5年・14万kmを無交換ですので、何も文句はありません。 しかし・・・ 少し、液漏れしています。 このバッテリーの上には純正のカバーが付くことから、被害は周囲には及びません。 T1Nの様な商用車なら気になりませんがA6の様な高級車なら・・・ FREE STYLE IXO. ボッシュの掃除機で部屋をピカピカ、DIYで家族一緒にワクワク!! 概要. 永らく代理店経由での事業展開を行っていたが、1972年9月に、独ボッシュ社100%出資子会社の日本法人として、ロバート・ボッシュ・ジャパン(株)(1985年にボッシュ(株)へ社名変更)を東京・渋谷のヂーゼル機器ビル内に設立した。, 現在は独ボッシュ社の子会社だが、主な母体となっているのは旧ゼクセル(ZEXEL、ヂーゼル機器)、旧ボッシュブレーキシステム、旧アスコ、旧ボッシュ(株)(以下「ボッシュKK」)の4社である。, この会社はディーゼルエンジンの基幹部品である「燃料噴射装置」の国産化を目指して日本国内の多数の自動車・エンジンメーカーが共同出資[2]した会社「ヂーゼル機器」に始まる。1930年代、日本では車両用高速ディーゼルエンジンの開発が各社で推進されていたが、最重要な基幹部品である燃料噴射システムは良好なものを自力開発できず、実用面の制約となっていた。このため、同時期において世界的にも優秀とされていた独ボッシュ式無気噴射システムのライセンス導入を図ったのである。, 1939年に独ボッシュ社からライセンスを受け、埼玉県松山町(現:東松山市)に工場を設立して、自動車業界の念願であったボッシュ燃料噴射装置の国産化に日本で初めて成功、日本におけるディーゼル自動車等の普及に大きな役割を果たした。その後ゼクセル(1990年7月)、ボッシュオートモーティブシステム(2000年)と社名変更や分社・合併を経るが、現在でも社内で最大の事業である。, 多数の自動車メーカーの共同出資による独立系部品メーカーという経緯、特殊な技術を要する競合の少ない製品であるという特徴から、業界グループの枠を超えて国内および海外の幅広い自動車メーカーやディーゼルエンジンメーカーと取引があるが、一時期はいすゞ自動車の子会社だったこともある。主要製品は各種ディーゼルエンジン用燃料噴射装置。, ゼクセル時代はディーゼル燃料噴射装置とカーエアコンが事業の二本柱であった。独ボッシュ社のゼクセル子会社化にともないカーエアコン事業は分社化され(ただしバス用エアコンと車載用冷凍装置事業のみサーモキング(アメリカ)と事業統合)、ヴァレオ(フランス)との合弁会社「ゼクセルヴァレオクライメートコントロール」に移されたことでボッシュオートモーティブシステムへの社名変更後もゼクセルの名前は暫くこちらに引き継がれていた。しかしその後2005年4月のヴァレオへの株式売却により資本関係は解消されたため、ゼクセルヴァレオクライメートコントロールは2005年11月よりヴァレオの完全子会社「ヴァレオサーマルシステムズ」として新たにスタートを切った。, またトルセン事業は独自技術で競合が少ないこともあり旧ゼクセル時代は三本目の柱として期待されたが、独ボッシュ社のゼクセル子会社化にともない2003年8月に豊田工機(現・ジェイテクト)に事業譲渡された。, なお旧ヂーゼル機器時代の1988年4月25日に、当時操業していた狭山工場において電気めっきに使用していたシアン化合物約500リットルを近隣の入間川に流出させ、下流の荒川から取水する浄水場を一時取水中止に追い込むという重大事故を発生させている。, 「ヂーゼル機器」がベンディックス社(アメリカ)のライセンスによりブレーキ関連部品の生産を始めたことに始まる。当時ベンディックス社と独ボッシュ社が競合関係だったことから技術情報の流出を警戒したボッシュ側の要請により、1955年にヂーゼル機器のブレーキ部門が分離独立し「自動車機器」となった。, その後1999年に日本エービーエス(独ボッシュ社とナブコ(現ナブテスコ)の合弁会社、1984年設立)、ナブコ乗用車ブレーキ関連事業、自動車機器の3社をボッシュ・グループがまとめる形でボッシュブレーキシステムとなり、さらに2002年、ボッシュオートモーティブシステムに吸収される。主要製品はアンチロック・ブレーキ・システムや横滑り防止機構などのブレーキ制御システム。, ゼクセルと独ボッシュ社との電子機器製造の合弁会社である「アスコ」(AIRBAG SYSTEM CORPORATIONの頭文字)(1992年設立)に始まる、名前の示す通りエアバッグユニットの製作をしていた。2000年にボッシュエレクトロニクスに社名変更。2002年にボッシュオートモーティブシステムに吸収。歴史は旧ゼクセルとほぼ共有している。主要製品はECUやセンサ類などの自動車用電子制御機器およびトランスミッション関連部品。, 独ボッシュ社の日本における事業を取りまとめる形で設立された独ボッシュ社の完全子会社、ボッシュKKに始まる。ボッシュ製品の輸入・販売を行う商社である。メーカーではないため、他の事業に比べて規模は小さいが、ホームセンターや自動車用品店で一般消費者が目にするボッシュ・ブランドの商品は、この会社が手がけたものである。主要製品は電動工具(ドライバ、ドリル、グラインダ、マルチツールなど)、自動車用アフターパーツ(バッテリ、スパークプラグ、ランプ、ワイパーブレードなど)。, かつて電動工具はハンマードリルなどプロ・建設業向け製品が主で、海外高級電動工具ブランドといった感があったが、近年ではそのブランドイメージを利用しDIY向け商品を開発・販売している。プロ向け商品はボディーが青色ベース、DIY向け商品は緑色ベースに分けられている。, 2005年の合併(ボッシュオートモーティブシステム+ボッシュKK)においては、ボッシュオートモーティブシステムが吸収する形になっているが、ボッシュKKの中には電動工具などの非自動車分野の事業もあり、合併によって新会社全体の事業の幅としても自動車分野以外に拡大したことから、吸収される側のボッシュKKの社名であったボッシュ株式会社を新社名としている。そもそも「ボッシュ」は、独ボッシュ社の創業者であるロバート・ボッシュから来ている。, 社名に「ボッシュ」を冠していることもあり、「独ボッシュ社の日本における現地法人」と認識されたり、マスコミにもそのように書かれることもある。