そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの) 器具・備...続きを読む, 先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。  販売促進費 もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか? ◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。 という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。  雑費 特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。 交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。 賃借料(前共益費)  47.250 誰でも参加自由で、たまたま顧客他会社関係者にも 貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。, #3です。   何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。 しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。 建設業の足場材のリース代の勘定科目について足場材をリース会社から毎月レンタルしております。その場合、勘定科目は賃貸料でよろしいでしょうか?よろしくお願いします! 勘定科目としては、賃貸料、支払リース料、リース料など、適宜の科目で処理してください。 この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、 購入したものも、いろいろなので悩んでしまっています。 賃借料(前家賃)  315.000 繰延資産(礼金)  420.000 ●子供の為のクジやおもちゃ 「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」 よろしくお願いします。, >絶対的な正解はないのかもしれませんが、 電話代やインターネットサービスプロバイダ料金と同様に、レンタルサーバー費用は「通信費」という勘定科目を使うのが一般的です。 ホスティングサービスはサーバーを借りているので、「賃借料」という勘定科目を使うこともできます。 です。 勘定で計上してください。 そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。 レンタスサーバー代は、勘定科目「通信費」を使って仕訳します。貸方は支払方法によって勘定科目が異なります。支払方法ごとの具体的な仕訳例と、契約期間が年を跨ぐ場合の期間按分のやり方についてご紹介します。, ブロガーはブログ収入を確定申告する必要があります。また、サラリーマンが副業としてブログ収入を確定申告する場合もあります。, 確定申告のために複式簿記で経費を管理するときに勘定科目をどれにしたらよいか迷うことがあります。その代表例がレンタルサーバーの利用料でしょう。, ブログを始めるためにはWebサーバーとアプリケーションサーバー、データベースサーバーを用意する必要があります。, サーバーを自前で揃えようとすると高額な初期費用がかかるうえ、サーバー構築のために専門的な知識が必要になります。構築済みのサーバーを初期費用を抑えて借りられるのがレンタルサーバーで、ホスティングサービスとも呼ばれています。, 電話代やインターネットサービスプロバイダ料金と同様に、レンタルサーバー費用は「通信費」という勘定科目を使うのが一般的です。, ホスティングサービスはサーバーを借りているので、「賃借料」という勘定科目を使うこともできます。, ブロガーやアフィリエイターの経費には、レンタルサーバー代のほかにもドメイン代や電話料、回線料、インターネットサービスプロバイダ料金など「通品費」に該当するものが多いので、それらを区別するために、「インターネット関連費」や「サーバー代」など、独自の勘定科目を使っても構いません。, これらいずれかの勘定科目を使うことになりますが、勘定科目は一貫性を保つ必要があります。たとえば、レンタルサーバー代を先月は「通信費」、今月は「貸借料」とすることはできません。, とくにこだわりが無ければ、レンタルサーバー費用の勘定科目は「通信費」とするのがよいでしょう。, レンタルサーバー利用料を銀行の普通預金からホスティングサービス会社へ振り込んだ場合は、借方の勘定科目は「普通預金」となり、仕訳は次のようになります。, 銀行の当座預金から振り込んだ場合、借方の勘定科目は「当座預金」となります。日本では個人で当座預金を持つことは難しいので、あまり使う機会は無いでしょう。, 銀行振込で手数料がかかった場合、振込手数料も経費として計上できます。振込手数料の勘定科目は「支払手数料」です。, プライベートで利用している個人用クレジットカードでレンタルサーバー利用料を支払った場合、貸方の勘定科目は「事業主借」となります。, 後日、クレジットカードの代金が個人の銀行口座から引き落とされます。これは事業としてのお金の流れではないので、仕訳は記帳しません。ただし、期末の決算整理仕訳において、事業主借勘定を元入金勘定へ振り替える必要があります。元入金とは、個人事業における資本金のようなものです。, 個人事業専用クレジットカードでレンタルサーバー利用料を支払った場合、貸方の勘定科目は「未払金」となります。この場合は、後日クレジットカード代金が銀行口座から引き落とされたときにも仕訳を記帳します。, レンタルサーバー利用料をペイジーまたはコンビニ払い、PayPalで支払った場合、借方の勘定科目は「現金」となります。, 法人の場合は会計年度を任意に決めることができます。たとえば、4月1日始まりの翌年3月31日終わりを会計年度とすることができます。, 個人の場合、会計年度は1月1日始まりの12月31日終わりです。法人と異なり、任意に決めることはできません。, レンタルサーバー利用料を1年分まとめた支払った場合、1月分から12月分までなら会計年度にちょうど収まりますが、4月分から翌年3月分まで支払った場合はどうなるのでしょうか?, 今年の経費は4月分から12月分までで、それ以降は来年の経費とするのが厳密な考えです。