方だったように読んでいて感じたので、義手をつけることに抵抗は無かったのではないかなと感じます。, また、本当の勝負を改めてすると、旅達の時に約束したことで、ナルトも肩の荷がおりたのではないでしょうか。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 須佐能乎・地爆天星 pic.twitter.com/sBaP04IemS, <Wシェア開催期間> ナルトやサスケなどの人気キャラクターがセイコー 5スポーツとコラボ 2020.10.7 Wed 12:00 TVアニメ『NARUTO-ナルト-』『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT … | つぼみ | NO RAIN NO RAINBOW | 誰かが | if | 雄叫び | それでは、また明日 | 星のうつわ | ダイバー, Best Hit Collection | BEST HIT COLLECTION 2 | ALL STARS | SUPER HITS | BEST HIT | GREATEST HITS, バトンロード - OVER - It's all in the game - Lonely Go! Copyright ©  火の意志を継ぐ者 All rights reserved. Dong! 207: 名無しさんの次レスにご期待下さい (ワッチョイ e14e-8R3E) 2018/02/10(土) 14:47:38.00 ID:8LTxhg0y0 ナルトの義手って柱間細胞でできてるんでないの? なんでカタスケ・・・ 5月30日〜6月10日15:59#ナルコレ pic.twitter.com/stzQXTqzod, 仲間を増やしていき、、、木の葉の里では救世主と呼ばれるような存在へと成長しました!!. 足とか自然に浮き出てくるって異常でしょ ★5うずまきナルト[九つの繋がり] 『NARUTO-ナルト-』|木ノ葉隠れの里の問題児・うずまきナルトの夢は火影になり、先代を越える忍者になること。だがナルトには出生の秘密が...!? 負けを認めたサスケは、ナルトと二人、残った腕で無限月読を解印。術にかかっていた仲間達は次々と解放されていきます。 ここで、6ページに渡りサスケのモノローグが…過去系なのでサスケの回想として語られているものだと思います。 義手とも言ってなかったけど, もう柱間細胞も柱間も怖いわ オビトやダンゾウの右手みたいなのは取り外せないだろうし サスケとナルトが報われて良かった。 腕が戻るか心配になったが、最後のコマは思い切って素晴らしかった。 負けを認めるシーンなのに格好良かったしすごく安心した。 今週の話はとても良かったです。感 … | 深呼吸 | My ANSWER | おまえだったんだ | For You | 自転車 | うたかた花火 | U can do it! 大蛇丸とそう変わりないじゃん, サスケが義手つけないのダンゾウの二の舞に そもそもある一定以上培養すると顔とか手とか | 青春狂騒曲 | ノーボーイ・ノークライ | 波風サテライト | Re:member | ユラユラ, Wind | ハルモニア | ビバ★ロック 〜japanese side〜 | ALIVE | 今まで何度も | 流星 | マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー | はじめて君としゃべった | 失くした言葉 | スピード | そばにいるから | パレード | Yellow moon | ピノキオ | シナリオ, Hero's Come Back!! 大人気漫画ナルトで登場する最強の術をランキング形式で発表します!ナルトの螺旋丸やNARUTOの物語の命運を握る無限月読など、数多くの術の中から最強を決定します。また術の会得難易度や使用されたシーンなど補足も記載していきます。そして番外編では強さとしてはランキングに入らなかった一風変わった術などを紹介していきますので是非, ナルトにはうちはサスケという人気キャラクターが登場します!