All Rights Reserved. 提供:乗換案内のジョルダン アカデミー賞(r)監督ロン・ハワードが手掛ける〈神の声〉をもつイタリアの国宝パヴァロッティ初のドキュメンタリー。世界最高音響技術で蘇る世紀の歌声!初出し映像の数々と3大テノール、3人の最愛の女性、仲間たちの証言で明かされる奇跡の歌声の秘密と人生の楽しみ方の秘訣とはー。 ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 - 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手。, 声域はテノール。“神に祝福された声”・“キング・オブ・ハイC(三点ハの王者)”・“イタリアの国宝”と評された豊麗な美声、申し分ない声量、明晰な発音、輝かしい高音が魅力の、20世紀後半を代表するオペラ歌手の1人。, プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても知られる(3人の中でパヴァロッティが最年長)。, イタリアのモデナ生まれ。父親はパン焼職人の傍ら、才能あるアマチュア・テノール歌手でもあった。同郷で同い歳の名ソプラノ歌手、ミレッラ・フレーニとは幼なじみの上、同じ乳母によって育てられた。師範学校を卒業後、声楽を学ぶ。, 1961年にレッジョ・エミーリアの声楽コンクールで優勝し、同年4月29日、同地の市立劇場で『ラ・ボエーム』のロドルフォ役を歌い、オペラの初舞台を踏んだ。この役はその後彼の十八番となり、1963年にはウィーン国立歌劇場とロンドンのロイヤル・オペラ・ハウス(コヴェント・ガーデン)に、1964年にはミラノ・スカラ座にそれぞれロドルフォを歌ってデビューを飾っている。1964年にはオペラ・アリア集をデッカ社に録音、レコード・デビューも果たす。, 1965年2月、マイアミでジョーン・サザーランドと『ランメルモールのルチア』に出演してアメリカにデビューした。1967年、サザーランドとその夫の指揮者リチャード・ボニングと共演のベッリーニ作曲「ベアトリーチェ・ディ・テンダ(イタリア語版)」全曲盤でオロンベッロを歌い、初めて歌劇全曲盤録音に参加(デッカ)。1968年、やはりロドルフォでニューヨークのメトロポリタン歌劇場にもデビュー。, パヴァロッティが世界的名声を不動のものとしたのは1972年2月17日にメトロポリタン歌劇場でドニゼッティの『連隊の娘』に出演したときで、パヴァロッティはトニオ役のアリアでハイC(「三点ハ」音)を9回苦もなく歌ってのけ、聴衆を熱狂させたのである。輝かしい高音を持つリリック・テノール(英語版)として彼は名声を確立し、「キング・オブ・ハイC」という異名をとるに至った(このニックネームは彼が録音したアリア集の題名に由来する)。, きらめく高音で一世を風靡する一方、パヴァロッティは軽やかな美しさと共に強い響きもそなえた声質を生かし、レパートリーの拡充を計画。1970年に録音でリッカルド(ヴェルディの『仮面舞踏会』)に挑戦したのを皮切りに、より劇的な歌唱を必要とされるスピント(英語版)系諸役へと進出し、評価を得た。その後、声質が重く変化していく(このため高音の輝かしさには翳りがでた)につれスピント系の役を増やし、ヴェリズモ時代までの歌劇をレパートリーに加えている。, パヴァロッティは完璧さを求めるあまりに、公演をキャンセルすることもしばしばあり、「キャンセルの王様」とまで揶揄されるようになっていた。有名なシカゴ・リリック・オペラでは、パヴァロッティは8年の間に41回の公演のうち実に26回をキャンセルし、このため激怒した同オペラの支配人から1989年に終身出入り禁止を言い渡された。[1], パヴァロッティはしばしばテレビに出演して大衆的な名声を得た。1977年3月には、『ライブ・フロム・メト』という番組に初めて出演してロドルフォを歌い、それまでにテレビで放送されたオペラ上演中最大級の視聴者を魅了した。, 1990年代、パヴァロッティは野外コンサートをしばしば開き、多くの聴衆を集めたことでも知られる。1991年7月30日ロンドンのハイド・パークで行われた最初のコンサートはテレビで放送され、公園の歴史上初のクラシック演奏会となり、15万人という記録的な人数の聴衆を動員した。