【最新攻略情報 随時更新】pハイスクール・フリートのパチンコ機種情報。dmmぱちタウンでは、ボーダー期待値、立ち回りポイント、打ち方、激熱演出などの解析情報が充実!来店レポートも随時公開 … 『ハイスクール・フリート』 (High School Fleet) は、プロダクションアイムズ制作による日本のテレビアニメ作品。2016年4月から6月までBS11、TOKYO MXほかにて放送された 。略称と漫画版のタイトルおよび第1話終了まで公表されていた名称は『はいふり』

一夜明け、晴風は機雷に囲まれる。安全と航路確保のため、スキッパ―を利用した掃海が提案され、理都子と果代子がスキッパ―に搭乗して掃海を行うが、機雷に接触して爆発に巻き込まれてしまう。2人は海に投げ出されたものの、明乃と鈴が救助に向かい、事なきを得る。そんな中、美波は自らを実験台にしてウイルスのワクチンを試す。, 4月22日、晴風は学校から武蔵の捜索を指示されるが、艦内の水不足が発覚したため、まずはそちらへの対応を優先する。同月25日、晴風は霧が発生する海域を通過中に降雨に遭遇。水不足は解消されるが、降雨は嵐に変わる。当直を務めていた明乃は落雷で恐怖にかられ、ましろに当直の交代を願い出る。明乃は雷が嫌いになったきっかけをましろとヴィルヘルミーナに告白し、さらに自分ともえかの関係を吐露する。 そんな中、晴風はドイツの留学生艦・アドミラル・シュペーと遭遇。敵対する意思がないことを示すが、シュペーは晴風に向けて発砲。晴風は機関部の問題から速度を上げて振り切ることが難しいため、明乃はシュペーを攻撃することを決意。その最中、シュペーから脱出したボートがシュペーの攻撃で撃沈されるのを目撃する。明乃はボートに乗った人物を救出するため、スキッパーで出る。ましろは戸惑いつつもシュペーの注意を晴風に惹きつける。晴風は主砲でシュペーの船足を落とすことに成功、ボートの少女を救出した明乃を回収して海域を離脱する。そんな時、武蔵艦長のもえかから非常回線で救援要請が入る。, 4月8日、横須賀女子海洋学校では、海上安全整備局が教育艦の異常な行動を受けて強硬手段を準備していることに苦慮する。同じ頃、明乃はもえかからの救援要請に後ろ髪を引かれつつも、横須賀への帰投を優先しようする。その過程で、海上安全委員会が横須賀女子海洋学校所属艦の異常行動を受け、学校所属の艦は各地への寄港を禁止とし、晴風については抵抗した場合は撃沈を許可する旨の通知が出ていることを知るが、状況の報告と自らの潔白を証明すべく、危険を承知の上で横須賀への帰投を急ぐ。

【ハイスクール・フリート】あらすじ! 今からおよそ100年前、プレートのずれにより、多くの国土を水没によって失った日本。国土保全のため、次々と築かれた水上都市はいつしか海上都市となり、それ … ハイスクール・フリート OP High Free Spirits 作詞 作曲 山崎佳祐 編曲 溝口雅大 歌 TrySailタゲ付けました

補給作業中に明乃はブルーマーメイドの平賀と対面し、改めてさるしまに対する攻撃は自衛目的であったことを報告。発砲した志摩については聴取が行われ、五十六が捕まえた小動物についてはひとまず美波が管理することになる。そして補給が終了したという報告を受けた際、明乃は武蔵が行方不明になっていることを知る。, 4月14日、明石、間宮と別れた晴風では、ブルーマーメイドによる志摩の聴取が行われる。同じ頃、真霜は古庄が入院する病院を訪れ、古庄から当時の状況を聞くが、東舞校の艦隊が武蔵を発見したという連絡を受け取り、病院を後にする。東舞校の教員艦隊は武蔵との接触を試みるが、武蔵から攻撃を受け状況は一変。武蔵は教員艦からの呼び掛けに応じることなく、双方戦闘状態に突入する。 『ハイスクール・フリート』 (High School Fleet) は、プロダクションアイムズ制作による日本のテレビアニメ作品。2016年4月から6月までBS11、TOKYO MXほかにて放送された[1]。略称と漫画版のタイトルおよび第1話終了まで公表されていた名称は『はいふり』[2]。