うちはサスケはナルトに登場するキャラクターの中でも凄まじい強さを持っている重要なキャラクターです!今回はそんなうちはサスケの強さや、物語の最後に結婚した春野サクラとの関係について迫りたいと思います!ナルトに登場するうちはサスケはかなりカッコイイキャラクターです!, 週刊少年ジャンプで連載されていた超人気忍者アクション漫画NARUTOには、多くのキャラクター達が登場します。主人公のうずまきナルトと日向ヒナタは最後に結婚をして、かわいらしい子供を二人も設けました。実はBORUTOではナルト夫婦以外にも、多くのキャラクター達が結婚して、子供を育てています。主人公ナルトをはじめ、そんな彼, NARUTOに登場する第七班のメンバーサクラは原作開始の頃からサスケに恋心を抱いていました。サスケは恋に対して全く興味がなく、サクラの想いにも応えようとはしませんでした。同じ班のナルトはサクラに片思いしながら彼女の想いを一番近くで見守ってきました。サスケが里を裏切り、ファンの間ではナルトの良さに気付いたサクラとナルトが, ナルトのシカマルについて色々と調べてみました!シカマルといえば長い連載期間の中で初期から登場していて、ナルトの登場人物の中でとても重要な立ち位置のキャラクターです。そんなシカマルは、ナルトの最終回でテマリと結婚している事が描かれています。シカマルとテマリは読者に人気のカップルです。原作ではほとんど描かれていないシカマル, 我愛羅とはナルトに登場する超人気キャラクターです!我愛羅はナルトファンの方なら必ず知っているキャラクターだと思います!今回はそんなナルトに登場する我愛羅というキャラクターの強さや能力について迫りたいと思います!我愛羅というキャラクターはナルトの中に登場するキャラクターの中でも人気が高いのでかっこいい画像も沢山あります!, NARUTO(ナルト)に登場するサイは、漫画では第2部からカカシ班の新メンバーとして参加します。また、アニメではNARUTO疾風伝1話から登場するキャラクターです。そして、同じくナルトに登場した「いの」は、ナルトの物語の中で、サイと結婚します。サイと「いの」はどのようにして結婚に至ったのでしょうか。サイと「いの」、そし, 写輪眼とはナルトという大人気漫画作品に登場する瞳の事です!写輪眼という言葉はナルトファンでなくても、漫画好きの方なら聞いたことがある言葉なのではないかと思います!今回はそんな写輪眼を扱うことが出来るナルトの登場人物・キャラクターをご紹介したいと思います!今回は写輪眼を使う事で発動する様々な種類の能力・技も同時にご紹介し, NARUTO-ナルト-は日本だけではなく全世界で絶大な人気を誇り、子供や大人にかけて幅広く支持さりている忍者漫画です。海外のみで総発行部数が2億を超えています。今回は、NARUTO-ナルト-にでてくるキャラクターのマダラを紹介します!マダラには、壮大な目的を持っていたことをみなさんはご存知ですか?そんなマダラの正体と目, http://naruto-eiga-boruto.blog.so-net.ne.jp. 漫画『naruto -ナルト-』の主人公であるうずまきナルトとうちはサスケはどっちが強いのでしょうか??また、最後は二人で直接対決し、腕を失うも現在は義手で復活! ナルトに登場する、サスケの仲間のカリンについて調べてみました。カリンは血の気が多くて毒舌ですが、サスケと二人きりになると急に猫を被るかわいいキャラクターです。そんなカリンとサスケのかわいい娘のサラダの顔がそっくりだと言われています。 ボルト(アニメ)第84話のあらすじや感想まとめ【オオノキの思い、空(くう)の思い】, 鬼柚子一朗太(ボルト)はどんな忍び?声優は誰?強さや爆刀「飛沫」を使いこなせるのか?, うちはサラダが怪力で万華鏡写輪眼を開眼したら最強に強い?千鳥やスサノオは会得するのか?, 【漫画】【中古】NARUTO(ナルト) <1〜72巻完結> 岸本斉史【あす楽対応】 【全巻セット】, BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS DVD-BOX 3 (完全生産限定版), 劇場版ナルト「 BORUTO NARUTO THE MOVIE 」 映画特典『 在の書 』, NARUTO-ナルト- 疾風伝 木ノ葉秘伝 祝言日和 1 【初回仕様限定版】 [DVD], NARUTO-ナルト- 疾風伝 木ノ葉秘伝 祝言日和 2 【初回仕様限定版】 [DVD], うちはサラダが怪力で万華鏡写輪眼を開眼したら最強に強い?