, 結論を言うと、1年以内の契約は全額経費として構いません。半年契約の場合も同様です。, 1年を超える契約の場合、全額を経費とすることはできません。レンタルサーバー代を支払ったときに「前払費用」という勘定科目で仕訳して、12月31日の決算で今年度分の「通信費」を仕訳します。, たとえば、4月1日に2年分のレンタルサーバー代を支払った場合、次のように仕訳します。, 2年分のレンタルサーバー代が2万4千円とすると、4月から12月までの9か月分は9千円になりますので、9千円分だけを「通信費」として仕訳します。, 家事按分とは、家計費としての性格と事業の必要経費としての性格を併せ持つ支出について、事業にかかった経費を合理的な基準に基づいて分けることです。, たとえばインターネットサービスプロバイダ料金は、事業でインターネットを使うときとプライベートでインターネットを使うときがあるため、家事按分が必要になります。, レンタルサーバー使用料は家計費としての性格は無いため家事按分は必要なく、全額を経費として計上できます。, 雑所得が20万円を超える場合は、サラリーマンでも確定申告が必要です。雑所得が20万円以内でも還付申告などで確定申告する場合は、雑所得も申告する必要があります。. 7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社 何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか? 採用教育費でしょうか? 固定資産科目としては普通は、 税法が「費用」に計上することを認める: なら賃借料で計上して差し支えありません。, 勘定科目の使い分けについて教えてください!! しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。 他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。 と仕訳します。 今度、会社で新たにWebサイトを立ち上げることになり、それにともなってドメインの取得やサーバをレンタルすることになりました。そこで、これらにかかる費用を仕訳する際の勘定科目を教えてほしいです。通信費かな……とも思ったのですが、ちょっと違うような気もしています。, いいぞいいぞ!なんとなく自信がないとき、自己判断にせずしっかり確認する姿勢は評価に値する!ラインギリギリのボールがインかアウトか微妙なとき、自己判断でプレーを止めたら、損するのは自分だからな!それじゃ行くぞ!スマーッシュ!, まず、君が気になっている通信費についておさらいしておこう!通信費が勘定科目として使われるのは、電話代や年賀状代、切手代、宅配便の配送料、それから毎月のインターネット接続費などだ!それから、メールボックス容量追加やセキュリティサービスなど、プロバイダのオプション費用もこれに含まれる!文字通り、通信のために要した費用を処理するときに使う科目だな!, じゃあ、上記を踏まえたうえで今回のケースを見ていこう!……確かに、ドメイン取得やサーバレンタルは、通信に関わる費用でもあるから通信費でも悪くはないんだが、今回は目的に則した勘定科目で仕分けるとしたら……という視点で解説していくぞ!, まずはドメインの取得費用だが、これに関しては税務上の取り扱いに細かな規定がない!ただ、ドメイン取得に関する支出の効果は1年以上にわたって続くと考えられることから、専門家の間では、税務上「繰延資産」に該当するという見解が多い!, そうなったとき、ドメイン取得にかかる費用の勘定科目は、「長期前払費用」として処理するのが適当ということになる!また、Webサイトは会社の宣伝・広告と捉えることができることから、「広告宣伝費」で処理するケースもある(Webサイトの制作費用も同様だ!)し、ドメイン取得がサイトを開設するうえで必要な手数料と考えるなら、「支払手数料」で処理するパターンもあるな!つまり、企業の考え方によって勘定科目を考える必要があるということだな!, サーバのレンタルにかかる費用は、基本的に通信費で問題ないだろう!ただ、サーバの一部をレンタルするための費用という概念から考えて「貸借料」の科目で処理する企業も多いようだ!こちらも、しっくりくるほうで処理するといいだろう!, その他、インターネット関連でいうと、SEO対策費用やリスティング広告費用などがあるよな!SEO対策はコンサルティング費用として「広告宣伝費」や「販売促進費」「業務委託費」「支払手数料」などの科目で処理されるし、リスティング広告は……そう、もちろん「広告宣伝費」になるよな!, インターネット関連の費用は、次々の新たなサービスが生まれていることもあり、勘定科目で迷うことも多いだろう!そんなとき、ひとまとめに「通信費」にしておこう、という考えもある意味合理的と言えるかもしれない!だけどな、そんなとき君のように一度立ち止まって「ん?これでいいのかな?」って考える姿勢が大切だと俺は思う!, サーブがなかなか入らない……そんなときに、「今日は調子が悪い!」と割り切るか、何が原因なのか突き止めようとするか、それによってその後の成長も変わってくるんだ!分かったな!ということで今日はこれまで!君の悩みに……スマーッシュ!, みんなの仕事ラボ(シゴ・ラボ)は、働くすべての方々に向けたキャリアアップ、スキルアップのためのお役立ちサイトです。. 固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。 (もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります), 銀行より短期借入金として融資を受けました。 販売促進費でしょうか? (飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。) 長期前払費用は繰延資産でも良いです。 消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・ 勘定科目がどれかわからないので、教えて下さい。。。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。 