1993年6月にはニューヨークのセントラル・パークの大庭園で行われたパヴァロッティの演奏会には50万人が集まり、テレビでもさらに数百万人がこれを視聴した。続いて9月にはパリのエッフェル塔の下でコンサートを開催、推定30万人を集めた。, また、かつてのライバルであったドミンゴ、カレーラスとともに開いた三大テノールコンサートは広く知られている。演奏会のCDやビデオテープの売上げはプレスリーやローリング・ストーンズを超えている。2001年にパヴァロッティはケネディ・センター名誉賞を受けている。, パヴァロッティは1997年にパリで事故死したイギリスのダイアナ妃と親しく、世界の地雷除去のための寄付もした。ダイアナ妃の葬儀で歌うよう依頼された時は、「非常に悲しくてとても歌うことはできない」と辞退した。, 2004年3月、69歳でニューヨークのメトロポリタン歌劇場において『トスカ』のカヴァラドッシ役を演じた。これを最後にオペラ上演からは引退。また同年より、世界中を巡る引退ワールド・ツアーを開始(東京からスタート)。, 1971年、NHKが招いたイタリア歌劇団の一員として初来日、リゴレットのマントヴァ公爵を歌い、聴衆の一人が感激のあまり舞台の上り彼に抱き着き、評判を呼ぶ。1975年、METの一員としてラ・ボエームのロドルフォを披露。1977年、単身来日、リサイタルとオペラ・アリア・コンサート。1989年、東京ドームと大阪城ホールで公演。1993年1月、横浜アリーナでコンサート。1996年6月29日、「パヴァロッティ&フレンズ」戦争で傷ついた子供たちのために、エリック・クラプトン。3大テノール東京国立競技場を皮切りに世界ツアー。¥75,000の高額チケットが話題に。2002年、3大テノール、横浜アリーナ公演、最後の3大テノール公演に。2004年引退ワールド・ツアーを東京から開始[2]。, 2006年のトリノオリンピックの開会式では『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」を歌い、オリンピック開会式の掉尾に花を添えたが、これがパヴァロッティにとって人生最後のステージとなった。, しかしのちに、このトリノでのパフォーマンスは実際には生演奏ではなく、1週間前に録音された物であったと、パヴァロッティの旧来の友人であり、このステージでも指揮を務めた指揮者、レオーネ・マジエラがその著書『Pavarotti Visto da vicino(近くで見たパヴァロッティ/日本未出版)』の中で明かした。, レオーネはその中で「オーケストラは、聴衆のために演奏する振りをしました。私は指揮をする振りをしました。また、ルチアーノは歌う振りをしました。その効果は素晴らしかった」と述べている。 お使いのブラウザは現在Javascriptが無効になっています。一部コンテンツが非表示ないしご利用いただくことができませんので、お手数ですがJavascriptを有効にして再度アクセスをお願い致します。, “神の声”を持つと言われたイタリアの国宝、ルチアーノ・パヴァロッティの生涯を描いたドキュメンタリー。貴重な映像から伝わるのは『ラ・ボエーム』『トスカ』などの絶頂期のパフォーマンスや、『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」をはじめとする名曲を3大テノールで競演した伝説のステージ、故ダイアナ妃との交流やボランティアなどの幅広い活動、家族とのプライベートライフなどパヴァロッティ歌唱力より高い人間力。さらに、新たに撮られた23人のインタビュー映像では、U2のボノがパヴァロッティのアーティストとしての信念を証言し、マネージャーやエージェントがショービジネスの裏側を明かし、前妻、最後の妻、3人の娘たち、そして愛人は欠点が同時に魅力だった素顔を告白、生きることのすべてを全力で愛した男の輝かしい日々が浮き彫りにされる。監督は『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』のロン・ハワード。(作品資料より). ※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。 