ファミリー用コットンテントの人気おすすめランキング5選 . ポリコットン製でインナーテントもグランドシートも付いてきて、40,000円でおつりがくるってすごいですよね! 写真のように2つの袋に分かれています。1つはテント本体とポール、もう一つがインナーテントとグランドシートです。 おすすめのポリコットン素材のソロテントの紹介. tent factory(テントファクトリー)より、2019年の新製品の発表がありました。 まず第一弾として、ポリコットン素材を採用したワンポールテント「ワンポールテントtc(ポリコットン)」が登場! 早速気になるので調べてみました。 薪ストーブや家具を配置して開放的な空間を楽しむベルテント。 ソロやファミリー向きのサイズ、コットン、ポリコットンなど、素材の特徴を紹介します。 サイズで選ぶ 出典: Instagram. ポリコットン、テントやタープの素材として人気ですよね。 火の粉が飛んでも穴が空きにくいという特性のほか、通気性や遮熱性などが評価されているのだと思います。 私もサーカスtc、タトンカ1tc、タケノコテントなどポリコットン幕をいくつか所有しています。 設営が簡単な今ワンポールテントが人気を集めています。ソロキャンプに最適です。性能や素材、コスパの観点からワンポールテントをランキング形式でご紹介。タープとの連結方法やハーフインナーの種類、薪ストーブの作成方法、ワンポールテントのデメリットなども紹介します。 5位 ... これを防ぐためにはポリエステルの配合されている、ポリコットン素材のテントを選ぶといいでしょう。 防水性が高くなり、悪天候への備えになります。 お手入れをしないと「カビ」が生えてしまうことも. アウトドアで現在人気が出ているコットンテントはお持ちですか?ここではコットンテントのメリットやデメリット、また選び方なども紹介しています。さらにおすすめのコットンテントもランキング形式で紹介しているので、購入する際は是非参考にしてください。, テントにはアウトドアの際に、直射日光や雨風から身を守る役割があります。そのためテントはアウトドアには欠かすことのできないアイテムですが、最近では化学繊維のテントに代わり、コットン素材のテントに注目が集まっています。, コットンテントではナチュラルな雰囲気を楽しめる以外にも様々なメリットがあるんです!コットンテントにはソロキャンプ向けやファミリー向けなど、サイズなども様々な種類があります。また特徴などもそれぞれ違います。, そこで今回はコットンテントの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは価格や性能、設営のしやすさなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。, コットンテントには様々な種類や特徴、サイズなどが存在します。ここではコットンテントの選び方を紹介します。, 何人でテントを使いたいのかイメージしてみましょう。ここでは使う人数に応じてサイズや重量からピッタリのコットンテントを選びます。, 大きいテントはゆったり過ごすことができますが、設営や持ち運びが大変になりがちです。ソロキャンプの方であれば、それほど大きなサイズでなくて、荷物を収納できる程度の持ち運びのしやすい軽量のコットンテントがおすすめです。, 家族や友人などとキャンプを楽しみたい方は少し大きめのテントを用意しておきましょう。テントに表示されている使用人数には規定がないので、同じ収容人数でもメーカーなどによりサイズが異なる場合があるので注意しましょう。, また荷物なども合わせて収納することを考えると、実際に使う人数よりも1人か2人分大きめのテントがベストです。更にワンポールテントなどは中央にポールが来るので、スペースの使い方が限られます。そのようなことも考慮して選ぶようにしましょう。, 車でキャンプ場などに向かう場合は気にならないかと思いますが、徒歩で移動する場合はコットンテントの重さにも着目しましょう。あまり重いものだと持ち運びが大変で、キャンプ場への移動だけで疲れてしまいますし、帰りも大変です。, コットンテントは比較的重い商品が多いので、ポリエステル配合のものもおすすめです。ポリエステルが配合されることにより、コットン100%に比べ軽くなります。特にソロキャンプで1人で移動する方は、実際に持ってみて重さを確かめてみるのもいいでしょう。, コットンテントには設営方法にも様々な種類があります。設営方法により使い勝手や設営時間が変わってきます。, ワンポールテントはスッキリとした見た目が特徴で、ティピーテントとも呼ばれることがあります。テントの周囲をペグダウンして、真ん中にポールを立てるだけで簡単に設営することができるので、時間もそれほどかかりません。初心者にも使いやすくおすすめです。, 以下の記事では、ワンポールテントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, ワンポールテントの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】|セレクト - gooランキング, ファミリーキャンプなど大人数でも広々として使いやすいのがベル型です。ベル型はワンポールテントですが、サイド部分が立ち上がっていることにより、屋根が高いのが特徴です。おしゃれな見た目で、グランピングの施設でもよく利用されています。, Aフレーム型のテントは入り口が大きなA字型になっているので、出入りしやすくなっています。シンプルな構造なので設営も簡単にできるものが多く、テントの設営にあまり慣れていない方にもおすすめです。収納サイズが小さなものが多いので、持ち運びもしやすいです。, 小屋のような形が特徴のロッジ型は大人数でのキャンプに最適です。山小屋のように立ち上がった壁なので、天井が高く他のテントよりも広い居住空間が確保でき開放感があります。設営も簡単で慣れている方は1人でも設営できるでしょう。, コットンテントにはコットン100%の商品の他に、化学繊維が配合されている商品もあります。それぞれの特徴から選んでみましょう。, コットン100%の素材でできたテントは、化学繊維のテントとは違い綿ならではの風合いや美しさを楽しむことができます。ナチュラルな雰囲気のコットン100%テントは上品な雰囲気もありおすすめです。またレトロな雰囲気も併せ持っています。, コットン100%のテントはどうしても価格が高くなりがちです。またお手入れも大変ですが、ポリエステルが配合されているポリコットン素材を選ぶことで、これらの問題が軽減されます。ポリエステルが多ければ水に強く、コットン素材が多ければ火に強くなります。, ノルディスクはノルウェーで誕生したブランドです。ノルディスクのコットンテントは居住性が高く、グランピングでもよく利用されています。コットンテントだけでも様々なラインナップが用意されているので、好みのものを選びやすいです。, 1914年に誕生し、何度か名前を変えて現在の小川ブランドになりました。小川のテントは品質が良いと評判で、一度買えば長い間愛用できると好評です。天井が高いので、居住性に優れていて、快適にキャンプを楽しむことができます。, 以下の記事では、小川テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, 小川テントの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】|セレクト - gooランキング, ディーオーディーは日本のアウトドアブランドで、アウトドアをワクワクするソト遊びに。がコンセプトになっています。カマボコテントや秘密のグリルちゃんなど、個性のある商品が多数あります。