無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。  交際費 絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。 そこまで突っ込むのであれば・・   御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと 3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人 6.仲介料:210,000→不動産仲介会社 記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準 消耗備品費 詳しく知りたいので、 敷金       200.000(返還される分) なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。 賃貸契約期間は、7/15から2年間です。 (2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。   思われます。 広く一般に会社の存在を知らしめるということで   何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。 ●焼き鳥などの食べ物 案内を渡したのであれば 雑費?交際費?広告費?・・・ また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。 前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え) このようなイベントで使用したものは勘定科目は何になりますか? 広告宣伝費でしょうか? よろしくお願いします。, 前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。 だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い 備品費 みなさんは、どう経理処理されていますか? 勘定で計上してください。 ◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。   この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管 交際費になる可能性もありますが。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 普段、そこのお店では扱わないような(購入しない)ものばかりです。 スタートが顧客他会社関係者に対する接待、慰安が目的であれば お店(商店ではありません)の敷地内でちょっとしたイベント(業務内容とは関係ないようなイベントですが、顧客や通りすがりの人も参加可?という感じだと思われます)を初めて開催し、その時に使用したもの、例えば その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。 また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。, ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。 関しては契約の性質上(比較的長い期間の契約&途中解約不可) これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む. また、空気清浄機はリースで借りています。 中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について 12月に中古車を購入しま. リースとレンタルは賃借料で処理しても問題ありませんが、リースに 関しては契約の性質上(比較的長い期間の契約&途中解約不可) 賃借料の勘定科目とは別にリース料とする会社が多いです。 (あとオフバランス資産とかそれ以外の事情もあります。 そこまで突っ込むのであれば・・ 消耗品(10万円未満のもの) したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。 長期前払費用   200.000(返還されない分) 10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。, ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。   >備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。  広告宣伝費 それとも、それ以外の科目でしょうか? 1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人 これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。 詳しく知りたいので、 教えて下さい!! 「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」 この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 勘定科目の質問です。 スナックを経営していて、着物のレンタル、着物そのものはどういう科目になるのでし, 仕訳について教えてください!! (あとオフバランス資産とかそれ以外の事情もあります。) 敷金は差入保証金でも良いです。 固定資産科目としては普通は、 事務消耗品費 受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。 が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。 ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。 です。 レンタルの観葉植物を会社に置いています。 借方の勘定科目. 仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?