免責事項 | 最小回転半径:5.5m. > プジョー 508swの最新自動車ニュース/記事 試乗レポート 508シリーズのベストバイはSWだった! |プジョー 508SW試乗 2019/10/16 508SW(プジョー)車カタログの口コミ・クチコミ・評価・評判一覧からお気に入りの車を探す。車種ごとのスペックやクチコミで気になる車情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」! プジョー 508SWを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい … 中古車物件数461,357件 「買い」か? プジョー 508に実際に乗っているオーナーのレビューや口コミが満載。実燃費やエクステリア・インテリアに関する情報や、メンテナンス・カスタム方法が充実。プジョー 508の様々な情報がここに!日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 ー サルーンと変わらぬ好印象な走り [カービュー] - 自動車総合情報サイト トップへ, carview!はYahoo! 40件中3件目 [ 前の口コミ | 次の口コミ] お初のフレンチ。私には絶品です! 総合評価: 4.0. スペック > モデルチェンジを果たした「プジョー508」に、実用性の高いステーションワゴンが登場。フランス流のスタイリッシュなデザインをまとい、サルーン以上の魅力があると評価されています。ポルトガルの道で、その仕上がりを確かめました。, どんなクルマ? ご意見・ご要望 | > ガイドライン | MAZDA6 WAGON 全長×全幅×全高:4805mm×1840mm×1480mm ホイールベース:2750mm. carview! 利用規約 | suv; ハッチバック; セダン・ワゴン; ミニバン; 軽自動車; オーナーズレビュー. carview! 法人加盟店募集 | どんな感じ? 以前プジョー508GTのセダンを長距離テストして以来、ステーションワゴンのSWが気になって仕方がなかった。そのレポートにも書いたが、GTの場合235/45ZR18サイズのタイヤを履いており、スポーティさはあるものの、若干ばね下の重さからくるバタつき感があったのだ。, またディーゼルということもあり、フロントの重さもぬぐえなかった。一方の508SWはリヤ側にも重量が増え、バランスが取れるのではないか。加えてグレードがアリュールのため215/55R17とサイズダウンし、よりしなやかな乗り心地を得られるのではないかという期待があったのだ。, プジョー 508はセダンであってもリヤにハッチゲートを備え大開口部をもっている。にもかかわらず十分なボディ剛性を備えており、それはまるでSWをベースに設計されたかのような印象を与えていた。今回508SWに乗ってみて、その印象に間違いはなく、全くといっていいほどボディ剛性が落ちていないのだ。剛性が落ちていると段差を超える際に、フロアまわりやステアリングポストが”ぶるぶると震える”ことがあるのだが、508SWはそういったことは一切なかった。, ゆっくりと混んだ街中を走らせていると、明らかに乗り心地がしなやかになったことが感じられた。荒れた路面は当然のこと、大きなうねりのある路面を超えた時などに、サスペンションがきれいにショックを吸収してくれる。加えてバネ下が軽いので、どたばたとタイヤが暴れず、見事に上質な乗り心地を醸し出していた。これはボディ剛性が高く、かつサイズダウンしたタイヤが大きく影響している。ボディ剛性が緩いと足まわりをしなやかに動かすことができなくなるのだ。, そういう意味でも、ボディとサスペンションセッティングは評価に値する。少し速いペースに身を任せてもこの印象は変わらない。タイヤが小径な分、乗り心地のしっとりとしたクルマに仕上がっている印象であった。, セダンと比較をして全長で40mm長くなった(全てリヤオーバーハングに充てられた)こと以外、サイズに変更はない。しかしアリュールの場合サンルーフがつかないので頭上高がある程度確保され、後席の居住性も向上するというメリットが生まれる。特にSWの場合リヤウインドウが頭上近くにないため、さらに快適に過ごすことが可能だ。, 高速に乗り入れると乗り心地の印象はさらに高まる。特に60km/h以上になると、しなやかさとともにフラット感も一気に高まってくる。さらにコーナー途中に段差があったとしても、タイヤがしっかりと路面を捉え、飛び跳ねることがないので安心して走行することができた。, 高速走行で最も驚いたのはスタビリティ、直進安定性だ。セダンも同様に直進安定性は抜群だったのが、一つだけ気になることがあった。