, 日本列島の大半が海中に沈んだパラレルワールドを舞台とし、海上の保安と防衛を担う職業であるブルーマーメイドになることを目指してその養成学校に入学し、教育艦「晴風(はれかぜ)」に乗艦した女子生徒たちのさまざまな活躍を描く。, シーンの多くは海上が舞台であり、作中には現用・旧式を問わず、多数の艦船が登場する。また、学生の練習用艦船という設定で、武蔵、比叡、伊201、アドミラル・グラーフ・シュペーなど、第二次世界大戦中に使用された艦船が登場する。, 2015年8月27日発売の『月刊コミックアライブ』(KADOKAWA/メディアファクトリー刊)にて第一報が発表された[3]。以降、本放送開始当日までは作品タイトルを『はいふり』、ローマ字表記も『HAI FURI』とし、正式タイトルと『はいふり』がその略称であることが一切伏せられたまま、プロモーションが展開された。, 2016年2月には放送局や放送開始時期、オープニングテーマ担当が明らかになり、PV第1弾が公開された[4]。, 2016年4月1日には海上保安庁・横須賀海上保安部(第三管区海上保安本部所属)とのタイアップ[5]やエイプリルフールにちなみ、同庁のTwitterで「横須賀海保、アニメ主人公に厳重注意?」というツイートが流された[6]。, 女子生徒たちの担当声優については、放送開始1か月前の2016年3月1日から同月31日まで毎日1人ずつ公開された。, 横須賀市が舞台であり、東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜支社とタイアップしたイベントが行われている[7]。, 2016年9月24日に行われたイベント「ハイスクール・フリート presents 横須賀赤道祭 2016」で、新作OVAの製作が発表された。テレビアニメの後日談で、2017年5月23日にBD/DVDが発売されたほか、本編の再放送に合わせてOVAの前編が放送・限定公開された。, 2018年4月7日に行われたイベント「ハイスクール・フリート 放送開始2周年記念イベント」で、劇場版新作アニメーションの制作が発表され[8]、2020年1月に封切られた。詳細は#劇場版を参照。, 本作の世界では、坂本龍馬が暗殺を免れたことで現実の歴史から分岐しており、日本や世界も史実とは異なる発展を遂げている。, 龍馬の奮闘と西郷隆盛、中岡慎太郎をはじめとする海援隊士たちの活躍により、龍馬は近江屋事件における暗殺の危機を脱する。政治の世界にさほど興味がなかった龍馬は早々に日本の政治の表舞台から退場し、世界を相手にしての貿易事業を起こすことを決断する。その前段階として龍馬は海援隊士や姉の乙女、隊士の妻女たちを連れて世界を見聞するが、この時同行した乙女や隊士の妻女たちが中心となり、後にブルーマーメイドに繋がる「女子海援隊」が発足することになる。世界見聞を終えた龍馬は、五代才助や明治政府内での政策の違いから下野した西郷と共に日本初の海運会社「坂本商会」を設立。坂本商会は海運業を主軸として世界各国と貿易を展開して諸外国との関係を深めていき、日本最大の貿易会社となる。, 一方、日本は日露戦争後の講和条約によって中国大陸進出の足掛かりを失い、さらに石油やメタンハイドレートの採掘に端を発する急激な地盤沈下で平野部が海に沈む。国土の縮小と大陸進出の芽を断たれたことで陸軍の規模は必然的に縮小する一方、海軍が増強されると同時に海上都市の整備が急激に進む。アメリカとイギリスが極東開発の拠点として日本との同盟を重視したことによってこの流れはさらに加速し、坂本商会を通じて資金や先端技術が導入され、日本は海洋立国として劇的な発展を遂げる。, このころ、ヨーロッパでは第一次世界大戦に相当する欧州動乱が勃発。日本が直接参戦することはなかったが、アメリカを含むヨーロッパの国々がことごとく戦火に巻き込まれて動乱は長期化。さらに休戦後も講和会議が戦後処理を巡って紛糾し、講和に多大な労力と時間を費やしたためにヨーロッパ大陸諸国は軒並み疲弊する。こうした中、日本・アメリカ・イギリスを中心とした海洋国家は協力体制を確立し、シーレーンの安全確保のための国際機関設立を進め、海上安全委員会を中心とした国際海洋機関を設立。