2カ月齢までの小型犬の子犬と、妊娠後期~授乳期の母犬専用ドライフード。原材料や成分、フードの特長をご紹介。愛犬の健康を考えたドッグフードならロイヤルカナン。 >>愛犬の健康や食いつきを重視して開発されたモグワンドッグフードをチェック!←Click! 世界的なドッグフードブランドであるロイヤルカナンから出ている子犬用のドライフードのラインナップであるロイヤルカナンミニスターターですが、いつまであげていいものなのでしょうか?, 子犬だけじゃなく子犬の母犬にも与えられる総合栄養食ということなのですが、それぞれの切り替え時期として適切なのはいつ頃なのかをしっかりと検証していきたいと思います。, ロイヤルカナンの公式サイトにも書かれていますが、ロイヤルカナンのミニスターターの対象月齢は離乳してから2ヶ月齢までの子犬と決まっています。, なぜかというとロイヤルカナンミニスターターは2ヶ月齢までの子犬に必要な母乳と同じ栄養素をバランスよく配合することに重きをおいているからです。, 普通の子犬用のフードと母乳の間のちょうど連結部分的な役割を持っているということですね。, もちろん2ヶ月齢を超えたわんちゃんに食べさせたからと言って何か大きな問題があるかというとそういうことではありませんが、適しているのはまさに2ヶ月齢までの母乳からドライフードに切り替わるタイミングの子犬ということになるのです。, ロイヤルカナンミニスターターは人間の食事で言うところの「おかゆ」みたいな位置づけとなっています。つまりお湯などにつけた時にふやけやすく、カリカリの状態で食べても喉に引っかからないような小さい粒になっています。, また高品質なたんぱく質を配合しており、犬という生き物にとって消化にいいというのがセールスポイントとなっているようです。, うちのわんちゃんは1匹、ペットショップから迎え入れる時に「お店で食べてたのはこれです」とミニスターターを一袋渡されて食べさせたことがありますが、直後の動物病院での便検査で消化不良を指摘されたことがあります。, ロイヤルカナンを食べさせているという話をした時に獣医さんからフードの切り替えをした方がいいと言われてしまいましたし、獣医さんが診ている子でもロイヤルカナンで消化不良になってしまう子犬は多いみたいです。, ロイヤルカナンミニスターターは子犬のためのフードであると同時に、子犬の母犬のためのフードでもあります。, 時期としては妊娠してから出産し、授乳・離乳期くらいまでです。母犬が妊娠してからロイヤルカナンミニスターターを食べさせ始めて、その後子犬が産まれて離乳したらそのまま子犬が続けてミニスターターを食べ始めるという1本の流れが出来上がることになります。, いずれにしてもそこまで長い期間ではありませんので、ラインナップとしてもそこまで大きなサイズのものが売っているわけではなく、最大で3kgくらいまでとなっています。, またペットショップでも2ヶ月齢までの子犬を飼育していることもあるためよく店舗内でふやかして食べさせたりしているのを見かけることが出来ます。, でも店頭のケージに出してお客さんがその子を迎え入れる時には2ヶ月を超えているケースが多いので、商品としての店頭在庫はなかなか取扱いが見つからないという場合が多いフードです。, ロイヤルカナンミニスターターはいつまで食べさせていいのかというと、適切な年齢としては子犬の場合は生後2ヶ月齢までとなっています。, 子犬以外には母犬のためのフードでもあるため、妊娠から離乳期くらいまでの母犬にも食べさせて大丈夫です。子犬や母犬にとって必要な栄養素をカバーするように配合して作られているので栄養面はとても優れています。, ただ、消化不良になって便検査などで獣医さんに指摘されてしまうこともあるので、心配な人は口コミでも評判のいいプレミアムドッグフードを試しておくといいでしょう。. ロイヤルカナンミニスターターはいつまで食べさせていいのかというと、適切な年齢としては子犬の場合は生後2ヶ月齢までとなっています。 子犬以外には母犬のためのフードでもあるため、妊娠から離乳期くらいまでの母犬にも食べさせて大丈夫です。 高いエネルギーが必要な離乳期からの子犬のために特別な栄養バランスに配慮したフードです。 ※妊娠後期および授乳期の母犬にもご利用いただけます。, 【スタート コンプレックス / 健康を維持することで本来の抵抗力と健康的な消化を維持】ロイヤルカナンにおける最新の研究成果である“スタート コンプレックス”は、母乳と同じ栄養素を独自の組み合わせで配合したものです。特定の栄養素が健康維持をサポートし、子犬の消化能力や本来の抵抗力を維持します。, 【妊娠後期から授乳期の母犬をサポート】妊娠後期から授乳期における母犬の高いエネルギー要求量を満たす栄養バランス。, 【お粥のようにふやけるキブル(粒)】母犬と離乳期の子犬がよく食べるよう、お粥のようなやわらかさに簡単にふやかすことができるキブル(粒)です。子犬の母乳から固形食への移行を助けます。, 肉類(鶏、七面鳥)、米、動物性脂肪、植物性分離タンパク*、とうもろこし、ビートパルプ、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母および酵母エキス(マンナンオリゴ糖及びβ-グルカン源)、酪酸ナトリウム、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(L-リジン、タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン、L-チロシン)、ゼオライト、β-カロテン、ミネラル類(Cl、K、P、Na、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、D3、コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)*超高消化性タンパク(消化率90%以上), ※ここに表示されている給与量は使用開始時の目安です。個体差や活動量に応じて表を参考に、1日の給与量を1~数回に分けて与えてください。※新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。※急いで食べてしまう傾向のある愛犬に対しては、のどにつまらせないように注意してください。. ©Copyright2020 プレミアムドッグフード口コミ比較ランキング!愛犬の食いつきを検証.All Rights Reserved.