孵化後間もない稚魚の間は、メダカ飼育の中でも最難関と言われる時期。メダカの稚魚は非常に繊細で、ちょっとしたことでも簡単に命を落としてしまいます。メダカ飼育初心者の皆さん、「川や田んぼでも育つくらいだから、家でも簡単に大きくなるでしょ~」なん 室内の水槽にいたメダカをベランダの水鉢に引っ越しさせたため、メダカ水槽がひとつ空きました(別記事参照)。水作エイト(投げ込み式濾過装置)のエアを切って、水槽を片付けようと思っていたところ、メダカの稚魚を見つけました。, 卵も稚魚も大人のメダカは食べてしまいます。卵を孵化させて育てるつもりなら、卵がついた水草ごと別の小さな容器にとりわけます。水草に隠れて運良く孵化している稚魚を見つけたら、大人と隔離します。今回は大人メダカを移動させたあと、すぐに孵化したようです。孵化して2〜3日はお腹に栄養を蓄えているので、急いで餌を与えなくても大丈夫です。, 大人メダカに与えていた餌を、すり鉢でパウダー状にして与えます。すり鉢ですったものを指先にくっつけて、稚魚の真上あたりで指をすりあわせ、粉餌をまきます。メダカや金魚は滅多に餓死しませんが、稚魚は1日に数回餌を与えたほうがいいです。仕事で終日外出だったりすると、頻繁に餌が与えられないので、水草や苔のある水槽に入れておきます。, すり鉢は、小さくて細かくすり上がる物がいいと思います。私は画材用のすり鉢を使っていますが、アロマ雑貨やコスメを手作りのするときのものも大きさがちょうどいいと思います。, 親メダカの水槽のふちにハンギングするフロートネットがあります。大人メダカからの攻撃から守りながら、親メダカと同じ水温水質で育てられるので水の管理がラクです。ブクブクや水流は稚魚にはきついのですが、ネットで守ることができます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. メダカの稚魚は非常に繊細で、 ちょっとしたことでも 簡単に命を落としてしまいます。, メダカ飼育初心者の皆さん、 「川や田んぼでも育つくらいだから、 家でも簡単に大きくなるでしょ~」 なんて思っていませんか?, 軽い気持ちで飼育に挑むと、 せっかく孵化させた稚魚が 一瞬にして全滅・・・という 悲しい事態にもなりかねません。, この5つのことを意識して お世話をするだけでも、 稚魚の生存率は大幅にアップするはずです!, そこで、せっかく孵化した稚魚が 餌にされてしまわないよう、 しばらくは成魚とは別の稚魚専用の容器で飼育します。, ただ、水量が少ない容器は どうしても水が汚れやすいので、 初心者さんには管理が大変です。, 最近では100円ショップでも このような立派な虫カゴが手に入るので、 ぜひ活用してみてください。, 孵化したばかりの稚魚は、 お腹のところについている 「ヨークサック」と呼ばれる袋から 栄養分を摂取しています。, ただ、稚魚の口はとても小さいので、 成魚と同じ餌では粒が大きすぎて 食べることができません。, こちらの画像のように、 すり鉢などで細かくすり潰して 粉末状にしてから与えるという 飼育者さんも多いのですが、, 出典:https://www.kyorin-net.co.jp/index.html, 稚魚の給餌方法については こちらの記事で詳しく解説していますので、 ぜひ併せてご覧ください。, 野生のメダカも、 夏以降に孵化した稚魚の多くが 冬を越せずに死んでしまうのだそうです。, 特に水量の少ない水槽は、 直射日光や朝晩の寒暖差によって 水温が変動しやすいので注意が必要です。, メダカの稚魚は 環境の変化にとても弱いので、 孵化した時の水質をできる限り維持して 飼育するのが望ましいとされています。, 水面に油膜が張っているなど 明らかに水質が悪化している場合には 水換えを行います。, また、油膜が張っている場合は稚魚が酸欠に陥ってしまう恐れがあるため、 ティッシュペーパーを水面に浸すなどして 除去してあげてください。, 稚魚がどのように成長していくのか、 その過程を知っておくことも うまく育てる秘訣のひとつです。, 表からもおわかりいただけるとおり、 稚魚を立派な成魚へと育て上げるには孵化~2週間の「針子」と呼ばれる時期がいちばんの勝負どころとなります。, ただ、ここを無事に越えることができれば 死亡率はグッと低くなりますから、 初心者さんもどうか頑張ってみてください!, misaazarashiさん(@misaazarashi)がシェアした投稿 – 2018年 5月月19日午前6時20分PDT, 繰り返しますが、メダカの稚魚は 孵化~2週間までは死亡リスクが高く、 もっとも飼育が困難な時期です。, この期間を無事に乗り越えるためには、「いかにうまく給餌ができるか」が 重要なポイントとなります。, 稚魚が成長するためには 多くの栄養を摂取する必要がありますが、 まだ胃袋が小さいために 1度に大量の餌を食べることはできません。, そのため、餌は少量ずつ数回に分けて与えるのがベストなのですが、 中には仕事や家事などの都合で どうしても難しいという方もいますよね。