子供の問題に悩むご両親のために、様々な論文や専門家の情報をまとめ中立的な立場で情報提供を行います。, 「とりあえず高卒資格だけでも取得させたい」「何か強みを見つけてあげたい」という場合におすすめです。, 中学校で不登校である、高校を中退した、といったお子さんやそのご両親からの相談が可能, お子さんが好きなことを見つけて、自信をつけ、さらに将来のためになるスキルを身に付けられる. 子どもが不登校でも、悩みがあっても、楽しく過ごして OK♪ Kun, 「学校に行ってほしい……」不登校の子どもにどう接すれば?気持ちと向き合う3ステップ, 今でも自分は好きじゃない。でも、一歩踏み出したい。【元不登校生インタビュー 第2弾】, うちの子はスペシャルタレント気質!不登校の娘を受け入れられるようになるまで。【不登校生の保護者インタビュー 第1弾】. 人は素直に受け入れる事ができません。, このレッテルを貼られてしまうと 登校拒否(不登校)になる子供の親にはいくつかの特徴や家庭環境があります。 どんな特徴や家庭環境だと思いますか? 登校拒否という言葉のイメージからヤンキーな親? それとも厳格すぎる親?母子家庭?色々なパターンや家庭環境、特徴を想像すると思います。 将来後悔してもらいたくないからこそ、 裏方である親の仕事なのです。, 今からお伝えする4つの行為は ビフォーアフターの変化がすごくわかりやすい♪ 私自身もそうなんですよね。 74 一定数いらっしゃいました。. 慣れてきたからか、 つい50年前まで出産時に命を落とすお母さんは 声を上げて笑ってしまうっ! 少し先をいく先輩の貴重なお話も聞けてありがたかったです!また参加したいとおもいます。ありがとうございました✨, 初めて参加しました。とても楽しいカフェ☕でした。グループのネ-ミングも飲み物の名前になってて斬新! アンタの給料が安いから personKun 子どもたちの未来は、 皆さん暖かく、不登校という事に前向きですごいなと思いました。 何の準備か‥‥? 心理カウンセラー、不登校予防コーチ、 グループ分けのときは、全員高3の子供がいて、同じ学年ならではの一体感があったように思いました。 横でシクシク泣いています。, (父さん、母さん、親不孝者でゴメンよ。 選手から無下に扱われても この記事を書いているのは息子が不登校・引きこもりを経験したから心理カウンセラーとなった元不登校の親Yumiriです。. とてもみなさん暖かくて、話してるだけで、気持ちがほぐれていくような感じでした。 すみませんが、申し込み出来ているか確認していただけたら助かります。宜しくお願いします。, 先日はじめてmiraicafeに参加させて戴きました。 もちろん私達スタッフも^^, きっと 無駄な時間なんて一つもない。 皆様と 一緒に 作り上げていきたいと思っています。 【不登校】親(父親)について. それはただの強がりです。, 人は誰しも「変わりたい」と思っていますが お前は何とも思わないのか?」, 父はまるで鬼刑事のように私を責め続け、 お腹の底からの気持ちをわかちあえる仲間たちや先輩が、 信用できる!と思うのは私だけでしょうか?, 皆さま、温かく優しい感想をありがとうございます(*´˘`*) これからも、よろしくお願いします。, 「mirai cafe」のzoom URLが届いてない方は、メールの設定を確認してくださいね。, 朝からすみません。 1 : 2020/03/04(水)17:30:27 ID:lgkE+h/8d 数学科とか物理学科とか工学部とかそっちの方が適性高そうなのに... 1 : 2020/09/20(日)09:08:24 ID:3zOGIggo 大学入学して 何を学べるかどんな進路が期待できるか これこそが大... 1: 風吹けば名無し 2019/06/25(火)15:40:4 ID:ulrW9jAd0 戻りたいわ…... トッモ「学費も家賃も免許も車も親持ちw就職は親のコネw」ワイ「親に甘えて恥ずかしくない?」. これが思った以上に難しい(のではないでしょうか?)。, (あぁ、私のダンナ様は何て良い人なの。 「出席日数が足りず留年して進学できないのでは…」, お子さんの将来を思えばこそ、 不登校カウンセラーで、現役塾講師の前田です。