日本は海洋大国として、アメリカ・イギリスとともに世界に確固たる地位を築くことに成功する。なお、一時緊張した時期はあったものの、坂本商会が外交に尽力して日本とアメリカ・イギリスの友好関係がおおむね良好に保たれたこと、欧州動乱においてヨーロッパ大陸諸国が疲弊したことで再び争う余力がなかったこともあり、この世界では第二次世界大戦は起きていない[9]。, また、本作の世界では飛行機やヘリコプター、ミサイルは理論が確立されなかったために存在せず(飛行船は実用化されている。また、作中に登場する噴進魚雷は実在するアスロックに似ているがミサイルではなく、噴進弾を利用して航続距離を伸ばした魚雷である)、人工衛星がないためGPSも存在しない(人工衛星を使わない類似のシステムは存在する)。このため、現実世界における航空母艦は飛行船支援母艦として運用されており、本作登場の艦船の飛行甲板に相当するものは、全て飛行船用の甲板である。なお、この世界では先述した通り航空機が実用化されなかったため、「航空機の台頭による大艦巨砲主義の終焉」は起きなかったが、噴進魚雷の実用化によって小型艦艇でも大型艦をその搭載艦砲の射程圏外から撃沈することが可能になった結果、各国は小型艦艇の大量建造にシフトし、大型艦の必要性が薄れたことで終焉を迎えている。, 幼い頃、岬からブルーマーメイドの当時の旗艦・大和を見た岬明乃と彼女の幼馴染の知名もえかは、お互いブルーマーメイドになろうと誓いを立てる。時は流れ、9年後。明乃は神奈川県横須賀市にあるブルーマーメイドを養成する横須賀女子海洋学校に入学、そこでもえかと再会する。その後のクラス分けで、明乃は晴風の艦長に、もえかは武蔵の艦長にそれぞれ任命される。, 晴風に乗艦した明乃は海洋実習に参加すべく、艦を出港させる。だが、彼女たちを待ち受けていたのは明るく楽しい学校生活ではなく、さまざまな出来事に翻弄される日々であった。, 横須賀女子海洋学校の航洋直接教育艦「晴風」に乗艦する31名の少女たち。入学試験の成績があまり良くない者が集まったクラスといわれているが、明石艦長の杉本が「変わり者の寄せ集め」と評したように、何かしらの特技や特徴を持った者が多い。入学早々の航海実習で反乱の嫌疑をかけられてしまうが、数々の難局を乗り越え、艦長の明乃を中心にしてクラス全員が結束していく。, 「時津風」「天津風」の乗員たちはゲーム「艦隊バトルでピンチ!」にて初登場し、劇場版にも登場する。, 本作に登場する艦船は実在した艦船に類似しているが、砲塔に自動揚弾・装填機構が備わるなど、各部の自動化・省力化が徹底的に進められ、少人数の女子でも運用できるようになっている。また水上レーダーやソナーなどの電子設備は最新のものに換装されている(飛行機が存在しないため、対空レーダーはない)他、GPSの代わりにTACANに似たシステムが搭載されているなど、実在した艦船とは若干の差異が存在する。, 男子を含め、海洋学校に所属する教育艦は1隻の艦がひとつのクラスであり、晴風のような小型艦から武蔵のような超大型艦に至るまで、乗員数(クラス人数)はすべて30名である。, 2017年1月から3月にかけて、BS11にて「パッケージリマスター版」が再放送された。番組タイトルは、本放送時は「はいふり」となっていた1話から「ハイスクール・フリート」として放送。全12話終了の翌週(2017年3月31日)には、OVA前編「納沙幸子がピンチ!」が特別先行放送された[47]。2018年1月よりBS11にて2度目の再放送が行われ、2019年1月より同じくBS11にて3度目の再放送が行われた。3度目の再放送では、第11話放送の翌週にアプリゲーム『〜艦隊バトルでピンチ!』の特番がオンエアされ、最終回はその翌週に回された。2020年1月1日には、OVA前[48]・後編[49]が放送された。, 2016年4月6日に岬明乃(夏川椎菜)と知名もえか(雨宮天)によるキャラクターソング『わたしたち記念日』が発売された[57]。