, しかし実際には完全子会社化以前の独ボッシュ社の持ち株比率は過半数程度で、この会社自身も上場企業であったこともあり、母体となった各社も多くはもともと独立した企業として長い歴史を有していることから、現在は会社法上の子会社であることには違いはないものの、最初から完全子会社だった旧ボッシュKKの事業を除いては、「親会社が主導して外国に拠点として設けられた完全子会社(またはそれに近い会社)」といった「現地法人」の一般的なイメージとは異なる。, 他方、ボッシュ・グループは親会社の統制が強い経営方針・文化であり、ボッシュ・グループの一員としての立場と、自身の上場企業としての独立性や他の株主への配慮とのバランスをいかに取るか難しい課題を抱えていたが、独ボッシュ社が2008年に友好的なTOBによる完全子会社化を実施したためこれらの課題も現在は解消され、日本のボッシュ・グループ各社をとりまとめる役割も果たしている。, 独ボッシュ社による友好的TOBは2008年4月24日から6月19日まで実施。その結果独ボッシュ社は既保有分を含めて97.55%の株式を取得した。ボッシュ株式会社は10月20日に上場廃止となり、独ボッシュ社の完全子会社となっている。, 旧ゼクセルのトルセンや燃料噴射ノズル等の製造拠点であった狭山工場(埼玉県狭山市)は2003年8月末にトルセン事業を豊田工機(現・ジェイテクト)に売却した際、その拠点として譲渡された。, 旧自動車機器の本社・中心的な工場であり、長らくブレーキ用部品の製造拠点であった東松山第二工場(埼玉県東松山市)は、機能がむさし工場に移管され、2008年に廃止された。それに伴い、東松山第一工場は東松山工場に改名された。 ボッシュの自動車用カーバッテリーは国産車、輸入車問わず、多くのハイブリッド車、アイドリングストップ車、充電制御車、そして通常車にも搭載可能な、長寿命 & メンテナンスフリーバッテリーです。 アトラス(ATLASBX)は、第二次世界大戦中の1944年に設立され、バッテリーの研究・開発・製造を手掛けている韓国のバッテリー専門のグローバル企業です。韓国初のメンテナンスフリー電池などを開発、70年以上の歴史があるバッテリー業界のリーダーとなり、今日に至ります。その歴史は伊達ではなく、現在世界130ヶ国にその製品を輸出しています。2000年と2013年には新工場を増設し、年間1,300万台以上のバッテリーを供給できる体制を確立しました。, アトラスは設立当初、「イサン株式会社」としてバッテリーの極板を修理しており、再生バッテリーの販売をしていました。翌年の1945年に社名を「朝鮮電池株式会社」にを改め、バッテリーを生産する企業を目指していましたが、朝鮮戦争により大きな打撃を受けてしまいます。1952年には工場を立て直し、「韓国電池株式会社」という社名で再出発をしました。2000年、世界中で自動車バッテリーが供給過剰状態となり再び危機が訪れましたが、そこで事業を縮小するのではなく、最新の工場を建設し、最先端の設備と技術力で他社を引き離すことによって危機を脱しています。, アトラスのバッテリーの特徴は、まずその極板にあります。バッテリーの極板を修理して販売していたので、極板に関しては第一人者です。アトラスの極板は新カルシウム合金を採用しており、優れた減液特性・自己放電特性を実現しています。そして、鋳造式一体型ストラップを採用し、妥協しない極板の固定と集電効率の増加にて、優れた振動耐震性と高始動性能を実現しました。, アトラスバッテリーは、カタログに定価の記載はなく、事実上オープン価格扱いです。実売価格にて他社のバッテリーに比べ安価になっています。ネットで検索するとお店によって若干の差があります。セールによって更に安価になるケースもあります。, 日本にはアトラスの代理店があり、代理店経由で販売されている製品が正規品扱いになります。ネットでは正規代理店経由ではなく直接海外から輸入された製品もあり、その製品は日本の代理店で正規の保証が得られないケースがありますので、購入の際には注意が必要です。, ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 95D26L, アトラスの日本車用バッテリーは、オープンベント型とシールド型(メンテナンスフリー)があります。低価格にも関わらず、2年または4万キロの製品保証が付いています。, ATLASBX HVは、ハイブリッド車用補機バッテリーです。制御弁式 ( VRLA ) バッテリーで下記の特徴があります。, 製品保証期間は、2年もしくは3万km 製品保証です。適合車種は、ハイブリッド車で、プリウス、プリウスα、プリウスPHV、レクサスCT200hなどになります。, ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー 充電制御車対応 [ ATLAS PREMIUM ] NF 65B24L, アトラスバッテリー上級モデルである ATLASBX PREMIUMは、充電制御対応車用のバッテリーです。2年もしくは4年の製品保証が付いています。, アトラスのバッテリーは製品により保証期間が異なりますが、保証期間としては大方満足といった評判です。, 保証期間は大体  ・1年 もしくは2万キロ  ・2年 もしくは3万キロ  ・2年 もしくは4万キロ となっています。, また日本において、これらの保証はアトラス代理店経由での購入製品のみに適応されるケースがありますので、購入時には保証内容について確認することが必要です。, 間もなく、新車購入から20年になる高年式車に使用しています。チョイ乗りがメインで、年5000Kmくらいしか走行しませんが夏は短距離でエアコンフル回転、冬はヒーターとリヤデフロスター使用でバッテリーを酷使しています。エアコンシーズン前と、リヤデフロスター、ヒーターでのバッテリー酷使の前には補充電をして延命させています。シガーライターソケットには、電圧計を装着して電圧は常にチェックしています。, 韓国製と言う事ですが大手のの安バッテリーも韓国製と言う事もあり割り切って買ってみました。車は2007年製VW GOLF5です。サイズはばっちりで問題なく交換する事が出来ましたが、バッテリーの固定部分の形状が違っていて、でも無理矢理固定しました。ちなみにバッテリー固定ボルトの大きさは13ミリ、端子を絞めるナットは10ミリです。今まで使用していたバッテリーは純正で、7年間も取り替えずにいまだに使用できていました。, 正直、韓国製とのことで半信半疑であったが、値段に魅力があり失敗してもいいぐらいの思いで、購入した。購入から現在に至るまで、安定して使えている。定期点検時もバッテリーに関しては問題なかった。