千鳥やスサノオは会得する…. ©Copyright2020 そらの書き物.All Rights Reserved. 週間少年ジャンプで長期連載をしてきたNARUTOですが、700話を持って完結しました。そしてその最終回とはいったいどのようになっているのか?ネタバレしてしまいますが、ナルトとサスケを始めにたくさんのキャラクターと共に紹介していきます。ナルトは火影になることができたのか?サスケは一体どうなってしまうのか?感想も交えてNARUTOの最終回のいろいろな魅力を知るチャンスです。, NARUTOは、週刊少年ジャンプで1999年から2014年まで連載され、岸本斉史が作者です。忍者の住む世界が舞台となっていて、主人公のナルトを中心にいろいろなストーリーが展開されていきます。忍者はチャクラをもとに忍術を使用することができ、その忍術の能力は様々です。火、水、雷、風、土が忍術の五大要素となり、その要素に世界が5つの里に分かれています。そして忍界大戦として何度も大きな戦争があちこちで起こっていました。, そんな戦争の中で家族や恋人を失ったりすることで、恨みや復讐する憎悪の気持ちが生まれて、世界を変えようと動く者たちも現れます。いろいろなキャラクターに背景があることで、その問題に立ち向かっていくことになります。そしてナルト最大の戦いがうちはマダラが計画した月読計画で行われた忍者大戦です。これには、死んだ過去の英雄たちも絡んでくるので、新旧に渡る壮大な忍術合戦となっています。, そして忍界大戦のカギを握っているのは尾獣を持つ者たちで、その力を利用して月読計画を行おうとしていました。ナルトも九尾の力を持っているので当然狙われ何度も危機に陥ります。ナルトの同期であるサスケは、うちは一族の秘密を探ることで過去の歴史を知り、自分はどのように世界を変えるべきかを考えていきます。忍界大戦やナルトサスケの因縁の対決など見どころの多いストーリーになっています。, NARUTOのストーリーが大きく動き出したのは、暁のメンバーが登場してからです。暁の目的は、戦争のない世界にするために全てを変えるというものでした。そこにはサスケの兄であるうちはイタチもいて、目的のために必要な尾獣の力を集めていました。その目的のために影で動いていたのはうちはマダラです。死んだと思われていましたが、うちはオビトを利用することで自らの体を禁術から解術して生き永らえました。, マダラの計画は、集めた尾獣の力を利用して無限月読を発動することで、世界を思い通りに作り替えようとしていました。しかしそれはマダラの野望でしかなかったので、最後まで従ってきたオビトも捨て駒のように扱われてしまったことで、マダラの敵にまわることになりました。マダラは尾獣の力を全て回収することはできませんでしたが、忍者の始祖である六道仙人と同等の力を得ることになり、ナルトやサスケを追い詰めていきました。, マダラは自らの計画の元で順調に事が進んでいると考えていましたが、それも全ての生みの親である大筒木カグヤを復活させる手伝いをしているにすぎませんでした。大筒木カグヤは過去に自らの子どもであるインドラとアシュラによって敗れていましたが、マダラの力を使う事で復活します。そしてインドラとアシュラの生まれ変わりであるナルトとサスケ、更にサクラとはたけカカシ、オビトで最終戦を迎えることになります。, 大筒木カグヤはナルトたちの巧みな連携により敗れることになります。そして世界の危機を救ったことになりましたが、今度はサスケがそのまま世界を作り変えることを宣言したために、ナルトと戦うことになります。ナルトもサスケの意志に応え、チャクラを消耗しきった状態までになりました。そして残り少ない力をナルトは螺旋丸に、サスケは千鳥に注いで放つのですが、ナルトもサスケも片腕を失い動けなくなり勝負がつきました。, NARUTOの最終回直前には見どころがたくさんあります。