, 『明乃とましろのハイスクール・フリートラジオ 晴風艦内放送』のタイトルで、2016年4月9日から7月2日までニコニコ生放送にて毎週土曜日23時30分に配信されていた[77]。また、ニコニコ生放送の2日後、HiBiKi Radio Stationにて毎週月曜日に本放送のアーカイブ配信と「楽屋裏」が更新された。4月9日配信分は『明乃とましろのはいふりラジオ(仮)』第0回として配信された。パーソナリティは夏川椎菜(岬明乃役)とLynn(宗谷ましろ役)。, 『劇場版 ハイスクール・フリート』のタイトルで、2020年1月18日より公開[78]。アニメーション制作はA-1 Picturesが担当、TV版のメインスタッフは継続して参加する[79]。2019年4月14日に行われたイベントで、公開時期や正式タイトル・メインスタッフが公開された[78]。キャッチコピーは「横須賀に吹く、新しい風―」「みんなと過ごす、かけがえのない時間。」「守るべき艦(いえ)、進むべき航路(みらい)」「仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。」[41]。, 晴風クラス解体の危機から3か月後。横須賀女子海洋学校では、呉女子海洋学校、舞鶴女子海洋学校、佐世保女子海洋学校の3校の生徒を横須賀に迎え、計4校による競闘遊戯会(きょうとうゆうぎかい)が開催される。晴風クラスをはじめ、横須賀女子海洋学校の生徒たちは遊戯会のホスト校として横須賀市内で歓迎会の各種出し物を開催、明乃とましろも自分たちのクラスの出し物のチェックとフォローに走り回る[80]。その最中、明乃とましろは外国から日本へ父親を捜しに来たという少女・スーと出会い、彼女のためにいろいろと世話を焼く。一方、ましろは教官の古庄から、比叡の艦長就任を打診される。自分たちの現在と将来の夢のことを考え、思い悩む明乃とましろ。そんなふたりをよそに遊戯会は2日目の競技会が開催されるが、そんな時、真雪のもとに水生成プラントが多数の人質とともに海賊に奪われ、これまた海賊に乗っ取られた海上要塞との合流を図っているとの連絡が入る。そして図上演習競技の決勝で明乃とましろが対戦している最中、突然横須賀港の出口付近で廃棄フロートが爆沈。フロートを港の入り口まで手引きしたのは、父親を捜してやるからと海賊に言いくるめられて協力したスーだった。爆沈したフロートのせいで港内に停泊していたブルーマーメイド艦隊は出動不能、強固な要塞を止める手立てが限られる中で、もえかは女子海洋学校4校の所属艦艇で構成される学生艦隊を編成して海上要塞の制圧に向かう作戦を真雪に進言する。旗艦の武蔵に真霜が現場責任者として座乗した学生艦隊は、真冬が艦長を務めるべんてん、作戦に協力を申し出たシュペーとともに洋上プラントの奪還と海上要塞の鎮圧に向かう。, BD/DVDブックレット内の「納沙幸子の裏航海日誌(検閲済み)」で、その文書を見ることができる。, 日本語としての正しい表記は「ウイルス」だが、第8話作中の「密閉環境における生命維持および低酸素環境に適応するための遺伝子導入実験」報告書には「ウィルス」と表記されている。, アニメ本編内での字幕表記は「第1話」「第2話」の形式、アニメ公式サイト内での表記は「#1」「#2」の形式になっている。, ましろの不運に関しては、コミックス6巻で次姉の真冬から「自信がある時に注意力が下がるのが原因だ」と言われている。, 第6話でましろが言った「Always on the deck」は本来「常在戦場(常に戦場にあり)」という意味だが、彼女は「常に艦橋にいること」と誤って解釈している。, OVA『ハイスクール・フリート』特装限定版付属ブックレット 22-23頁。書籍上の記述は「晴風II」だが、呼称は「はれかぜ」であり、IIは記述時のみ使用。, スタートしたばかりのアニメ「はいふり」、1話放送後に「ハイスクール・フリート」にタイトル変更 ※ネタバレあり, 新アニメ企画『はいふり』が、本日発売の月刊コミックアライブ表紙に! キャラ原案は『のんのんびより』のあっと氏!, 4月新番『はいふり』OPテーマは、人気女性声優ユニット「TrySail」が担当!?