不登校に悩む親がやってはいけない事があります。一言で言えば・・・子どもを変えようとする事です。子どもの代わりに親が不登校を解決する事と言ってもよいでしょう。 授業はおろか卒業式も行っていない, 中高いかなかなかったことに後悔はしてないが、どう考えても普通に行った方が効率がいいから、素直にいっとけ, トッモの財布盗んだことにされて病んだ(トッモが親からくすねた金で買った漫画を学校に隠してて一緒に読んどったら、それがバレた時にそんなようなことを言われてかなり揉めた), 医者(偏差値60あればなれます、平均年収1200万です)←これを目指さない理由ww, 三大、学園物アニメでは当たり前だけど現実では有り得ないこと「屋上で弁当」「生徒会室で紅茶」. 私は陽さんとお話しさせていただきました。 お子さんが不登校・引きこもりになってしまうと、様々なことで悩んでしまうと思います。そこでこの記事では、まずはお子さんに親ができる4つの事を解説し、それからやるべきではないことも合わせて説明します。さらに、親が頼るべき外部の機関についても、詳しく具体的に紹介します。 ありがとうございました。, スタッフの方々のハロウィン仮装が素敵でzoomに入ってすぐに緊張がほどけました。ありがとうございました。, 不安はちょっと横に置いておいて、皆様の笑顔をエネルギーに、楽しみ探しをしようと思いました。, 今日もありがとうございました! 中には、裏方を格下とみて無下に扱う選手もいるでしょう。, でも、褒められなくても スタッフみんなで読んで励まされています。, さて。。 だから出せる安心感があると思っています。 子育てをしていて日々感じたことを自由気ままにつぶやく場所です。 (例) 不登校を「認める」って、私の望みなのに、この子のためだと勝手に頑張っていた。と認める事かもね。 お弁当作らなかったら、「どうせ学 とんでもなく明るいですねっ!!!, 11/9の「mirai cafe」に参加してくださった皆様、ありがとうございました^^, (でも全てを分かりきれないことも分かってます。 ハロウィンナイト&夜の初開催でワクワクして参加させてもらいました。 今日はmiraicafeに参加させていただき、ありがとうございました ご参加の皆さま、ご一緒のブレイクアウトルームで 何を言っても真逆の解釈をされてしまい それは不登校の根本的な解決にはなりません。, 不登校という人生最悪のピンチを 「学校に登校できないと内申点に影響するのでは…」 お子さんが不登校・引きこもりになってしまうと、様々なことで悩んでしまうと思います。そこでこの記事では、まずはお子さんに親ができる4つの事を解説し、それからやるべきではないことも合わせて説明します。さらに、親が頼るべき外部の機関についても、詳しく具体的に紹介します。 また参加したいです。 親がこんなに心配しているのに 最初の緊張がグループトークの中でスルッと解けて 緩みます。 https://miraitizu.com/entry-miraicafe, 多くの方が、参加しやすいcafeになりますように♡ 笑顔でどんな話も聴いてくれて、その時どきで、色々なかたの話を聴けて、涙して、笑って本当にありがたい場所です。 本当に申し訳ないと思っているよ。 不登校予備軍チェックリストをメルマガ登録された方に無料でプレゼントいたします。, 登校拒否(不登校)になる親の特徴や家庭環境を大きくわけると、支配タイプと放任タイプです。その中でもさらに特徴や家庭環境をみていくと, 登校拒否(不登校)になる子供の親はプライドが高く自分の学歴と同等以上を子供に求めるという特徴があります。, そして親が学歴コンプレックスの場合には、自分の子供には良い学校に行かせたいと理想を押し付けるという傾向があります。, これは子供には自分のような悔しい思いをさせたくない、子供のためには・・と子供のためを思っての親心だと思います。, また親自身の家庭環境が同じように学歴に対してこだわりが強いという特徴があったり、レールを敷かれたものであったと言う方も多いです。, そのため登校拒否(不登校)の当事者本人の意思とは関係なく塾や習い事、進路まで親のプライドから親の希望で決めてしまうことがあります。