屋根の塗り替え工事で一番わかりにくいのが、 屋根の面積 です。 面積がわからなければ、どれくらい費用がかかるかわかりませんよね。 たいていは塗装業者さんが出してきた見積書に記載されている面積を、そのまま信じるしかないです。 しかしその業者がもしも ダマそう としていたら、� √29725≒172.4093964956667 正確な面積が分かれば、業者の言っていることやお見積もりが正しいかどうかも判断できますよね。, スレート波板も、金属波板も、規格で1山の幅(ピッチ)と高さが大きさが決まっています。スレート波板はピッチ130mmの大波とピッチ63.5mmの小波、金属ではピッチ76.2mmの大波とピッチ31.5mmの小波が流通しています。これらの面積を求めるときは係数を用います。, ピッチ(一山)130mmの大波スレート 係数1.144 このヨドルーフ150で縦10m、横10mの大きさの屋根の場合、表面積はいくつになるでしょうか。, 前述の係数1.7に近い数値が出ています。折半屋根ではヨドルーフ88のように「88タイプ」呼ばれる高さ88mmのもの、このヨドルーフ150mmのように「150タイプ」呼ばれる高さ150mmのものが広く流通しています。したがって、1.4と1.7という係数を覚えておけば、ほぼ面積を求めることができるのです。, 底辺170 mm÷2=85 mm 屋根塗装で考えた場合、 ¥3,720(日本ペイントサーモアイSi材工単価)×6㎡=¥22,320 これは一般的な和型の瓦の場合です。セメント瓦(平瓦)は1枚が大きい為、一坪に40枚使用しています。, 40×25=1000(枚) 1000÷53….18.9(坪) 18.9(坪)×3.3(㎡)=62.37(㎡)が片面になりますので2倍の124.74㎡が屋根の面積です。, 使用する図面は平面図・立面図どちらでもあれば大丈夫です。図面がたくさんあるけれど、どれが平面図でどれが立面図かが分からないという方!簡単にご説明いたします。, この2つの図面に書いている4/10のような数字が後々必要になってきますのでチェックをしておきましょう。, 平面図で見た場合「床の面積+軒の出」の部分が屋根の面積(屋根投影平面積)です。 では実際どのように屋根の面積を求めるのか、いろいろなパターンで紹介していきます。, 外壁などとは違い、勾配が付いていたり、屋根材に凹凸があったりして、どうしても正確な面積が分かりづらいものです。さまざまな形状や材質な屋根を大まかに面積を推測する方法から、正確に計算する方法までをご紹介します。小学校の頃に算数で習った三角形の面積の求め方、中学校の頃に数学で習った三平方の定理なども出てきます。, 急勾配か緩勾配かで係数が変わりますが、図面が無い場合は勾配すらも分からない状態かと思いますので、ご自身で見た時に「ウチの屋根急かも…」といった印象で問題ありませんし、お隣の住宅と比較してみても良いかもしれませんね。, 瓦は一坪(約3.3㎡)に53枚使われています。瓦の全枚数を53(枚)で割り3.3(㎡)をかけると面積が分かります。 また、雨漏りや破損で急な補修工事に迫られた場合、流れで工事をお願いしたが本当に適正な費用だったのか?と後で後悔しないように、大まかにでも屋根面積を把握しておくとスムーズに補修工事が行えると思います。 ピッチ31.5mmの小波(金属) 係数は1.20, ヨドルーフ150は1枚が2つの台形と平らな部分で形成されており、1山の長さは山と谷と平らな部分を含めて250mmで、高さは150mmです。山と谷の平らな部分はそれぞれ40mmです。 問題をPDFで大きく閲覧・印刷する場合はこちら, (1) 12.5 (2) 31.5 (3) 450 (4) 6.25 (5) 37.5 (6) 32. 10mに対して4m、6.5mの勾配が付いているという表記で4寸、6寸5分とも言います。, 勾配と屋根の面積が分かれば正確に屋根面積を出すことが出来ます。 ピッチ63.5mmの小波スレート 係数は1.154, ピッチ76.2mmの大波(金属) 係数は1.15 7. ⇩基礎的な図形知識の確認と反復練習におすすめの問題集です⇩ これで対辺65mm、隣辺88mm、高さ88mmの直角三角形ができました。, ここで三平方の定理の出番です。 右図6の凹四角形 abcd は三角形 abd から三角形 bdc を取り除いたものだから、その面積は − =12−6=6 になります。 (4) 縮尺図を用いて表しているときに実際の図形の面積を求めるには、各辺の実際の長さを求めてから計算しなければなりません。 √11969≒109 屋根勾配の確認が出来たら、一覧表から伸び率を求めます。 屋根の面積の求め方. Copyright © 2013 街の屋根やさん All Rights Reserved. 10000÷200×288=14400, メーカーや製品によって高さや一山(一谷)分の長さは違いますが、どんな折半屋根でもこの方法で面積を出すことが可能です。 ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; リンク方法. だからと言ってどこの施工店が正しい面積で算出したのか見当がつきません。 地押調査図は一概に精度が悪いとは言えず、土地の利用状況から土地の形状や面積の精度を判断することができます。 地押調査図(更正図)は和紙に墨で描かれています。 