iPhone/iPadの IMEIコードを使ってiCloudアクティベーションロックを強制解除 することができます。 Windows XPから10で利用することができデモ版は無料での利用が可能です。ただしネットワークのロックは解除できないので注意が必要です、 iPhone 8を落としてしまいタッチパネルが壊れると、パスコードが入力できずに困ることがあります。液晶画面が反応しないので、最初のロック画面を解除することが出来ないからです。, パスコードを忘れてしまうなら、iPhone 8の設定を変更するときにも困ります。機能制限が掛かっている設定を変更するためには、パスコードの入力を求められることがあります。, アプリを購入するときに、指紋認証が上手くいかず、パスコードの入力が必要になることもありますね。, あらゆる場面で必要になるパスコードを忘れてしまうと、色々と支障が出てきます。どのように解除できるのか、調査してみました。, iPhone 8のパスコード、をiTunesで解除する方法をチェックしてみましょう。操作手順について解説します。, ステップ2、iPhone 8をiTunesと接続している状態で、音量(大)ボタンと音量(小)ボタンを順番に素早くタップし、iPhoneの画面に「iTunes マーク」が表示されるまで電源ボタンを長押しして、デバイスをリカバリーモードにします。, ステップ3、iTunesに表示されるアップデートか復元を選択するメッセージが出たら「復元」を選択します。これでiPhone 8が初期化され、その後パスコードが解除されたことを確認しましょう。, iTunesを使ってiPhone 8のパスコードを解除すると、電話機の中に入っていたデータが全て消えてしまうので気を付けてください。iPhoneのバックアップを取っていたのであれば、復元することが可能です。もしもの時のために、バックアップをこまめに取るのは大切なことです。, iPhone 8のパスコードは6桁なので、iTunes以外の方法で解除するのは難しいと感じるかも知れません。実はiTunesよりも簡単な方法があります。iPhone/iPad/iPod用専門的なパスコード解除ソフト「Tenorshare 4uKey」を使うと、6桁のパスコードも簡単に解除できます。, 操作手順はシンプルで、初心者の方やiTunesでの初期化がうまく行かない場合におすすめします。特におすすめです。, ステップ1、パソコンで4ukeyを起動し、iPhone 8をパソコンにUSBケーブルで繋ぎます。パソコンがiPhone 8を認識したら、「開始」ボタンを押します。, ロック解除ボタンを押した後は数分、パスコードを解除するために時間が掛かることがあります。作業中は絶対にパソコンの電源を切ったり、iPhone 8との接続を切ったりしてはいけません。, このiPhoneパスコード解除ツールはパソコン操作が苦手な人でも、指示通りにして行けば、簡単に6桁のパスコードを解除できるようになっているのがメリットです。分かりやすいインターフェースのため、誰でも説明書を読まなくてもすぐに使えます。, 個人情報を保護するため、パスコードの設定と定期的なパスコード変更も大事です。iPhone 8のパスコードを設定したり、変更したりする方法は下記の通りです。, ステップ1、iPhone 8の設定アプリを起動させ、設定画面で「Touch、IDとパスコード」を押します。, ステップ2、パスコードを設定していない場合はパスコードをオンにします。そして、設定したいパスコードを2かい入力すれば操作完了です。設定してあるパスコードを変更する場合は、「パスコードを変更」を選択します。あとは古いパスコードを入力してから新しいパスコードを2回入力ましょう。, iPhone 8のパスコードを解除する方法は、iTunesを使う手段と4uKeyを使う方法があります。4uKeyを使う方法だと、パスコードを解除する方法を画面で親切に指示してくれます。初めて解除をする人でも、指示通りにして行けば問題なくiPhone 8を再び使えるようになります。まさにパソコン操作が苦手な人や、解除の複雑な操作が面倒くさい人におすすめのソフトです。, Copyright © 2020 Tenorshare Co., Ltd. All rights reserved. しかし解読ができるといっても一般的な手段ではないため、忘れた場合のリスクは大きいので、一番の対処法は、「忘れた」となることがないように自分だけが覚えている場所にメモしておく等、アナログな対処法が有効といえるでしょう。, iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合、実際に使う上でどうなるか、というと要するにiPhoneの「機能制限」が解除できなくなるということです。つまり、機能制限を受けたままであれば、機能制限パスコードを忘れた場合も使い続けることができるのです。 まずはバックアップです。上で書いたように一般的なバックアップからiPhoneを復元すると、機能制限のパスコードまで復元されます。そのため様々な方法でバックアップを取ると良いでしょう。電話帳の保存ソフトなどを活用するのもいいかもしれません。 LINEと言えば乗っ取りなどがニュースでも取り …, 電話番号や携帯キャリアの情報などが記録されているSIMカードは、キャリアごとにサイズが微妙に異なります。 でも、その条件に合致せずiPhoneの機能制限パスコードを忘れたまま、機能制限されたままでは困る、という場合もあると思います。そういう場合の対処法とはなにかあるのでしょうか。 2020/10/21 17:48 / カテゴリ:iPhoneロック解除 >>, 普通、iPhoneの画面ロックを解除するには、パスコードやFace ID/Touch IDが必要です。ただ、偶には何らかの事情でiPhoneのロックを解除したいけどパスコードがわからない場合もありますね。その時は、どうすればいいでしょうか?, この記事は、上記のようないざという時に備え、パスコードがなくてもiPhoneの画面ロックを解除できる簡単かつ有効な3つの対策をご紹介したいと思います。いずれもiPhone全シリーズに適用する方法なので、ぜひ参考にしてみてください。, デバイスで「iPhoneを探す」機能がオンになっている場合は、パソコンとの接続が要らず、またはデバイス本体は手元になくてもiCloud経由でiPhoneのロックを解除することができます。それでは、具体的な操作手順を見ていきましょう。, ステップ1.まずは、ブラウザでicloud.comを開き、Apple IDとパスワードを入力してサインインしましょう。そして、『iPhoneを探す』をクリックします。, ステップ2.次の画面でブラウザウインドウの上部にある「すべてのデバイス」で、ロックされたiPhoneを選択します。, ステップ3.「iPhoneの消去」をクリックすれば、アイフォンは強制的に完全リセットされ、画面ロックも同時に解除されます。, Tips:リセットが完了してデバイスが再起動したら、Apple IDでiPhoneのアクティベーション設定を済ませたら終わりです。ただし、この方法は、事前に設定で「iPhoneを探す」機能を有効にする必要があります。もし、iCloudでパスコードロックを解除でない場合は、次の方法を試してみましょう。, iTunesを使ってiPhoneのロックを解除するのは、一番使われるアップル公式的な対策です。この方法を利用することによって、iPhoneをリカバリーモードから復元し、パスコード/Face ID/Touch IDを削除してロックを解除することが可能です。操作方法は以下の通りです。, (※ 予期しないエラーを起こさないよう、iTunesは最新バージョンであることをご確認ください。), ステップ1.ロックアウト状態のiPhoneをコンピュータと接続して、iTunesを起動します。, ステップ2.デバイスをPCに接続した状態のまま、手動でiPhoneをリカバリーモードにしてください。, 手動でiPhoneをリカバリーモードにする方法はモデルによって若干異なりますので、それぞれの手順は下記をご参照ください。, ステップ3.無事にリカバリーモードに入ったら、iTunesで下のウインドウが表示されます。そこで、「復元」ボタンをクリックしてください。これで、iPhoneの完全リセットが行われます。, しばらくすると、iPhoneのロックが解除され、バックアップからデータを復元、または新しいiPhoneとして利用できます。もし、iTunesが使えない、またはパソコンが苦手でより簡単な方法でiPhoneのロックを解除したい場合は、次の方法をチェックしてください。, 上記二つの方法が使えない、または機械が苦手でうまくiPhoneをリカバリーモードにすることができない場合は、一番簡単で安全な方法を利用しましょう。