ポイントたまったら続きよんでみようかな…, 内容的にグロイ部分もありましたが、絵がキレイだったのでそれなりに読む事ができました。何度も妊娠して毎年のように出産するのは、ちょっと気持ち悪かったです。, どんだけ孕まされても夫の事愛してたのかな?最後の方は汚い!って言ってたけど 入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。, 愛する人から一途に求められ愛される。 16年間で十四回出産だなんて。ほぼ毎年だよ。女にとって苦しいよね。, めちゃコミック(めちゃコミ)はCM・広告や口コミで評判の国内最大級の電子書籍・漫画ストアです。スマホの画面に1コマずつ大きく表示するので読みやすくて、わざわざ拡大しなくても片手でサクサク操作できます。話題の新作や感動の名作からめちゃコミック(めちゃコミ)でしか読めないオリジナル作品まで充実の品揃えで無料試し読みも可能。気に入った漫画は1話30ポイント(30円相当)の値段から気軽に読めます。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。. いくら愛されていてもね、うーん。三男が良い人で良かった。 てかあの旦那さん、妊娠中も我慢してないよね。求めてきてたでしょうね。キッツい。 三男君が良い子で救われました。, ムムターズマハルという女性がどんな人だったか知りたくて読み進めました。 世界遺産の中でも随一の人気を誇るタージ・マハル。インド北部・アーグラにある、大理石が美しい白亜の霊廟です。この建物は、ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンが最愛の妃であるムムターズ・マハルのために建てたものでした。彼らの愛の物語と、ムガル帝国の激動の歴史を紐解き、タージ・マハルの歴史を見ていきたいと思います。 9回の出産で、4人死産て可愛そうですが、これがこれからのストーリーとどう関係があるのかもきになります。

【童話】人魚姫【あらすじ・ネタバレ】 遠い遠い海の底に、人魚のお城がありました。 お城には王様と6人の人魚姫が住んでいました。この世界では、人魚姫は15歳になると海から出て人間の世界に行くことができるようになります。 末の人魚姫は、お姉さんたちが見てきた人間の世界の話を聞いて、自分も人間の世界へ行くことを楽しみにしていました。. って私もよく思ってます。 妊娠姿に満足感を感じるそうです。 。出産も無事に生まれれば良いけど死産は更にキッツい。 しかも、死産・病死率も高い時代だから、毎年子供を産まなきゃいけない妃なんか珍しくもないけど、視点を変えてみて、現代の感覚から考えてみると「ヤダね…」と、共感できるな。

愛する人から一途に求められ愛される。 確かに愛はあるのかもしれないけど、 16年間に14人! やっぱり女の人にとっては地獄ですよね。 タイトルの人数と妊娠リズムが似ていたので、

歴史メディアRinto » その他の国の歴史 » アジア » タージ・マハルの歴史とは?愛と激動の建設秘話をわかりやすく解説, ムムターズ・マハルは、1595年にペルシャからの亡命貴族の家に誕生しました。シャー・ジャハーンとは3歳違いとなります。本名はアルジュマンド・バーヌー・ベーグムといい、後にシャー・ジャハーンの父であるジャハーン・ギールから与えられたムムターズ・マハルという名前は、「愛でられし王宮の光彩」、「宮廷の選ばれし者」という意味があるそうです。, 1612年、ムムターズ・マハルが17歳の時に、後の皇帝となるシャー・ジャハーンと結婚します。この時からシャー・ジャハーンは彼女にぞっこんで、以後、片時も2人は離れることはなく、ムムターズ・マハルは戦地にさえ同行したそうですよ。, 仲睦まじかった2人の間には14人の子が生まれました(成人したのは7人)。しかし、14人目の子を戦地で生んだ際、ムムターズ・マハルは産褥死してしまいます。36歳の若さでした。, ムムターズ・マハルを失ったシャー・ジャハーンは悲しみに沈むも、やがて彼女の墓廟の建設に取り掛かります。完成したタージ・マハルは、彼の愛をこめた美しいものでしたが、この間にも、帝国には暗雲が立ち込めていました。息子たちが争いを始めてしまったのです。骨肉の争いを目撃することになったタージ・マハルとムガル帝国の推移を見ていきましょう。, 最愛の妻を失ったシャー・ジャハーンの嘆きは深く、あごひげが真っ白になってしまうほどだったそうです。歌舞音曲を好んだ彼ですが、それをぱったりとやめ、派手に着飾ることもなくなり、白い衣服だけを着続けるようになりました。加えて、以前は意欲的に取り組んでいた政務にも興味を失っていってしまったのです。, ただ、失意の皇帝がひとつだけ情熱を傾けたのが、ムムターズ・マハルのための霊廟の建設でした。莫大な資金と途方もない労働力をつぎ込み完成させたタージ・マハルですが、この建設事業だけが、彼の残りの人生における唯一のライフワークだったのかもしれません。, 実は、タージ・マハルと川を挟んだ向かい側に、それと対になるシャー・ジャハーン自身の黒い墓廟を建設し、タージ・マハルと橋でつなぐというプランがあったのだそうです。しかし、これは実現することはありませんでした。, というのも、タージ・マハル建設によって財政は逼迫し、人々も疲弊して国が傾き始めてしまったからです。国家が傾くほどの建設費用とは、いかにタージ・マハルにお金がかけられていたかがわかりますね。そして、息子たちの間にも争いの火花が散り始めたのでした。, ムムターズ・マハルの死後、愛すべきよりどころを失った悲しみを埋めるかのように、シャー・ジャハーンは漁色にふけりました。しかしそれがたたり、病に倒れてしまったのです。, そんな中で、まだ彼が存命中にもかかわらず、息子たちは次の皇帝の座を巡って争いを始めてしまいます。, シャー・ジャハーンは長男のダーラー・シコーを寵愛していましたが、三男のアウラングゼーブは大いなる野心家で、自分こそ皇帝の座にと動き出しました。そして二男と四男、娘のうち2人までもが争いに加わり、骨肉の争いは収拾のつかない事態となってしまったのです。, 息子たちが互いに争った結果、残ったのは三男・アウラングゼーブでした。彼はすべての兄弟を打ち破ると、なんと実の父であるシャー・ジャハーンをアーグラ城の奥深くにある塔に幽閉してしまったのです。, アウラングゼーブは、長兄だけを偏愛した父を恨み、何かにつけては恨み言を滔々と述べました。しかも、殺害した長兄の首を父のもとに送りつけるという凄惨な所業をやってのけたのです。加えて、他の兄弟も殺害し、自身が帝位に就いいたのでした。, 塔に幽閉されてしまったシャー・ジャハーンは、不自由な晩年を過ごすことになりました。経済的にも困窮し、二度と城の外に出ることはなかったといいます。唯一の救いは、長女がそばに付き添っていてくれたことでしたが、老いゆくシャー・ジャハーンは、塔の窓から見えるタージ・マハルを眺めて過ごしたそうです。おそらく、ムムターズ・マハルと過ごした幸せな日々に思いを馳せたのでしょう。そして、1666年に74歳の生涯を閉じました。, 死後、シャー・ジャハーンは、タージ・マハルの妻の隣に葬られ、2人は今も隣り合って眠りについています。, 歴史系ライターの経験を生かして、歴史や豆知識、雑学から学べる教養を、わかりやすくご紹介していけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。, 古代史上まれに見る大海戦となった「アクティウムの海戦」とは?元塾講師がわかりやすく解説. 16年間に14人!