長期の使用に関しては、まだ未知ではあるがコスト的に見ても損はない買い物ではないでしょうか。, アトラスのバッテリーは、製品品質の信頼性が求められる世界の高級車にも採用されています。またバッテリーの交換はその手順されしっかり守ればDIYで簡単に行うこともできます。ただし、車種によっては指定バッテリーの使用、車載コンピューターの操作やセキュリティー設定などが必要になる場合がありますので、バッテリー交換前に確認してください。DIYで交換できる場合、一度アトラスのバッテリーを使用してみてはいかがでしょうか?, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【次期新型ホンダ ヴェゼル】2021年3月フルモデルチェンジでe:HEVを搭載か!最新リーク情報まとめ, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, ハイブリッド車のバッテリーの寿命と交換方法・費用について|バッテリー上りは心配ない?. ボッシュプロテクション . アトラス(atlasbx)は、韓国のバッテリーメーカーです。日本車に対応した製品もラインナップされており、他社のバッテリーと比較して低価格であることから人気があるバッテリーです。韓国製で安価と聞くと敬遠されがちですが、製品の性能や品質はどうなのでしょうか? 「車のバッテリーはどこのメーカーがいい?」「バッテリーの値段の相場は?」などお悩みの方必見!当記事では、バッテリーの値段(価格)相場や特徴をメーカーごとに比較&徹底解説!大手12メーカーを網羅した内容になっているので、こっから選べば間違いなし。 Illies & Co.)とボッシュと代理店契約を締結する。 *選べる5色のボディカラー*すぐに使える予熱時間1分*交換カンタンな専用グルーチップ, 限りなくスマートに、限りなくスムーズに。日常のルーティンだからこそストレス無くこなしたい。そんな思いに応える ボッシュコードレスクリーナー Unlimited (アンリミテッド) 登場。. こんばんは、いつもお世話になっております。車のバッテリーについて以前こちらで質問させて頂きました。交換することになり本日ホームセンターに行ってきたのですが・・・。車の車種と型番(オデッセイ)で適合するのが 55b24lという Invented for life: ボッシュは革新的で人々を魅了する製品とサービスを通じて、全世界の人々の生活の質を向上させることを目指しています。 製造国:中国 吸込み仕事率29W 集じん容量700mL 連続使用時間:Highモード 約17分 Lowモード約45分 ※2.6Ahバッテリー使用時 … BOSCH(ボッシュ) 14.4Vバッテリークリーナー (本体のみ) GAS14.4V-LIH ボッシュ(BOSCH)のストアを表示 . diy用リチウムイオンバッテリー無償交換のお知らせ; プロフェッショナル. 常に“安全第一”を考え、プロフェッショナルユーザーのためにイノベーションをし続けてきたボッシュ。最新の安全への取り組みをボッシュガールがわかりやすくご紹介します。 x-lock お問い合わせはEメールおよび電話・FAXでお受けしております。どうぞお気軽にご連絡ください。, バッテリーの新しい総称であるEFB。これは、高耐久性・大容量・長寿命を求められる液式のアイドリングストップ対応バッテリーとして開発されたものです。厳しい条件下で走行するヨーロッパでの採用が増えており、ボッシュはその技術革新を日々追求しています。, 発 進(Start)と停止(Stop)で充放電を繰り返し、エンジンスタート回数が増加するアイドリングストップ車は、バッテリーへの負荷が大きいため、タ フなバッテリーが必要です。ハイテック プレミアムは、大容量&高充電受入性能を持ち合わせたアイドリングストップ車に最適なバッテリーです。, 水分をバッテリー内部に留め、バッテリー液の減少を制御する「完全メンテナンスフリー」を実現。また、遮断構造“フレイムアレスター”(防爆)により、静電気や火気がバッテリー内部に侵入することを抑制。バッテリーへの引火を防止します。, 充 電制御システム搭載車のバッテリーは、主に減速時に発電機(オルタネーター)で発電し、発進・加速時には発電を抑え燃費を低減しています。この充電と放電 の繰り返しはバッテリーへの大きな負荷となり、システムを効率的に活用できなくなります。燃費低減を維持する為にも、充電制御システム搭載車に最適なハイ テック プレミアムへの交換をおすすめします。, グリッドを細かい網目にすることで導電性が向上。効率かつ優れた充放電性能を可能にしました。また、グリッドを強固にするために、ティン(スズ)を増量し、「長持ち(長寿命)」を実現しています。, ※1 通常車とは、アイドリングストップ車・充電制御車・ハイブリッド車・電気自動車・商用車・特殊車両等を除く一般乗用車を示します。 おうち時間がさらに快適に楽しくなった!! ロバート・ボッシュ(独: Robert Bosch GmbH)とは、ドイツを本拠とする総合自動車部品及び電動工具メーカーである。日本法人はボッシュ株式会社。電動工具は赤いロゴが特徴。, ロバート・ボッシュによって創立された。世界最大のメガサプライヤーである。主要な製品は自動車機器、産業機器、消費財・建築関連機器(電動工具(パワーツール))など。, 2019年通期の売上高は779億ユーロ(約9兆3440億円)であり、自動車部品業界では世界第1位である。125カ国に拠点を持ち、従業員数は約40万名(2018年)である。, 1886年11月15日 - ロバート・ボッシュ「精密機械と電気技術作業場」を開設。第一次世界大戦後には日本や満州国、中華民国などアジアにも進出した。, ボッシュ株式会社 (英: Bosch Corporation) は、ドイツのボッシュ・グループに属し、日本において自動車部品の開発・製造・販売、および自動車機器(アフター市場向け)や電動工具等の輸入・販売を行う企業。, 親会社は世界の自動車部品大手ロバート・ボッシュ(ドイツ、以下「独ボッシュ社」)であり、ボッシュ・グループの日本およびアジアにおける戦略的拠点の役割を担う。, 近年は、独ボッシュ社ライセンスによる製品「コモンレール式ディーゼル燃料噴射装置」、同「ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)」の日本での普及に力を入れている。