大学を休学して183日間で世界一周の旅へ。『まだ見ぬこの世界を自分の五感で体感する』というテーマの下で、南米大陸や中東などを中心に回る。帰国後、日本広告学会関東部会主催の学生広告論文において銀賞を受賞。, こんにちは、TABIPPOのかめちゃんです。今回は世界一周経験者に「世界一周の費用」をお聞きしました。世界一周と聞くと膨大なお金が必要なんだろうなと思う人が多いと思います。そこで、今回は色んな旅のスタイル・期間の旅人達にリアルなお財布事情を聞いちゃいました!, 【世界一周経験者に聞いてみた】というシリーズでは、世界一周のルートや費用などの準備から経験談など、年齢・性別・職業バラバラな世界一周経験者の皆さんに答えて頂いています。世界一周に興味がある人・行こうと思ってる人にはとっておきの内容なので、是非チェックしてみてくださいね!, タイアップでの広告掲載のご相談、社員やライターの採用について、取材/出演依頼など、各種お問い合わせはこちらから。, お泊まりだからこそ。「HOTEL EDIT YOKOHAMA」に宿泊して、横浜をもっと楽しんでみた。. All rights reserved. ・女子が旅に出る理由(いろは出版) 寄稿 「250万以上300万以下」の旅の平均期間:473日 (約1年と3.5ヶ月) 地域ごとに掛かる費用がセカパカというサイトにまとめられていました。 各地域で観光をする 宿泊は基本的にドミトリー 物価の高い国では自炊もする という前提です。 東南・南アジア:1500~2000円/日 中央アジア:2500~3500円/日 西欧:3000~4000円/日 東欧:1500~2500円/日 北欧:7000~1200… (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
, それまで家族も海外にはほとんど行ったことがないし、私にはあまり身近なものではありませんでした。, 初めて訪れた海外は見るもの全てが衝撃的で、刺激的で、感動的だったのをはっきり覚えています。, それから約10日間、毎日 「あー幸せーーーー!!」 って言いながら、感じながら歩いてて。, 世界には約200の国があり、まだ私は2ヶ国か見てないのに、こんなに素敵な人、もの、文化と出逢えた。, もっと色んな世界をこの目で見てみたい、自分の足でそこに立って色々感じたい! もっと色んな人、もの、文化と出逢いたい!!, そんなことを強く思っていた時「世界一周」を題材にした1冊の本と出会い、そこからさらに世界に対する好奇心が止まらなり世界一周を決意。, (この時の本が私が帰国した翌年に10年ぶりに改訂されることとなり、偶然お声がけ頂き光栄なことに参加させて頂きました。), 将来の事も考え、3年は基礎知識と基礎技術を身に着けるため働くことと、25歳までに旅に出ることを決めました。, 25歳まで、と決めたのはいくつか理由がありますが、 1つは早い方が色んな物を吸収できて、それを生かせる期間が長い方がいいと思った事。, あとはリアルに想像できて、先延ばしにせず実現できるのが5年以内。と考えた事。 それからリアルな話で、4人兄弟の末っ子である私は親の年齢なども考えました。, 結果的に24歳までに出発した事で、飛行機やバスが安くなったりと色んなメリットもありました。, そして予定通り3年働き、1年の準備期間を経て24歳の夏、不安とわくわくも詰めたリュックを背負って私は旅の始まりました。, それなりに準備をしてきたつもりでしたが、やっぱりいざ飛行機にのるとわくわくと不安が半分ずつ。 いや、実際空港の出発ゲートをくぐると不安が95%くらいでしたね。笑, まずは来たことのあるタイからスタート。 そしてアジアを周り中東に抜けヨーロッパ、北欧、南米、アメリカ横断、そして最後は中米、アメリカに最後に再び寄り370日の旅を終えて帰国しました。, 気になる世界一周旅行の予算ですが、 バックパッカーで1年で世界一周をしようとすると 大体一般的に平均予算 150~200万円必要と言われてます。, これは本当に目安でなので、どこの国にどのくらいいるか、 アジアに長くいるか、 ヨーロッパに長くいるかなどによって かかる費用は大幅に変わってきますし、, またバックパッカー初心者なのか、 旅慣れてるかによって、 装備や準備にかかるお金もだいぶ変わってくるかと。