今回展示されている2台のGクラスが仕立てられた「G manufakturプログラム」とは、細部までとことんこだわりたいという人にピッタリの、Gクラス専用となる完全受注生産オプションのこと。メルセデス・ベンツがGクラスのために選び抜いた素材と、最高レベルのクラフトマンシップによって仕立てられる、まさにオートクチュールと言えるプログラムだ。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ! 車値引き「限界額」を超えるコツ, 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 最高出力:422ps. Copyright © 2017-2020 COBBY All Rights Reserved. 営業時間:11:00-17:30(現在時短営業中) 日本に導入されることが明らかになったのは「G550」と「メルセデスAMG G63」の2つのモデルです。エントリーグレードに関しては、今後追加されるものだと思われます。, メルセデス・ベンツは2018年5月5日、デトロイトモーターショー2018にてワールドプレミアした「新型Gクラス」の欧州発売予定を発表しました。, Gクラスは1979年に「ゲレンデヴァーゲン」として登場以降、一度もフルモデルチェンジが行われていない本格4WDオフローダーです。歴代モデルも基本的なデザインを継承し、改良も細部のみに留まってきました。現行Gクラスのコードネームは「W463」です。, 今回の改良について、メーカーはフルモデルチェンジとは謳っていません。しかし、内装の大幅な改良やボディの軽量化など大規模な変更点が目立つことから、実質的なフルモデルチェンジと言えるでしょう。, 一部ネット記事では、新型Gクラスのコードネームを「W464」と明記していますが、メルセデスベンツのサイトに現在「W464」との記載はありません。本来は「W464」となるところを、わざと「W463」のままにしてあるとの情報もあります。, メルセデス・ベンツ新型Gクラスのエクステリアコンセプトは「キープコンセプト」。Gクラスのオリジナルデザインと言える箱型を継承しつつも、現代的なアイテムをうまく融合させています。, シルエットは現行Gクラスそのものですが、全体的に角が取れ丸味を帯びたディテールになっていることがわかります。ヘッドライト周りには印象的なリング型のデイライトが。その中央にはLEDハイパフォーマンスヘッドランプを標準装備しており、現代的に洗練されたデザインと性能をアピールしています。, 新型Gクラスのボディサイズは、一回り大きくなっています。そのため、現行モデルに比べて室内空間が広くなっており、居住性が向上しています。, 以下は、新型Gクラスのボディサイズと、室内スペースが現行型に比べてどれほど拡大しているかを示したものです。箱型のデザインのGクラスは元々閉塞感が少ない車ですが、フルモデルチェンジによりさらに開放的な車内になっていると考えられます。, 新型Gクラスのボディサイズが大きくなったことで取り回しが低下すると心配されましたが、新型Gクラスの回転半径は現行型と差異がありません。さらに360°カメラがドライバーをアシストしてくれるため、安全性も向上しています。, フルデジタルコクピットは、高精細12.3インチワイドディスプレイを並べて一枚のガラスカバーで融合させ、空中に浮かんでいるように見えるデザインに。ディスプレイデザインは「クラシック」「スポーツ」「プログレッシブ」の3種類から選択することができます。 この記事のもくじ1 | この「ブルー」のためにいくら投入? |1.1 どこまでも限りなくブルー1.2 ほかにもある、メルセデス・ベンツgクラスの内装カスタム | この「ブルー」のためにいくら投入? 必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。, そうならないために一括査定を使います。 メルセデス・ベンツ gクラスの新車・中古車情報をまとめてチェック。gクラス新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるgクラスの諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。  G550では18種類、メルセデスAMG G 63では、23種類のなかから内装を選ぶことが可能。ボディカラーは通常のカタログモデルはもちろんだが、13色のG manufakturボディカラーと組み合わせることで自分だけの特別なGクラスが完成するというもの。このほかにも、2トーンステアリングやボディ同色スペアタイヤリング、カラーシートベルト、2トーンインテリア、特別色に彩られたアルミホイールなど、車種によって異なるが、さらに魅力を高められるG manufaktur専用オプションが用意されている。  イベントでは、ペリクラスグリーンという深い緑と、サウスシーブルーという爽やかな青に彩られた2台のG550を展示。インテリアは、ペリクラスグリーンがサドルブラウン/ブラックの2トーン、サウスシーブルーはプラチナホワイト/ブラックの2トーン仕様となっている。, ペリクラスグリーンのボディカラーに組み合わされた、サドルブラウン/ブラックの2トーンシート, どちらもオプションとして、AMGラインとボディ同色スペアタイヤリング、レッドシートベルトを装着した仕様だ。どちらも普段は見ることのできない特別仕立てとなっており、連日この2台を見学するためにメルセデス ミー 東京を訪れる人が多いそう。 エンジン 【G550】4.0リッター V8 ツインターボ. 