, また、こまめに給餌を行った場合でも、 稚魚の口には大きすぎる餌であったり 稚魚同士が餌の取り合いをしていたりで、 十分な量を食べられていないことも。, グリーンウォーターとは、植物性プランクトンが大量発生して 緑がかった状態になった水のこと。, つまり、グリーンウォーターの中にいれば稚魚は好きな時に好きなだけ食べることができるのです!, もちろん餌不足が原因で 死ぬこともなくなりますから、 これだけでも生存率は高くなります。, kanamoriさん(@omegaoil_omegaoil)がシェアした投稿 – 2018年 4月月14日午前8時13分PDT, 稚魚のうちはこまめな水換えができないため、 水をきれいにする効果のある水草を 一緒に入れておくと安心です。, 水中に漂わせるだけでなく 流木や石などに巻き付けることもできるので、 稚魚が無事に成長したら 水槽レイアウトに活用するのも良いですね!, Maruruさん(@maruruhappiness)がシェアした投稿 – 2017年11月月9日午前1時01分PST, メダカの稚魚は成長がとても早く、 孵化からおよそ3ヶ月後には 成魚の仲間入りを果たします。, 8月頃までに孵化した稚魚であれば 秋には十分大きくなっているので、 冬越しの心配はほぼないでしょう。, したがって、稚魚の冬越しは「食欲が衰えはじめる10月頃までにどれだけ成長させられるか」が 重要なポイントとなります。, メダカは秋になると 水温の低下とともに動きが鈍くなり、 餌を食べる量も減ってきます。, それまでにしっかりと給餌して成長を促し、 冬越しへ向けて体力をつけてあげましょう。, meikoさん(@wooddecklife_momo)がシェアした投稿 – 2018年 9月月13日午後11時44分PDT, これは稚魚も同じで、 餌をたくさん食べなくてはならない時期に 食べられないとなると、 順調に成長することができません。, また、ベストな水温(25℃前後)を キープするために、水温計も用意しておくと良いでしょう。, pippiさん(@nicorico_pippi)がシェアした投稿 – 2018年 7月月26日午前12時56分PDT, 稚魚のうちは こまめな水換えができませんので、 これらをスポイトや網などを使って きれいに掃除してあげましょう。, この時、 誤って稚魚を吸い込んだり傷つけたりしないようにくれぐれも注意してくださいね!, タッパーなどの小さな容器で飼育する場合は、 上の写真よりももっと小さなスポイトを 使ったほうが無難かもしれません。, 新しい水を毎回足すよりも、成魚の飼育水を足すようにすると 水質の変化があまりなく、 稚魚への負担を減らすことができます。, Ryoko Eguchiさん(@ryoryokoegra)がシェアした投稿 – 2018年 8月月1日午前12時40分PDT, メダカの稚魚を屋外で飼育する場合には、 外敵から捕食されないように注意が必要です。, メダカの成魚はボウフラを好んで食べますが、 小さな稚魚は反対に餌にされてしまいます。, 稚魚の容器に網を被せたり 稚魚のうちだけ屋内で飼育するなどして、ボウフラを寄せ付けない対策をしましょう。, もし発生しているのを見つけた場合は、 面倒ですがボウフラだけ掬いあげて 駆除してください。, @takeda0818がシェアした投稿 – 2018年 8月月6日午前4時01分PDT, (function(d,s,o,f,p,c,t){c=d.createElement(s);c.type='text/javascript';c.charset='UTF-8';c.async=true;c.src=o+f+'?i='+p;t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(c,t);})(document,'script','//client.contents-search-windows.com/','csw_cl_b.js','KGRBaaDaifGjQoUP'). 稚魚の好きなタイミングで食べられる; メダカの稚魚はとても小さく、食べられる餌は限られますが、とても小さな種類の生き餌であれば問題なく口に入れることができます。さらに、動くこともあって嗜好性が高く積極的に食べてくれるのも嬉しい点です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). メダカの稚魚の育て方って知っていますか?知識がないまま育てようとするとせっかく孵化した稚魚を死なせてしまう、または稚魚の生存率を大幅に下げてしまうことになります。適切な餌に適切な飼育環境を知っていれば、何十倍ものメダカを元気に育てることができますよ! すり鉢ですったものを指先にくっつけて、稚魚の真上あたりで指をすりあわせ、粉餌をまきます。 メダカや金魚は滅多に餓死しませんが、稚魚は1日に数回餌を与えたほうがいいです。