, 50万円くらいで周っちゃう人もいれば、 300万円かけてする人もいるので、 それは人それぞれの旅スタイル。. 今回、調査に協力してくれたのは、仕事を辞めて世界一周をしている時に、世界各地で出会った友人達だ。 職業、年齢、出身地、旅の期間。みんな、それぞれのバックグランドはバラバラだったが、世界をこの目で見たいという好奇心から、リスクを取って日本を飛び出した点は皆同じだった。 そんな彼らの情報をデータベース化して、分析してみたら面白いんじゃないかと思い、様々な統計を導き出してみたという訳だ。 なお、世界一周中に出会った日本人はたくさんいるが、データを取るにあたって今回 … 詳しいプロフィールはこちら. お金はあるに越したことはないので多く用意した方がいいと思いますが、私は実際お金が無くなった時に帰ろうと思えば帰るし、, 実際出逢った旅人たちはおにぎりを売ったり、漢字で外国の方の名前を当て字で書いて売っていたり、アクセサリーを作って売っていたり、ブログで稼いでたりと色んな方がいました。, 知らない土地で知らないものをみて、知らない人と会って色々インスピレーションは受けるし 毎日がチャレンジの連続だし、成功体験も積める。, やりたい事をあきらめそうになった時や行動に移せない時はこの記事を自分への戒めとして読もうと思います。笑, 世界一周の旅 ~南米編~ マチュピチュ他 [ブラジル コロンビア ペルー ボリビア], 意外な国も!『温かい人が多い国』ベスト3 -海外旅行におすすめの国ランキング-. 今後、バックパッカーとして世界一周の旅を考えている人には有益な情報なので、ぜひ参考にして欲しい, 今回、調査に協力してくれたのは、仕事を辞めて世界一周をしている時に、世界各地で出会った友人達だ。, 職業、年齢、出身地、旅の期間。みんな、それぞれのバックグランドはバラバラだったが、世界をこの目で見たいという好奇心から、リスクを取って日本を飛び出した点は皆同じだった。, そんな彼らの情報をデータベース化して、分析してみたら面白いんじゃないかと思い、様々な統計を導き出してみたという訳だ。, なお、世界一周中に出会った日本人はたくさんいるが、データを取るにあたって今回は以下の条件に当てはまる人だけを対象とした。, 条件1:自分と1日以上、一緒に行動を共にし、かつFacebookを交換したバックパッカー, データベース化するにあたって、相手の個人情報を知らないと何も出来きないのと、Facebookがあれば、今は連絡取ってない人でも近況がわかるので、このような条件にした。, ちなみにFacebookは、世界中のバックパッカーにとって名刺みたいなものなので、日本人でもFacebookアカウントを持ってない人はいなかった。, 期間を3ヶ月にしたのは、最低このくらいの期間がないと世界を周るには時間が短すぎる事と、これだけの期間を旅するには仕事を辞める、または大学を休学するなど大きなリスクを取らなければならないことが推測されるからだ。, この条件であれば、会社や学校の夏休みで海外旅行をしてる人、転職の合間や就職活動が終わった大学生でバックパッカーをしているという人を除外できる。, では、次から条件に当てはまった52人のデータから「男女比」「年齢」「職業」「旅のスタイル」「期間」「費用」「世界一周のその後」の7項目を結果を発表していこう。, 男性33人対して、女性が19人。一般的に女性の方が旅に出やすい仕事についている人が多いと言われる。特に看護師などの資格を持っている人は、海外放浪の後も仕事を見つけやすい。, そのため、世界一周をしてる元看護師という女性は、日本だけではなく韓国でも多かった。しかし、治安に対する不安や親からの反対で躊躇してしまう人も多いという結果かも知れない。, 地域別にみると男性の世界一周旅行者は、インドや東南アジアで出会う確率が高く、女性はヨーロッパや南米で出会うことが多かった。, これは世界一周中に出会った日本人の当時の年齢で、男女ともに平均年齢が同じという結果となった。, 特出するべきことは、女性の19人のうち6人が30歳で、女性全体の約3割を占めたことだ。, 女性全体で見ても28歳から30歳までが圧倒的に多い。30歳という節目の歳を目前にして、一大決心をして世界に出る女性が多いと見られる。, 全体的には20代前半が少ない。