それはナルトとサスケの最後の戦いであり、戦いを終えた二人の心境の変化です。ナルトとサスケの戦いは今までの流れからも因縁の戦いであり、生まれ変わりのインドラとアシュラの代理戦争でもありました。そして始まった戦いも仙術と螺旋丸を必殺技に持つナルトと、瞳術と千鳥を必殺技に持つサスケの力はほぼ互角です。, ナルトとサスケが繰り出す技や術の数は、豊富でどれも互いに無効化しあっていました。今までナルトには九尾の力に頼りっぱなしでしたが、そんなこともなく本当の実力でサスケと戦うことができていました。長時間に及ぶ死闘の結果、二人は片腕を失うことになりましたが、全力を出し切った様子で吹っ切れていました。そして長きに渡る因縁の戦いが終わり、今までサスケの抱いていたわだかまりが消えてなくなりました。, ネタバレになりますが、ナルトとサスケの最後の戦いがどのように行われたのか解説します。戦いの序盤は仙術、瞳術でけん制し合い様子を見ていると、サスケが完全体素戔嗚を出し、そこから作中初めての技であるインドラの矢を放ちました。この技は今まで出た技の中でも破壊力というところでは最強に等しいです。しかしそれをナルトは、九尾が集めた地上のありったけのチャクラを螺旋丸に使うことで相殺することができました。, 互いの大技を出したことにより、ナルトもサスケも体力を大幅に消耗してしまい、へろへろの状態で戦いを続けていました。術が出せないから殴り合いの喧嘩のような形になっていましたが、兄弟げんかのようにも見えました。しかしそんな状態でも最後の一撃に賭けようという気持ちがお互いにあったので、来るべき最後の時までチャクラを温存していました。そしてチャクラが溜まった時に二人は最後の術を出しました。, ナルトは螺旋丸をサスケは千鳥を出すと、術をぶつけ合いました。これは一番最初の戦いの結末と同じ展開で、結果両者共にぶつけた腕が無くなってしまい動けなくなりました。そしてサスケが自ら敗北宣言をして、ナルトに対して画像のように「るっせーよ…ウスラトンカチ」と口にしました。この言葉を聞いて、出会った頃のサスケが戻ってきたような感じになりました。, NARUTOの最終回はどのようになっているのか、ネタバレで紹介していきます。NARUTOの最終回は、週刊少年ジャンプで2話同時掲載という異例のような形になりました。72巻にも及ぶ壮大なストーリーでもあったので1話ではまとめきえなかたのでしょう。前話まではサスケとナルトの壮絶な戦いの中で納得いくまで力を出し切り、サスケも抱え込んでいたものが吹っ切れた様子でした。, そこからが最終回となりますが、サスケとナルトの戦いの後にサクラが駆け付けてすぐに治療にあたります。その際にサスケはサクラに今までのことを素直に謝ります。その言葉でサクラは救われた気持ちになり泣いてしまいます。ナルトとサスケの治療が終わると、二人はそれぞれの道を進むことを決意します。ナルトは火影になるために、サスケは世界を救うために旅に出ようとします。, 出典: http://naruto-eiga-boruto.blog.so-net.ne.jp, 旅に出ようとしたサスケを待っていたのは、カカシとサクラとナルトです。カカシは6代目火影に任命され、サスケが処罰されなかった要因を話します。サクラはサスケが旅立つことを寂しく思っていましたが、サスケに「また今度な…ありがとう」と意味深な言葉を残されます。そしてナルトが木の葉隠れ里の忍びあてを差し出すと、次の勝負までに取っておいてやると受け取りました。そしてそれから数年の月日が流れました。, 世界は平和になり五影もがらりと変わり、7代目火影にはナルトが就任していました。ナルトには日向との間に子どもができます。長男のボルトと長女のヒマワリでしたが、ボルトは忙しいナルトを困らせるためにわざとイタズラをしていました。他にもサスケとサクラの子どもやシカマル、いの、チョウジの子どもが登場し、それぞれの家庭の様子が見えてきます。そんな次世代の平和な様子が描かれてNARUTOの最終回になりました。, NARUTOの最終回には、今までのサスケの考え方に答えを出す形が出ていました。サスケはうちは一族の全てを背負って戦うことになりましたが、それが正しいことなのかどうか分からなくなっていました。