原チャリは「ゲンチャリ」と読み、スクーターやバイクなどと同じく、二輪車のことを指す俗称です。 バイクを所有すると「軽自動車税」と「重量税」の2つの税金を支払う義務が生じます。毎年一回、4月1日時点のバイク所有者が支払うのは「軽自動車税」です。「バイクの税金はいつ来るの?」「いつまでに支払うの?」と多くの方が気になられている税金はこの こちらは税額が1年ごとに計算される点は軽自動車税と同じですが、納税通知書が送られてくることはありません。 前述したとおり、自動車重量税は、新車の購入時もしくは車検時に次回の車検までの年分の税額をまとめて支払うというスタイルですから、納税を忘れることはないでしょう。, 先ほど説明したとおり、軽自動車税は、毎年4月1日時点の所有者に対してかかるものです。, ですから、軽自動車税の対象となるバイクを廃車する場合は手続きの簡便から、3月中に済ませておくのが1つのタイミングといえます。3月中に廃車の手続きが完了していれば、4月1日時点では所有者ではなくなりますので、軽自動車税を納める必要がなくなるからです。, ただし、バイクの引取り業者に依頼しただけでは廃車という扱いにはならず、3月中に廃車手続きまで完了させなくてはなりません。そのため、引取り業者に依頼する場合は、3月中の廃車手続きが可能かを確認しておくと良いでしょう。, 最後に、自動車重量税の対象となるバイクを廃車にしたときの扱いを説明します。 表にある改正後とは平成28年度〜のものです。, 軽二輪車(126cc~250cc)は新規登録時(新車購入時)のみ4,900円、、小型二輪車(251cc以上)の場合は車検の度に1,900〜2,500円かかります。 250cc以下のバイクは、排気量に応じて軽自動車税の金額が変わります。, ちなみに、道路運送車両法による名称は50cc以下を原動機付自転車(第一種)、50cc超〜125cc以下を原動機付自転車(第二種)と区分されますが、税額は90cc超が境になっています。, 税額がもっとも低いものは、原動機付自転車(いわゆる「原付バイク」)に区分されるもので、90cc以下の原動機付自転車は年間2,000円です。, 125ccを超えると原動機付自転車には該当しませんが、このうち250cc以下のものは「二輪の軽自動車」として、やはり軽自動車税の対象です。そして250ccを超えると「小型二輪車」に区分され、軽自動車税の税額は最大になります。, バイクの自動車重量税は、自家用と営業用で税額が異なりますが、本記事では自家用として説明します。, バイクの自動車重量税は、バイク購入時または車検時に排気量に応じて課税されます。排気量125cc超〜250ccの「二輪の軽自動車」だけは、新車登録時に一括で税額を負担する点に注意しましょう。250ccを超える二輪の小型自動車は新規登録からの経過年数に応じて税額が決まります。, 250ccを超える二輪の小型自動車は2年ごとの継続検査を受けることになりますので、車検を受けるときに2年分、納付することになります。, まず軽自動車税については、毎年4月頃に郵送される「納税通知書」を使って5月末までに納税します。期限内であれば、地方自治体が指定する金融機関の他、コンビニで支払うこともできますので、都合に合わせて納付方法を選んでください。, 一方、期限に間に合わなかった場合はコンビニなどで納税通知書が使用できなくなることもあり、その後延滞金が生じる場合もあります。期限を過ぎてしまった場合はすみやかに各自治体に問い合わせ、指定される方法で速やかに納税しましょう。, 延滞金は、納期限から実際に納めた日までの日数に応じて算定され、延滞するほど税額に延滞金が加算されます。, 延滞金の割合は、年によって異なりますが、平成31年(令和元年)は次の2パターンの率で算定されます。簡単に説明すると、期限の翌日から1ヵ月以内は年2.6%、それ以降は年8.9%の割合です。, 次に自動車重量税の納税について説明します。 地域によっては、納付書の期限が切れていても一定期間は支払える場合があるので、確認しておくことをおすすめします。, 納付期限を過ぎてしまった時点で延滞料が発生します。 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。自動車税は13年を超えると高くなるのかご説明。自動車税は車検証に記載の新規登録日から、13年以上経過すると高くなります。10年・13年・18年など古い車(中古車)の自動車税・自動車重量税の重課もご説明。 本記事では、原チャリの意味や、免許の種類、維持費、保険、名義変更についてご説明します。, 電気自動車とともに注目される電動バイクは、手軽に乗れる原付を中心にさまざまな種類がラインナップされています。 クレジットカードの場合オンラインで支払いが完了する手軽さの一方で、手数料がかかってしまうこともあるので注意しましょう。, 軽自動車税の支払期限は5月31日です。納付書が届くのが5月上旬ですから、2~3週間しか猶予がありません。, まず、コンビニ支払いができなくなってしまい、各自治体が指定する金融機関やJA、市町村の税務課に出向いて支払うことになります。 所有しているバイクの重さや初年度 … 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。バイク(125cc・250cc・400cc)や原付の税金のご説明。バイクを所有することでかかる税金には軽自動車税と自動車重量税があります。排気量などによって税額が変わります。支払い時期や注意点もご説明。 その他にも維持費を安く抑えることができるなど、125ccスクーターには多くのメリットがあり、通勤や通学などにバイクの利用を考えている方には、125ccスクーターがおすすめです。, 原チャリとは、どのような乗り物なのでしょうか。 本記事では、バイクのライディングシューズの特徴や他のシューズとの違い、ライディングシューズの種類、おすすめの理由などご説明します。, 中型バイクを上回るパワーやスポーティな走りに魅せられ、大型バイクの免許を検討する方もいるでしょう。 本記事では、リバーストライクの特徴や、トライクの免許区分、バイクとの違いについてご説明します。, 街でよく見かける3輪のバイクとしては、デリバリー用の屋根付き原付3輪がありますが、他にも構造的にさまざまな種類やバリエーションがあります。 二酸化炭素などを排出せず、ローコストをはじめさまざまなメリットがあり、電動バイクのニーズは今後ますます高まるものと期待されます。 125cc以下については重量税はかかりません。非課税です。 本記事では、オフロードバイクの特徴から種類や楽しみ方、オフロード走行に必要なヘルメットやゴーグル、ウェアについてご説明します。, バイクを運転するときは、ヘルメットをかぶるなどの安全装置の装着が義務付けられていますが、足元にも要注意です。 5月上旬ごろに住んでいる地域の市町村から納付書が送られてくるので、銀行などの金融機関やコンビニエンスストアで支払えば納税完了です。, 近年では現金以外にも、一定の手続きを行うことでクレジットカードでの支払いも選択できます。 上記の表に示したので、乗りたいバイクにいくら税金が課税されるのか、購入の際の参考にしてください。 本記事は、2016年4月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。 最新記事一覧.