パヴァロッティ博物館館長の (C)2019 Polygram Entertainment, LLC - All Rights Reserved. この件について、日本のニュースでは録音であった事が明かされたというその事実のみが端的に伝えられたが、直後の個人のブログやネット上の掲示板の書き込みなどでは、この書籍がいわゆる暴露本の類としての扱いを受ける事も多く、しばしば著者に対して批判的な反応が見られた。, また、マネージャーであったテリー・ロブソンは、パヴァロッティ自身が2月の夜遅くに零下の寒空の中で歌う事は困難であろうと、オリンピック委員会の招待を何度か断ったのだが、最終的には委員会があらかじめ歌のパートをレコーディングするようパヴァロッティを説得したと述べている。, その後同年6月、膵臓がんが見つかり手術を受けたが、2007年9月6日、モデナの自宅にて腎不全により71歳で死去した。同年9月8日、モデナの大聖堂で葬儀が行われ、プローディイタリア首相、アナン前国連事務総長、ボノ(U2)やアンドレア・ボチェッリなどの著名人も参列し、市民ら約10万人も集まり弔意を表した。, パヴァロッティは元来、リリコ・レッジェーロ(叙情的で軽やかな表現に適した声質)と呼ばれる声質のテノールである。先述のようにデビュー後名声を築いていった1960年代は、高音が最大限に映えるドニゼッティ、ベッリーニなどのいわゆる“ベル・カント・オペラ”がレパートリーの中核をなし、これらの作品の上演、録音により、パヴァロッティは世界有数のテノールという評価を確立した。当時のパヴァロッティのレパートリーにおいて、ヴェルディなどベル・カント以降の作品も高音が特に必要とされる役が多くを占めていた。, やがて1970年代以降、パヴァロッティは劇的なスピント(英語版)系の役に進出していく。一例としてヴェルディ作品を見ると、60年代にパヴァロッティがヴェルディ作品で歌った役は高音を必要とする3つの役だったが、前記のリッカルドや、1975年にはマンリーコ(『トロヴァトーレ』)、1981年にはラダメス(『アイーダ』)にそれぞれ挑戦、1991年には演奏会形式で、古今の歌劇の中でも特に重厚な歌唱を要求される『オテロ』(同名作品)を歌い、1992年に歌った『ドン・カルロ』(同名作品)までの挑戦を経て、彼の歌ったヴェルディ諸役は13に増えた(そのうち12のヴェルディ作品については録音している)。, パヴァロッティがスピント系の役をレパートリーに加えていくに当たって、元来スピント系の声質でないことに由来する劇性の不足を補う意図から、アクセントの強調などを歌唱に取り入れていく様になった。このある種の誇張が後輩歌手たちにも影響があったといわれており、賛否のあるところである。, 録音では初録音以来デッカ・レコードと長く信頼関係を築いており、デッカ・レコードの歌劇録音には欠かせない看板歌手として親しまれ、レパートリーの殆んどを同社に録音している。, 三大テノールの中ではもっとも恰幅のいい体型だが、それだけにネモリーノ(『愛の妙薬』)における喜劇性、マントヴァ公爵(『リゴレット』)やリッカルド(『仮面舞踏会』)における権力者としての側面など、純二枚目に収まらない要素が必要とされる役柄には無類の強みを発揮した。名を成してのちはほぼイタリアオペラに専心したが、唯一のドイツオペラに『ばらの騎士』歌手役がある。, 1961年に結婚したアドゥア夫人との間に娘をもうけたが後に離婚、その後アシスタントのニコレッタ・マントヴァーニ(Nicoletta Mantovani)と結婚、双子を授かったが一人だけ生まれた。マントヴァーニは2015年12月現在、フィレンツェ市の副市長を務め、何度も来日経験がある[3]。, https://www.lucianopavarottifoundation.com/en/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ルチアーノ・パヴァロッティ&oldid=79851335, オペラ以外のコンサートなどで左手に持つ白いハンカチは、汗を拭くため、気分を良くするためのまじないとして持っていたものである。. 聞けば誰もが虜になる歌声を持つルチアーノ・パヴァロッティの初ドキュメンタリー映画が完成した。