まさに理想の押しつけですね。, 学歴コンプレックスの親の場合には自分の夢を子供に託し、子供にはよい学歴をと、自分の理想をおしつけて夢をかなえようとしていることもあります。, いづれにしても親は子供のためと思っているのも特徴で、子供の意思を無視していることに気付けないという特徴もあるのです。, 親自身が自分の育った家庭環境が同じだと気づきづらいともいえますね。これも特徴といえますし、そうさせてしまう原因ともいえます。, 場合によっては親が子供へ理想を押し付けて、実現させることで親自身のプライドを保っているともいえるでしょう。, 子供が期待に応えても親は更に理想を高くハードルを上げて、上をめざし子供はまたその期待に応える。, 親が敷いたレールにうまくのった場合にも、小さな挫折がきっかけで登校拒否(不登校)やひきこもりになってしまうことが多々あります。, 子供のためという免罪符のもとに学歴のみならず、これはこうあるべき、仕事はこれが絶対いいなど、色々なことにこだわることが不登校の親には多く見受けられます。, それを子供に無意識に、子供によかれと思って押し付けてしまう傾向や特徴があるのも不登校の親です。, 家庭環境としては何か子供が上手くできないときには、親がやってしまったり、厳しく問いつめたり、なぜできないの?と言ってしまうといがちです。, 子供の前に立ちはだかる問題や石ころを取り除き、転ばぬようにしていくのがこのタイプの不登校の親です。, 勉強の仕方でさえこうしたほうがいい、ああしたほうがいいと、聞かれてもいないのに自分のやり方を親が教え、時にはノートのまとめまで手伝ったり、試験問題をつくる親さえ現実に存在します。, 子供のためによかれと思って先回りしてしまう親、家庭環境や過干渉には実はよくない影響が多々あるのです。, そして親自身過干渉な家庭環境に育ってきて、それが当然だと思い込んでしまっているケースも多いのです。, これはごく自然なことですね。そうやって親自身が育ち、それに対して特に問題にも思わずご自身は成長されて、よかったと思っているわけです。, 不登校の一定数、比較的少数に感じますが、家庭環境が放任という傾向や特徴を持つ親もいます。, 仕事が忙しすぎて自分は帰って寝るだけで、子供に全て好きなようにさせている家庭環境。, 場合によっては登校拒否(不登校)であることも親は気づかずに学校からの連絡で事態を把握するという親もいます。, 過干渉という家庭環境とは反対に放任すぎる親の家庭環境でも登校拒否(不登校)になることがあります。, この特徴のある家庭環境・親の登校拒否(不登校)の場合には子供は非行に走ったり、家ですることも多いです。, 自分が放任な親の家庭環境で育ち、どのように子供に接してよいかわからず結果放任になっている場合と、自分は過干渉な家庭環境で育ってきてそれがとても嫌だと全く真逆の家庭環境にしてしまうこともあります。, また夫婦に限らず姑や舅との仲が悪くて言い争いが絶えない・・という家庭環境の場合も同じく不登校になることがあります。, このような親のいる家庭環境の場合には子供は寛いで安心して羽を休ませる場所がありません。, 何か辛いことがあっても家が落ち着かない、家でも気を遣わなくてはならない家庭環境だと子供はどこで疲れた羽を休めることができるのでしょうか?, 毒親が影響している登校拒否(不登校)についてはこちらに書いておりますので参考になさってください。, ここまで登校拒否(不登校)の親の特徴や家庭環境をみてきて、原因についても多少はわかってきたような気がするという方もきっといらっしゃると思いますが、あらためて整理してみると, なぜ過干渉が不登校・登校拒否の原因なのか?というと過干渉の場合には幼少期から親があれこれと指示だしをしてきているために子供は指示がないと動けなくなります。, その通りにしていたら問題もおきず、親だけでなく、周囲に叱られることもないために自分で考えることをやめてしまいます。, このため何かトラブルがあった時には自分では対処できませんし、親がきっとそれを対処してしまいます。, すると次第に考えることを無駄だと思ってやめてしまい無気力、無感情にさえなってしまい表情も乏しくなることがあります。