~した結果や体験談の話題について2ちゃんの反応(コメント)を読み易くまとめた2ちゃんまとめですお⇒1年間混浴に通った結果報告をする1年で約20回行った結果 以上だ [blogcard url= 10人は入れそうな岩風呂で、白濁したお湯は少し熱めでした。 万座温泉では「万座温泉湯めぐり手形」を販売しています。 日帰り入浴客 1枚 700円 各施設利用料 500円 宿泊客 1枚 1,200円 他施設3回まで 無料 4回目以降 500円 **手形は購入年内有効 元キャビンアテンダント(スッチー)のミナです。実際に私が入浴した混浴露天風呂や名湯混浴温泉を画像満載で紹介する温泉サイトです。ちょっと恥ずかしいけど混浴最高です♪. と出かけたのだが、それが間違いだった。 3.5 5位:リーズナブルな値段で混浴を楽しめる「半出来温泉 登喜和荘」 3.6 6位:水着着用もOKの川沿いにある混浴露天風呂「つばたや旅館」 3.7 7位:映画や雑誌でも取り上げられる人気の温泉「汪泉閣」 ・ 2つの男性専用露天風呂 洗い場と同じく奥に長く広い湯船で、屋根付きなので雨や雪が降っても安心です。, 少しぬるめのきれいな濁り湯で、目の前には木々が広がっていて山も近くに感じられました。, 女性専用露天風呂「しゃくなげの湯」の入口から更に階段を降りて行くと、左右に男女別の内湯「ななかまどの湯」があります。 万座プリンスより少し坂下にあるのが、万座高原ホテル(旧万座高原ロッジ)。やはりプリンス系列の宿となる。ここの自慢は女性専用も含めて9種類の露天風呂のある石庭露天風呂。プリンス系列らしく手入れの行き届いた、団体旅行客にも安心の露天風呂だ。, ホテルよりも低い位置の、周りを丘に囲まれたような場所に石庭露天風呂がある。老若男女、家族連れ、カップル、どんな客にも対応する、誰でもそこそこ楽しめる作りだ。, 各湯船には必ず手摺りがついており、事故に対する配慮も万全。う〜ん、結構いいんだけど、なんか物足りない。施設を洗練すればする程、面白味にかけるようになるのかもしれない。人間のなんとわがままで贅沢なことか。, 更衣室は男女別で、女性は女性用露天風呂の陰から混浴に行くこともでき、広い敷地と相まって抵抗感無く混浴できることだろう。女夫渕温泉と並んで、混浴が初めての彼女を誘うには絶好の環境かと思う。, 無表情のフロントマンから事務的な説明を受けて入浴料を支払い、くたびれたタオルを受け取る。平気な顔をしてよく貸せるなと思う位このタオルが使い込まれていた。, 説明通りエレベーターで下へ降り露天風呂へ向かう。男女別の綺麗な更衣室を経由して、これまた立派な洗い場を通って外に出る。, 婦人は皆、ここの売店で売っている赤い「ゆゆぎ」を着ていた。(ちなみに1000円。男用もあった! と全部で8つのお風呂があります。全て源泉かけ流しですが、源泉温度が80℃と熱いため加水している温泉です。, 階段を降りて行くと途中右手の最初に出てくるお風呂場が女性専用露天風呂「しゃくなげの湯」です。, 【しゃくなげの湯入口】 ・ 男性専用内湯 湯船の直前まで壁で仕切られているので入りやすいつくりです。, 展望バツグンの3つの露天が並び、入口から見て一番左側の竹でほとんど隠れている一番大きな湯船だけが混浴露天風呂になっています(右側2つは男性用露天風呂「こまくさの湯①」「こまくさの湯②」)。, 標高1,800mの高地にある露天風呂は空がとても近くに感じられ、目の前には緑が溢れていて大自然とお友達になれます。運がよければ雲海が、また夜には満天の星空が見られるそうです。, きれいな濁り湯は硫黄の匂いが強い酸性湯ですが、お肌がすごくピリピリするほどではありませんでした。, 標高1,800mにあるお風呂はやっぱり気持ちよかったです!空気がすごく綺麗で全てが澄んで見えました。数あるお風呂のなかでもやはり混浴露天風呂からの景色がバツグンでした。お湯は私が苦手とする酸性湯でしたが、そこまでピリピリすることもなく入浴後もお肌は無事でした(ただお湯が目に入るとすごく痛かったです!)。, 屋根もない開放的で景色の素晴らしい露天風呂なので、ぜひお天気のいい日に行かれてみてください。