それは、ステアリングがシャープすぎるなことだ。, プジョーの場合i-Cockpitを採用しており、小径ステアリングとその上から見下ろすようにメーターをレイアウトしている。多少慣れは必要だが、街中で使う分にはほとんどの交差点でステアリングを持ち替えることなく、スムース&きびきびと走ることが可能だ。, 一方ボディが大きく、ステアリングが過敏であると、わずかにステアリングを切っただけで予想以上に反応することがある。これはプジョー 5008などが顕著だったが、その傾向がこの508でも感じられていた。, しかし508SWアリュールの場合、その過敏さが影を潜めていた。これはタイヤが小径になったことなどから、わずかに高速での切り初めに緩さが生じたのだ。そのうえステアリングの過敏さが消え、小径ステアリングにもかかわらずドライバーの意思に反する動きが無くなったからだ。従ってセダン以上に肩の力を抜いて、淡々と長距離をこなすことが容易に可能になった。, 長距離移動において、直進安定性とともにシートの"デキ"は乗員の疲労度を大きく左右する。その点508SWアリュールのファブリック/テップレザーシートは快適で、路面からのショックをこのシートでも吸収してくれる。そのうえ適度なホールド性も持ち合わせているので、一気に高速を500kmほど走っても疲労は感じなかった。, ここで安全運転支援システムについて触れておきたい。高速での移動時はほぼ全域においてアダプティブクルーズコントロールを使用した。その理由はアクセルペダルの角度が今ひとつで、足首が疲れてしまうからだ。そこで単眼カメラではあるものの、比較的出来の良いこのシステムを使った次第だ。, 他のPSA各モデルと比較すると7・8速を頻繁に行き来させ、エンジンブレーキを使いながら速度調整をしている印象が強かった。以前よりブレーキランプを点灯しての速度調整は減ったようである。, それでも他社と比較するとその頻度は多め。最も気になったのは速度を80km/hにセットした後、100km/hまで加速。その後アクセルを戻して80km/hに戻るのを待つといったシチュエーションがあるとする。多くのクルマはエンジンブレーキを使い、自然にその速度まで落ちるのを待つが、508SWの場合はブレーキングして一気に速度を落とすことがあるのだ。これは気持ちの良いものではないうえ、後続車がいた場合には危険を伴うこともあるので、ぜひ改善してもらいたい。, 直進安定性とアダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストとの関連では、GTなどの235/45ZR18よりも、今回の215/55R17のほうが修正舵はほとんど入らず、非常にスムースに走る印象であった。, また、レーンキープアシストは、極稀に違う白線を読むことや、トンネルの出口などで左側の白線が一気に広がった時に、それを読んで左にハンドルがとられることがあったので注意が必要だ。, ボディ重量1,540kgと比較的軽めであり、1.6L直列4気筒ターボ133kW/5,500rpm(180ps)、250Nm/1,650rpmを発揮するエンジンは必要にして十分。決して自己主張するものではなく、裏方のようなエンジンではあるが、その実力は燃費にも表れており、今回の結果は以下の通り。, 朝夕の渋滞では8km/L台まで落ち込むこともあるが、少しでも流れ始めれば、一気に回復するので効率の良さが伺えた。いずれにせよ、1.6Lターボのガソリンエンジンとしては優秀な数値といえよう。, 実はこの508SWアリュール以前に、508セダンのガソリンモデル、508GT Lineにも試乗していた。そういった各バリエーションを合わせて、508のベストバイを考えると、今回借り出した508SWアリュールと結論を出したい。, その理由は十分な足の長さを持ちつつ、上級グレードにあった足のバタつきなどもクリア。さらに直進安定性も向上するなど、魅力がより一層向上しているからだ。まだ乗っていないがセダンのアリュールも候補になるが、308のハッチバックとSWとの印象の違いを踏まえると、よりリヤの落ち着きが増すSWの方が、ワインディングも含めて落ち着いた挙動を示すと考えたからだ。, いずれにせよ、プジョー508が属するセグメントには多数の競合車がひしめき合う。その多くが走りなどのドライビングプレジャーを標榜する中で、この508はクルマ自体が大きく主張することなく(とはいってもi-Cockpitは特徴的だが)、淡々と快適に、なるべく速く移動する高い実用性を備えた稀有なクルマといえるだろう。, そのうえで、この508SWのリヤクオーターから見たデザインはとてもバランスがとれており、思わず振り返ってみたくなるほどであることも付け加えておく。