容姿は息子のナルトとよく似ており、同様に金髪のツンツン頭に碧眼だが、より髪が長めで横の髪が特に長い。語頭に「ん!」と言う口癖があり、「~だよ」という話し方が特徴。 「カカシ外伝」や劇場版「ザ・ロストタワー」では忍然とした真面目で厳しい一面(監督曰く「ある意味イジ悪」)を見せるが、クシナの出産に立ち会った際、陣痛で大声を上げて痛がるクシナを見てうろたえており、割と天然かつ間の抜けた面も見られる。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。, 『赤ちゃんと僕』とは、突然の事故で最愛の母を亡くしてしまった、主人公の小学5年の拓也が、父と協力しながら慣れない2歳の弟の実の子育てや家事に四苦八苦しながら日々を過ごす日常生活を舞台にしたホームコメディ。拓也と実を中心に友人やご近所の人と繰り広げられる笑いあり涙ありの物語の中には、家族のあり方や子育ての大変さ、DVやイジメについてのエピソードも多く描かれているため、人として大切なことを教えてくれる作品になっている。多くのファンからは「赤僕」と呼ばれて愛され続けている作品である。, 吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。, 『今日から俺は! ミナトとクシナの、埋められた「空白」の時代と、まだ埋められない部分・・・ 498話の「ミナトとクシナの、「なれそめエピソード」。ほんと、素敵でした ミナトやクシナの子供時代って、今まで我々読者にとってはずっと空白の時代だったんですよね。 波の国編で弟子であるカカシが語ったミナトの教えに「義を見てせざるは勇なきなり」と「勇将の下に弱卒無し」があり、この教えからカカシは本来なら契約違反で任務放棄も可能ながらも、教え子たちと共にタズナをガトーの手から守る護衛任務続行を決めている。 2008年よりNARUTOの考察をしています。(毎週の感想、人物考察など) とくに「ことば」の考察にこだわっています。, papikonohanogeninさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog このハゴロモ(六道仙人)が生きていた時代についてもまとめると年代共に不明となります。 戦国時代. 特に男性には人気ですよね!そこで今回は日本刀を使うキャラをまとめてみました!, 2002年から放送が開始されたアニメ「NARUTO(疾風伝)」。10年以上にわたる放送の中で数々の名場面がアニメ化されてきましたが、それと同時に増えていったのがアニメ主題歌です。今回は、懐かしの名曲から新しい名曲まで気になったOPをまとめてみました。, 【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。. 性格について、ファンブック「者の書」には「寛容・温厚」と表記され、師の自来也からは「やさしい男」だと評価を受けている。オビトのすぐ分かる嘘にもいちいち追求せず、怒るカカシを優しくたしなめるなど常に余裕を持った寛大な人物として描かれている。 木ノ葉隠れの四代目火影。 また、口寄せの契約書に載っていた名前から、当初は名前をカヤク(カップ麺などの萱草)と予想されていた。, NARUTO 木ノ葉隠れ 火影 四代目火影 ちなみに、夫婦喧嘩では一度も勝ったことがないらしい(九尾封印の際の口論が初白星)。, 忍者学校では後の妻となるクシナと同期で、彼女が雲隠れの忍に攫われた際に彼女が道中に残していた赤い髪の毛を手掛かりに追跡し救出した。 また、生前からどうも中二病的なセンスもあった様で、ナルトとサスケの風遁・螺旋手裏剣+炎遁・加具土命の合体技に独自の名前を付けようとしたり、飛雷神の術を使った連続攻撃にこれまた中二病な名前をつけていたりする。 キャラの強い弱いに関係なく、人気キャラが多いような気がします。日本刀ってカッコいいし、 『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。, マダラの輪廻眼の能力。見えざる世界に新たなマダラを生み出す。片目の時は一体だったが、両目が揃うと4体のマダラを生み出せる。見えざる世界にいるマダラは、通常では見えず、気配を捉えることも出来ない。故に一方的に攻撃を加えられる。