, 混浴露天風呂は女湯からさらっと混浴に行けるうえにバスタオル巻きでの入浴もOK、さらに白濁したお湯なので女性でも気軽に入浴できます。それに混浴のほうが景色が断然いいので実際女性の混浴利用もとても多いです。, 万座プリンスにホテルに来て混浴露天風呂に入らないともったいなさすぎますから、気負わずにチャレンジしてみてください。, 【万座プリンスホテルの満足度】★★★★★ 万座プリンスホテルの混浴難易度. 家族やカップルで一緒に温泉が楽しめる混浴風呂。リラックスした時間を一緒に過ごせるのが魅力です。タオルokや湯あみ着の用意のある宿も多く、ちょっと抵抗のある方にも安心。宿によっては女性専用時間帯も配慮!開放感抜群の露天風呂や特徴珍しい温泉を満喫してみませんか? 脱衣所は画像の倍以上ある広さで、棚のある奥には洗面台にドライヤー・お化粧水などが完備されていました。, 洗い場にはシャワー&カランがたくさん並び、各シャワーごとに仕切りがあるのでプライベートが保てます。 【混浴恥ずかしさ度】     ★☆☆☆☆, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. )これを持っていないご婦人達は、唯一ある女性専用の露天風呂で我慢していたらしい。連れに聞くと、女性専用露天風呂は入りきれない位の人で溢れていたそうです。, 標高が高い所にあるのに眺望は優れないが、それなりに広さがあるので狭苦しさは感じられません。湯はよく見かける普通の乳白色の湯船と、黄色っぽい湯船に分かれています。平日で人が少なかったのもあり、それぞれの湯船を渡り歩いたので珍しく小一時間過ごしてしまった。, やはり白濁した硫黄泉はいかにも『温泉』という感じで◎ですが、あまりにも立派と言うか人工的過ぎて、最近街中に出来ている施設のようです。, 9つの浴槽があるのですがそれぞれ微妙に色が違います。大きく分けて白色と緑色の二種類のお湯がありました。日や時間によって変化するらしい。, 温度も体が真っ赤になるような熱いのから、何十分浸かってても温まらないぬる〜いのまで、いろいろです。, 建物の別の階に男女別のお風呂があって、そこではきちんとからだを洗えるし小さいけど露天風呂もありました。, お盆とゆうことでもあり客室は満室との事でしたが、露天風呂の方は午後5時と午後11時に入浴しましたがいずれも10人弱とすいていました。, 女性も3〜4人カップルで見かけました、タオル巻きか湯着(売店で販売)着用で割りと気楽に入れます。, ただし、現在は増築工事とかで、従来の手前の2つの露天風呂は無くなっており工事現場の仮囲いの中となっています。入り口もしたがって一番奥手の内湯女風呂の辺りから仮設階段を下りて露天風呂へと行くようになっています。, 夕食、朝食ともバイキングとなっていますので、自由な時間に食事をすることができます(夕食5時半〜9時、朝食7時〜9時)満室でしたので混雑していましたが、待つことはありませんでした。, ※お盆の料金の一番高い時期でも二人で3万円弱で泊まれますので(一泊2食、税サービス込)露天風呂目当てなら非常に良いと思います。, 混浴には女性専用から通路を通って入れます。敷地面積は大きく脱衣場等も完備され使いやすいと思うのですが、何と言うか温泉と言うより「温水プール」の様な雰囲気です。, 湯船自体がゴム系のコーティングがされ浴槽入り口にステンレス製の手摺が有る様子は正にプール。レジャー感覚なら良いのかも知れません。. 脱衣所に入る前に靴を脱ぎ、下駄箱に入れてから中で着替えます。 湯気で少し曇っていましたが、大きなガラス窓からは山の景色が広がっていました。, 雪で寒すぎて外に出たくないという時でもこちらのお風呂なら景色も楽しみながらほっこりできますね。, ななかまどの湯にもシャワー&カランがあり・シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔料などが完備されていました。