6位・ヤクルト(6/8%), 評論家75人中38人と半数以上が巨人の優勝を当てた。一方で、最も難しかったのが広島の4位で、わずか2人しか正解者はいなかった。昨季2位のヤクルトを最下位予想したのも、6人のみ。順位予想の困難さを感じさせる結果となった。. プロ野球 勝敗予想 的中率ランキングページです。今シーズンのクライマックス・日本シリーズ含む試合を対象とした会員ユーザーの勝敗予想的中率ランキング(上位30位)を掲載しています。ラジオボタンで月別と今シーズン別での絞り込みも可能です。 プロ野球 阪神秋山が防御率2点台へ先発 広島戦/スタメン [11月7日 13:29] 高校野球 日大三“日大”対決制し4強、鎌田3打点攻守で貢献 [11月7日 13:17] 古巣に甘い? 評論家75人の2019年セ・リーグ順位予想を解析【前編】 古巣に甘い? 評論家75人の2019年セ・リーグ順位予想を解析【後編】 デイリースポーツを今も悩ます「ロサリオ後遺症」とは? プロ野球「年俸のコスパ悪い打者」は誰? 巨人:38人(50.7%)/広島:26人(34.7%)/DeNA:6人(8.0%)/阪神:3人(4.0%)/ヤクルト:2人(2.7%)/中日:0人(0%), 巨人と広島が優勝を争い、DeNAとヤクルトがAクラスを競り合い、阪神と中日は下位に沈む――これが、大方の予想だった。結果は以下のようになった。, 【今季のセ・リーグ順位(的中人数/的中確率)】 3位・阪神(11/14.7%) 両リーグともに全日程が終了し、ポストシーズンを控えるのみになったプロ野球。シーズン前、評論家が行なった順位予想は当たっていたのか。データ分析家の岡野誠氏が、スポーツ新聞6紙(東京版)とフジテレビCS『プロ野球ニュース』の評論家75人のセ・リーグ順位予想を答え合わせしながら、徹底解析する。, 【*1:敬称略 *2:評論家名後のカッコ内は現役時代のセ・リーグ最長実働球団(パ・リーグのみ在籍の場合はパ球団名を記載) *3:スポーツ紙と『プロ野球ニュース』の2つに出演した評論家で順位を入れ替えている場合は最新の日付を優先 *4:川上憲伸氏は3月27日の東京中日スポーツと28日の『報道ステーション』で順位を入れ替えているため、後者を優先】, 【セ・リーグ各球団の平均予想順位】 2位・DeNA(7/9.3%) 4位・広島(2/2.8%) 5位・中日(15/20%) 巨人:1.79位 /広島:1.83位/DeNA:3.64位/ヤクルト:3.77位/阪神:4.51位/中日:5.47位, 【セ・リーグ各球団の優勝予想人数】 1位・巨人(38/50.7%)