『ラ・ボエーム』『トスカ』などの絶頂期のパフォーマンスや、『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」をはじめとする名曲を3大テノールで競演した伝説のステージ、故ダイアナ妃との交流やボランティアなどの幅広い活動、家族とのプライベートライフなど貴重な映像から伝わるのは、歌唱力より高い人間力。, さらに、新たに撮られた23人のインタビュー映像では、U2のボノがパヴァロッティのアーティストとしての信念を証言し、マネージャーやエージェントがショービジネスの裏側を明かし、前妻、最後の妻、3人の娘たち、そして愛人は欠点が同時に魅力だった素顔を告白、生きることのすべてを全力で愛した男の輝かしい日々が浮き彫りにされる。, これだけの言葉を引き出したのはアカデミー賞®に輝く巨匠ロン・ハワード監督。ハイCと呼ばれる高音を軽々と出す並外れた音域と力強く芳醇な声量による〈人類史上最高の歌声〉を、アカデミー賞®録音技師を迎え、最新音響技術でスクリーンに甦らせた。太陽のようにまばゆい歌声と笑顔で、いつのまにか人生を楽しむ術を伝授される、至福の体験をあなたに──。, 2番目の妻にして ※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera, 「パヴァロッティ 太陽のテノール」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。, 待望の『ダ・ヴィンチ・コード』第二弾! ヴァチカンに襲いかかる秘密結社に、ラングドン教授が挑む!!. パヴァロッティは前者を選び私は後者を選んでいる。 アルバム売上総数1億枚以上、観客動員数1千万人超えという驚異の記録を残し、2007年に亡くなっルチアーノ・パヴァロッティの人生を振り返るド … パヴァロッティの生涯。「パヴァロッティ 太陽のテノール」の上映スケジュール・上映館・あらすじ・感想レビュー・みどころ・スタッフ・キャスト・予告篇を紹介します。パヴァロッティ 太陽のテノールの上映時間までに映画館に間に合う乗換案内も提供。 Copyright © 1996document.write("-"+new Date().getFullYear()); Jorudan Co.,Ltd. パヴァロッティさんを生で聴けたことは私の得難い財産である。オペラにおける扮装したパヴァちゃんより、白いハンカチを持って巨体を揺らしながら登場する可愛い笑顔の三大テノールの彼の方が、はるかに親しみやすくて好きだった。 Copyright © GAGA Corporation. ロン・ハワード監督によるドキュメンタリー映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』が公開中です。今回は世界的テノール歌手ルチアーノ・パヴァロッティさんの雑誌記事索引を紹介します。 映画を観て思うことは、世の中には突き抜けた才能の持ち主がいるんだなーということです。幼少期に母親から才能を見出され、やがてオペラ歌手として成功。ですが不世出の天才はオペラの枠から飛び出してしまいす。ロックやポップス歌手との共演、3大テノールとのコンサートと型にははまりません。表情が豊かで、人情に篤く、抜群のコミュニケーション能力も備わっています。周りにいる人たちに愛され、そして彼らを巻き込んでいく過程が元妻や3人の娘、マネージャーや音楽仲間など23人の証言と共に描かれています。また強烈なカリスマ性を見せたかと思うと、時に見せる精神的なひ弱さも描かれています。大きな才能を手にしたばかりに、人生に翻弄されるようなエピソードも紹介されています。 ですが彼の歌声を聴いたときに起こる高揚感はやはり大きく、多少の欠点なら補い、気がつくと映画を観た後「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を口ずさんでしまいます。没後13年になりますが規格外の才能は、今も強い影響力があるようです。※掲載内容は大宅壮一文庫HP内の雑誌記事索引紹介と同一記事です。 ※今回紹介した索引の雑誌記事のコピーをご希望の場合は、遠隔地の方は資料配送サービスで取り寄せることが出来ます。 どうぞご利用下さい。