, 「ボッシュ」というと、一般的には独ボッシュ社のことを指すことが多いが、それと区別するため、ここでは日本子会社のボッシュ株式会社をボッシュ(株)と表記する。, 1911年7月7日、横浜のアンドリュース・アンド・ジョージ商会と日本でのボッシュ製品の販売および修理に関する代理店契約を締結。その後1920年5月にイリス商会(C. 価格: ¥7,670 & 配送料無料: スタイル: 本体のみ. これらボッシュ代理店の中でも古くから事業を行っている企業については、旧・ヂーゼル機器を祖とする企業や、同社より事業を引き継いだ企業の代理店でもある事が多い。 ※2 B19サイズを除く。 DIYをはじめたいけど何からはじめれば… そんなDIY初心者の女子大生たちをボッシュがサポート。DIY女子に成長していく様子をつづるブログです。, 最寄りのボッシュ取扱店が早く見つかるよう、お住まいの郵便番号、市区町村名または取扱店名を入力してください。. 常に“安全第一”を考え、プロフェッショナルユーザーのためにイノベーションをし続けてきたボッシュ。最新の安全への取り組みをボッシュガールがわかりやすくご紹介します。, 誰でも安全・確実・カンタンに砥石の脱着ができる新・砥石交換システム「X-LOCK(エックスロック)」登場!, クリーンな住まいは、家族を笑顔にする! おそうじをスマートにサポートする、ボッシュのクリーニングアイテム。, SMART NEW! シンプルでキュートなデザイン。しかも実力は本格派のニューバージョン登場。, デコレーションアートを楽しもう! スリムでオシャレなペン型グルーガン 女満別空港の旧滑走路はブレーキの試験場となっている。, 旧アスコの中心的な工場で、電子機器部品などの製造拠点であった富岡工場(群馬県富岡市)は、機能が海外のボッシュグループ関係会社や国内の他事業所に移管された後、2014年完全閉鎖され、AED製造の日本光電工業グループに売却された。, 自動車関連事業のアフターサービスについては、全国各地の自動車整備業(オルタネーターやスターターなどの電装品や、噴射ポンプ等の機械類の分解整備の専門や、それを得意とする企業が多い)が、ボッシュ(株)と代理店契約を結んでサービスを行っている。 ※3 B19サイズはシルバーファインメッシュを採用。. ボッシュ株式会社 (英: Bosch Corporation) は、ドイツのボッシュ・グループに属し、日本において自動車部品の開発・製造・販売、および自動車機器(アフター市場向け)や電動工具等の輸入・販売を行う企業。. カーバッテリー ボッシュのクチコミ掲示板 カーバッテリー ボッシュについての情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル! 「車のバッテリーはどこのメーカーがいい?」「バッテリーの値段の相場は?」などお悩みの方必見!当記事では、バッテリーの値段(価格)相場や特徴をメーカーごとに比較&徹底解説!大手12メーカーを網羅した内容になっているので、こっから選べば間違いなし。 個々の車の使用状況により変わりますが、一般的に言えばバッテリーの寿命は2年~4年が目安と言われています。, 車にとって重要な部品でもあるバッテリー選びで失敗したくないからこそ、以下のような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?, もし、あなたがこれから初めてネット通販でバッテリーを探すのであれば、以下の5つのメーカーに絞って検討されるのがおすすめです。, ここで挙げた5つはいずれも、メーカーとしての信頼性が高く、かつ現在の市場で売れ筋の商品を出しているメーカーです。, さらに、その他も加えて「国内で知名度のある12メーカー」それぞれの詳細もご紹介していきますよ!, この記事を読めば、各バッテリーメーカーの料金や特徴を比較でき、あなたのお車に最適なバッテリーを選ぶ助けなるので、ぜひ参考になさってください。, バッテリーのメーカー12社の特徴や価格目安をご覧頂く前に、バッテリーを購入する際の6つのポイントをお伝えします。, 特に初心者の方が「これからバッテリー購入をしよう」としているなら、ぜひ確認して欲しいです。, 今すぐにバッテリーの販売メーカーの特徴や値段を確認したいという人は「紹介するバッテリーメーカー12社の一覧」へ飛んでOKです。, また店頭価格とネットの価格では、同じバッテリーでも大きな価格差があり、筆者は節約のためカーバッテリーはネット購入することにしています。, ネット通販は店舗で購入する場合に比べてめちゃくちゃ安く購入できるだけでなく、比較検討もしやすいというメリットもあります。, 自分の車に適合するバッテリーを把握して商品を探す必要があったり、自分でバッテリー交換作業をできる人以外は「バッテリーをどこで交換してもらうか?」を決める必要があるなど、様々な問題もあります。, そのように「バッテリーのネット通販での購入は自己責任である」という点にはよくよく注意して検討してください。, ですのでバッテリーを選ぶために最初に確認しなければならないのが、「自分車の適合サイズ(型式)」です。, 同じ構造のバッテリーであってもいくつも型式が存在するため、車種に合ったバッテリーを探すためには、必須の作業になります。, 適合しないものを購入してしまうとトラブルになる可能性がありますので、しっかり確認しておきましょう。, これまで使っていたバッテリーのサイズをすでにお分かりの方は、今までと同じか性能が上のものを選べばOKなので、ここは読み飛ばしてください。, 国産車用に対するバッテリー形式は基本的に、どのバッテリーメーカーのものでも統一ルールで表記されています。(JIS規格といいます。), 上表野通り、「バッテリーのサイズ」、「端子の位置」は現在と同じものを選ばないと、車に合わないので注意してください。, また最初の2桁は「性能ランク」を表します。現在装着しているものと同じものか数値の高いものを選んでください。, アイドリングストップ車はそれ専用のバッテリーを装着する必要があり、型式表記も標準車と異なります。, こちらもJIS規格のバッテリー同様、2桁の数字が指す「性能ランク」については大きい数字のものを選ぶことでグレードアップすることができますが、今ついているバッテリーと同じものでOKです。, なお、自分が今装着しているバッテリーのサイズがわからないという方は、以下のいずれかの方法を利用して、車種にあったバッテリー形式を確認してください。