15.5cm 価格の安い商品が多い中でお直しの料金が少し高めと感じるかもしれませんが、ほとんどの商品は360円で裾上げできます。お直し専門店よりも安い料金が魅力的です。 しまむらの系列店であるアベイルでは、ジーンズ仕上げなら当日の裾上げが可能なようです。1990円以上の商品なら無料です。しまむらの商品を持ち込みすることはできないようです。, 裾上げの料金がもったいなかったり、急いで明日まで裾上げしないといけない時など自分で裾上げをする必要がります。しかし、どこに持って行っていいか迷うこともあります。自分で裾上げするのは抵抗があるという方もいるでしょう。自分で裾上げする方法をいくつか紹介するので、裾上げに困ったら参考にしてみてください。, 母に頼まれたズボンの裾上げ。お気に入りの オカメインコと @QREti3EKJU1n44N さんの待ち針と共に。テンションあがるぅ⤴︎ pic.twitter.com/R66lnOLHx0, 裾を調整する位置に固定する安全ピンや待ち針、縫うための裁縫セット、綺麗な仕上がりにするためのアイロンは最低限必要です。ミシンで縫う場合はミシンと生地に合った色のミシン糸を準備しましょう。手縫いする場合は縫い針と生地に合った色の手芸糸が必要になります。他にも必要に応じて裾上げテープやボンドを準備します。, ミシンで裾上げすると、しっかりと丈夫で本格的な仕上がりになります。裾上げの位置にチャコペンなどで印付けて、その位置まで裾を内側に三つ折りします。アイロンをかけて綺麗な折り目をつけます。 82cm ウェスト ユニクロでパンツを試着して裾の長さを決める時にいつも悩む事があります。 計測箇所 今回、洗って検証するパンツは、”ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ”です。 個人的に … 綿90% ユニクロの”ストレッチスキニーフィットテーパードカラージーンズ”も持っているけど 黒スキニーといえば、メンズファッションの定番アイテムだ。街を歩けば3人に2人は黒スキニーを履いている。, なぜこんなにも黒スキニーがメンズたちから愛されるのかといえば、「汎用性が抜群」だからだろう。そもそも、スキニーそのものがきれいなシルエットを作りやすいアイテムである。, 誰でも聴いたことがあると思うけど、ファッションには3つの基本的なシルエットがあって、それを守っておけばある程度おしゃれな感じを演出することができる。, その3つとは、Iライン・Aライン・Vラインだ。Iラインは全体的に細く見えるようにまとめたファッション、Aラインはボトムが太めでトップスが細めのファッション(お兄系がよくやる)、Vラインはトップスにゆとりがあってボトムスが細めのファッション。, このことからも分かるように、細めのボトムっていうのは2つファッションパターンを抑えられるから、汎用性が高い。, さらに、黒いボトムっていうのはどんなトップスを着てもそこそこ様になる。シンプル過ぎておしゃれに見せることは難しいけど、似合わないことはあんまりない。, 黒スキニーは、「カラーが黒&細めのボトム」という汎用性抜群同士がかけ合わさった最強のアイテムなのだ。これだけ履く人が多いのも頷ける。, ミニマリストなら、黒スキニーを1本は持っているはず。ミニマリストにとって、たった一つであらゆるシーンをカバーしてくれる黒スキニーは、超便利なファッションアイテムだから。, 頑張ればこの黒スキニー1本だけにボトムを抑えることができるだろう(平日はスーツの人とか。毎日同じものはさすがに履けない)。, しかし、黒スキニーはどのファッションブランドも、その需要の高さから競い合うように販売している。これだけ黒スキニーが販売されていると、消費者にとっては「どれを選べばいいのか分からない!」となってしまう。, 【メンズの黒スキニーはどれがいいのか問題】だ。ユニクロ・無印・ZARA、さまざまなブランドから、自分に合うものを見つけるのは至難の業である。, //