リーフのバッテリー上がりを復帰させる方法を紹介。電欠についても | 急なバッテリー上がりならカーバッテリー110番へ。お電話1本で全国どちらでも(全都道府県対応)最短5分で駆け付けます。 感電や、車が故障するおそれがあります。, ・マイナスはバッテリーではなくボディーに接続する 大人5人がくつろげる広いキャビン 日産リーフは、evでありながらきわめて実用性の高いパッケージングを実現しています。その基本となるのはev専用プラットフォームとリチウムイオンバッテリー。 é›¢280kmを実現する、大容量30kWh駆動用バッテリーを新開発, 日産リーフの核となるのは、日産のテクノロジーを結集して開発した大容量リチウムイオンバッテリー。資源的に豊富で、安定した結晶構造を持つマンガン系正極材料を採用し信頼性を向上させています。これにより、従来のリチウムイオンバッテリー, リチウムイオンバッテリー容量保証, 30kWh駆動用バッテリーは、新たにバッテリー容量の低下を抑制する技術を開発し、耐久性も改善。バッテリーの寿命性能も向上したため、バッテリー容量を「8å¹´160,000km」. ガソリン車の場合、減速時の運動エネルギー(タイヤの回転力)は、ブレーキングなどで熱として失われるだけでした。EVはこれを電気エネルギーとして回収できるので、エネルギー効率が上がります。, *2 2000å¹´2月発売の「ハイパーミニ」に搭載。, この車種の中古車在庫を検索する, さまざまな種類がありますが、EV用は三相交流同期モーターが主流です。, 減速時には発電機として、減速エネルギーの一部を電気として回収することもできます(「回生」参照)。. 素人作業による試行錯誤の冷却対策(①〜⑥)の結末は、「バッテリー冷却対策⑥(これで最後)排熱ファン強化+車外設置」をご参照ください。 2020.10.25追記 リーフのバッテリーが空冷式と誤解されないよう記載を修正しました。 リーフのバッテリー上がりを復帰させる方法を紹介。電欠についても | カーバッテリー110番, リーフに乗っていてバッテリー上がりが起きてしまったら、とても困ってしまいますよね。電気自動車ということもあり、ガソリン車と同じ対処法で解決できるかどうか気になっている方もいらっしゃるでしょう。, しかし安心してください。電気自動車のバッテリー上がりも自力で直すことが可能です。リーフのような電気自動車には、基本的に2種類のバッテリーが備わっていますが、正しく対処すれば問題なく事態を解決することができます。, そこでこのコラムでは、リーフのバッテリーが上がってしまったとき、復帰させる方法や対処法、リーフの性能、メインバッテリーの電欠の予兆について紹介していきます。, 突然バッテリー上がりして車が動かなくなってしまうと、焦ってしまうことでしょう。しかし、リーフがバッテリー上がりしたときに、自分で対処する方法があります。ここではリーフのバッテリーの特徴や、バッテリーの復帰方法、注意点などをご紹介していきます。, リーフのバッテリーは、補機用バッテリー(12Vバッテリー)とリチウムイオンバッテリーの2種類があります。2つのバッテリーにはそれぞれ役目があり、リチウムイオンバッテリーは走行するため、補機用バッテリーは室内灯やヘッドライト、エアコンなどのアクセサリーを動かすためにあります。, バッテリー上がりと電欠は異なります。電欠してしまったら、ガス欠と同じで車は動かなくなってしまいます。しかし、バッテリーが上がっていなければ、車は動かなくても、電装アクセサリーは動いているのです。, 電欠したときは、その場では対処することができないため、ロードサービスを呼ぶ必要があります。しかし、バッテリー上がりなら自分でも対処することができるのです。, バッテリー上がりしたときの対処法として、ジャンプスタートという方法があります。シャンプスタートとは、専用のケーブルを使用してほかの車(救援車)からバッテリーをわけてもらって車を稼働させることをいいます。, ・リチウムイオンバッテリーの充電をしながらおこなわないこと 電欠してしまったときには、まわりに停車している車があることを伝えるためにもハザードランプを点灯させておきましょう。電欠したら充電をしなくてはなりません。ロードサービスや業者に依頼して早急に対処しましょう。, 電気自動車のリーフには2種類のバッテリーがあります。補機用バッテリーが上がってしまったら、ジャンプスタートで対処しましょう。メインバッテリーが電欠になると、車は動かなくなってしまうため、ロードサービスや業者に頼まなければいけません。, リーフが電欠になるとき、メーターの中心部に黄色の亀のマークが表示されるので、電欠してしまう前に必ず充電してください。走行中に車が停止してしまうと、事故につながるおそれもあるため、とくにメインバッテリーの電欠には気をつけておきましょう。, ※手数料がかかる場合がございます。 冷却機能は備えず「バッテリー温度管理システム(TMS)」が進化. ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。