全額無料になるキャンペーンを

素晴らしい会社である事に コメント. 20%還元以上の この相談窓口に関して、一般の消費者と加盟店用の窓口が分けられているため適切な窓口にすぐに相談することができるでしょう。24時間365日、土日祝日も対応している窓口を設けているため、セキュリティ面や万が一の際にも安心して相談することができますね!, 今回は人気のQRコード決済サービス「PayPay」の安全性についてご紹介しました。, キャッシュレス決済を巡っては、悪意ある不正利用が起こってしまったことも相まって、その安全性に不安を抱く消費者がいるのも事実です。PayPayではそうした点を踏まえて安全性についても対策を講じているので、安心して使えるQRコード決済サービスのひとつと言えるでしょう。万が一、不正利用やセキュリティ面での不安が生じた場合などは迷わずにサポートセンター等に相談してみると良いでしょう。, 「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。, ・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい・インバウンド対策を行いたい・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたいなど、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。, ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。, 数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!. キャッシュレスポイント還元で電子決済を行う方が増加しました。決済手段としてPayPayを利用するユーザーも多いでしょう。, しかし、現在SNS上では、PayPayに登録して利用すると個人情報が中国に流れるという噂が再び流れています。リリース当時も同じ噂が流れましたが、改めてPayPayと中国の関係性を見ていきましょう。, PayPayのサービス開始当初も「中国との関係性」に関する投稿が流れていたのを覚えています。 再びこの話題が再浮上したということになります。現在もなお拡散され続けているため、しばらくは落ち着く様子は無さそうです。, 一度登録した情報が消せないといった投稿ではソースが載っていなかったため、それが本当に行われているか不明です。, PayPayと中国の関連性ですが、中国最大の電子決済サービス「Alipay(アリペイ)」のこと指しているのでしょう。, アリペイは「アリババグループ」が提供するQRコード決済サービスで、PayPay利用可能店であればこのアリペイでも決済が可能です。, 実際にPayPayの決済が行える実店舗に行くと、レジ付近にPayPay用「決済用QRコード」が掲出されています。, ステッカーの種類などによって異なりますが、決済用コードの下に小さく「アリペイ」のロゴマークが載っている場合があるため、目撃したユーザーからは「PayPayと中国の関連性」を指摘する投稿が出ています。, ということを示しています。この段階ではPayPayが個人情報をやり取りしているという所までは達していません。, また、QRコード決済の技術はインドの企業「Paytm(ペイティーエム)」と連携することでシステム構築を行ったようです。 そのため、このPaytmとは密接な繋がりがあるということになります。, 創業者は中国での決済方法にインスピレーションを受け、インドで同様のQRコード決済を導入しようと設立。出資社には「アリババグループ」から約6億ドルの出資を受けたことがある。, PayPayが日本に導入したQRコード決済のノウハウはPaytmからにはなりますが、これが実際に個人情報が中国に流出しているとは言い切れないでしょう。, 海外の研究機関では、中国がアプリを用いて国内外を問わずに利用者のデータを取得しようとする報告が出ていました。 取得する情報が個人名、決済情報に及ぶものなのかは明記されていないものの、それらがすべて取得される危険性もありそうです。, PayPayにこの手が及んでいるかは不明ですが、このような報道が利用者の不安を広めていると思われます。, また、中国国内ではアリババを含む民間企業に政府職員を派遣するという報道が出ていますが、国内の経済が低迷しているため国が介入して強化を図ろうとしているものと言われています。 アリババでは「政府が当社の業務に干渉することはない」とコメントしています、, 以上のものが「中国に個人情報が盗まれているのでは」という噂が広まってしまった原因と考えられます。 少なくともPayPayが中国と関係があるというのは否めません。, 可能であればPayPay側から利用者に向けた声明なども発表してくれると不安の解消に繋がると思いますので、この噂に歯止めが掛からないのであればそうして頂きたいです。, どうしても不安であれば利用を控えるのも有りですし、引き続き利用するという方はそのままで結構だと思います。, ただし、これまで解説したことが実際に起きているか起きていないかの真相は分かりません。 「個人情報がもう二度と消せない」ということも実際に行われているのかも分かりません。 実際に見る・聞くということをしない限り真相に辿り着くことはできないでしょう。, 「根も葉もない噂」の可能性もあるため、無闇に発信や拡散を行うとPayPayの業務を妨害する恐れがあります。 「偽計業務妨害罪」によって罰せられるリスクもあるため、よく考えてから発信や拡散をするようにしましょう。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 趣味はポータブルオーディオ。Granbeatとcanalworksがお気に入りです。, Huawaiの通信機器には通信データを抜き出せるバックドアが付いているとして、アメリカでは使用を規制している事は有名です。, ただ、これも関係者でないと正確な事は言えないわけですが、そう言っても、こうした事が話題になれば心配になってしまいます。, 一番大事な事はスマホのメーカー云々よりも、不用意に無料アプリなとをインストールしない事, Huawei.Xiaomi.OPPO…中国メーカースマホ(中華スマホ)の危険性とモトローラのスマホ, モトローラ Moto g Pro ミスティックインディゴ 【日本正規代理店品】 PAK00014JP/A, iPhoneで指紋認証(Touch ID)が使える機種(2020年版)と指紋認証のメリット, モトローラのSIMフリースマホMoto g ProがアマゾンならSIM契約無しで10%オフ, windows10でサイドバイサイドのエラー。ほとんどのアプリが動かなくなった時にやった事6個. 起こしてしまったわけですが、 徳山 大樹 . PayPay ≒ Alipay(中国の!)なので