, 上記で説明したとおり、自分の車に載せられるバッテリーの形式が分かったら、あとはそれに準じた商品を選ぶだけです。, なお一般的にバッテリーのサイズは同じでも性能グレードが上がると、バッテリーの価格もその分高くなります。, 高価にはなりますが、その分耐久性があるなどメリットも多いので、容量の大きい高性能バッテリーは人気ですよ。, “高性能バッテリー”とは先ほども触れたように、商品の型番の「性能ランク」の数値が大きいバッテリーのことです。, (※大手のバッテリーメーカーでは、複数の種類のバッテリーが販売されています。当記事においては、標準モデル(安価で基本的な性能)の上位に位置づけられる上位モデルのことを「高性能バッテリー」としています。), もちろん車の乗り方や考え方にもよりますが、新車搭載の数字より大きい「性能ランク」のものをなるべくチョイスするのが好ましいでしょう。, 高性能なバッテリーは、安定して十分な電圧を維持する能力を持っています。バッテリーは充電と放電を繰り返している間に少しずつ劣化していきますが、高性能なものはその度合いが小さいです。, 高性能バッテリーの代表的なものは、Panasonicの「カオス」、BOSCHの「ハイテックシルバーⅡ」、GSユアサの「ECO.Rシリーズ」、HITACHIの「Tuflong Premium」などがあります。, 大手バッテリーメーカーが販売されているバッテリーの中には、「メンテナンスフリー」と記載のある商品も多いです。, 「メンテナンスフリー」バッテリーは、同等性能の通常バッテリーと比べると、少し高価なのが一般的ですが、通常のバッテリーよりメンテナンスの頻度が減るため、「メンテナンスが面倒…」という方にはおすすめです。, バッテリーの中には電解液と呼ばれる液体が入っていますが、これは自然に減少していき、減りすぎると本来のバッテリーの性能を発揮できなくなってしまいます。, ですので通常のバッテリーは「定期的に液量をチェックし、電解液が減りすぎていれば、バッテリー液を補充する」というメンテナンスをしなければなりません。, →完全に密閉されており、バッテリー液の蒸発を徹底的に防ぐタイプ。そもそもバッテリー液の補充ができない。“完全メンテナンスフリー”と記載されることも多い。, →バッテリー液を減少しにくくしたタイプ。メーカー保証期間くらいまで多くの場合、液の補充は不要。補水・充電することで長く使える。, 上記にある「完全メンテナンスフリー」(完全密閉型、もしくはシールド型とも呼ばれます。)のバッテリーを販売している有名なメーカーは以下の通りです。, メンテナンスが楽に済むものが良い方なら上記3メーカーの商品から選んでみるのも良いと思います。, ただし、メンテナンスフリーといっても、ほとんどの商品が点検用インジケーターを備えており、バッテリーの状態を定期的にチェックすることは必要です。, 最近はエコカーと呼ばれる充電制御車やアイドリングストップ車などのエコカーに載っている方も多いですよね。, ちなみに近年発売されたエコカーのうち、ハイブリッド車やアイドリングストップ車を除くと、ほとんどが充電制御車と言われています。, このエコカーと呼ばれる充電制御車やアイドリングストップ車にはそれぞれに対応したバッテリーが必要になります。, (※当記事では、主にハイブリッドカー以外の車に対するバッテリーについてまとめています。), エコカーというのはバッテリーにとって、放電と充電を繰り返す過酷な環境にあり、従来の普通の車よりもバッテリーにかかる負担が大きいです。, ですので、それ専用のもの(それに耐えうるタフなバッテリー)が求められるということなんです。, 以下のようなステッカーが車両後方に貼られている場合は、充電制御車の可能性が高いです。確認してみてくださいね。, 細かいことは分からなくても「エコカーには専用のバッテリーがいるんだな」という理解でOKです。, 以上の点を踏まえ、以下の表を参考にして自分の車種にあったバッテリーを選んでみてください。, 結論としては、上記で紹介してきたポイントを意識しつつ、メーカーに関しては信頼できる大手メーカーのものを選んでおけばOKです。(※おすすめできる大手メーカーについては次項から紹介), 通常使用の方なら、同ランクの商品であれば各メーカーでそこまで機能的な差は感じないことが多いからです。, 例えばバッテリーの寿命に関して言えば、メーカーというよりも商品のグレードの差と考えて良いと思います。, メーカー選びに迷ったら「国産メーカーかどうか」や「購入者の口コミ」を基準にするのも一つの手ですよ。, 通販サイトでバッテリーを探していると、国内メーカーでは到底出せないような激安価格で販売されている海外製バッテリーを目にすることがあります。, ですが実績が少ないなど信頼性が低いと思われる海外メーカーの商品は安くても避けるほうが無難です。, 格安な海外製バッテリーの中でおすすめできるのは、国内での販売実績も多い「ATLAS(アトラス)」(韓国製)です。, 売上ランキングにも常に上位に入る人気のメーカーなので、格安にバッテリー交換を済ませたい方はぜひチェックしてみてください。, 各メーカーごとに特に人気の高い商品の情報なんかも織り交ぜながら、メーカーごとにご紹介していきますね。, Panasonicバッテリーをチェック 国内カーバッテリー業界においても有名な「Panasonic(パナソニック)」。一番のおすすめです。, 一般家庭向けの家電から身近な乾電池や充電池まで様々な商品を生産している大手電気メーカーのPanasonicですから、信頼性はバツグンですね。, (※価格は2019年5月時点、独自調べによるものです。参考価格の引用:カーエイド>パナソニック), 「Panasonicが一番おすすめ」と先ほど言いましたが、その理由がまさにこちらのメーカーの主力商品であり、かつ認知度NO.1の「カオス」シリーズの存在があるからです。, カオスは全て安心の日本製。上記の商品は普通車(充電制御車)用ですが、その他に「アイドリングストップ車用」、「ハイブリッド用」と3タイプあり、幅広い車種に対応できます。, こちらのシリーズは、Amazonや価格ドットコムのカーバッテリーの売れ筋ランキングで、常に上位を独占する超人気商品。特に通販では、値引率が非常に高く、お買い得なんです。, また、日本最大級のクルマ口コミ&レビューサイト「みんカラ」で「パーツオブザイヤー・バッテリー部門」において、4年連続第1位を獲得。口コミでは「安くて高性能」と高評価を得ています。