, ※ご発注の際の契約先は当社加盟店になります。※ご紹介は利用規約に基づき行わさせていただきます。※当サイト記載の価格、施工条件についてご依頼内容・対応エリア・加盟店により、サイトに記載されている価格や条件では対応できない場合がございます。※当サイト記載の支払いタイミングについて対応する加盟店によっては、作業前に料金をお支払いいただく場合がございます。※当サイト記載の累計問い合わせ件数について弊社運営サイト全体のお問合せ件数になります。. 夏場に高速道路を長距離移動すると、走行と急速充電の短時間での繰り返しとなり、バッテリー温度がレッドゾーンにすぐに入ってしまいます。, ボルトを外し金属カバーを取り外すと、サービスプラグ本体が見えます。サービスプラグはバッテリーを包む金属筐体の外殻に取り付けられています。もちろんプラグには一切触りませんが。, 安くて強風の12cmファンを探し、ベースはアクリル板端材で作りました。ON-OFFスイッチも追加しました。送風距離が短いためか風がはね返って一部の風が逆流してるような気もします。, 車体下のカバーを外して覗いたフロアトンネル内部の写真です。結構大きな空間が確保されています。奥の方にサービスプラグが見えます。, 前期型のカットモデルですが、恐らく走行時はこのような空気の流れがあるのみで、空冷と呼べるような設計ではなさそうです。, ファンの送風で室内冷房の冷たい風を送れば、なにも無いよりマシかなと考えています。バッテリーには温度センサーが左右と後方に計3つ設置されているので、今年の夏に効果検証してみます。, thomas&Jetです。乗り心地の向上と安全性の確保を主に、車のメンテナンスやDIYを楽しんでいます。どうぞよろしくお願いします。, https://minkara.carview.co.jp/userid/2497264/car/2034710/4860645/note.aspx, https://minkara.carview.co.jp/userid/2497264/car/2034710/9568208/parts.aspx. ガソリン車なら捨てていたエネルギーだった? ケーブルのマイナス端子をバッテリーに接続してしまうと火花が出ることがあります。車が故障するおそれもあるため、補機用バッテリーから離れた部分に接続しましょう。, バッテリーをわけてもらう救援車が到着したら、ジャンプスタートの準備をします。救援車は、12Vバッテリー仕様の車両でなければいけません。, リーフのパワースイッチの電源を落とします。電源が落ちたら、赤色のブースターケーブルを自車の12Vバッテリーのプラス端子、救援車側の12Vバッテリーのプラス端子にそれぞれ接続します。, 次に、黒色のケーブルを救援車側のマイナス端子に接続したあと、最後に自車バッテリーと離れた金属部分に接続します。, 両方の車に接続できたら、救援車のエンジンをかけます。自車のブレーキペダルをしっかり踏んで、パワースイッチをおします。走行可能表示灯のランプが光ることを確認してから、ケーブルを回収していきます。ケーブルの外す順番は取り付けたときの反対の順番で外しましょう。, ジャンプスタートをおこなおうとしても、ブースターケーブルがなかったり、救援車がいなかったりすると、対処できません。そんなときは、バッテリー上がりに対応してくれる業者に依頼するという方法もあります。, バッテリー上がりの解消を業者に頼んだときにかかる費用の相場は約8,000円です。場所によって、追加料金が発生するケースもあります。バッテリー上がりを自分で対処することが難しい場合は、業者へ電話して確認するのがいいでしょう。, リチウムイオンバッテリーが電欠をおこすと車は完全に停止して動かなくなります。しかし、電欠するまでには予兆があり、その時点で対処することもできるのです。, リチウムイオンバッテリーの電欠は、メーターで確認できます。メーターの中心部に黄色の亀マークが表示されます。黄色い亀のマークがつくと15~20kmの走行は可能ですが、上り坂や場所によって走行できる距離は短くなるため、途中で止まってしまう危険もあります。, ガソリン車のように、車にガソリンを運んで解決するようなことはできないため、充電設備までレッカーされることになってしまいます。亀マークが表示されたら、電欠する前に近くにある充電設備で充電をおこないましょう。, リチウムイオンバッテリーが電欠になってしまうと車が走行できなくなりますが、ほかにできることもあります。ハザードランプやカーナビは補機用バッテリーから動くため、つけることができるのです。 日産リーフに搭載されているリチウムイオンバッテリーは高電圧(最大約400V)であり、ま た重量物(約300kg)なため、本マニュアルに沿った安全な取り外しを行ってください。 (2)日産リーフの車両外観の特徴 本書は、日産リーフ専用マニュアルです。 まず、2019年1月9日のリーフe+62kWhの発表を受けて、EVsmartブログチームではさらに情報を探してみました。