これは大卒であれば、社会人1年目〜3年目に当たり、3年未満で仕事を辞めるのはリスクが高いからだと推測できる。社会人を5年以上続けて、ある程度スキルもお金も蓄えた状態で旅に出る人が多いと言うことができるだろう。, 時間に余裕のある大学生より、(元)社会人が全体の90パーセントを占める結果となった。5人の大学生はいずれも大学を休学をして旅をしていた。, このデータからも世界一周は、ある程度のスキルとお金を蓄えた社会人が、仕事を辞めて行うものと言えるだろう。, 圧倒的に一人旅が多い。夫婦旅が4人というのは2組の夫婦ということで、カップル旅が1組、女性の2人旅が1組という結果になった。2組の夫婦は共に新婚旅行という名目で世界一周をしていた。, また、2人旅の方が1人旅と比べて、費用が10%〜20%程安く済むというデータもある。食費や宿代がシェアできるところが大きな利点だろう。, これは男女で差が表れ、女性の方が1ヶ月程長いという結果となった。また半分の人が8ヶ月以内に世界一周を終わらせている。日本に帰国後、再就職するならば離職期間が少ない方が、仕事を見つけやすいということも旅を急がせている要因の1つと考えられる。, 「150万以下」の旅の平均期間:296日 (約9.7ヶ月) 世界一周してみたいけど、どれぐらいの費用がかかるか心配の方! バックパッカースタイルで、世界一周した女忍者のかかった費用を公開します。 よく聞かれるんですよね。「世界一周にいくらかかった?」って。 私は2年半で約70カ国を旅しました。 2年半でかかった費用は、約300万円! 「200万以上250万以下」の旅の平均期間:377日 (約1年) © Copyright 2020 絶景in - 国内・海外旅行記. 1つの記事には収まりきらないため、数回に渡り旅に出た経緯やおすすめの国や場所などを写真と共にご紹介したいと思いますので、よろしければお付き合いくださいませ!,
・UYUNI IS YOU(いろは出版)写真協力 ライツ社(出版社) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 ボクらはセカイのドコでも生きていける.All Rights Reserved. 世界一周の旅. ビビりな私の大きな一歩 − 夢見た世界へ旅に出る − 1988年生まれ、神奈川県出身。 2013年7月から2014年7月までの370日で世界一周をした時のお話。. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ざっくり分けると準備金約60万円・世界一周費用160万円 といった感じでしょうか。, 会社員時代に貯めた100万円と、出発直前の半年で貯めた120万円の計220万円です。, 仕事を辞めてからの1年間は仕事を2~3つ掛け持ちをしてたのですが、会社員からの解放感と周りからのお誘いもあり, この1年間でフィリピン、台湾、イタリア、タンザニア、新潟、長野、大阪、京都、と旅行してしまい貯めてるはずなのに70万円くらい使うという破天荒な生活を。笑, よって最後の半年はがむしゃらに3つかけもちで働いて(ケーキ屋・和食屋、空いた時間にコンビニ)120万円貯めました。, 計画性のあるかたはコツコツ貯めるのが一番だと思います!が、本気で行こうと思えば人間できるという事!, まだ帰りたくないと思えばワーキングホリデーを挟んだり、何かを売ったりと自分で稼ぐことを選択するだろうと考えてたので、自分のプランで使うであろうぎりぎりの額を貯めて行きました。, というわけで! 世界一周旅行中にまわった国の中からおすすめの国をいくつかご紹介します♫, 1つの記事に書ききれなかったので今回はアジア編。南米編や中東編、東欧編についてはそれぞれの記事をご覧ください。, まず一カ国目はタイ。 タイはバンコクが有名ですが、 私がおすすめしたいのはバンコクから720kmに北に位置するチェンマイという美しい古都。, 今はとてもおしゃれなお店や日本でも注目されているcoffee shopも増えてきていて、そのレベルはかなり高いです。