, 【女性用露天風呂】『こまくさの湯⑤』 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); じゃらんで万座プリンスホテルを予約する 混浴・貸切の温泉を実際に入浴して雰囲気や女性の入り易さなどを画像でレポート。万座温泉 万座高原ホテルの混浴露天風呂に入浴したレポートです。 ... 2003年10月中旬 平日訪問 入浴料1000円 入浴者 男6 女5. ・ 3つの女性専用露天風呂 なぜか大きな板がちょっと景観を邪魔してましたが、大自然は感じられました。, 女性用露天風呂へのもうひとつの行きかたは、脱衣所の右奥にあるこちらのドアから階段を降りて行きます。, 階段を降りきるとすぐ目の前が露天風呂です。 混浴が無法地帯 - 万座プリンスホテル(吾妻郡)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(398件)、写真(434枚)と吾妻郡のお得な情報をご紹介しています。 お~さすがプリンスホテル系列!ロビーはだだっ広かったです。 フロントで日帰り入浴の手続きをしました。 日帰り温泉入浴可能時間は11時~18時まで(最終入場17時まで) 日帰り入浴代金はおひとり様1,500円と結構いい値段でした。 1,500円が1,200円になる割引券もありました。 しかし、もっと安い割引価格で万座高原ホテル日帰り入浴できるケースもあります。 万座温泉湯めぐり手形(年度内いつでも有効)を持ってれば500円で入れます。 万座温泉日帰り入浴はどこが良いかのページで書いてます … 含ラジウム-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 1100円 2014年5月公式HPにて混浴を確認 じゃらんnet 楽天トラベル: 旅館: 今金町: 奥美利河温泉 山の家: 単純温泉(弱アルカリ性低張性温泉)pH7.5 300円 2014.5公式HPにて確認(混浴は水着タオル着用可) 休業中 ・ 女性専用内湯 こちらは先ほどのこまくさの湯より右側にある湯船です。, 【女性用露天風呂】『こまくさの湯④』 ・ 混浴露天風呂 カゴ付きの棚がたくさんあり、洗面台にはドライヤーの他に綿棒・ティッシュ・お化粧水など充実したアメニティでした。, 【女性用内湯】『ななかまどの湯』 通路左側が女性用です。, 【女性用脱衣所】 混浴露天風呂は女湯からさらっと混浴に行けるうえにバスタオル巻きでの入浴もOK、さらに白濁したお湯なので女性でも気軽に入浴できます。それに混浴のほうが景色が断然いいので実際女性の混浴利用もとても多いです。 塩原温泉にワニ来たる!塩原温泉郷には多くの無料の共同浴場がある。有名な所では川沿いにある「岩の湯」「不動の湯」川沿いの露天風呂に無料で入れるなんて! 親孝行旅行で新幹線パック軽井沢からの無料送迎を利用しました。一泊二食付きでご飯は普通でした、期待していましたが山の中だしこんなもんかな?と。温泉はお湯がとても良く今までで最高レベルのお湯でした、ただ残念な事に混浴ですが、フロントで混浴ご利用の際は巻いたまま入れる100円のバスタオルを借りて下さい。と案内され、せっかくなので借りてから混浴へ、満点の星と山々を一緒に楽しめとても温泉自体は良かったのですが、100円タオル...強制じゃなかったみたいで(強制だと思ってたのですが)男性陣はタオルで前隠したままくるので嫌でも視界におじ様達のお尻が..女性陣は部屋のバスタオル巻いたり自前のタオル巻いたまま入ったり。お金かけて入った私達は一体...みたいな空気でした。お湯はいいけどタオル湯船に入れられない所もお構いなし状態で、悪い意味で自由でした、もうちょっとマナーをホテル側で呼びかけて頂ければなと思います。スタッフさんは質問しても返ってこなかったりしましたが、皆さん優しそうで好感の持てる対応でした。, リピーターです。9月の連休に再訪しました今度は和室ではなく東館のツインでした。やや狭いですが、なかなかきれいでしたよー。温泉はモチロン、極上の硫黄温泉でした☆やっているかどうかは時期にもよりますが、軽井沢駅からの無料送迎バスがオススメです☆, 連休のせいもあるのでしょうが、アジア系お客さん方がお風呂場や食事会場でもうるさかったです。