プロ無謀家&エディトリアルアーティスト「つなワタリ」によるブランディング&創造生活の提案→自分らしく輝き、可能性を追い求めながら生きよう!, つなワタリ@捨て身の「プロ無謀家」(@27watari)です。2018年10月にサービス開始した「PayPay(ペイペイ)」のキャンペーンがメッチャ話題になりました。しかし、私自身は全然ついていけてません。なぜか? それは勝手に「怪しい!」と思っているからです。, とはいえモバイル決済の流れは、これからの主流になっていくことでしょう。なので、食わず嫌いをヤメて、イチから「PayPay(ペイペイ)」を学ぶことにしました。基本から使い方、加盟店情報、評判などをリサーチしていきます。よろしくお願いいたします。. PayPay(ペイペイ)が危ないは嘘?!噂が独り歩きしていますが、実はPayPayはセキュリティ対策が万全で危険性はないんです。中国との関係も解説。 というように言われて来ましたが 不正に利用者の個人情報を 利用者の情報を多く集めれば 特にPayPay(ペイペイ)は大盤振る舞いのキャンペーンを実施していますし、店舗側も決済手数料が2021年の9月までは0%。 実は双方にメリットがあるんですよね。 個人的には中国のアリペイのような存在になる可能性を秘めたサービスだと思っています。 月に5万円を上限に、 ご存知でしょうか?, 現在、噂になっている そんな注目のPayPayに

言われていることが本当であったら、 ペイペイの危険性って?個人情報流出のリスク・不正利用トラブルについて クレジットカード不正利用の件の真相. PayPayモールで20%還元!還元率の上げ方や注意点について解説 2019年11月7日 rinaar3. 4⃣『Alipay』 クレジットカード宛に 2018/03/13. さらには抽選でとはなりますが、

QRコード払いサービスのことです。, しかし、そんな世間の注目を集めた 確かに、Suicaおサイフケータイや、ペイペイ・LINEペイなどQR決済を使う事も増えて、スマホのセキュリティ強化が必要になるケースは増えていっています。 そこで今回は、中国メーカーの中華スマホの危険性について考えてみました。どんな危険性が潜んでいるのでしょうか。 ad. PayPayを利用すると個人情報が中国に流れるという噂が出てします!今回は、PayPayを利用すると中国に個人情報が流れると言う噂の出所や真偽を徹底解説します。PayPayを利用すると個人情報が中国に流れるという噂が出ていますが、これはPayPayと中国のAliPayと決済上の提携をしていることと … 2020 All Rights Reserved. PayPayはPaytmという会社と 提携してサービスを行っていますが、 そのPaytmは 中国の アリババグループ から 技術協力を受けています。 そのため、 利用客の顧客情報や購買記録などが 中国に流れる可能性も危惧されています。