, 登校拒否(不登校)は学校でのいじめや人間関係、先生とのトラブルが原因だと思われがちですが、じつはそれはきっかけにすぎません。, 根本的な不登校・登校拒否の原因としては親の過干渉など、親の対応や家庭環境という場合があります。, 登校拒否(不登校)の子供の特徴に無気力になるということがありますが、子供も最初から無気力な子供はいません。, 自分の意思に反して親の指示に従ってきたのに失敗したらどう対処していいかもわからず無気力になりますね。, 最初は親に逆らっていた子供も親が威圧的に指示したり、親のいうことは絶対という教えでいると子供は意思を失ってしまうのです。, この無気力が不登校・登校拒否の原因と思われがちですが、なぜ無気力になったのかが重要であり、原因は他のところにあるのではないでしょうか?, 親の愛情を感じられない、非行に走ったり、登校拒否・不登校になることで、親の愛情を無意識に確かめている場合があります。, 親もこのころになると、いままでいろいろと口出しをして過干渉であったのにやめることもありますよね。, 徐々にでなくいきなり今まで親が指示を出してきたのを辞めることで子どもはどうしてよいのか変化についていけないこともあります。, そして思春期のため周囲の言動が気になり言われてもいない悪口を言われてしまったと思ってしまったり、笑われていると感じたり、誤解から自己否定になってしまったり、繊細な年ごろです。, 特に女子の場合には友人関係のトラブルも多い年頃で登校拒否・不登校のきっかけになりやすいです。, 中学生以外でも小学生の場合には幼稚園とは環境ががらりと変わりますし、高校生であればこの先の進路のことを考えなくてはならない時期であるため精神的に追い詰められる場面が多くなります。, この他にも引っ越しや親族の死、両親の離婚などの環境の変化が登校拒否(不登校)の原因となることもあります。, けれど、入った中学では良い成績が取れない・・当然ながらその中学には同じレベルの子供たちが集まりますからそこで上位をとるのは困難です。, また第一志望に入ったけれどもその中では下位に近い成績で、入学早々学校から家庭教師をつけるように言われたというケースもあります。, この場合には今まで優秀と言われていたのに、いきなり劣等感を感じるようになり、プライドが保てず、自己否定が起きやすくなります。, 成績が良い子供ほど思うように成績が上がらない場合には、しまいには無気力となり登校拒否(不登校)になりやすいです。, そのまま放置しておくと次第に将来に希望ももてなくなり本格的に不登校、ひきこもりの道へと突入してしまうこともあります。, 母子分離不安が原因の登校拒否・不登校は多くは小学生以下ですが、中学生や高校生でも母子分離不安はあります。, 高校生の母子分離不安についてはこちらをご覧ください。小学生の母子分離不安についてはこちらに書いております。, 親が仕事で忙しすぎて子供と関わりが少ない場合には、ときには仕事を休んで子供と関わる時間を持つというのもよいと思います。, 発達障害の登校しぶりについて詳しくはこちらに書いていますが、発達障害に対して周囲が理解がない場合には、子供を傷つける発言をしてしまうケースがあります。, ADHDで失敗が怖くて学校に行けない登校拒否(不登校)という場合もあります。そちらについてはこちらに詳しく書いております。, また学習障害の場合には勉強をする学校という場所にいくことが苦痛になってしまい登校拒否・不登校になってしまうこともあります。, 心身症やうつ病、母子分離不安、対人恐怖症などが原因で登校拒否・不登校になっているケースもあります。母子分離不安による不登校についてはこちらに詳しく書いております。, 学校が怖いといっている場合にはこの限りではありませんが、他の恐怖症がある可能性もあります。学校が怖くて学校にいけないことについてはこちらに詳しく書いております。, 同じ親のもと同じように育てられても兄弟姉妹みな不登校になってしまうこともあれば、そうでないこともあります。, また同じように育てたつもりでもそうでないこともありますし、子供の周囲のこまごまな環境は異なるはずで、全く同じはずはありません。, さまざまな不登校の原因にプラスして気質というものが大きく影響していると言えるでしょう。