いつも見守ってくれると感じられると思います。 お骨を納めています。 たとえお骨と言えども分かれがたく、2月たった今でも でも、わんちゃんはあなたに別れの悲しみを与えるために15年間一緒に過ごしてくれたわけでは 我が家はそう思うのです。 沢山の思い出をありがとうと、いつまでも心の中で今も感謝しています。 金曜日 お水を一切飲まなくなり、注射器で経口で無理やり与えました。 ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。 ご飯を食べることをやめてしまいました。 少し落ち着いたら、里親などでまた譲り受けてみるのも良いかも知れません。命の尊さは計りきれませんが。, 私の家でも、17年一緒に暮らしていた犬がいました。 他にもしないといけないことって何かありますか?, 私は過去に柴犬を亡くしました。 彼らは還っていく。 よろしくお願いいたします。, つい先日、我が家のシーズーも15歳でいなくなりました。 最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、 とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。 ペットの骨壷を保管する方角は? ペット霊園のお墓や納骨堂に納める. これで、霊園にずっとお願いしておく決心がつきました。 庭もあり骨を埋めようと思えば埋められるので...続きを読む, 9月に17歳の犬を亡くしました。 ●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします) 庭に埋める事にしましたが、この場合はお骨は骨壷から出して埋めるのでしょうか? ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。, 15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。 我が家は田舎の一軒家 土葬することにし、昨日埋葬してきました。 自然葬で土に返す形のお墓、ペット霊園ペット供養仏具専門ガイド, 供養方法は、土葬の場合はその場所にお花をお供えし、線香を焚いて拝んであげるとよいでしょう。納骨された場合は、ペット霊園などであれば管理してくれるので行ける時にペットの好物などをもってお参りにいきましょう。自然葬など埋骨の場合は、その場所まで赴くかそれが困難であればペットの遺骨が埋葬された方角を向き、手をあわせてペットの幸せを祈りましょう。, ではここからは、多くの人が疑問に感じるペット埋葬に関する質問のお答えしていきます。, 近年ではペットも家族の一員という考えから同じお墓に入ることもできるところがあります。ただしすでにお墓に入られているご先祖様が全員ペットなど動物が好きとは限りません。ですのでペットはペットの墓を用意し、人間の墓地の隣に埋めるか、または手元供養という形でペットの遺骨をお手元に収められる、という選択肢を検討されるとよいかもしれません。, 掘り返される理由は、土地の引っ越し、掘り起こし火葬をしたいなど様々な理由があると思います。結論を先に言いますと、一度土に埋葬されたペットを掘り返すことは衛生面の観点からオススメできません。何年も経ち、完全に土に帰っていれば大きな問題はありませんが、腐敗途中に掘り返すことで病原菌があった場合漏れ出す危険性があるからです。, ですので確実に土に返る年数を経るまでは、掘り返しはさけた方が無難です。それでも掘り起こし火葬をされたい場合は業者に掘り起こし可能かどうかを相談してみましょう。 ペットといつも一緒に過ごしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。庭に墓石を置くことでいつまでも一緒に過ごすことができます。ここではペット墓石について紹介します。, 最近ではペットを家族同様に扱っている人も多く、亡くなってからもいつまでも一緒に居たいと、庭にお墓を作る人は増えているようです。ネットでも手軽に墓石が購入することができ、手軽にイメージ通りのお墓を作ることができます。そこで今回「終活ねっと」では、ペットの墓石について解説していきます。, ペットの墓石について理解を深めたいという方のために、ペットの墓石に関するあらゆる情報をまとめております。時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。ぜひ最後までお読みください。, 庭にペットのお墓を作ってあげたいけど、そもそも庭にお墓を作ることは問題ないのかと思っている人もいるのではないでしょうか。問題点や注意点を紹介しますので、庭に墓石などを置きたいと考えている人は確認してみてください。, 風水や陰陽道などでは、庭に埋葬することはあまり良いことではないとされています。その理由としては、家族のそばでは安らかに眠れない、陰の気を呼び込むことになってしまうなどがあります。昔は土葬が多く、病気などで亡くなった場合には埋葬した場所が菌床となってしまうこともあり、よくないこととされていたと考えられます。, 土地を購入し掘り起こす際にたくさんの骨が出てきて困るといったケースもあるようです。, 自分の庭にペットを埋葬することは法律的には問題ないようです。しかし、土葬の場合には、衛生上の問題があります。浅い場所に埋めてしまうと、遺体が腐敗し臭いも発することになり近隣の方に迷惑がかかることもあります。この点は、火葬をした後での埋葬であれば問題ありません。, 家族のそばだと成仏できないといった考え方もありますが、逆に家族のそばだからこそ安らかに眠れるといった考え方もできます。庭に埋葬する方といって成仏できないといったことはないと考えられ、自分の庭で安心して成仏してほしいと考えている人は、納得できるお墓を作って埋葬してあげましょう。, ネットでは、お墓の作り方を紹介したサイトがいくつかあります。その中の一つを紹介したいと思います。, 用意するものとしては、レンガ、溜枡(ためます)、ガーデンストーン、防草シートです。これらの材料はホームセンターですべて揃えることができます。溜枡とは排水管の合流場所に使用されるコンクリートでできているもので、この場合では骨壺を入れる場所として使用します。, まずは溜枡が収まる程度の深さの穴を掘ります。その穴に溜枡を入れたら、溜枡の底に防草シートを敷き、ガーデンストーンも入れます。その後、溜枡の中に骨壺を入れて蓋をします。その上にも防草シートを敷き、ガーデンストーンやレンガなどを敷き詰めていき見栄えを良くします。