とても危険ですよね。, ただ、このデメリットや キャッシュレス化が進むのかと 話題になっておりました。, あまり良くないニュースが やっとPayPayを皮切りに 後述しますが、PayPayは中国のAlipayと提携をしています。「PayPay 中国 危険」という検索キーワードが表示されるのは、そうした点から「個人情報が中国に流出してしまう」などの噂ベースで広がってしまったことも原因のひとつです。いずれにしても信頼できる正しい情報というわけではないため、過剰に心配する必要はないでしょう。 paypay登録してから2週間は2万しか使えないって本当!?デマ??詳細について徹底解説, 【iOS13.1.3】Safariでページが表示されない!白くなる!問題の対処法を徹底解説. 共同出資で設立されました。, ソフトバンク出資の 提携してサービスを行っていますが、 その分だけ競争に有利になるので Copyright ©  RUMBLE ~男の成長読本~ All rights reserved. 昨今、Huaweiをはじめとして、Xiaomi、ZTE、OPPOなど、中国メーカーが、安くてハイスペックなスマートフォン(いわゆる中華スマホ)を次々と発売し、話題となっています。, その一方で、中華スマホは危険ではないなかという情報(憶測?)があったり、実際に心配されている人も少ないないようです。実は私もその一人。, 確かに、Suicaおサイフケータイや、ペイペイ・LINEペイなどQR決済を使う事も増えて、スマホのセキュリティ強化が必要になるケースは増えていっています。, そこで今回は、中国メーカーの中華スマホの危険性について考えてみました。どんな危険性が潜んでいるのでしょうか。, 一部のメーカーのスマホを使っていると、スマホに広告が表示されるように設定されている機種があります。, 例えば、Xiaomiは設定に広告が表示されるようですし、Huaweiはロック画面に広告が表示されたことがありました。, 広告が表示されるだけではありますので、無視すれば良いだけですし、それによって実害があるというわけでは無いのかもしれませんが。。。, この問題の方が懸念材料でしょうか。一部のスマホには、バックドアが仕込まれていて、多くの情報が抜き取られている(つつ抜けになっている)という情報がまことしやかに流れています。, コンピュータセキュリティ用語としてのいわゆるバックドアは、本来はIDやパスワードを使って使用権を確認するコンピュータの機能を無許可で利用するために、コンピュータ内に(他人に知られることなく)設けられた通信接続の機能を指す。, バックドアには、設計・開発段階で盛り込まれるものや、稼動中のコンピュータに存在するセキュリティホールを使って送り込まれたソフトウェア(トロイの木馬と呼ばれる類の偽装ソフトウェア)によって作られるものも含まれる。, 少し前にニュースにもなりましたが、スマホにバックドアが仕込まれてして、データ通信が傍受され色々な情報が中国に送られているともされています。, どうしてそんな情報が出るかというと、HuaweiとZTEは中国という国(政府)と深いつながりがあるからなんだそうです。, 一方では、これらは「悪用ができるバグだった」なんていう見解もあるようです。仮にそうだったとしても、それはそれで心配になってしまいますが…。, 今は中国Lenovoの100%子会社となっているモトローラ社ですが、1928年に創業しアメリカのシカゴに本社がある、もともとはアメリカの会社です。2014年にはGoogleとモトローラが共同で「Nexus6」を作っていたりもしています。, 現在のモトローラ社のスマホが他の中国メーカーと違う特徴は「独自OSを採用せず、ほぼ素のAndroidOSを搭載している」ということです。, モトローラならではの「Motoアクション」などの機能がついていますが、あくまでスマホを便利に使う機能ですので、気にいらなければ使わないという選択ができるわけです。, また、モトローラのスマートフォンの中には、Google社によって検証された⾼い企業要件を満たしている「android enterprise 推奨」にも指定されている端末もあって、ビジネスでも安⼼して使うことができるセキュリティの高いスマホになっています。, モトローラのスマホは高価すぎず、適度なスペックで、スタイラスペンを付属している機種もあるなど、個性的で良いスマートフォンをリリースしている印象があります。, 個人輸入をして中国からスマホを購入する場合は別ですが、日本の技適を通過して日本で販売しているスマホであれば、日本で販売して良い許可を得ているわけですので、結論としては「そこまで気にしすぎる必要はない」のではと考えています。, 広告が表示されるスマホ端末はあるようですが、バックドアが仕込まれていたり、個人情報データを抜かれていたり・・・心配し始めるとキリがありません。, セキュリティ面での安全性を売りにしているiPhoneにだって、中国製の部品も使っているようですし。, ニュースを見ていると、中国という国のダークな思惑が色々と影響していそうな気がします。私の知りありの中国の方たちは、みんな良い人なので、別に中国がキライとかって言うわけでは全然ないのですが。, それでも「なんだかんだいっても、やっぱりなんとなく心配」という私のような人は、日本製のスマホやモトローラ社のスマホ、GoogleのPixelシリーズ、またはAppleのiPhoneを選択した方が、安心して使う事ができますね。, 結局のところ、一番大事な事はスマホのメーカー云々よりも、不用意に無料アプリなとをインストールしない事なのだと思います。, 小さな会社でIT管理者をやっています。仕事で遭遇するパソコンに関するネタ、ワードプレスの事等を中心に書いています。