心とからだの緩みを取るには6ヶ月は短すぎた。  私は、リング上のデュランのしぐさが記憶に残っていて、ずっと「背中を痛めた」と解釈していました(そういう説もなかったでしたっけ)。腹痛説をまちがって解釈していたかもしれません。  試合数日前で5キロオーバー。最後は何も食べずに薬を使って減量したようです。 Copyright © Boxing News.  この試合に勝ったデュランは、大統領専用機でパナマに凱旋。, パナマ史上最大の歓迎を受けました。 レナードvs.デュラン1はパナマの英雄が勝利 金メダリストから鳴り物入りでプロデビューしたレナードは79年11月、史上最年少の17歳6ヵ月で世界王座を獲得した2階級制覇王者ウィルフレド・ベニテス(プエルトリコ)を下して世界王座を獲得。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.  そう解釈できます。  パナマの貧困階級からチャンピオンにのし上がったデュラン。

この試合はレナードの2度目の防衛戦。オリンピック金メダリストのスピードスターであるレナードさん。ウィルフレド・ベニテスをノックアウトして獲得した王座でレジェンドを迎えることになりましたな。, デュランは元WBA世界ライト級チャンピオンのレジェンド。パナマの石の拳と呼ばれるほどのパワーを誇り、チャンピオンでありながらもその強さからなかなか防衛戦が組めないことでも有名でしたな。, そしてこの試合はデュランが下の階級から上げてきたのにすごい体力を見せて判定勝ち。レナードは押し込まれる展開となり、時折鋭いカウンターで対抗したもののデュランが力で押し切って初黒星を与えました!, もう一回やっても無理な気がするな…フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.カネロ・アルバレス. ヒットマン→マーベラス→石の拳→スーパーエキスプレス

シュガー・レイ・レナード vs ロベルト・デュラン…第2戦 - アゴ大泉と浜田弱史が、レジェンドから現役までボクサーたちのキャリアのドラマを追う!

 デュランも復帰して一線に戻りました。.  今なお中量級史上最強とも言われる二人の対決。  スポーツを楽しむ上では、スポーツのシーンだけで十分。 1989年12月7日 ラスベガス wbcスーパーミドル級タイトルマッチ レナード33才、デュラン38才、両者1勝1敗で迎えた決着。 ヘビー級トップスリーに数えられるタイソン・フューリーのプロモーターであるボブ・アラムさん。ファン達のプレッシャーがジョシュアにフューリーとの... メキシコ系のファイターのプラットフォームとして勢力を大きく伸ばしているボックス・トレムンド。夏のショーに向けて無観客試合をやることをアナウン... WBC会長のマウリシオ・スレイマンさん。コロナウイルスの影響をもろに受けており、WBCとしても多くの世界タイトルマッチや地域タイトルの試合を... WBA.WBO世界ライト級統一王者で今週末にロンドンにてWBC王座決定戦をルーク・キャンベルと行うワシル・ロマチェンコさん。前回下しているア... IBFスーパーライト級王者で今週末にグラスゴーで初防衛戦ならびにWBSSスーパーライト級トーナメント準決勝であるジョシュ・テイラー戦を控える... こんにちは管理人です。 今日は2020年8月22日にラスベガスで行われたWBO世界ライトヘビー級指名挑戦者決定戦 エレイデル・アルバレスvs... こんにちは管理人です。 今日は2011年アメリカで行われたWBA世界スーパーライト級タイトルマッチ 王者アミール・カーンvs.暫定王者マルコ... 元WBO世界ウェルター級チャンピオンのジェフ・ホーンさん。8月に敗れてしまったマイケル・ゼラファへのリベンジマッチを12月18日にブリスベン... ワイルドデュランちゃん体力勝ち…シュガー・レイ・レナードvs.ロベルト・デュラン1, ジョシュア"俺たちは20戦で統一戦をした。ワイルダーは40試合してまだしてない。統一戦をやろう"ノバupdates!.  しかし、デュランは減量と体調管理に苦しむ。 ヘクター・カマチョ(Héctor Luiz Camacho Matias、男性、1962年5月24日 - 2012年11月24日)は、プエルトリコのプロボクサー。