, 車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 お初のフレンチ。私には絶品です!, メーカー・モデル:プジョー 508SW 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!, MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。, もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 口コミ・評価一覧 suv; ハッチバック; セダン・ワゴン; ミニバン; 軽自動車; オーナーズレビュー. ー 引き立つステーションワゴンとしての魅力 車重:1680kg . カタログ オシャレで使えるカスタム軽トラのコンプリートカー|J-TANTO サムライピック... インターネット常時接続の新型サイバーナビを使って海辺でウェブ会議してみた|パイオ... クルマアソビの可能性を無限に広げてくれる軽量で錆びないルーフラック「A-X(エー... 海に山にキャンプに! あらゆるアウトドアに使えるデリカD:5ベースのキャンピング... 伝説のブランド「ロディオドライブ」が1ピースホイールで復活|スーパースター【Vo... ハイゼット・カーゴとハイゼット・デッキバンをアゲ系カスタムで楽しむコンプリートカ... ミニバン感覚で普段使いもできるNV200バネットがベースの8ナンバー登録キャンピ... オトナの足元を演出するボルクレーシングGシリーズの2020限定モデルから目が話せ... ハイエースを車両盗難から守るセキュリティシステム|ブレーキロックジャパン【Vol... オーナーの要望にも幅広く対応! 多種多様なハイエースが勢揃い|ステルス【Vol.... スポーティにRAV4を演出する車検対応マフラー「AUTHORIZE R」|FUJ... アメリカ最大・最強のオフロードホイールブランド「KMC」から国産車対応モデルが続... 夏の暑さと日焼け対策の考え方を根本から変えるUVカット100%ウインドウフィルム... ライズ/ロッキーに心地いい走りを実現する2種類の車検対応マフラーをラインアップ|... 3ナンバーで5人乗り。日常使いもできるハイエースベースのキャンピングカー「リトリ... RAV4やジムニーのオフロードテイストを一気に高めるビードロック風ホイール「Le... 4×4オフロードの老舗「JAOS(ジャオス)」が放つJK&JL型ラングラー専用カ... カーセキュリティの正しい知識を身に着けて愛車を盗難から守ろう|ミラージュ【Vol... ブレーキダストによるホイールの汚れや効き具合に不満のあるアウディオーナーには「K... 軽バンキャンピングカー4選! 拡張で超広くなるN-VANや本格キャンパー仕様のエブリィなど, “軽”なのに、大人3人で車中泊!? 装備充実の本格キャンパー「Spinach(スピナ)」, 【2020年最新版】軽自動車最新人気ランキングTOP30|人気の軽自動車を徹底比較, 光岡初のSUV「バディ(Buddy)」は超お洒落な80’sアメリカンSUVだった!, 無骨レトロで超オシャレな新型ジムニーカスタム! オートメッセでも大好評だった「CL20-1型」とは, マイカーでの旅行もGoToの対象に! 各高速道路会社がGoToトラベルキャンペーン開始, 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!. プジョー 508SWについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル! ロジャムが放つ新型RAV4 50系用最新エアロ|ROJAM【Vol... 伝統のホイール「オルデン」を進化させた40周年記念モデル「オルデンCV」が誕生|... 傷ついたエンジンの内壁を再生してくれるオイル添加剤「スーパーゾイルエコ」はファミ... チューナーブランドホイールを彷彿とさせる低価格&高品質な「ジェイテック S6 ブ... 夏の暑さと日焼け対策の考え方を根本から変えるUVカット100%ウインドウフィルム... オトナの足元を演出するボルクレーシングGシリーズの2020限定モデルから目が話せ... ホイールの汚れやブレーキ鳴きに悩むVW(フォルクスワーゲン)オーナーにオススメの... ブレーキダストによるホイールの汚れや効き具合に不満のあるアウディオーナーには「K... RAV4やジムニーのオフロードテイストを一気に高めるビードロック風ホイール「Le... 4×4オフロードの老舗「JAOS(ジャオス)」が放つJK&JL型ラングラー専用カ... 軽バンキャンピングカー4選! 