最大トルク:610Nm 【AMG G63】4.0リッター V8 ツインターボ. Gクラスの内装をコックピット・パッケージオプションのシートデザイン・ラゲッジスペース・サウンドシステムなどの装備をメインに解説。メルセデス・ベンツ新型Gクラスの内装はエクステリアとともに従来のスクエア間を意識しつつも現代的なデザインを取り入れたモダンで独創的な設計となっています。, 2018年6月6日、39年ぶりにしてフルモデルチェンジを発表したメルセデス・ベンツの新型Gクラス。伝統を重んじながらも時代の最先端を走るスクエアデザインとして生まれ変わりました。 なぜなら、市場の競争の原理として  そして、展示されているのを見学するだけでは物足りない! という人には、G manufakturプログラムで仕立てられたG550にも試乗可能。上質な乗り心地を実際に体感できるのは嬉しい限り。なお、試乗予約はWEBサイトからのみとなっているので、公式WEBサイトをチェックしてほしい。なお、レンタカーサービス「メルセデス・ベンツ レント」ではG350dが用意されている。レジャーでの活用はもちろん、納車まで待ちきれない方からの利用が多く、とても好評とのことだ。 Gクラス(メルセデス・ベンツ)の中古車を345台掲載中。Gクラスの中古車検索や中古車販売などの中古車情報なら「カーセンサーnet」!リクルートが運営する中古車情報のサイトです。Gクラスの中古車が様々な条件で検索可能。あなたの車選びをサポートします。 gクラスの内装(コックピット・シートデザイン・ラゲッジスペース・クライメートコントロール・サウンドシステム)を紹介。メルセデス・ベンツ新型gクラスの内装は従来モデルの伝統と先進性を取り入れたモダンスタイル。メモリー付パワーシートやガラス・スライディングルーフも装備。 高級車の代表格であるメルセデスベンツから販売されているsuv車ベンツgクラス。 迫力ある大きさと、特徴的な四角いボディは街中で一際目を引きますよね。 今回はそんなベンツgクラスのサイズについて、そして実際に乗ったかたの口コミをまとめてみました。 全高:1,969mm.  展示スペースにはGクラス関連のグッズや、Gクラスの歴史がわかるパネルなども展示されている。カタログモデルにはないカラーリングであり、滅多に見られないスペシャル仕様の2台。気になる人はぜひ、メルセデス ミー 東京に出かけてみてはいかがだろうか。11月20日(金)までとなっているので、お早めに! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 SUV CAR MEDIA.All Rights Reserved.  伝統を受け継ぐ堅牢なスタイリングと、最先端技術を組み合せた最新のGクラス。本格的なオフロード性能はもちろん、より快適な走りを可能としたオンロード性能など、ますます魅力を高めた大人気モデルとなっている。 <目からウロコ特集> TEL:03-3423-1256 また、メルセデス・ベンツの他クラスの新型同様に、水平を基調とした大きなメーター・クラスターが採用されました。, 最新のコネクティビティでは、インフォテインメントの各機能をステアリングホイールから利用可能。ボタンにはタッチセンサー機能が内蔵されているため、手を離さずに操作できます。アームレストには、ワイヤレス充電機能を装備することも可能です。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, 【メルセデス・ベンツ新型Gクラス発売開始!】初のフルモデルチェンジでデザインやスペック・価格は?, ベンツ新型Gクラス「メルセデスAMG G63」追加決定!500PS超のスペックで価格は?発売日など最新情報, 【メルセデス・ベンツのSUV】新車全19車種一覧比較&口コミ評価|2020年4月最新情報. 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。, 今回はそんなベンツGクラスのサイズについて、そして実際に乗ったかたの口コミをまとめてみました。, 一際大きいイメージのあるベンツGクラス。実際に買ったはいいものの、自宅の駐車場や外出先の駐車場に入らなかったら困りますよね。, ベンツGクラスにはエンジンの種類などによっていくつか種類があります。それぞれの大きさについて見てみましょう。, 実際車に乗った時、外見とのギャップを感じたことはありませんか。見た目はコンパクトでも室内が広々だったり、もしくはその逆ということもあるかもしれません。, シートの広さは快適な運転のために重要なポイントですよね。ベンツGクラスの室内の広さはどのようになっているのでしょうか。しっかり見ていきましょう。, 一般的なダブルベッドは幅が140cmなので、ベンツGクラスはダブルベッドより10cm広い幅の室内空間ということですね。, ベンツGクラスのラゲッジルームは車体のデザインからイメージできるように、四角くフラットな室内となっていて使いやすそうですね。, 実際の容量は、後部座席を全て倒すと1,941ℓあります。イメージが湧きづらいかもしれませんが、日本の家庭用冷蔵庫で大型のものでも600ℓ前後です。その3倍以上の容量ということになりますね。, また、後部座席は分割可倒式シートとなっているので、片方の座席だけを倒すことも可能です。これなら後部座席に人を乗せていても、たくさんの荷物を載せることができて便利ですね。, しかし、それが街中で圧倒的な存在感を放つベンツGクラスの魅力ともいえるかもしれませんね。, 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。, 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。.