, カオスは2018年11月にリニューアルされたばかりで、その新シリーズにおいて業界最高水準の大容量にランクアップされました。(ネット価格をウォッチしている見る限り、新シリーズになって価格は上がっていないのにも関わらず!), 充電不足に陥りがちなアイドリングストップ車や充電制御車の方であれば、カーバッテリーの容量に余裕がある「カオス」バッテリーを選択するメリットは大きいですね。, 口コミ「容量を示す数字が純正から倍近くになったため、ドライブレコーダーなどの電装品の追加に対応出来る」, ↑購入者の口コミにもあるように、ドライブレコーダーなどで常時電力を消費するパーツを多数ご利用の方にも高い支持を得ているようですよ。, ガソリンスタンドやカー用品店などの店頭でも、おすすめされることも多い「カオス」シリーズ。, 「カーバッテリーでどれを選んでいいか分からない…」と迷われている方は、人気ナンバーワンのカオスを選んでみてはいかがでしょうか。, 世界で高い評価を得ており、自動車用バッテリーで世界第2位、国内では業界トップのシェアを誇ります。(GSユアサ>個人投資家の皆様への情報), またホンダやトヨタなどの大手自動車メーカーの純正バッテリーを供給しているメーカーでもあり、2018年国内実績としては、, このように国内自動車メーカーからも絶大な信頼を得ているだけあって、GSユアサのバッテリーの信頼性は最高レベル。, (※価格は2019年5月時点、独自調べによるものです。参考価格の引用:カーエイド>GSユアサ), アイドリングストップ車用のバッテリーのトップメーカーであるGSユアサ独自のノウハウが詰まった次世代型バッテリー。, アイドリングストップ車用のバッテリーでGSユアサブランドのものが欲しいなら、こちらの商品で間違いないでしょう。, アイドリングストップ車本来の燃費性能を引き出すとともに、従来製品をはるかに上回るバッテリーの長寿命化を実現しています。, また、アイドリングストップ車に限らず、通常車&充電制御車と幅広い車種に搭載可能なオールマイティータイプです。, メーカー信頼性◎のGSユアサですが、こちらで紹介した「エコ.アールレボリューション」以外にも、多くの種類のバッテリーが用意されていて、ものによっては“数千円~”とリーズナブルなものもあるので目的に合わせて選び放題なのも嬉しいポイントです。, ACデルコのバッテリーをチェック ACデルコは、アメリカの自動車部品メーカーで、世界中のあらゆるクルマの部品を作っている一流ブランドです。, 寒冷時においても常に安定した始動性を発揮する、高出力で大容量のACDelcoのバッテリー。, 国内ではトヨタ車やスバル車の純正部品として広く採用されており、その品質の高さはカーメーカーのお墨付き。, (参考サイト:toyota.jp>エンジンルームメンテナンス 、スバル用品株式会社>商品紹介), アメリカの企業ではありますが、日本の規格に沿った「国産車用のバッテリー」を多く製造・販売しています。, (※価格は2019年5月時点、独自調べによるものです。参考価格の引用:カーエイド>ACデルコ), 通販サイトでこの商品を探す際は、検索窓に「“ACデルコ” + “ご自身のクルマに適合する規格(サイズ等)” + “希望するタイプ(SMF等)”」を入力して検索すればOKです。, いずれの品番も補水不要のメンテナンスフリーなのが特徴。(※ただしAGM以外、密閉型ではないです), 口コミ1「バッテリ交換をディーラーに頼むと、このサイズであれば軽く2万程とられます。日本製では、なかなかこの値段でありませんが、ACDELCOは、日本製に劣らない信頼性だと思います。」, 口コミ2「トヨタディーラーで交換するとデルコばかり、トヨタ車に乗っていて以前もAC Delco製のを使っていたので信頼して購入」, 国産メーカー以外では、比較的低価格で信頼できるブランドだ感じている人が多いようですね。, こちらでは国産車用バッテリーを紹介しましたが、輸入車用のバッテリーも「高品質で安く済む」と人気が高いです。, ホームセンターやディスカウトショップ等にも置かれているHITACHIバッテリー。特に安価なバッテリーを求める方に人気のメーカーです。, 最新のエコカー対応商品はもちろんのこと、軽自動車専用、業務用車や軽トラ専用までと、豊富なラインナップから目的に合わせて製品を選べます。, アイドリングストップ車にも対応のオールマイティモデルで価格以上に大容量、高い耐久性を兼ね備えた高性能バッテリーです。, 上で挙げた商品のバッテリーサイズ(S-95/120D26L)はセダン車などに使用される割と大型のバッテリーになりますが、, このような「D26サイズのバッテリー」で且つ「アイドリングストップ車対応」で、上記のような価格というのは、日本メーカー製品のものではなかなか見かけません。(バッテリーサイズは大きくなればなるほど高くなります), そして少し余談になりますが、我が家の愛車「日産のマーチ(アイドリングストップ車)」には「タフロングプレミアム(形式:Q85)」が取り付けてあります。, 当初はPanasonicのカオスと迷いましたが、日産の純正バッテリーの製造元が日立化成だったこと、そして購入時の価格が低価格だったことが購入の決め手となりました。, また大容量の「Tuflong」シリーズには、軽自動車専用バッテリーもあり、充電制御車対応でも5,000円台の値段で購入できますよ。(充電制御車対応:「Tuflong 軽」、アイドリングストップ車専用:「miniTuflong 軽IS」), なお、一般乗用車(エコカーではない車)用の格安バッテリーをお探しの方には、コストパフォーマンスに優れた「Tuflong SUPER」も良いと思います。HITACHIバッテリーのスタンダードモデルで、こちらも売れてます。, 「古いけどどうしよう…」と迷うくらいなら、このようなお手頃価格のバッテリーを購入することをおすすめします。, BOSCHバッテリーをチェック 「BOSCH(ボッシュ)」は、カーメンテナンス製品の有名な欧州ブランド。, 欧州メーカーであるBOSCHでは、輸入車に対する専用バッテリーのシリーズが有名ですが、国産車用に開発・製造されているシリーズの品質でも定評があり、日本のスバル他カーディーラーやカー用品店の現場でも広く使われています。, またBOSCHバッテリーは、補水不要の完全メンテナンスフリーで手間いらずなのが特徴です。, 最高レベルの大容量と高充電受入性能、そしてボッシュの強みである始動性の良さを併せ持っています。