拡張で超広くなるN-VANや本格キャンパー仕様のエブリィなど, “軽”なのに、大人3人で車中泊!? 装備充実の本格キャンパー「Spinach(スピナ)」, 【2020年最新版】軽自動車最新人気ランキングTOP30|人気の軽自動車を徹底比較, 光岡初のSUV「バディ(Buddy)」は超お洒落な80’sアメリカンSUVだった!, 無骨レトロで超オシャレな新型ジムニーカスタム! オートメッセでも大好評だった「CL20-1型」とは, マイカーでの旅行もGoToの対象に! 各高速道路会社がGoToトラベルキャンペーン開始, 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。, プライバシー | ー 改善したiコクピットに広い荷室 508SW 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。, 1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る, 新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針, 新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。, よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。, 知識豊富なコンシェルジュがメリットある情報や資産価値の高い車種を提案しお近くのカーディーラーと連携しスムーズに車購入をサポートします。, しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。もし、投稿したコメントを削除したい場合は、該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、通報よりその旨をお伝えください。, 新車問合せや中古車問合せしてみませんか?値引き目安や中古車の在庫情報をチェックしてみませんか?, プジョー 508のステーションワゴンであるSWが日本に上陸した。以前508セダンの長距離テストを行ったが、タイヤサイズなど気になることも多々……。そこで今回はセダンとの比較を交えながら長距離リポートを敢行。果たして508シリーズのベストバイは?, プジョー 新型508 速攻試乗|2700kmのロングドライブで見えた上級グレードの実力とは, プジョー独自のi-Cockpitは小径のステアリングホイールが特徴で、大きな操作をせずとも意のままに操れる, スポーティグレードのGTは18インチ(ミシュラン パイロットスポーツ4)、一方のアリュールは17インチ(ミシュラン プライマシー3)を装着, プジョー508 GT BlueHDi/GT Line 試乗|若者だって、憧れちゃう, トヨタ 新型カローラ/カローラツーリング試乗|世界の大衆車“カローラ”は本当に生まれ変わったのか, 【MOTA×MINI SPECIAL BRAND PAGE】MINIの個性をさまざまなキーワードから紐解いていく。, MINIの基本「3ドア」を代表する グレード「COOPERとCOOPER S」を山田弘樹さんがチェック!, MINIファミリーで唯一のオープンモデル、コンバーチブル。1台でオープンとクローズの両方を楽しめる個性的なモデルを飯田裕子さんがレポート, インターネット常時接続の新型サイバーナビを使って海辺でウェブ会議してみた|パイオニア サイバーナビ, いつものスマホアプリをキレイな大画面で使えるディスプレイオーディオでドライブしてみた|パイオニア・カロッツェリア, 一面オーシャンビューの貸別荘で、心ゆくまで団らんを!【大阪/関空オーシャンフロント】. 車重;1700kg(試乗車) 前軸軸重1040kg 後軸軸重 660kg. 508シリーズのベストバイはswだった!|プジョー 508sw試乗で紹介するニュースの写真をご覧になれます。画像 no.5 プジョー (株)カービュー企業情報 | 508sw(愛車5代目), … プジョー508sw「ディーゼルとガソリン、どっちを選ぶべき?」走りの違いを5つの観点でチェックしてみた ; 試乗インプレ集. プジョー 508SWについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル!   (毎日更新), 現在JavaScriptが無効になっています。carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 ュで装備も充実している。