しかし自らが世界を作り変えることによって戦争のない平和な世界にすることもできると思います。そのままナルトと戦うことになりましたが、全力を出し切りナルトが受け止めることでサスケも納得がいったようです。, サスケはいろんなことを考えすぎて、一人で悩んで抱えて世界のためとか、一族のためとかを背負いすぎて分からなくなっていたのです。それをナルトは何度でも受け止めると話してくれたので、サスケも素直な気持ちになろうと思いました。だから世界を旅して、自分の目で見ることで自分なりに世界のために何かできるのではないかとも考えました。そしてナルトとも適度な距離感を持って付き合えるようになりました。, ナルトは、連載初期の頃からサスケのことを常に意識していました。永遠のライバルという存在だったので、サスケが間違った方向に進もうとするのなら自らが止める役割だと考えていました。その言葉通りにサスケの最後の希望を戦いという形で受け入れて、全力で止めることに成功します。ナルトは本気で戦っていましたが、サスケのことを殺す気は始めからありませんでした。, サスケは殺す気で戦っているのに、そんなナルトの姿を見てこいつには敵わないと判断しました。ナルトは最後までサスケが間違った方向に進まないように何度でも止めるし、友達だから当たり前だろうという考えを見せました。そして火影になりますが、大人になっても昔と変わらずに他の人間のことをまず第一に考えて、それから自分のことをするようにしています。ナルトは他人の幸せを何よりも願っているようです。, NARUTOの最終回には数年後のそれぞれの様子が描かれていました。それを見ることでたくさんの登場人物の関係性が明らかになっていきます。次世代に繋げるという感じになっているのですが、面白い展開でもあります。ナルトやサスケもそうですが、同世代の忍者も気になるはずです。幼い頃からナルトやサスケと共に活躍してきたからこそ、どのような大人になったのか見たくなります。, ナルトは日向と結婚して二人の子どもを授かっていました。ナルトにとってのヒロインは誰か?を考えると日向かサクラですが、日向と結ばれました。長男はボルト、長女はヒマワリで、ボルトは7代目火影になったナルトが忙しくてかまってくれないことに腹を立ててイタズラばかりを繰り返していました。イタズラ好きは、昔のナルトと同じです。そしてナルトは火影として責任を持ってしっかりと仕事をこなしていました。, サスケはサクラと結婚して長女が生まれていました。名前はサラダで、眼鏡をかけていておとなしそうな感じがしますが、冷静な目で周りを見ているのはサスケそっくりです。サスケは世界を旅して情報を集めている身なので、家にはほとんどいないようですが、火影の忍者として自由な立場で任務にあたっているようです。サスケのそんな態勢をナルトもあえて認めているのが何となく分かります。, シカマルはナルトの参謀役、相談役として業務をこなしています。昔から自らの役目を分かっているシカマルだからこそ、自らが話していたことが現実になりました。そして中忍試験でも対決して、それ以降も一緒に行動していたテマリと結婚してシカダイという長男が生まれていました。シカマルとテマリの関係は昔からなので自然にそういう流れになりました。, 我愛羅は風影になり、カンクロウと行動を共にしていました。そして訪れていたのは、シカマルの家でした。そこにはかつての友でもあるテマリがいたので、顔を出しにきたという様子です。我愛羅はナルトとも友人関係を築くことができたので、それ以降も良い関係が続いているのが分かります。火影になったナルトと風影になった我愛羅が共に世界のことを考えて歩もうとしている姿は平和の証にも見えます。, 引退してしまったかつての五影たちは、それほど変わった様子はありませんが、老けたの一言につきます。水影は太ってしまい、土影はかなりのおじいちゃんになっていました。雷影と火影は若さを保っているかのように見えます。そしてお茶会をしながらおしゃべりをしているという関係なので、世界の平和そのものを表しているかのようです。安心して次世代の五影たちに全てを任せて隠居しているのも納得できます。