, 4月の旧正月には、最近観光客にも人気で規模も大きくなっている ソンクラーン(水かけ祭り)がチェンマイでも大盛り上がり!, 日本からはチェンマイへはバンコク乗り継ぎでも行けますし、 バンコクからバスや寝台列車なども充実してるのでご予算や計画に合わせてお好みで!, 特に市街地全体が文化遺産に登録されるラオスの北部に位置する古都ルアンパパーンは人も穏やかで優しく、リフレッシュするにはおすすめの場所です!, 私も今年の年末はラオスで過ごすことが決まっているので、機会があれば また別でじっくりご紹介したいと思います!!, お次はネパール! 首都カトマンドゥも面白いですが個人的にはポカラという第二の都市がおすすめ。, ここでヒマラヤ山脈のトレッキングをしたり、湖畔でただただリラックスしたり 思い思いの時間をすごせる場所。, 実際に私も6泊7日でヒマラヤ山脈の一角である標高4200mのアンナプルナベースキャンプまでトレッキングしましたが 本当にいい経験となりました!, 日本ではなかなか踏み出せないことも海外に来ると 「せっかくここまで来たし!」とチャレンジすることを後押ししてくれるのも旅の魅力だと思っています♫, そんなことをちょっと詳しく書いてみたので、興味のある方は目を通していただけると嬉しいです。, 旅に出たことで人生が急激に変わったことはないけど、確実にあたしの中に変化をもたらし、全ての経験は人生においての最高の財産になったと思います。, 正しい生き方とか人生こうじゃなきゃいけない。なんてなくて、自分の心に素直に、感性に従って生きていい。, 自分さえブレなければ、色んな方の意見もアドバイスとして受け入れられる。 そして相手も認められる。, 自分の選んだことで起きる事柄に対してのパターンが見えたり処理能力が上がった。 多少のことでは動じず冷静に最善の判断を考えるのが癖づいた。, タイでマラソンやダイビングのライセンス取得、ネパールでヒマラヤの一角ABCへトレッキングなど 計画性なくその時のやってみたい!という心の声に従って挑戦。, 旅先で出会う現地の人もそうだけど、旅人同士は特に年齢性別、職業関係なく幅広い友達ができる 。, 世界がぐっと近くなった事で、友達ができた事で 世界のニュースが他人事ではなくなった 旅中にSNSで上げていた写真を通じて友達の友達が興味持ってくれてメッセージをくれたり, 旅することで増える友達は、旅先や旅人だけじゃなくてその時点で日本にいなくても日本にも増えていた。, 日本に帰る場所があるから旅に出れる。 周りの大切な人に何かあったら即帰国する予定だったけど、 周りの人もケガや大きい病気なくいてくれたことで旅も続けられた。, 海外の人は自分の国の歴史や政治、宗教について語れる人が多い。 もっと日本の事も知らなきゃな。と思えたのも外に出たから。, (例えばオーストラリアのブリスベンという街を知らなければ。ブリスベンに住みたい!という選択肢はない。 WWOOFって制度を知らなければ、WWOOFの制度を使って海外で農業をしたい!という選択肢もない。という事), あたしの話や写真や本を通して 旅に出て大きく成長してキラキラして帰って来てくれる人がいたり、 旅を決意してくれた人がいたり。, でも実は「世界一周をした」って事が重要なんじゃなくて、その夢を通して ずっと思い描いていた事を形にしたこと、実現した事。, 私は旅を通して人生を楽しむヒントをたくさん得ましたが、 旅じゃなくてもいいと思うんです。, 人生がいきなり変わることはなくても、 自分の中に秘めてたものを出せたり知れたり、背中を押してくれる。, そのきっかけとして旅はすごくいいと思っていて、 知らない土地で知らないものをみて、知らない人と会って色々インスピレーションは受けるし 毎日がチャレンジの連続だし、成功体験も積める。, そしてたくさんのハプニングや感動を経験して、自分の心ととことん向き合える時間や環境があるという事。, あたしは年末からまた旅と留学とワーキングホリデーとWWOOFを予定していますが、 その経験もまたあたしの人生をより豊かにしてくれるものだと信じていますし その先のなりたい自分や人生につながって行くのだと思います。, 偉そうに色々書いてしまいましたが、あたしもまだまだ未熟者。 やりたい事をあきらめそうになった時や行動に移せない時はこの記事を自分への戒めとして読もうと思います。笑, →南米編(ブラジル・コロンビア・ペルー・ボリビア) →中欧編(ブルガリア・ルーマニア・ハンガリー・チェコ) →中東編(ヨルダンとイスラエル) →ウユニ塩湖編 →アメリカ横断編, 元一般社団法人日本ひとり旅協会事務局長 菅野翼