, 同じく大容量が特徴的なPanasonicのカオスシリーズでもD23サイズは性能ランク100ですから、数値からいっても実に頼もしい商品と言えるのではないでしょうか。, なお、「ハイテックプレミアム」はアイドリング車に最適の高性能バッテリーですが、通常車にも余裕を持って使用できるのでカーナビやドライブレコーダーなどの電装品を多用する方にもオススメ。, また保証も充実していており、業界トップクラスの長期保証が付きます。それだけ長寿命に自信がある商品と言えます。, なお、「ハイテックプレミアム」は「BOSCH」の最高級モデルですが、定番の安価モデル「PSバッテリー」もコスパが高く人気があります。, 一流メーカーのBOSCHの「B24サイズ(充電制御車対応モデル)」でも7,000円台(執筆現在)とリーズナブル。, ただし、「PSバッテリー」もメンテナンスフリーと記載がありますが「ハイテックプレミアム」のような完全密閉型(完全メンテナンスフリー)ではないという違いがある点には、注意してください。, ちなみにBOSCHブランドのバッテリーというのは通販以外ですと、ディーラーや限られた大手のカー用品店(オートバックス等)でしか取り扱っていないんですよ。(ホームセンターなどでは取扱いなし), 契約した専門店にしか商品を卸さないブランドということで、それだけ信頼度が高いバッテリーと言えそうですね!, アトラスバッテリーをチェック アトラス(ATLASBX)は、韓国のバッテリーメーカー。, 日本車に対応した製品も豊富にラインナップされており、他社と比較して非常に格安であることから、Amazonなどの通販サイトの売れ筋ランキングでも、常に上位にランクインされるほど国内で人気があります。, アトラスは韓国のメーカーということで馴染みが無いという方も多いと思いますが、製品品質の信頼性が求められる世界の高級車にも多く採用されている一流ブランドです。, こちらは、補水の必要は無くメンテナンスは原則不要なタイプで、90D23Lの規格で7,000円台。大変お財布に優しいバッテリーです。, 「国内メーカーにこだわらず、格安でそこそこ良質なバッテリーが欲しい」という方に適したバッテリー。, 上記商品は充電制御車に対応していませんが、アトラスブランドなら充電制御車対応品でも、同サイズで1万円を切るお手頃価格で新品バッテリーが手に入ります。( 「 ATLAS PREMIUM 充電制御車対応90D23L」)(執筆時点Amazon価格:9,300円), 口コミ1「普段使いのバッテリーとして購入。目安としてバッテリーなどは3年もてば充分であって 普通に使えるなら このバッテリーで充分。」, 口コミ2「このサイズの新品の中では一番お手頃。見た目も悪くないし、今のところ問題ない。車検やカーショップで取り換えるのが本当に馬鹿らしくなります。」, 口コミ3「韓国製と云う事でちょっと心配でしたが、杞憂でした。パワフルで国内有名メーカーに全く遜色ありません。」, 口コミにもある通り、他社バッテリーと価格面の比較において、アトラスはより値ごろ感のあるバッテリーを提供しているブランドです。, バルタバッテリーをチェック 「VARTA(バルタ)」は、ヨーロッパ車の純正装着率ナンバー・ワンを誇る、世界一流のバッテリーメーカー。, 国内販売では輸入車用バッテリー用と、国産車用バッテリー用2タイプに分かれています。, こちらは輸入車用。エコカー(アイドリングストップ車など)や高性能車に最適な高性能バッテリーです。, こちらは、ベンツ、フォルクスワーゲン、ゴルフなどの輸入車オーナーの方に愛用されているようです。, 口コミ1「メルセデス純正はこちらのメーカーのOEMということで品質にも不安はなく、取り換え後はバッチリアイドリングストップが効くようになりました。」, ※OEMとは…生産は他の企業に製造をお願いして、製品には自社のブランドをのせて販売する方法, バルタのバッテリーは、ほとんどのヨーロッパ車が純正バッテリーに採用されている実績がありますので、信頼性は確かでしょう。, ちなみに輸入車用のバッテリーは、先ほどご紹介したボッシュ又はバルタを選択される方が多いようです。, オートバックスでは、GSユアサやPanasonicのバッテリーを購入することもできますが、「プライベートブランド」の商品も販売されています。, ちなみに2019年の3月にプライベートブランドが一新され、新しく「GAIA(ガイア)」という名前で発売されました。4グレードあり、低いグレードから簡単に紹介すると、, となっています。それではオートバックスのプライベートブランド「GAIA」の参考価格を紹介します。, こちらは、ネットショップでの価格ですので、店頭と異なるかもしれません。気になる方は、店頭で価格を確認されてくださいね。, 赤い「V-FORCE」という製品です。充電制御車対応です。製造元はGSユアサらしいです。, 走行距離にかかわらず「36ヶ月」の製品補償がついていて評価は高いですが、流通量は多くなさそうですね。, 「古河電池」は、惑星探査機「はやぶさ」に搭載されているリチウム電池を手掛けたことで有名な国内の電池メーカーです。, トヨタのレクサスなど最新のハイブリットカーにも採用されている国産車用のモデル「ECHNO(エクノ)」が有名。, その他様々な種類のバッテリーが用意されていて、性能を比較して最適なバッテリーが選べます。, (※価格は2019年5月時点、独自調べによるものです。参考価格の引用:Amazon、古河電池公式), こちらは主力の商品、アイドリング車専用バッテリー「ECHNO(エクノ)IS UltraBattery」です。, 古河電池独自の最新のテクノロジーが詰まった「キャパシタの機能」が採用されています。(世界初、特許取得の技術), その機能により、充電の回復がスピーディーでアイドリング車を協力にサポートしてくれるそう。口コミにキャパシタの効果について記載があるものがありました。, 口コミ1キャパシタ入りの効果は抜群です。アイドリングストップから復帰直後の発進のもたつきが解消されました。オススメのバッテリーです。, こちらの商品は、アイドリングストップ車では国内メーカー最長クラスの36ヶ月(または6キロ)の保証がついていますから、それだけ耐久性にも期待できそうですね。, 外観がまず目を引くオプティマ。国内では、ジムニーオーナーの方々に人気が高いそうです!, なお、日本の規格に合わせて作ったバッテリーではないので、国産車の場合は特に「愛車に適合するか」について他メーカー品より厳重なチェックが必要。