しかし、六道仙人から力をもらい、六道仙術と輪廻眼を開眼したナルト・サスケには感知や、視認ができた。, 四代目火影。ナルトの実の父親である。ナルトを九尾から守って死亡した。『大四次忍界大戦』の時に禁術である『穢土転生』で復活を果たした。その時、九尾の人柱力担っていたことが明らかになる。オビトが九尾を率いて木の葉隠れの里を襲撃した時、命をかけて里を守った英雄。妻がうずまきクシナ、息子がうずまきナルトである。師匠はナルトと同じく自来也である。息子につけた『ナルト』という名前は、自来也の小説に出てくる登場人物である。うちはカカシ、うちはオビト、のはらリンの担当上忍であり、『ミナト班』として行動を共にしていた。時空間忍術である『飛雷神の術』を得意とする。あまりの速さに『木の葉の黄色い閃光』という異名を付けられ、他里の忍者からは恐れられている。ナルトの時代の雷影であるエーや、その相棒であるキラービーとは戦場で顔を合わせた時には、2人を圧倒している。ナルトを代表する術『螺旋丸』はミナトが編み出した術である。, 忍者アカデミーに渦隠れの里から『うずまきクシナ』がやってくる。クシナは強靭な生命力を持つ『うずまき一族』であり、それ故に霧隠れの里の忍から攫われてしまう。ミナトは、クシナが残していった髪を手掛かりに、クシナを取り返すことに成功する。その事がきっかけでクシナから好意を抱かれることになる。その後、成長したミナトは凄腕の忍者となる。ミナトはカカシ・オビト・リンの担当上忍となり、『ミナト班』を結成することになる。しかし、自身の不在時にオビトとリンを失ってしまう。『第三次忍界大戦』では多くの戦功を挙げ『黄色い閃光』の異名を他里に轟かせた。その後、クシナと結婚し、22歳という若さで四代目火影となった。クシナが妊娠し、その出産に立ち会う。出産は尾獣の封印が弱まるタイミングであり、そこを狙ってオビトが襲撃してくる。オビトが死んでいたと思っていた事、オビトが仮面をつけていた事もあり、襲撃してきた男とがオビトだと気づくことはなかった。オビトは生まれたばかりのナルトを取り返すが、クシナをオビトに攫われてしまう。オビトはクシナの中から九尾を抜き取り、木の葉隠れの里の中心で九尾を口寄せする。ミナトはオビトの元へ向かい、『飛雷神の術』によってオビトに螺旋丸を当てる。そして写輪眼によって操られていた九尾を解放することに成功するそにれより、オビトを退けることには成功する。しかし、オビトの支配から逃れたとしても九尾は依然として里で暴れていた。ミナトは九尾を時空間忍術により里の外へ飛ばし、里へ被害が及ばないようにする。九尾はクシナが抑え、ナルトに九尾の力の半分を封印し、そしてもう半分を自身の命と引き換えに封印を行う『屍鬼封尽』によって封じようとする。しかし、その途中で九尾がナルトを攻撃し、ナルトを守ろうとしたミナトとクシナは九尾の爪に貫かれてしまう。ミナトは最後の力を振り絞って、封印を完了させて死亡した。この際にミナトは自身とクシナのチャクラをナルトの中に残し、再会できるように細工している。, ナルトは『暁』の一員である長門と戦った時に九尾を復活させてしまいそうになる。ミナトは九尾をナルトに封印した時にしていた仕掛けにより、ナルトとの再会を果たす。ミナトは、自身とクシナが両親である事、ナルトに九尾を封印することになった経緯をナルトに明かした。そして「お前を信じている」と話し、九尾の封印式を組み直して消え去った。『第四次忍界大戦』の時に、サスケは禁術である『穢土転生』で蘇ったイタチに再会したことにより、『イタチが守ろうとした里とは何か』と疑問を持つようになる。大蛇丸はその答えを持つ歴代の火影たちを『穢土転生』によって復活させた。そうしてミナトは現世に復活を果たした。その後、歴代の火影たちや、サスケ達と共に戦場に赴き、ナルト達と共闘した。ミナトは自身の中にいる九尾と和解していることを明かし、『九尾チャクラモード』を使用した。カカシから致命傷を受けたオビトは、マダラによって『外道・輪廻天生の術』を使わされようとする。その時、ミナトは『飛雷神の術』により目にも留まらぬ速さで斬りつける。その時、以前に九尾を連れて里を襲い、そして今『第四次忍界大戦』を起こしているのがオビトだということを知る。その後、十尾の人柱力となったオビトと戦闘を続ける。その中で、ミナトはオビトから、そもそもミナトがオビトやリンを守っているばこんな事にならなかったと責められる。