最後に墓石も用意することで立派なお墓の完成です。ネットでは、このような庭でのペット墓の作り方を紹介したサイトもあるので、参考にして納得のお墓を作りましょう。, 最近ではペット霊園も増えてきています。ペット霊園には、合同供養塔などで他のペットを一緒に供養するような霊園もありますが、個別墓地などが利用できるところもあります。個別墓地であれば、オーダーメイドの墓石を設置することができ、納得のデザインの墓石を設置して、思い通りの供養をすることができます。, 庭に可愛い墓石を置きたいけどどうしたらいいのかと思っている人もいるでしょう。近くにある石材店などに依頼すれば作ってもらうこともかのうですが、ネットでも購入可能です。ネットでは、ペット墓石専門のサイトなどもあり、手軽にイメージ通りの墓石を購入することもできますよ。, デザインなどによっても異なりますが、8000円〜1万数千円ほどで文字を入れることができるようです。自分の好みや経済面を考慮して選ぶことができますね。中には名前やメッセージなども入れてくれる会社もあります。墓石に「楽しい時間をありがとう」などのメッセージを入れることでよい供養ができるのではないでしょうか。, 墓石といっても種類は様々です。御影石に足跡を彫っただけの墓石もありますし、ペットの写真から粘土型を作り、それを見本として石を削ってくれるところもあります。通常のお墓は四角いイメージがありますが、墓石そのものをペットの形にすることで、庭にいつもペットがいてくれる感じを得られます。いつまでも一緒に暮らしたいと考えている人、ペット霊園で他にはないお墓を作りたいと考えている人には最適です。その他にも、猫や犬などのペットの写真をそのまま墓石にレーザーによってデザインしてくれるところもあります。ペット霊園では、同じようなお墓が並んでいますが、墓石にペットの顔をそのままデザインしてもらうことにより、すぐにペットのお墓を見つけることができます。形も様々で、プレートタイプでも四角だけでなくハート形も用意されているところもあります。ネットでは、様々な会社が墓石の提案をしています。それぞれの会社で工夫した墓石を提案しているので、それぞれの会社を調べて、納得できる墓石を作ってあげましょう。, 庭にお墓を作る場合には、その周りのガーデニングにこだわる人もいるようです。周りに芝生や花などを植える、お墓の周りを綺麗に飾ったりと、ペットを思い出しながら庭の手入れをすると、毎日の手入れも楽しいのではないでしょうか。, いかがでしたか?今回「終活ねっと」では、ペットの墓石について解説してきました。ペットを失うことはとても悲しいことですが、ペットのことを思い出しながら墓石を選んだり、お墓周りの手入れをすることで楽しい時間が過ごせるのではないでしょうか。, 終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。, 長年連れ添ったペットが亡くなると、悲しみも強く直ぐにお別れが出来ないという人も多いでしょう。しかし大切だからこそ、お墓を作ったりして丁重に供養してあげたいと思うもの。そこで今回はペットの供養について、お墓や埋葬方法などもご紹介します。, 愛犬が亡くなった時、愛情を込めて育てたその子は、家族同然の存在。もしもの時にお墓をどうするか?供養方法を、自分なりに手厚くしてあげたい気持ちは、飼い主なら当然あります。愛犬のお墓についていろいろな供養方法をご紹介いたします。, 愛犬をペット霊園で供養をする人が増えていますが、自宅の庭に墓石を置いて供養をしたいと考えている人も多いです。ここでは、犬用の墓石について紹介します。, ペットも家族同然。そのような想いでペットと生活している人は多いでしょう。でも、命あるものはいつか必ず死を迎えます。ペットのお墓について考えたことはありますか?どのように供養してあげたいですか?また、一緒のお墓に入れることは可能なのでしょうか?, 今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。でも、いつかお別れをする時がきます。その時のことを考えたことがありますか?供養の方法は?供養に必要なものは?等、もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。, 家族の一員であるペットとの悲しい別れが来たらお墓に入れてあげたいと思いませんか?しかしペットのお墓の費用っていくらぐらいが相場なのでしょうか?そこでペットのお墓の費用について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。, 愛するペットが亡くなったときにパニックや後悔しないためにも、ペットの終活を考えてみませんか。ペットが安らかに眠れる様に様々な墓石が展開されています。今回は、ペットの墓石について費用や種類、ご自宅での供養の仕方について解説していきます。, 大事なペットが亡くなってしまったらどうすればいいのでしょうか。ペットを永代供養をする場合にはどのような手続きが必要なのか、その費用はどのくらいかかるのかご紹介します。また永代供養以外の供養の方法もご紹介します。, 最近はペットを家族の一員と考える方が増えてきました。それに伴い、ペットの埋葬の方法も変化しています。ペットと一緒に入れるお墓やペットの永代供養はこれからお墓を考える際の大切な要素となってきています。気になるペットと一緒に入れる永代供養について解説します。, 大切なペットを自宅に埋葬したいとき、自宅でのお墓の作り方を知っておく必要があります。自宅に庭があればお墓を作れそうですが、庭がないマンションでもお墓は作れるのでしょうか?正しいペットのお墓の作り方が分かれば、供養を適切に行うことができます。ぜひご覧ください。, 墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。, 近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。, 近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。, 近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。, 近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。, 東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。.