バヤモン出身。身長169cm、リーチ175cm。世界3階級制覇王者(スーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級)。, 入場時には「マチョ・タイム!」(おれの時間だ!)と連呼しながらリングインし、試合後のインタビューでも度々おちゃらけた態度を取りインタビュアーを困らせたりするなど、ラテン系特有の非常に陽気な性格である。, 豹柄などの派手なトランクスを愛用しており、ボクシングに限らずキックでも見られる前垂れのついた所謂「褌タイプ」のトランクスも着用した。, 私生活では、10代のころから喧嘩や万引きを繰り返し、麻薬常習者であり車泥棒であった。その性向は終生変わらなかった。家庭内暴力、規制薬物の所持、不法侵入、ライフル銃M16を通関させようとしたなど、様々な理由で何度も逮捕された。2012年になって、息子を殴った容疑で逮捕状が出されると自首した。裁判はカマチョの死亡によって未決のままになった[1]。, 1983年8月7日、ラファエル・リモンとWBC世界スーパーフェザー級王座決定戦で対戦し、5RKO勝ちで王座獲得。同王座は1度防衛後に返上。, 1985年8月10日、ホセ・ルイス・ラミレスとWBC世界ライト級タイトルマッチで対戦し、判定勝ちで2階級制覇に成功。同王座はエドウィン・ロサリオ、コーネリアス・ボサ・エドワーズ相手に2度防衛後に返上。, 1989年3月6日、レイ・マンシーニとWBO世界スーパーライト級王座決定戦で対戦し、判定勝ちで3階級制覇に成功。, 1991年2月23日、グレグ・ホーゲンと3度目の防衛戦で対戦し、判定負けで王座陥落。同年5月18日、再戦を行い、判定勝ちで王座に返り咲いた。, 1992年9月12日、フリオ・セサール・チャベスとWBC世界スーパーライト級タイトルマッチで対戦し、判定負け。, 1994年1月29日、フェリックス・トリニダードとIBF世界ウェルター級タイトルマッチで対戦し、判定負け。, 1997年3月1日、シュガー・レイ・レナードと対戦し、5RTKO勝ち。レナードが対戦した最後の相手となった。, 1997年9月13日、オスカー・デ・ラ・ホーヤとWBC世界ウェルター級タイトルマッチで対戦し、判定負け。, 2001年7月14日、ロベルト・デュランの保持するマイナータイトル・NBAスーパーミドル級王座を懸けて5年ぶりに再戦し、判定勝ち。, 2012年11月20日、プエルトリコサンファン市内のバーの前で、友人と停車した車に乗っていたところを、通りかかった車の中から銃撃され、顔の左側を負傷した。友人は死亡し、カマチョは脊椎を損傷し意識不明の重体になった。同22日に脳死状態と判定された[2]。, 2012年11月24日、家族の同意のもと生命維持装置が外された後に、まもなく死去した[1][3]。50歳没。, Hector Camacho, 50, Boxer Who Lived Dangerously, Dies, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヘクター・カマチョ&oldid=77820899.  音楽やナレーションなどの脚色はむしろ有害無益だからです。  「The real ~No Mas」という番組です。

デュランは右ボディを打ち込んで体を押し付けてくる。 レナードは右スイングを打ち下ろしてきて1発を狙う。 デュランはもみ合いでアッパーを打ち込んで体力が全く切れない。 判定は146-144.145-144.148-147の3-0でデュラン! ちなみに僕は144-141でデュランでした!  そのうえ、体重測定の後は大食いしたエピソードも紹介されていました。  この特集の後半は、再戦でのデュランの棄権(「No Mas」)の真相を掘り下げます。 All Rights Reserved. ヘイ"ジョイスはデュボアとの試合でよりケアフルに試合をしないといけないよ"updates! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); レナードは右ストレートからアッパーを返すがデュランは強引に間合いを詰めてコンビネーションを出す。, そして左右アッパーを当てると今度はデュランが後退!