その点でだいぶ上級者向きのメーカーと言えるでしょう。, (※価格は2019年5月時点、独自調べによるものです。参考価格の引用:カーエイド>オプティマ), 寒冷地でもパワフルに始動してくれるハイパワーなバッテリーで、いずれのタイプも丈夫で逆さまにしても液漏れしない構造になっています。, ↑イエロートップの商品説明では「再充電せずに1年放置しても高い性能を保ちます」とのこと…!, バッテリー専門店「カーエイド」と世界一のジョンソンコントロール社とのコラボで作られたブランドです。 ※ジョンソンコントロール社は上で紹介した「VARTA(バルタ)」他多数のバッテリーブランドを製造する世界トップのメーカー, (※価格は2019年5月時点、独自調べによるものです。参考価格の引用:カーエイド>インフィニタル), すべて「密閉型メンテナンスフリー」&充電制御車対応になっており、軽自動車などに使用されるB19サイズで4,980円送料無料と激安。, 以上、バッテリーを選ぶ際のポイントと、バッテリーメーカーの特徴や相場、おすすめバッテリーを紹介してきました。, 「どこのメーカーのバッテリーを買ったらよいか…」「どのくらいの価格帯の商品を買ったらよいか…」ということは悩みどころでもありますが、, カーバッテリーに関して一番重要なことは「バッテリー上がり」などのトラブルにならないように定期的なスパンで交換してあげることです。, どんなに高性能の高価格のバッテリーを買ってもトラブルを避けるためには定期交換。これに尽きます。, ですから自分の車の使い方に応じて数年に一度交換が必要になるということを忘れずに、あとはお財布と相談しながら好みのバッテリーを探してみてくださいね!, 当記事のバッテリー目安表でも参考にさせてもらった「カーエイド」は、激安バッテリーからハイブランド商品まで広く扱うバッテリー専門の通販サイト。, 上記のような特徴があります。車種の情報からカンタンに車に合うバッテリーを検索できるので、初心者の方でも比較的安心してバッテリー選びができますよ。, Panasonic (パナソニック) 国産車バッテリー Blue Battery カオス 標準車(充電制御車)用 N-60B19L/C7, ATLASBX [ アトラス ] 国産車バッテリー [ Dynamic Power ] AT (MF) 90D23L, ポイント1 : ディーラーやカー用品店などのプロにお任せするか、自分で購入するか決める, 店頭価格とネットの価格では、同じバッテリーでも大きな価格差があり、筆者は節約のためカーバッテリーはネット購入することにしています。, 自分でバッテリー交換作業をできる人以外は「バッテリーをどこで交換してもらうか?」を決める必要があるなど、様々な問題もあります。, 電解液が減りすぎていれば、バッテリー液を補充する」というメンテナンスをしなければなりません。, 迷ったら「国産メーカーかどうか」や「購入者の口コミ」を基準にするのも一つの手ですよ。, こちらのシリーズは、Amazonや価格ドットコムのカーバッテリーの売れ筋ランキングで、常に上位を独占する超人気商品。, (ネット価格をウォッチしている見る限り、新シリーズになって価格は上がっていないのにも関わらず!), メーカー信頼性◎のGSユアサですが、こちらで紹介した「エコ.アールレボリューション」以外にも、, 軽自動車専用、業務用車や軽トラ専用までと、豊富なラインナップから目的に合わせて製品を選べます。, 日産の純正バッテリーの製造元が日立化成だったこと、そして購入時の価格が低価格だったこと, (充電制御車対応:「Tuflong 軽」、アイドリングストップ車専用:「miniTuflong 軽IS」), メルセデス純正はこちらのメーカーのOEMということで品質にも不安はなく、取り換え後はバッチリアイドリングストップが効くようになりました。」, アイドリング車専用バッテリー「ECHNO(エクノ)IS UltraBattery」です。, ※ジョンソンコントロール社は上で紹介した「VARTA(バルタ)」他多数のバッテリーブランドを製造する世界トップのメーカー, 車のバッテリー交換する人必見!バッテリーの値段や特徴を12メーカーで徹底比較。おすすめはどこ?, GS YUASA [ ジーエスユアサ ] 国産車バッテリー [ ECO.R Revolution ] アイドリングストップ車対応 ER-M-42/55B20L, ACDelco [ エーシーデルコ ] 国産車バッテリー [ Maintenance Free Battery ] SMF55B24L, HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー アイドリングストップ車&標準車対応 [ Tuflong Premium ] JP AS-95/120D26L, HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー [ Tuflong 軽 mini ] KMI 44B20L, HITACHI [ 日立化成株式会社 ] 国産車バッテリー [ Tuflong SUPER ] JS 40B19L, BOSCH (ボッシュ)ハイテックプレミアム 国産 アイドリングストップ車/充電制御車/標準車 バッテリー HTP-Q-85/115D23L, BOSCH (ボッシュ)PSバッテリー 国産 充電制御車バッテリー PSR-55B24L, VARTA [ バルタ ] 輸入車バッテリー [ SILVER DYNAMIC AGM] 570 901 076, FURUKAWA [ 古河電池 ] 国産車バッテリー アイドリングストップ車&標準車対応 [ ECHNO IS UltraBattery ]Q-85/D23L, OPTIMA BATTERIES [ オプティマバッテリー ] 国産車バッテリー [ イエロートップ ] YellowTop 80B24R, バッテリー交換費用(値段や工賃)をショップごとに比較!オートバックスやディーラー、ガソリンスタンド, オートバックス車検で車検費用を節約!ディーラーとの料金比較、注意点、お得な予約方法まで徹底解説, 【車検を安くしたい人必見】車検費用を安く済ませる6つの方法丨車検費用のキホン、相場、業者の探し方まで徹底解説, 通販でタイヤを買うなら実はAmazon(アマゾン)が安い!提携の宇佐美でタイヤ交換する方法.