実用性と価格面のバランスが取れたブランドです。, テントを購入する際は耐水圧をチェックしましょう。耐水圧の数値が高いほど防水性の高いテントになります。例えば化学繊維のテントは300ミリならば小雨程度は対応可能です。きちんと雨対策をするのであれば2000ミリが目安になります。, しかし化学繊維のテントと違い、コットンは水を吸収して膨張するので、350ミリを目安に選ぶといいでしょう。化学繊維のテントに比べ、コットン素材はかなり数値が低くなります。しかしコットンが水分を吸収するので、テント内が濡れる心配は少ないです。, それでも心配な方はフライシートとコットンシートを併用することにより、より効果的に防水効果を上げることができるのでおすすめです。, コットン素材は生成を思い浮かべる方が多いかと思います。しかしコットンテントでは様々な色やデザインの商品が販売されているので、好きなデザインの商品を選ぶことができます。ナチュラルな雰囲気を楽しめる生成は人気が高いです。, 他にもカーキ色やベージュなど様々な色があります。コットンテントの色やデザインを、すでに持っているキャンプグッズに合わせて選ぶことで、空間をコーディネートしやすくなるでしょう。, 以下の記事では、キャンプテーブルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, キャンプテーブルの人気おすすめランキング15選【軽量で激安】|セレクト - gooランキング, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41knqIQ42PL._SL500_.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fnaturum%2F7000250%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fnaturum%2F7000250%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07XLNZL5B?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fnaturum-outdoor%2F7000102.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, ポリエステル配合で防水性能も高くなっているので、雨の日でも使いやすいです。スカートがついているので、テント内に冷気が入り込むのを防いでくれオールシーズン快適に使うことができます。, [{"key":"重さ","value":"約10kg"},{"key":"本体サイズ","value":"330×330×250cm"},{"key":"収納サイズ","value":"約70×25×24cm"}], 色といい素材といい形といい僕にとって理想的なテント。この幕だけでおしゃれキャンパーになれます, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/41-DQtcHVbL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwild-1%2F4988325119989%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwild-1%2F4988325119989%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07VDTCBB9?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fwild1%2F4988325119989.html"}], 天井が高いので圧迫感を感じずらく、居住性が高いので快適に過ごすことができます。レトロな見た目でデザインもおしゃれです。メーカーの公式サイトで設営方法もチェックすることができるので、初心者でも確認しながら設営できるのでおすすめです。, [{"key":"重さ","value":"約8.02kg"},{"key":"本体サイズ","value":"240×240×140cm"},{"key":"収納サイズ","value":"60×25×25cm"}], デザインが可愛くて、TC生地なので、遮光性が高く、夏は涼しく冬は暖かい。機能性にも優れた商品です。重さはありますが設営も簡単で、今1番お気に入りのテントです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31j6664T4SL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Flovelonestar%2F4919002238982%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Flovelonestar%2F4919002238982%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07WHGJHBS?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyorozu-shoten%2F4934703238664.html"}], ロールアップで開放することのできる出入口は、フルクローズもできるのでプライベート空間の確保もできます。またポールを使用することで日よけを作ることもできる、ソロキャンパーに人気のテントです。メッシュインナーで虫よけもバッチリです。, [{"key":"重さ","value":"4.4kg"},{"key":"本体サイズ","value":"360x190x110cm"},{"key":"収納サイズ","value":"40x20x20cm"}], 設営がしやすいこと。初めての設営でも10分弱で立てられました。タープが要らないこと。前面を跳ねあげると意外と広いスペースが確保できます。寝室がしっかり広いこと。180超えの男ですが、充分余裕を持って横になれました。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/61x3MXywYRL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwild-1%2F4988325119972%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwild-1%2F4988325119972%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07XB5WX89?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fwild1%2F4988325119972.html"}], このテントの最大の特徴は出入り口の片方をポールを使って立ち上げられることです。これにより出入口が広くなるので出入りしやすく、更には雨の侵入も防ぐことができます。更にポールを追加すつことでタープのように使うこともできるので便利です。, [{"key":"重さ","value":"12.3kg"},{"key":"本体サイズ","value":"442×420×280cm"},{"key":"収納サイズ","value":"27×63cm"}], 幕内はかなり広く感じます。むしろグラウンドシートやラグをどうするかを考えないといけませんね。