No1PICK UP MOVIE オペラのごとき人生 『パヴァロッティ 太陽のテノール』執筆者 野崎歓雑誌名 芸術新潮発行日 2020年06月ページ 129No2 次世代テノール・スターを探せ! パヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラス 彼らが「いま」に残したもの 20世紀最後の名歌手・3大テノールを振り返る執筆者 水谷彰良雑誌名 音楽の友発行日 2016年11月ページ 106-107No3 File ルチアーノ・パヴァロッティ 不世出のテノールからスーパースターへ~偉大なる芸術家を偲んで執筆者 山本義彦雑誌名 CDジャーナル発行日 2007年11月ページ 116-117No4 蓋棺録 ルチアーノ・パヴァロッティさん オペラの大衆化に貢献したキング・オブ・ハイC執筆者 後藤正治雑誌名 婦人公論発行日 2007年10月22日ページ 198No5追悼 故郷で10万人に見送られた巨星パバロッティ執筆者 松浦一樹雑誌名 読売ウイークリー発行日 2007年09月30日ページ 99No6座談トークセッション My Favorite Player 16回 ルチアーノ・パヴァロッティ ゲスト:佐野成宏執筆者 佐野成宏/黒田恭一/浅里公三雑誌名 音楽の友発行日 2006年04月ページ 170-172No7People ルチアーノ・パヴァロッティ 「日本は遠い国なので、本当に最後かもしれません」 「ファイナルワールドツアー インジャパン」記者会見から雑誌名 音楽の友発行日 2004年05月ページ 159No8インタビューNewsmakers QA ルチアーノ・パバロッティ ※イタリアのポップスを歌ったソロアルバム『ティ・アドーロ』を発表執筆者 ルチアーノ・パバロッティ雑誌名 ニューズウィーク日本版発行日 2003年10月08日ページ 82No9人間巡礼 5回 パバロッティのハンカチーフ執筆者 筑紫哲也雑誌名 一冊の本発行日 2003年02月ページ 32-36No10対談2大スター対談 パヴァロッティ&レヴァイン ※メトロポリタン歌劇場管&合唱団による特別コンサートの来日直前の対談執筆者 L・パヴァロッティ/J・レヴァイン雑誌名 音楽の友発行日 2001年06月ページ 106-108No11インタビュー時の達人たち 14回 ルチアーノ・パヴァロッティ 音楽の力は未来への希望を生み出す。まるで太陽のように執筆者 ルチアーノ・パヴァロッティ雑誌名 BRUTUS発行日 2000年12月15日ページ 163-165No12インタビュータイトル 米・仏・伊 ダイエット先進3ヵ国最新レポート 世界初。パヴァロッティに独占ダイエット・インタビュー執筆者 ルチアーノ・パヴァロッティ雑誌名 CREA発行日 1998年06月ページ 110No13インタビューシリーズ人間 1383回 ビバ!パヴァロッティ! “神の美声”を持つ世界最高のテノール歌手ルチアーノ・パヴァロッティにニューヨークで独占インタビュー執筆者 ルチアーノ・パヴァロッティ雑誌名 女性自身発行日 1997年09月02日ページ 88-94No14忙しい主婦・OLのためのワイドショー 老眼が3大テノールの悩み ※ルチアーノ・パバロッティは楽譜が読めない?雑誌名 女性自身発行日 1997年08月12日ページ 258No15グラビアCATCH UP 稲越功一が「特写」した3大テノール ※ドミンゴ、カレーラス、パヴァロッティの日本公演雑誌名 週刊文春発行日 1996年12月26日ページ 190-191No16クラシックで目を覚ませ! 3大テノール来日速報 1回 ※ルチアーノ・パバロッティ,プラシド・ドミンゴ,ホセ・カレーラス執筆者 伊熊よし子雑誌名 Hanako発行日 1996年08月01日ページ 58No17TEMPO タウン 20億円稼いだ「3大テノール」コンサート異聞 ※ホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティの日本公演雑誌名 週刊新潮発行日 1996年07月11日ページ 34No18グラビアCATCH UP 7万5000円の席も完売!の世界3大テノール このオジさんたちのフルネームを全員言えれば、あなたも音楽通雑誌名 週刊文春発行日 1996年07月11日ページ 24No19天才・パヴァロッティのこと執筆者 保阪正康雑誌名 文藝春秋発行日 1996年07月ページ 79-80No20グラビアFACE 今月の顔。 