, 出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp, カカシは6代目火影に就任したのですが、そのことについては描かれていません。7代目をナルトに譲りその後は隠居暮らしをしているようです。そして一線から退いたガイとの会話を楽しんでいるようでした。ガイは、うちはマダラとの戦いで、両足の先が失われてしまったので車椅子での生活を余儀なくされているような様子です。カカシもガイもそれほど老けた様子はなく、カカシにいたっては現役でもいけそうです。, いのはサイと結婚して子どもができていました。サイに似た感じの女の子です。どうしてこの二人がくっついたのかはよく分かりませんが、見ているとお似合いな感じがします。そしてチョウジですがこれも意外な人物、雲隠れの忍びのカルイと一緒になり長女を授かっていました。長女はチョウジにそっくりな体型をしていて、アンコ先生と杏みつを食べに行く約束をしているほどなので、アズマにたかっていたチョウジの幼少期と同じです。, 木の葉丸は幼少期から想像できないほど立派になっていて、7代目火影になったナルトの身を案じて、ボルトのイタズラを注意したりしていました。忍者アカデミーの先生になったような感じなので、ボルトの先生に違いありません。ナルトの悪いところを真似してばかりいた木の葉丸の変わりように、側で見ていたイルカも想像がつかないといった様子でした。それでも純粋にナルトの意思や術を継ぐ者のひとりです。, NARUTOの最終回には長きに渡るサスケとナルトの戦いに終止符を打つ形でもあるので、名言もあります。短い言葉ですが、サスケの今までの想いだったり、ナルトの想いがそこに詰まっているので、共感できるものばかりです。, ナルトとサスケの戦いが終わり、二人をサクラが治療しているとそこにカカシも遅れてやってきます。そして3人が昔の姿に戻っていることをみてこの言葉を口にしました。カカシにとってサスケが抜けてからナルトとサクラの辛い気持ちが分かっているからこそ本当に良かったと思っています。更に自分にも重なる部分もあり、過去の自分ができなかったリンとオビトとの再会を果たしてくれたとも感じていました。, サスケが全てが終わり旅に出ることを決意したことに対して、サクラはせっかく会えたのにまた離れ離れになってしまうことを悲しんでいました。サクラもついて行こうかと思いましたが、サスケはそれを止めます。しかしそんなサクラの気持ちを分かってか、サスケはイタチに昔からやられていた別れの挨拶をサクラにしました。今まで献身的にサスケのことを想ってきたサクラの願いが成就した瞬間でもありました。, ナルトはアニメ版でも最後までしっかりと放送して終わりました。原作とアニメの違いは道中はいろいろありますが、ほとんど変わりません。しかし最終回の終わり方がどうやらアニメ版の方は異なっているようです。原作の最終回699話のサスケとナルトの和解のシーンは、同じように作られていたのですが、700話の次世代に繋がる話しが違うようです。, 原作ではナルトやサスケたちの子どもたちが出てきていますがそのシーンはなく、ナルトと日向の結婚式をお祝いして締めくくっていました。つまりナルトが7代目火影に就任した後の話がでてきていないということになっています。これには賛否両論のようですが、アニメを作るサイドの側の意向もあったはずです。違うエンディングを見れる形でもあるので、これはこれで良かったのではないかと思われています。, NARUTOは最終回でしっかりとエンディングを迎えているのでしょうか?ナルトのストーリーは、何故忍者が生まれたのか?という世界の始まりにまで迫る内容です。そしてNARUTOの中での伏線は、うちはマダラの世界の再生計画です。その終着点がどこにいくかというところですが、それ以外にもナルトとサスケは幼い頃からライバルとして意識していた二人だからこそ、納得して和解ができるかどうかというところです。, この二つがNARUTOの大きなストーリーに絡んでくるので、それに対するエンディングがあればナルトという作品はしっかりと完結していることになります。