寝るだけではもったいない床面積です。高さもあり、側面の圧迫感も感じないようにコットの配置もしたい放題です。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/6199WHCVshL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwild-1%2F4988325115011%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwild-1%2F4988325115011%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07DN93CHQ?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fwild1%2F4988325114946.html"}], サーカスTCはテンマクデザインのベストセラー商品です。そのコットンバージョンが発売されました。出入口が2カ所あり、通気性も優れています。夏は涼しく、冬は暖かくオールシーズン快適に過ごすことができるでしょう。, [{"key":"重さ","value":"約13.58kg"},{"key":"本体サイズ","value":"442×420×280cm"},{"key":"収納サイズ","value":"不明"}], 使用した感じ夜は閉め切ると暖房なしでも外気+3~5度ぐらい、結露もなく過ごしやすかった。夜のランタンで浮かぶシルエットや朝日を受けた幕内の光が柔らかくコットン100で良かったと思います, 以下の記事では、ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。, ソロキャンプ用テントの人気おすすめランキング20選【軽量タイプも紹介】|セレクト - gooランキング, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31VAUQ2zy0L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhimaraya%2F0000000848973%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhimaraya%2F0000000848973%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07P9C7TJZ?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsundaymountain%2Fn22129.html"}], シンプルで考え抜かれた室内空間はとても広く、大人数でも快適に過ごすことができるでしょう。使用されているポリコットンは遮光性が高いので、夏場の暑い時期にも大活躍します。誰でも簡単に設営できるのもおすすめポイントです。, [{"key":"重さ","value":"約9.1kg"},{"key":"本体サイズ","value":"561×470×226cm"},{"key":"収納サイズ","value":"不明"}], 就寝時はテントインテントスタイルでテーブルやその他の荷物も格納出来ます。昼間は日除けもバッチリで、とても良いシェルターです。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31gFA3P8KoL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwiwi%2Fwimt-006260-02-%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fwiwi%2Fwimt-006260-02-%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B07HJ7DFQL?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsotosotodays%2Fogw2785.html"}], 大型メッシュが採用されているので、通気性が良く快適に過ごすことができます。公式サイトでは設営のしかたや畳み方を動画で解説しているので、初心者でも安心です。ベル型のテント内は12平米と広々使うことができます。, [{"key":"重さ","value":"14.7kg"},{"key":"本体サイズ","value":"405×265×270cm"},{"key":"収納サイズ","value":"80×35×33cm"}], 設営が簡単!ペグの数は多いけれどもセンターポールさえ立てば後は楽!初めてでも30分弱で建てられました。風通しが良い!全ての側面下側にメッシュ窓があるので上のベンチレーターを開ければ風通し抜群で夏でも快適でした。, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/416E3UlaZwL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01GRFKETI?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fkzk-shop%2Fs-0611714527297-20200630.html"}], コットン100%テントなので、ナチュラルな雰囲気がありとてもおしゃれに見えます。価格が高くなりがちなコットン100%テントですが、こちらはコスパも優れていておすすめです。防水加工が施されているので、雨が降っても安心です。, [{"key":"重さ","value":"約28kg"},{"key":"本体サイズ","value":"約100×29×29cm"},{"key":"収納サイズ","value":"不明"}], さっそく張ってみました!作りといい大きさといい張りやすさ、かなり気に入りました!雨や風、霜にも強く、張りっぱなしでグランピングを楽しんでます!, ["https:\/\/m.media-amazon.com\/images\/I\/31XWrNFh-7L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fglv%2Fndk-0011-000%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fglv%2Fndk-0011-000%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00TFW4HQW?tag=goo-ranking-22&linkCode=osi&th=1&psc=1"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsundaymountain%2Fn13061.html"}], センターポールを立てることで簡単に設営できます。また最大で6人寝ることができる広々とした空間でゆったり過ごすことができます。サイドにはメッシュ部分がいくつかあるので、喚起しつつ虫よけ対策もできます。, [{"key":"重さ","value":"約16kg"},{"key":"本体サイズ","value":"400×375×250cm"},{"key":"収納サイズ","value":"約37×114cm"}], 他社の同じ形のワンポールテントと違い、熱に強い素材でできているので灯油ストーブを置けるのがgood!