ルチアーノ・パヴァロッティ 世紀のテナー“キング・オブ・ハイC”氏の堂々たる来日。雑誌名 潮発行日 1993年03月ページ 33No21ルチアーノ・パヴァロッティのアリーナ・コンサートが、ついにやって来る雑誌名 ELLE JAPON発行日 1993年01月05日ページ 118-119No22Clic,Clic 正統で気楽で熱狂的な、歌の愉しみ。 ※ルチアーノ・パヴァロッティのアリーナコンサート『キング・オブ・ハイC』雑誌名 クリーク発行日 1992年12月20日ページ 17No23パヴァロッティのお茶目な素顔 もはやオペラを超えた地球最強の歌手 ※ルチアーノ・パヴァロッティ執筆者 伊藤史郎雑誌名 SPA!発行日 1992年12月16日ページ 92-95No24海外レポート イギリス 「パヴァロッティのロンドン」 ※歌手生活30周年記念コンサート執筆者 秋島百合子雑誌名 音楽の友発行日 1991年10月ページ 165No25グラビア/インタビューRondo corner 12年ぶりに帰ってきた“キング・オブ・ハイC” パヴァロッティの記者会見と絵画展オープニング…執筆者 ルチアーノ・パヴァロッティ雑誌名 音楽の友発行日 1990年02月ページ 154-155No26パヴァロッティ来日の前にちょっと予習を雑誌名 Hanako発行日 1989年10月12日ページ 109No27グラビアPEOPLE 大会場で聞く「高音Cの王者」の実力雑誌名 文藝春秋発行日 1989年09月ページ 巻頭No28THE COLUMN パヴァロッティの魅力に迫る執筆者 黒田恭一雑誌名 BIGMAN発行日 1989年08月ページ 174No29タウン パヴァロッティの「1億5000万円」コンサート雑誌名 週刊新潮発行日 1989年06月22日ページ 25No30世界にはいろんな歌がある イタリア歌劇アリア集/ルチアーノ・パヴァロッティ執筆者 黒田恭一/坂東清三雑誌名 暮しの手帖発行日 1973年12月ページ 127Copyright (C) OYA SOICHI LIBRARY 2020, 大宅壮一文庫HPで週1回更新しているテーマ別雑誌記事索引紹介の転載マガジンです。掲載されている雑誌記事は宅配便着払いサービスでコピーの受取りが可能です。, note of intoxicate(イントキシケイト)by TOWER RECORDS. 全面的な協力, 1954年、アメリカ生まれ。子役として芸能活動を開始し、青年期には『アメリカン・グラフィティ』(73)などの作品に出演して活躍していたが、1976年にコメディ『バニシング IN TURBO』(76)で監督デビュー。その後、『コクーン』(85)、『バックマン家の人々』(89)、『バックドラフト』(91)などで一流監督の仲間入りを果たす。95年には『アポロ13』がアカデミー賞®9部門にノミネートされ、同作は編集賞と音響賞を受賞。01年には『ビューティフル・マインド』(01)でアカデミー賞®監督賞を受賞、この映画は他に作品賞、脚色賞、助演女優賞も獲得した。さらに、2008年には『フロスト×ニクソン』も作品賞をはじめとした5つの部門にノミネートされた。『フェリシティの青春』(98〜02)『24 TWENTY FOUR』(01〜05)などのテレビドラマシリーズでは製作総指揮を務めている。『ダ・ヴィンチ・コード』(06)が大ヒットした後、映画化シリーズ第2弾『天使と悪魔』(09)、第3弾『インフェルノ』(16)も手がけた。その他『ラッシュ/プライドと友情』(13)、『白鯨との闘い』(15)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(18)など。音楽ドキュメンタリーは、『メイド・イン・アメリカ』(13)、『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years』(16)に続き3作品目となる。, 1979年以降、150本以上の映画に参加。アカデミー賞®録音賞に『ディック・トレイシー』(90)、『ウォンデッド』(08)で2度ノミネート、『愛と哀しみの果て』(85)、『ラスト・オブ・モヒカン』(92)、『マッドマックス怒りのデス・ロード』(15)で3度受賞している。.