, DSオートモビル DS4クロスバック, ダイハツ ハイゼットキャディー, プジョー508SWのクチコミ・評価一覧トップへ, "カーセンサーは安心"その理由, 508SWの口コミ・クチコミ・評価・評判一覧. メーカー・モデル:プジョー 508SW グレード:GT ブルーHDi_RHD(AT_2.0) (2019 JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, 現在位置: 乗車形式:マイカー. モデルチェンジを果たした「プジョー508」に、実用性の高いステーションワゴンが登場。フランス流のスタイリッシュなデザインをまとい、サルーン以上の魅力があると評価されています。ポルトガルの道で、その仕上がりを確かめました。 508(プジョー)車カタログの口コミ・クチコミ・評価・評判一覧からお気に入りの車を探す。車種ごとのスペックやクチコミで気になる車情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセ … プジョー 508SW の口コミ・評価一覧のページに戻る . プジョー 508SWを、価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、エクステリア・インテリア・エンジン性能など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 サイトマップ | ヘルプ・お問い合わせ | ー プジョー508 SW ピュアテック180 GTラインのスペック, プジョーのデザイン部門は、プジョーとはどんな自動車メーカーであるべきなのか、よく理解しているのだろう。508のファストバック・スタイルをまとった4ドアサルーンは、フランス流のオシャレさに溢れた好例だと思うけれど、このステーションワゴンは、わたしの目にはさらに格好良く映っている。ブラボー!, ルックスの良さとは関係なく、フランスのプジョーがDセグメント・モデルにステーションワゴンを投入することは、必然的なものだった。なにしろ広域なヨーロッパ市場において、Dセグメントの場合では、ステーションワゴンが占める割合が60%も占めているのだ。日本ではステーションワゴンの人気は陰りがちながら、特にドイツでは今も根強い人気がある。, ステーションワゴン・ボディの508 SWが初めてお披露目となったのは、今年のパリ・モーターショー。全長はサルーンよりも30mmほど伸びて4778mmになっているが、その大部分はボディ後半に充てがわれている。ルーフラインの変更に伴い全高も17mm高くなり、ボディマスが大きくなったことで、車重は40kgほど増加。このボディ拡大は、基本的にはラゲッジスペースの拡大に繋がっている。過去にはステーションワゴンの方がサルーンよりもラゲッジスペースが狭い、という例もあったけれど。, 荷室フロアは、サルーンよりも25mm長くなり、リアシートを立てた状態のラゲッジスペースはサルーンの487ℓから530ℓへと増えている。ちなみにプジョーによれば、BMW 3シリーズ・ツーリングのラゲッジスペースは495ℓで、メルセデス・ベンツCクラス・エステートは490ℓとなり、大きさでは勝っているようだ。さらに2列目を畳めば、1780ℓにまで容量を増やせる。, 実用性が高まった分、エクストラコストも必要になる。英国価格はまだ決定していないそうだが、プジョーによれば、サルーンよりも1600ポンド(23万円)前後は高くなる見込みだという。英国の場合、180psの最高出力を持つGTラインが最も人気なグレードになると思われる。その場合、オプションなどを含めないまっさらな価格は、3万2830ポンド(485万円)程度を見ておけばよいだろう。, 【詳細データテスト】アルピナB3ツーリング 圧倒的なパフォーマンス パフォーマンスカーでは異例の快適性 アルピナの最高傑作, 【3気筒ガソリンPHEV登場】ランドローバー・ディスカバリー・スポーツP300eへ試乗, 【クワトロ40周年記念モデル】アウディRS6 GTOコンセプト 学生のアイデア採用, 【はかなく消えた妖艶ボディ】コード810 ビバリー 1935年生まれの未完の名車 前編, 【日産の新車攻勢】新型ノートは年内発売 新型エクストレイルは? 売れ筋、打倒トヨタ 社長は自信, 【電動でオープン・ドライブも】フェラーリSF90スパイダー PHEVの新型オープン・モデル登場, 【オープンでもスーパーファスト】フェラーリ812 GTSへ試乗 0-100km/h 3.0秒 339km/h超, 【ちょっと複雑な気持ち……】よ〜く見たら他車種のパーツ 部品流用していたクルマたち Zや86、ランボまで, 【価格/サイズ/内装は?】新型キャデラック・エスカレード、日本発売 3列7人乗りSUV 東京オートサロン2021に展示へ.