今の感染爆発状況、本当に怖すぎます。, 糸満市認可園に通ってます。 割れていると. 那覇市の感染者が圧倒的に多くて心配です。, 他のトピにもありましたが、子供たちだけでお留守番させたら通報されますよ。 あの協力願いは31日の夕方だったと聞きました。 1人2人減った方が先生的には. 【ほいく畑】で、素敵な求人と今すぐ出会って、《ゆる保育士》という生き方を探しに行こう♪, 数ある保育士転職サイトの中から、“今のあなたにぴったり!”のサイト選びのコツをお伝えしています♪, 保育士経験6年目(補助2年、正職4年)の現役アラサー保育士! 「コロナウイルスが流行っているのに、休園にならない園はどうしているんだろう・・・」, 少しでも参考になればと思い、今回は、私が勤める保育園での現状と、自粛期間中の働き方を詳しくまとめました。, 大変なこの時期を乗り越えるために、実際に保育園で行っている様々な対策をお伝え致します。, ・例えテレワークなど仕事を抱えていたとしても、自宅にいる場合は必ず家庭で子どもを見てもらう はっきり休ませてくださいという要請が保育園から無い限り仕事休めないので保育園行かせています。仕事も第一波の時のように特別有給措置とることもできませんのでやすみづらいですね。休業補償はでませんし、保育料も減額になりませんよね今回。 これからは、“ゆる保育士”を目指しましょう。, 保育士ママ向け応援ブログ『ゆる・ほいくし生活』では《愛しい存在と過ごす日常》を大切にするヒントを発信中♪ 一緒にゆるやかに生きていこう!, [子育て]と[保育の仕事]の両立を叶えたい!と、強く願う、保育士ママ向けの求人が揃っています。, さあ、一番ギュッとしたい、わが子のために・・・! 【夫婦】女性の浮気や不倫が多い? 城間市長、感染者が多い那覇が率先してやらないでどうするー! 先生たちの意見は. あの時苦しむ息子、不安や心配で眠れない気持ち、家族もハラハラとして落ち着かず…, もうこんな気持ちになりたくないです。 とりあえず今週は全部休ませます。, 同じく那覇市です。 【PC】youtubeの動画をパソコンに保存する方法 はっきり休ませてくださいという要請が保育園から無い限り仕事休めないので保育園行かせています。仕事も第一波の時のように特別有給措置とることもできませんのでやすみづらいですね。休業補償はでませんし、保育料も減額になりませんよね今回。 コロナウイルスによって、保育園はどう変わった・・・? コロナウイルスが流行していることにより、生活の様々な場面で変化が出ていますね。 私が勤める保育園でも、コロナウイルスへの対策で色々なことを行っています。 【教育】重度の知的障害の普通高校入学について. 楽になるので(笑) 過剰な親とは. をして、夫が出勤の日は私が仕事を休んで、、、というかたちを取っています( ; ; ) © 2020 ゆる・ほいくし生活 All rights reserved. 保育園や幼稚園は. 世界的に感染が広がる新型コロナウイルス(covid—19)。 保育園での対策をしっかりしよう!子どもの健康を守らなきゃ! そうは思いつつも、 うちの園は都会の保育園じゃないから感染の心配はない。 と心のどこかで油断してい・・・ 現場の人間にはどうすることも. 保育の現場でソーシャルディスタンスを守ることは、正直とても難しいです。でも、出来る事をとにかくやっていくしかありません。, 子どもの生活にも、多くの制限が加わっています。ストレスが溜まらないよう、配慮する必要がありますね。, “家庭の時間が欲しい!”を叶える保育の仕事を徹底調査【ママになった保育士さん必読】, 【仕事選び】ママになった保育士さんこそ、自分の本音を把握するべし!【究極の質問リスト】, 【保育園に何を持って行けばいいの?】保育士さんが新年度までに揃えるべき全アイテム【リストあります!】, 【腕時計の選び方】保育の現場に適切な腕時計の条件は3つ!【オススメ時計も教えます】, 《子どもの幸せ》と《自分の幸せ》の両方を大切に生きられる保育士さんでいて欲しいです。. でも休ませる事にしました、、 今週いっぱいは休ませました。 コロナ陽性者が日に日に増えています。 15日まではひとまず休ませる事に決めました( ; ; ) 本日、通所自粛要請を受けましたが人手不足のため、とても休める状況ではありません。 【夫婦】妻が出かけるのは嫌なこと? 休業補償がないので夫の休日は私が出勤 仕事がシフトなので休みの日はもちろん休ませます。 (精神疾患を抱えている、などの特別な事情を覗く), 普段の何倍も気遣うことが多くなっているのと同時に、子どもや保護者への配慮するべき事項も増えています。, また、《職員を2グループに分け、1週間ずつ交代で出勤する(一斉感染を防ぐ為)》と書いた件について補足します。, 少ない有給を使わなくてはいけなかったり、家で出来る仕事に取り組んだりして過ごしています。, 配慮する事項が増えたのに合せて、同時に、私たち保育士が抱えるストレスも増えてきているように感じます。, コロナウイルスが流行している今となっては、子どもをお預かりすることは、毎日リスクとの隣り合わせです。, 保育士として、この時期も働き続けることは、覚悟や強い意思が必要なことだと思います。, 毎日懸命に、目には見えないコロナウイルスと、必死に戦わなくてはならないのですから。, 私の正直な感想として、イレギュラーな生活を過ごす保育士の皆さんからは、少しずつ疲れの表情を感じます。, 自粛期間中でも出勤し、しかも、子ども達と同じ場所で集団で過ごすことによって、『子どもに感染させてしまったらどうしよう』もしくは『自分が感染してしまったらどうしよう・・・』とビクビクもします。, コロナという脅威に立ち向かうためには、保育士全員が一丸となり、出来うる限りの対策が必要だと思います。, 先行きの見えない不安や、過剰なまでに対策をし続けるストレスとは、向き合いつつも、ゆるやかに受け流さないとなぁ・・・と思います。, 心まで疲れてしまわないように、保育士さんには是非とも自分の時間を大切に過ごして欲しいです。, コロナウイルスによって大変なこの時期でも、《子どもの幸せ》と《自分の幸せ》の両方を大切に生きられる保育士さんでいて欲しいです。, コロナウイルスと戦っていくのなら、どうか、辛くなり過ぎないように・・・。一緒に頑張りましょう!, 大切なわが子の為に、いつだって笑顔の自分でいたいから、もう、仕事で消耗してる場合じゃない! 恐らく緊急事態宣言が出た後だと思います。 なので、感染防止に出来ることはやろうと決めました。 © 2020 沖縄のうわさ話 All rights reserved.