「iMyFone LockWiper」は、iOSデバイス専用のパスコードロック解除ツールとして、パスコードの種類やモデルを問わず、アイフォンがコンピュータに認識できる状態である限り、iTunesを使わなくてもiPhoneの画面ロックを数分で解除することができます。, 事前にiPhoneを手動でリカバリーモードにする必要もなく、画面の指示に従って操作ボタンを数回クリックするだけで解決済みなので、まさに初心者に最適なiPhoneのパスコードを簡単に突破する方法です。それではさっそく、下記よりソフトをPCやMacにインストールして試してみましょう。, ステップ1.LockWiperを起動して、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。そして、メイン画面から「画面パスコードのロックを解除」>「開始」>「次へ」の順に進みます。, ステップ2.次の画面で、ロック解除に使うためのファームウェアが自動的に検出されますので、バージョン確認して「ダウンロード」をクリックします。ダウンロードと検証が完了したら、「解凍」をクリックして、処理が完了するまでしばらくお待ちください。, ステップ3.「解除開始」ボタンをクリックし、注意事項をしっかり確認して「000000」と入力して作業実行の再度確認を行い、「解除」をクリックしてロックの解除作業を開始しましょう。, 数分後、お使いのiPhoneが自動に再起動し、画面ロックも確実に解除されます。iPhoneの利用開始画面から設定を新しくするか、バックアップからのデータ復元を実施してください。, LockWiperを使って、パスコードなしでiPhoneのパスコードロックを解除する動画ガイドをご覧ください。, 以上は、パスコードなしでiPhoneの画面ロックを解除する三つの方法です。接続上の問題でエラーが発生しなければ、上記の方法では確実にロックされたデバイスを復活させることができます。とくにパワフルなiPhoneロック解除ソフトの「iMyFone LockWiper」は、動作が軽くて安定して、複雑な操作も一切なくて初心者の方でも手軽に利用できますので、ぜひ試してみてください。, Home > iPhoneロック解除 > 【簡単有効】パスコードなしでiPhoneの画面ロックを解除する方法, ダウンロードセンター また、iOSのバージョンなどによってはうまくいかない可能性もあるので無駄手間となる可能性もありますが、機能制限を設定する以前のバックアップデータがある場合には使える方法かもしれません。, PCとiPhoneを接続し、iTunesを開くと、iPhoneに関する画面になりますので、上の写真のように「バックアップを復元」をクリックし、バックアップデータを復元します。, すると上記の画像のようになりますので、復元したいバックアップデータを選び「復元」を押すとiPhoneの復元が開始されます。, iPhoneをバックアップデータから復元化する場合に、バックアップデータを暗号化にチェックを入れていた場合、復元する際にも設定したパスワードが必要となります。もちろんこちらを忘れた場合、機能制限はおろか復元事態が不可能になります。 これも事前にバックアップデータをとっている、という条件に加え、いつくらいに機能制限の設定をしたか覚えているという条件付きになってしまいますが、この条件に合致する場合、「復元」という対処法があります。, iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法として「復元」を挙げましたが、これが適用できるのは相当なレアケースと言っても良いでしょう。 このiPhoneの機能制限を解除するためには、あらかじめ設定したパスコードを入力することでiPhoneの機能制限を解除することが出来るのです。, このiPhoneの機能制限と、この機能制限のパスコードについて、iOS12からは「設定」の「スクリーンタイム」から設定するようにアップデートされました。 iPhoneのセキュリティは完璧にできています。パスコードもしくは顔認証などをしなければ、他人が使うことはできません。しかし自分のiPhoneのパスコードを忘れてしまったら?もし、中古で買ったiPhoneにパスコードがかかっていたら?そんな問題を解決するアプリをご紹介します。 化問題を解決する方法, データ紛失なしでスクリーンタイムパスコードを解除する方法. ここではそういったiPhoneの機能制限パスコードを間違えたときの挙動についてご紹介していきます。, iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合、適当に入力するのは少し待ったほうが良いでしょう。なぜなら、iPhoneの機能制限パスコードは連続で失敗すればするほど「次のチャレンジ」まで待つ時間が増えていくためです。 erc入力画面に取得した8桁コードを入力すると・・ 成功!無事解除されて、ナビが再起動される。 ではiPhone側でそういった課金機能制限などの設定はできないのでしょうか?実は可能です。ここではそんなiPhoneの機能制限や、その機能制限を解除するパスコードの役割についてご紹介します。 上段にセキュリティ解除コード16桁を入れ、赤枠のボタンを押すと、erc解除の8桁コードが表示される. Siriを使ったパスコード解除の裏技は、すべてのiPhoneに有効というわけではありません。 解除できるiPhoneモデルはiPhone 5以降ですし、iOSも8~10まででなければいけません。 開いて5行目から12行目までを削除し、その後右クリックして「Restore selected item(s) to device」を選択し、確認にYesを押せば完了です。. iPhoneのセキュリティは完璧にできています。パスコードもしくは顔認証などをしなければ、他人が使うことはできません。しかし自分のiPhoneのパスコードを忘れてしまったら?もし、中古で買ったiPhoneにパスコードがかかっていたら?そんな問題を解決するアプリをご紹介します。 パスワードやパスコードは例えばPC内を検索したら出てくるようにするなど、何らかの手段で「忘れた!」と困ることがないようにすることが大事でしょう。, iPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合の対処法として最もポピュラーな方法は、この「初期化」になります。ただし強制的な初期化となるわけで、中身のデータは削除されてしまいます。そのため十分なバックアップデータをとっておく必要があります。 では、実際にiPhoneの機能制限パスコードを忘れた場合はどうなってしまうのか、という点についてご紹介していきます。, iPhoneの機能制限パスコードについては、自分でメモ等を残している等の特別な条件を除いて、iPhoneのどこかにパスコードが保存されていたり、バックアップデータとして残っている、ということはありません。つまりiPhoneの中を検索しても出てきません。 皆さんiPhoneのスクリーンタイムのパスコードを忘れた時の対処法をご存知でしょうか。リカバ... iPhoneでSafariを使ってインターネットを閲覧すると検索履歴が残ります。Safari... iPhoneのスクリーンタイムはiOS12から搭載された新機能です。スクリーンタイムはiPh... iPhone(iOS12)を起動する際のパスコードはデフォルトで6桁の数字になっています。ち... iPhoneのパスコードを4桁や6桁以外の好きな桁数で設定する方法をご存知ですか?個人情報の... iPhoneのパスコードは、デフォルトで6桁の数字コードで設定する設計になっていますが、4桁... 機能制限を受けたままであれば、機能制限パスコードを忘れた場合も使い続けることができるのです。, iBackupBot - iTunes Backup Manager for iPhone, iPod Touch, iPad. 以下にそのペナルティについて表でまとめています。, iPhoneは盗難された場合の対策として、設定をした場合、10回ロック画面からのパスコード入力を連続でミスすると初期化、すなわち強制的にデータが削除されてしまう設定にすることもできます。ただし条件として予め自分がそういった設定にしていた場合です。 実際に内部データの検索や分析、解読等がどう行われているかはわかりませんが、イメージ的にはこういう動きで機能制限のパスコードをリセットしよう、というソフトなわけです。 パスコードとは、機能制限をオン・オフするのに必要で、便利な一方、パスコードを忘れた場合などはiPhoneの内部を検索しても容易に解読できないので使う際は「忘れた!」ということのないようにしましょう。, そもそも、iPhoneの機能制限とは何なのでしょうか。いわゆる「ペアレンタルコントロール」と呼ばれるもので、主に子供にiPhoneを使わせる際に、余計な課金などが出来ないように機能制限をかける機能のことで。