赤色の部分は、道で「赤道(あかみち)・里道」とも呼ばれています。 床面積が50m2の場合、「50x1.5=75」となり屋根の面積は約75m2と求められます。折板屋根の場合は、面積が増えるので係数1.7で計算する方が、より実際の面積に近づきます。 図面から屋根投影平面積を測り、勾配伸び率を使い正確に計算する方法 ではこの勾配、どのように使うかというと、インターネットで「勾配伸び率」と検索すれば一番に出てくる表を使えば簡単です。, 勾配伸び率の「水平長さに対して」、という列の数値は、平面と比べて実際はこれ程長くなっていますよと表しています。この勾配伸び率を屋根面積にかけることで正確な屋根面積が出ます。平面図の場合、下屋の見落としが無いように確認していきましょう。, 50×1.118=55.9(㎡) } 斜辺の長さは約172 mmでした。, 一谷分の長さ=谷の平らな部分40 mm+谷の斜辺の長さ約172mm×2+高い部分の長さ20mm×2=424mm, こちらも先程の係数、1.7と近い数値になりました。ヨドルーフ88では係数が1.4、ヨドルーフ150では1.7、同じ折半屋根であっても折り曲げ方の違いによって係数も変化していることが分かります。この面積の出し方を覚えておけば、違う仕様の折半屋根でも面積を求めることができます。, 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。, 東東京支店 〒132-0023 東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F, 品川支店 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F. .table3 th { 軒の出は住宅それぞれの形状に合わせて長さが違い、軒の出がない住宅も最近増えてきているので一概には言えませんが、外壁から外側に出ている部分のことです。, 三角スケールで当ててみて長さを測ってみると方角によっても幅が違ったりしますので、1面ずつ長さと幅で面積を求めてください。床と軒を足した面積が屋根の面積です。 屋根って平らではなく、斜面になっていますから、その分、屋根塗装する時の面積も増えますよね。また、波型のj型瓦や凸凹した折半屋根も平面とは違った面積となりますから、屋根塗装する時の面積も増えます。その面積の求め方を解説いたします。 200-35=165, 上底と下底から上底35mmを引いて三角形にします。 いい加減な積算をすると、塗料が足りなくなって途中で追加発注せねばならず工期が延びてしまったり、塗料が余ったりして無駄になってしまうことがあるからです。, 例としてヨドコウの「ヨドルーフ88」で計算してみます。 昔の住宅ですと同じ長さで作られているパターンが多いですが、近年の住宅は長さが違う事が多いのでどちらでも測ってみましょう, 代表的な屋根第2位です。屋根面が4面、水平な棟が1本、隅に伸びている棟が4本の造りです。 よくある質問. 台形の下底は35mm、上底は200mmから35mmを引いて求めると165mmになります。 屋根って平らではなく、斜面になっていますから、その分、屋根塗装する時の面積も増えますよね。また、波型のj型瓦や凸凹した折半屋根も平面とは違った面積となりますから、屋根塗装する時の面積も増えます。その面積の求め方を解説いたします。 3辺から三角形の面積をヘロンの公式を使って計算します。 辺の長さ a: 辺の長さ b: 辺の長さ c: 面積 S . 投影平面積=床面積+軒出面積 立面図では屋根勾配が記号で表示されています。 この勾配が屋根面積の計算では大事なのですね。 ではこの図面に基づいて計算してみましょう。 計算例 建物及び敷地は申請や法律による規定のため建築面積、敷地の面積、床面積などを求める必要があります。読んだままの意味になりますがそれぞれの面積を求めるために作成する図面の事を言います。 求積図とはどんな図面?意味や役割を具体� 6畳は9.9372平米=3.0060031127251坪=6畳です。畳から平米㎡数坪数に計算変換して一覧表で表示。6畳(帖)㎡坪を計算変換します。土地面積や建物面積、部屋の大きさや広さ間取りを調べます。6畳・坪・m2・平米 計算の一覧表。 業者によって使う数字がまちまちなので、数社からお見積もりを取ると「どこを信用したらいいのか」、「この業者は悪徳業者」ではないのかということになります。業者に悪気はないのですが、こういったこともリフォーム業界への不信感に繋がっているのは間違いありません。, 折半屋根の屋根塗装をする場合はその面積を正確に算出しなければなりません。 平方メートル(m2)、ヘクタール(ha)、平方キロメートル(km2)などを用いなければならない, ※畳(畳タタミはジョウと呼ぶ「帖」もジョウ)を敷いている和室と区別するために、和室には「畳」、洋室やリビングなどは「帖」(ジョウ)を使うようになった。不動産業などで用いられる「畳」の別名。, 江戸間は880mm×1760mm = 1.548㎡、京間は955mm×1910mm = 1.824㎡、中京間は910mm×1820mm = 1.6562 ㎡です。, の合計。壁または柱の中心を基準にして算出。壁で囲まれていない部分は床面積には含まれない。, 真上から土地を見たときの投影面(水平投影面積)のこと。建物が建っている土地の広さ。.