しかし打ち返してきてすごい試合になる。, ウェルター級の最高の一年な気がする…エロール・スペンスvs.ショーン・ポーター 試合後コメントもあり!, この試合ではデュランのパワフルさに驚かされた。野性的なパンチもさることながら下の階級から上げてきたのに押し負けない強さはさすがやな。, しかしレナードのキレもさすがやったけどこの試合はちょっとまっすぐ下がってましたね。簡単に間合いを詰められてしまっていたと思います。, この2人のリマッチはかの有名なノーマス事件笑笑。ヒットアンドアウェイを繰り返すレナードの前にデュランが嫌気がさして試合を止めてしまいましたよね笑笑。, 海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!. レナード対デュラン ~80年代の「世紀の対決」へ スポーツを楽しむ上では、スポーツのシーンだけで十分。 音楽やナレーションなどの脚色はむしろ有害無益だからです。 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がリードするライト級、マニー・パッキャオ(比)やテレンス・クロフォード(米)らが鎬を削るウェルター級─いま熱く燃えている中量級は1980年代、“ザ・グレーテスト”モハメド・アリの去ったヘビー級に代わりいまだかつてない盛り上がりを見せていた。, 激しいライバル対決を繰り広げたのがレナード、ハーンズ、ハグラー、デュランの豪華カルテット。今日からちょうど40年前の1980年6月20日、ロベルト・デュラン(パナマ)とシュガー・レイ・レナード(米)の対決で後世に語り継がれる4人の名バトルの幕が開けた。, 史上最強のライト級王者デュランとWBCウェルター級王者レナードの一戦は80年6月20日、カナダのモントリオール、オリンピックスタジアムで開催された。この会場は4年前、レナードがオリンピックで金メダルを獲得した場所だった。, 金メダリストから鳴り物入りでプロデビューしたレナードは79年11月、史上最年少の17歳6ヵ月で世界王座を獲得した2階級制覇王者ウィルフレド・ベニテス(プエルトリコ)を下して世界王座を獲得。この試合が27勝18KO無敗で迎える2度目の防衛戦だった。, 挑戦者のデュランはこのとき29歳。ライト級で世界王座を12度防衛し、ここまでの戦績は驚異の72勝55KO1敗。まさに“石の拳”の名にふさわしい活躍を見せていた。, スピードのレナードか、パワーのデュランかと目された試合は、デュランが持ち前の野性味を発揮して2回に左フックでレナードをグラつかせ、その後も馬力にものを言わせて前半は試合を優勢に進めた。, “スーパーエクスプレス”の異名を持つレナードは後半に追い上げ、左右のコンビネーション、ボディ打ちなどでデュランに迫ったが、パナマの英雄が逆転を許さずにゴールテープを切る。, 15ラウンド終了してのスコアは145-144、148-147、146-144と小差ながら、デュランが文句なしの判定で2階級制覇を達成。パナマ大統領がデュランを帰国させるために専用機を用意するなど、母国の喜びようはすさまじかった。, エリート街道をひた走ってきたレナードはプロ初黒星を喫し、プライドがずたずたにされたことだろう。幸いなことに雪辱のチャンスはすぐ巡ってきた。同じ年の11月25日、舞台はニューオーリンズのスーパードームだった。, “サ・スーパーファイト”と銘打たれたダイレクトリマッチは、リベンジに燃えるレナードが序盤から優勢。持ち前のスピードをいかしたアウトボクシングで動きがいま一つのデュランを翻弄する。7回まで68-66×2、67-66でレナードがリードした。, 迎えた8回、ボクシング史に残る「ノ・マス」事件が起きる。デュランがグローブを振ってレナードに背を向け「ノ・マス」(もう続けたくない)。8回2分44秒、レナードのTKO勝ちでスーパーファイトはあっけなく幕を閉じたのだ。, なぜデュランは世界に醜態をさらしてしまったのか? 主審には腹痛を訴えたが、大金を稼ぎたいマネジャーがデュランの意に反してダイレクトリマッチを決めたため、やる気を失っていたとも言われる。おそらくさまざまな要因が複雑に絡み合っているのだろう。5ヵ月前に英雄扱いだったデュランは、母国で大バッシングにあうはめになった。.