その事実にミナトは肩を落とすが、ナルトの励ましにより持ち直す。その後、カカシとオビトが戦う事になり、カカシがオビトにトドメを刺そうとする。ミナトはそんなカカシを止め、オビトやリンを守れなかった事を詫びた。その後、マダラが十尾の人柱力となり、ナルトが九尾を抜かれてしまう。ミナトは自身の中にいる九尾をナルトに渡そうとするが、黒ゼツによって妨害される。しかし、本当の自分を取り戻したオビトの働きにより、ナルトに九尾が渡った。そしてマダラがガイに向けて放った求道玉をその身に受けて、意識を失った。ナルト達がかぐやを倒した後、六道仙人が『穢土転生』を解除する前に誕生日を迎えたナルトに祝いの言葉を贈った。ナルトは、父を超える火影になる事を宣言し、「自分のことは何も心配いらない」とクシナに伝えるように言う。それを聞いたミナトは笑顔で消えていった。, マーキングした印へと瞬間移動する時空間忍術。また、敵の攻撃を印へと飛ばすこともできる。印はミナトが触れることでつけることができる。印はいくら時間が経っても消えることはない。ミナトが死ぬ前にオビトにつけた印は、『第四次忍界大戦』の時も残っていた。しかし、十尾の人柱力となった時には消えていた。ミナトとチャクラの繋がりがある者を飛ばすことができる。ミナトがナルトと繋がり、ナルトが九尾チャクラを忍連合の者たちに分け与えたことで、ミナトと忍連合の忍達の間に繋がりができ、その者たちを瞬間移動することが可能となった。ミナトは印をつけたクナイを武器に戦う。先にクナイを投げて牽制し、敵が避けたクナイに飛んで、敵の死角から攻撃する『飛雷神二の段』という応用技もある。この術により『木の葉の黄色い閃光』という異名を他里に轟かせた。この術の開発者は二代目火影・千手扉間であるが、ミナトの方がこの術の使い手としては上だと発言している。, 尾獣の『尾獣玉』を参考にミナトが編み出した術。印を使用せず、チャクラの形態変化だけで発動することができる。しかし、チャクラのコントロールが非常に難しく、習得難易度はAランクとなっている。息子であるナルトモコの術を使うことになった。, 使用者の命と引き換えに対象を封印する封印術。発動すると死装束を纏った般若のような死神が現れる。この死神は術の使用者とその対象にしか見ることができない。死神は対象と使用者の魂を引きずり出して喰らって封印する。うずまき一族に伝わる封印術で、ミナトはクシナからこの術を教えられている。この術は「術者と対象者の魂が永遠に封印される」という特徴を持つ。それ故、この術で封印された者は『穢土転生』でも復活できない。しかし、「うずまき一族秘伝の能面堂にて死神の能面を被り、その儀式によって死神を体に憑依させた上で自ら割腹して腹の中の魂を放出する」という方法で、屍鬼封尽の封印を解くことができる。, 九尾・九喇嘛のチャクラを使用したモード。身体能力、術の威力が大幅に強化される。ナルトも九尾を宿しているため、双方でチャクラの受け渡しが可能となる。ナルトにチャクラを渡したことで、ナルト、もしくはナルトからチャクラを受け取った者を『飛雷陣の術』で飛ばすことが可能となった。, 『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 立ち会うが、父親になった喜びもつかの間、仮面の男の襲撃を受ける。敵の実力や九尾を操る能力から、正体を「うちはマダラ」と推測したが、真の正体にまでは最後まで気付けなかった。 妻がうずまきクシナ、息子がうずまきナルトである。師匠はナルトと同じく自来也である。息子につけた『ナルト』という名前は、自来也の小説に出てくる登場人物である。うちはカカシ、うちはオビト、のはらリンの担当上忍であり、『ミナト班』として行動を共にしていた。 得意忍術は「瞬身の術」と、マーキングをつけた場所に飛ぶ「飛雷神の術」。また、後のナルトの必殺技となる「螺旋丸」を編み出し、「風遁螺旋手裏剣」を考案までしたが、完成はしなかった(後に息子であるナルトが修行により完成させた)。 2018/06/19 検索のヒント!. 少年時代 忍者学校では後の妻となるクシナと同期で、彼女が雲隠れの忍に攫われた際に彼女が道中に残していた赤い髪の毛を手掛かりに追跡し救出した。 これがきっかけで彼女に好意を抱かれ、後に結ばれることになる。 青年時代