うちはマダラの月読計画ですが、こちらは大筒木カグヤというチャクラの祖である存在が出たことで、どのようにして世界が出来上がったのかが分かりました。そしてそのカグヤをナルトとサスケが破ったことで、忍界大戦のエンディングは迎えています。, もうひとつのサスケとナルトの関係のエンディングですが、これが669話の最終回で描かれています。幾度となく戦ってきた二人が成長し、最初とは比べ物にならないぐらいの技と術でぶつかり合い、共に動けなくなってしまいます。言いたいことを伝え、互いに納得することでナルトとサスケの関係はエンディングを迎えています。わだかまりというものが消えてなくなり、ナルトとサスケはこれから良い関係を築ける雰囲気になりました。, NARUTOという壮大なストーリーのエンディングに欠かせない人物がたくさんいます。中でもうちはマダラとその計画に従っていたうちはオビトは重要な人物です。うちは一族の歴史があるからこそ、サスケが苦しみ、ナルトが最後の戦いの相手に選ばれたのです。最高のエンディングを迎えるのに、うちはマダラとオビトは欠かせませんので、どんな人物かを紹介していきます。, うちはオビトは、4代目火影ミナトの弟子でもありカカシと同じ班で活躍する忍者でしたが、任務の中で死んだとされていました。そして暁のメンバーの中でも異質な存在で、面を被って顔を隠し自由な行動を取っていたので、うちはマダラなのではないか?という憶測が飛び交っていました。しかし本当はマダラの指示で動いていた代役のような感じです。, オビトは戦争ばかりの世界に嫌気がさしたからこそ、世界を作り替えるための無限月読の計画に賛同していました。それはずっと好きだった女性リンが死んでしまったことがきっかけでもあります。心の弱っているところをマダラい利用されて、暁のメンバーでもかなりの働きを見せてくれました。その強さはうちは一族でも最強に近い存在で、時空間忍術「神威」で異空間にあらゆるものを自在に飛ばすことができました。, マダラが自らの体を完璧に取り戻したことろで用済みとなってしまいましたが、その後も戦いを止めることなく、かつての友だったカカシと共闘することで息の合った瞳術を使う事ができました。そのためナルトをカグヤの技から救うことができました。オビトの存在があったからこそNARUTOのストーリーが最終回まで盛り上がりました。オビトとカカシの関係こそが、NARUTOの主軸なのではないか?という感想もあるほどです。, うちはオビトと対をなすようにナルトに絶対に必要な人物は、はたけカカシです。オビトとカカシの関係も一つのエンディングを迎えています。カカシはオビトに対してずっと負い目を感じていたからこそ、登場した時の衝撃もそうですし、黒幕で敵に回り戦うしかないことの迷いは相当のものでした。しかし互いに和解することができたからこそ、後のサスケとナルトの関係と同じようになりました。, 作中でカカシという存在がナルト、サスケ、サクラに多大な影響を与えたことは間違いないですし、エンディングに向けて必要不可欠な人物でもあります。連載初期からかなり重要な役割を果たしてきたカカシは、もう一人の主人公とも言えます。, うちはマダラは、うちは一族の初代リーダー的存在であり、世界を揺るがす戦争を過去にも起こして、千手柱間との一騎打ちに敗れて消え去りました。しかしそこから生きながらえて世界に変革をもたらす時をじっと待っていたのです。そしてうちはオビトが目の前に現れてから行動を実現しました。全てはマダラの思い描いたエンディングに向かっていきましたが、予想外の出来事が最後に待ち受けていました。, 大筒木カグヤがマダラを利用して復活の機会をうかがっていたのです。そのため自分の望みが叶ったと思った瞬間には絶望へと叩き落とされていました。マダラの壮大な計画がなかったらここまでNARUTOのストーリーは盛り上がらなかったでしょうし、エンディングを迎えても納得しなかったことでしょう。NARUTOの陰の主役はマダラといってもおかしくはありませんが、カグヤの噛ませ犬でしかないという感想もあります。, NARUTOの最終回は、2話連続になっていてサスケとナルトの戦いの集結、数年後の様子と分かれています。そのために感想もいろいろあります。