軽井沢駅ホームでも外国人観光客がにぎやかだったので、仕方ないのかもしれませんが。あと日本人ですが、小学校3,4年生くらいの男の子が女性専用露天風呂に朝いて、違和感ありました。妹らしき女の子と一緒に入浴してましたが、食事の時みたら、両親・おばあさんの5人連れ。お父さんと一緒に入浴してほしかったですね。同年代の女の子がもし入浴してたらとても嫌だと思います。(異性の家族と入浴したければ)混浴露天風呂もありますしね。食事(バイキング)はスキー合宿ならまぁいいかも・・・って感じなので、朝食のみプランにして、夕食はアラカルトにして食べたほうがいいと思いました。部屋は思ったよりも広くて(南館)は良かったです。従業員の方たちも気持ち良い接し方なだけに、一部の残念なお客さんたちがいるのがどうも・・・って感想です。, 料理もおいしいし、お風呂も気持ちいいです。山の上の孤立した温泉ですので温泉街はありませんのでボーッとした刻を過ごすのにはいいですよ。, 8月にはいってからお盆休みに急に旅行に行きたくなり予約しました。事前にいろんな方の口コミを読んでいきました。○接客はさすがプリンスと思いました。忙しい夕食会場でもスタッフの方は常に笑顔の対応でした。(食事は普通、野菜類は新鮮でした)○温泉は標高1800mということもありとても気持ちが良かったです。プリンスの混浴よりも系列の万座高原ホテルの温泉のお風呂のほうが混浴できる数も多く湯の色も白濁、白黄、白緑とありました。×館内冷房設備がありません。東館に泊まりました。部屋の向きにもよると思いますが暑かったです。窓も少ししか開かず風通りも悪かったです。温泉に入った後は体がほてっているのでなおさらです。また食事会場でも少し暑い気がします。女性の方でも暑いと言っていた人を見かけました。, プリンスといえども、山の上のスキー客向け宿泊施設と思ってました。確かに建物も老朽化して部屋もすごく狭かったです、でも出迎から、荷物も運んでくれ、丁寧な説明、お部屋にはクーラがなく自然の冷房で今夜は寝れますよと、他にも何か頼んでも素早い対応でとても好感もてるスタッフさんばかりでした。選べる夕食だったのでメインダイニングでフランス料理、ヒレ肉は柔らかく、地産食材生かしたコーンスープもデザートもホテルスイーツお洒落で素敵なコースゆったりいただきました。雄大な自然の中の露天温泉もすごく気持ち良く癒されました。, 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 別の国や地域にお住まいの場合は、ドロップダウンメニューから、国または地域別のサイトを選択してください。 詳細, 料金は提携サイトから提示されたもので、1泊あたりの宿泊料金を反映しています。また、提携サイトが了承している税金やサービス料を含みます。 詳細については、提携サイトを参照してください。, 口コミは投稿者の個人的見解に基づきます。TripAdvisor LLCの見解ではありません。, 旅館は、通常はふとんが用意された和室の伝統的な宿泊施設を意味します。多くの旅館は、公衆浴場 (通常は「温泉」) と伝統料理で知られています。 このタイプの宿泊施設では、24 時間、年中無休の対応は保証されません。. 楽天トラベルで万座プリンスホテルを予約する, 万座温泉(まんざおんせん)は群馬県の西にある標高1800mの山の中の温泉地で、1年じゅう自動車で行ける日本最高所の温泉地なので「星にいちばん近い温泉」として知られています。人気の観光スポットでもある軽井沢や白根山からも近い場所にあります。, 万座プリンスホテルには 万座プリンスホテルのなかではいちばん小さな露天風呂で景観もイマイチでした(景色はひとつ上の画像)。, 混浴露天風呂へは女性用露天風呂「こまくさの湯④」から更に右に進みます。 こちらにはシャンプー・リンス・ボディソープが完備されていました。, 【女性用露天風呂】『しゃくなげの湯』 こちらの竹でできた壁をくねっと曲がると…, 混浴露天風呂が見えます。