, 子供が登校拒否・不登校になったら親は仕事を休むべきか、辞めるべきか、続けるべきか?悩むところです。, 私の場合には考えた末に仕事を辞め、家にいると自分が煮詰まり、子供へ不用意な発言をしそう・・学校に行きなさいと言ってしまいそう・・過干渉から自分も子供も窮屈になる・・というのがすぐに思い浮かんだことでした。, でも私は前述のとおり仕事を辞めて、家に一日中いると、かえって悪影響を与えかねないこと。, とはいえやはり仕事を辞めて一緒にいてあげたほうがいいのかもしれない・・悩みに悩みました。, 学校の先生やスクールカウンセラーにも仕事を辞めるべきかどうか相談し、熟慮の末私は時短勤務という選択をしました。, そして息子が不登校から抜け出し、再登校できるようになってからフルタイム勤務に戻りました。, 息子と過ごす貴重な時間。でも限られているためあまり煮詰まることもなく接することができたと思います。, こちらの記事にも書いていますが、親の心が安定していないと、不登校は解決するのに時間がかかってしまいます。, 仕事を休むべきか、辞めるべきか続けるべきかというのはその子供にもよりますから、一概に続けるのがよいとも悪いとも言えません。, ただし、1つ言えるのは非行や母子分離不安など愛情不足からの登校拒否・不登校の場合には仕事を辞めなくてもときにはお休みを頂き子供と過ごす時間はいままでよりも増やすことをお勧めします。, 勘違いしがちなのですが、登校拒否・不登校と言う問題は子供の問題であって、親の問題ではありません。, どうしてですか?子供が不登校になり、学校に行けなくなってこの先どうなっちゃうか心配じゃないですか?という声が聞こえてきそうですね。, 問題を混同してしまっていると登校拒否・不登校を克服するのに更なる時間がかかります。, なぜかと言うといつまでも登校拒否・不登校を親の問題と捉えていると、親が口出しをしてしまうからです。, 1日も早く不登校を解決し学校に戻さなくては、勉強が遅れてしまう・・長期になればなるほど復帰しづらくなる・・, そこへ輪をかけて親がどうするの?などと問いかけた場合には親は登校拒否・不登校の自分を受け入れてくれていないな、認めてくれてないな・・自分はダメだな・・と子供はよりいっそう自己否定してしまいます。, 母子家庭の場合には親が仕事をやめてしまうと収入が全くなくなってしまう場合もあると思います。, 不登校の原因が母子分離不安と考えられる場合には、休みをとったり、早く仕事を切り上げたりなど、子供と関わる時間を増やすと良いと思います。, 母子家庭であっても親が子供に愛情を注ぎ、過干渉や放任すぎるわけでなければ、特に問題はないでしょう。, 母子家庭で父親不在だから、父親の役目をしないとと自分を追い込んでしまうお母様もいるかもしれませんが、あなたの頑張りは子供も見ているはずです。, ときには子供のためだけでなく自分の息抜きのために休みをとることが、子供のためになることもあります。, 母子家庭の場合には頑張りすぎてしまい、身も心も疲弊していることがあるのではないでしょうか?, 実は不登校を解決した親の特徴はみな自分たち親が幸せになり、イキイキとしているんです。, 登校拒否・不登校になる親の特徴や家庭環境はいくつか複合していて持ち合わせているケースもあれば、1つだけの特徴の場合もあります。, そのため一概に親が仕事を休んだほうがいい、辞めたほうがいいい、続けていいとは言えません。, お子様と話してみる。話せない状態ならお子様のことをよくわかっている親が判断すべき問題です。, 登校拒否・不登校の問題は子供の問題ですが、仕事を休むか、続けるか辞めるかは親の問題なのです。, 登校拒否(不登校)の克服のためいきなり教室復帰をめざすのではなく、保健室登校や別室登校から始めるのもよいと思います。, よろしければ対面カウンセリングを受けてみませんか?ただ話を聞いてもらうカウンセリングでは解決しません。, 具体的親向けのアドバイスを差し上げるようにしておりますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせだけでもどうぞ。, 子供を年老いても養いますか?