内容は、純粋に面白かった、感動したという感想もあれば、思っていたものと違ったり、適度にまとめた感じがするという感想もあります。最終回に対しての思い入れが強い分、感想は人それぞれということです。長期連載された作品だからこそ、感想も分かれてしまいます。, ナルトとサスケのライバルとしての戦いは序盤から始まっています。そのために長きに渡る二人の関係の集結を迎えたことにも感想があります。まず注目されたのは最終回前のバトルです。これには迫力のある戦闘シーンだという感想がありました。ナルトとサスケの最後の戦いでもあるので、今までの集大成が詰まっているからの感想でしょう。, 対戦後の和解のシーンが最終回となりますが、このシーンについてもいろいろな感想もあります。サスケがナルトに対してようやく心を開くことになったので、純粋におめでとうという感想もあれば、引っ張ったわりに意外とあっさりとしているという感想もありました。世界を巻き込んだ最後の戦いだったからこそ、読む人によって受け止め方も変わってきます。, ナルト最終回の2話目の700話では、次世代の存在が描かれています。そのことに対しても感想は様々です。読者は今後の展開をいろいろ予想しているので、その結果が知りたいのです。そして結果発表のようになった次世代に対して感想が出て来ています。ナルトと日向、サスケとサクラ、シカマルとテマリの結婚は予想できたようですが、いのとサイ、チョウジとカルイの結婚は予測できないという感想がありました。, その他の感想では、「いろんなキャラクターが老けたり、太ったりしていて面白い」というものや「こんなキャラクターいたっけ?」という感想もありました。過去のたくさんのキャラクターがチョイ役でたくさん登場しているので、読み返さないと分からない人物もいそうです。そして「最後の一コマがナルトの一番最初のコマに繋がっているのが良い」というのもありました。, そして次の「ボルト」に繋がるという感じで終わらせているので、新連載に期待が膨らんでいる人もたくさんいます。それぞれが結婚して生まれた子どもだからこそ、どんな能力が身に付いていうるのかが、やはり気になるところです。父親の能力を受け継ぐのか?母親の能力を受け継ぐのか?それとも両方使えるのか?混ざりあった能力が出来上がるか?などあります。, NARUTOの最終回の最後の一コマは1巻に繋がるように締めくくられています。ナルトと同じように火影を目指す次世代の者たちが表れて次に繋げていくということが分かります。そのためボルトやサラダ、シカダイなどの登場があるのですが、その後のストーリーも「NARUTO外伝」の描かれていますし、現在も作者は変わっていますが「ボルト」として連載をしています。, そこからもNARUTOの最終回からまた新たなストーリーが始まっていることがわかります。ナルトやサスケも年齢的に30代に見えるのでまだまだ現役です。この先に次世代を苦しめる強敵が登場しても戦うことは間違いありません。そう思うと先の話しも楽しみになってきます。ナルトという作品にはまだまだ無限の可能性があるので、次世代「ボルト」にも注目です。, NARUTOは、週刊少年ジャンプの中でもかなりの長寿な漫画です。72巻という巻数の中に忍者の世界をこれでもかと詰め込んでいて、その内容は単純な忍術バトルではなく、戦争が起こることによって生み出される悲劇の物語でもあります。世界を変えるということがテーマとなっているので、どのように世界を変えるのか?忍者とはどのようにして生まれたのか?といったことを最終回に向けて描き続けていました。, そして迎えた最終回は、主人公であるナルトとそのライバルであるサスケの長きに渡る因縁に決着を付けるものになりました。これがナルトのエンディングではありますが、その後のストーリーとして数年後の世界が描かれていたので、まだまだ終わらないという要素も見せていました。そんな次世代に繋げるための最終回やエンディングは、他の作品にないぐらいにしっかりと作り込まれたものになっています。, NARUTO(ナルト)の最終回をネタバレ!サスケや仲間達のその後は?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。.