。出産も無事に生まれれば良いけど死産は更にキッツい。 子供達はそれぞれとても可愛いので、 三男君が良い子で救われました。, ムムターズマハルという女性がどんな人だったか知りたくて読み進めました。 他の人はこのペースをどう感じているのか知りたくて読んでみました。 【ネタバレ絞り込み機能付き】めちゃコミックなら「まんがグリム童話 皇妃孕ませ地獄~私は16年間で14人の子供を産んだ~(花里ひかり)」のレビューをネタバレあり・無しで絞り込めます。みんなの評価を見て参考にしたり、お気に入り作品の感想を書いたり、いろんな楽しみ方でもっと漫画を好きになろう★ 絵の線がキレイで、ザ・レディコミという感じでスルスル物語が入ってきて、恐くて、読み終わると不思議なことにスッキリします, 一夫多妻性であるにもかかわらず妻だけを愛した皇帝。自分勝手だと思う。 あと、三男の描写も新鮮だった。 重度のモラハラだと思ってます。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。.

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンは、愛妃ムムターズ・マハルのため、1632年に総大理石の墓廟「タージ・マハル」の建設に着手する。1654年頃に竣工したとされている。世界遺産に指定されている。

産まなければ良かったなんて思ったりしませんけど。 死産の赤ちゃんの顔が怖い 普通、世継ぎの長男を殺して帝位を奪い、父を幽閉した冷酷な男、と、思われてるんだけど、実は母想いだったという。 絵の線がキレイで、ザ・レディコミという感じでスルスル物語が入ってきて、恐くて、読み終わると不思議なことにスッキリします, 一夫多妻性であるにもかかわらず妻だけを愛した皇帝。自分勝手だと思う。 タージ・マハル創建の話を聞くと、一途に愛された幸せな妃って思われがちだけど、ポコポコ孕まなきゃいけなかったって考えると、地獄だっただろうな〜とは思う。 一途な旦那さんで幸せなんだろうか? 16年間で十四回出産だなんて。ほぼ毎年だよ。女にとって苦しいよね。, 無料分だけですが、いきなり出産シーンからはじまり、 それに尽きます!, 女としては怖過ぎる。16年で14回出産てただただ苦痛でしかない。男ってまぁそのおさまって一途って言うけどどうなんだろう?ほんとに愛してるんじゃなくてただやりたいだけでしょう。それは愛だと言われても女は困る, 孕ませ地獄って…

意外な視点から描かれていて、なかなか興味深かったです。, 10年の結婚生活で7人子供を産んだので、 良さそうだけど、体だけ求められ心は満たされない。キッツい 「やめて…今夜だけは…」死産の直後にも関わらず、皇帝である夫は妻・ムムターズに性交を求める。妾には目もくれず、妻だけを一途に愛する夫。しかし、妊娠を繰り返す妻はひとり苦しみ…。一途な愛は、女にとっての幸せか、それとも――…。表題作「皇妃孕ませ地獄~私は16年間で14人の子供を産んだ~」ほか、「青ひげ」「シンデレラ」「兄と妹」を収録!! 大切な人には変わらないってことかな?, まぁ、この時代、世継ぎを産むのが皇妃に課された最大ミッションですから。 ムムターズマハルという女性がどんな人だったか知りたくて読み進めました。 16年間に14人! いくら愛されていてもね、うーん。三男が良い人で良かった。 それに尽きます! それに尽きます!, 女としては怖過ぎる。16年で14回出産てただただ苦痛でしかない。男ってまぁそのおさまって一途って言うけどどうなんだろう?ほんとに愛してるんじゃなくてただやりたいだけでしょう。それは愛だと言われても女は困る, 孕ませ地獄って… 旦那は 良さそうだけど、体だけ求められ心は満たされない。キッツい てかあの旦那さん、妊娠中も我慢してないよね。求めてきてたでしょうね。キッツい。 自己満足なんでしょうね。 いくら愛されていてもね、うーん。三男が良い人で良かった。