司法書士は、それほど広い事務所がなくても開業できる職業です。自宅で開業する司法書士も多いのですが、スペースが足りないことや、自宅の住所が人に知られてしまうという問題があります。そんなときには、開業場所として、自宅と事務所物件の中間にあるレンタルオフィスを検討するのが良いかもしれません。司法書士の開業場所として、レンタルオフィスを考えてみましょう。, レンタルオフィスで起業するという話を聞いたことがあっても、それがどのようなものかよくわからないし、自分が開業するときにレンタルオフィスを利用するべきかどうかということになると、ますますわからない方が多いのではないでしょうか。レンタルオフィスについて詳しく紹介した後にレンタルオフィスを使って起業することを考えてみましょう。, レンタルオフィスとは、ビジネスのための設備が整ったオフィス用の個室を貸し出すサービスのことです。レンタルオフィスを借りると、自分で設備を整える必要なく、すぐにビジネスを始めることができます。, レンタルオフィスは、オフィスとしての個室だけではなく、サービスとしてはじめから机やイス、インターネット回線など、ビジネスに必要な設備も提供されます。レンタルオフィスのビル内には、会議室やエントランスなどの共有スペースもあります。レンタルオフィスの住所は、自分のオフィスの住所として、郵便物の宛先や登記などに使うことができるうえ、受付スタッフがいるので、来客の案内、不在の時の電話の取次、郵便物の受け取りなどもしてくれます。, レンタルオフィスは一等地をスピーディーに安く借りられるサービスです。多くのレンタルオフィスは地域の一等地にあります。普通の形で一等地のビルの一室をオフィスとして借りると、非常に高い賃料を支払うことになりますが、レンタルオフィスは、個室が狭いことや、会議室などを共用していることによって、コストを大幅に削減しています。多くのレンタルオフィスは賃貸契約ではなく利用契約なので、審査の基準がゆるく、審査にかかる時間も短いです。家具がはじめから用意されているので、初期コストや退去するときのコストも少なくなります。, 一方、レンタルオフィスで固定電話を使おうとすると、料金や利便性の面で問題があるかもしれません。レンタルオフィス側が契約した電話番号や電話機を使うと、電話料金が高くなる傾向があります。レンタルオフィスが電話を転送するサービスだけを提供している場合は、その電話番号を使って発信することができません。電話に関するこのような問題を解決するために、クラウドPBXというインターネットを使った電話サービスがあります。, レンタルオフィスによく似たサービスに、サテライトオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースがあります。混同しやすい言葉なので、ここでこれらのサービスについて簡単にご紹介します。また、少し違うサービスですが、バーチャルオフィスについてもご紹介します。, 企業の本拠地から離れた場所にあるオフィスをサテライトオフィスとよびます。本拠地の周辺に位置するサテライト(衛星)のイメージです。サテライトオフィスが増えている背景には、働き方改革として通勤や移動の時間を短縮したい、都会を離れて地方の自然環境の良い場所で働きたい、地方にビジネスコミュニティーを作りたいといった、さまざまな目的があります。, シェアオフィスには、レンタルオフィスのように自分専用のオフィススペースがありません。シェアオフィスの利用者は、オフィススペースをフリーアドレスで利用します。自分が働きたいシェアオフィスを選べるので、気分転換をしたい人や、出先でオフィスワークをしたい人、働く場所が変わる人にとって便利なシステムです。シェアオフィスには占有スペースはありませんが、インターネットなど、オフィスの事務設備は整っています。シェアオフィスは機密情報を扱う必要があったり、頻繁に電話をかけたり必要がある人には不向きです。, コワーキングスペースは、コミュニティ機能に力点を置いたシェアオフィスと考えることができます。コワーキングスペースにも、フリーアドレスで使えるオフィススペースや共用のスペースがあります。コワーキングスペースでは、コミュニティ機能を実現するために、シェアオフィスと比較して共有スペースの面積が広い傾向があります。広い共有スペースにテーブルやソファを置くことで、集まった人々が会話をしやすくする工夫です。コワーキングスペースやシェアオフィスには、月単位で借りる他に、日単位や時間単位で借りるドロップインという利用形態もあります。, バーチャルオフィスはオフィスではなく、住所だけを利用するサービスです。バーチャルオフィスは住所だけなので、仕事は自宅などで行うことになりますが、住所があることで、顧客や金融機関、公的機関などから信頼を得やすくなる、住所を登記に使える、自宅の住所を公表しなくてすむというメリットがあります。バーチャルオフィスには郵便物の受け取りと転送、電話番号の利用、会議室の利用など、ほかの機能を備えているところもあります。, レンタルオフィスは個人起業家にとって魅力的なサービスです。個人起業家は、レンタルオフィスを使って、一等地に短時間でリーズナブルな費用でオフィスを開くことができます。しかし、レンタルオフィスは面積に限りがあるのであまり大きな荷物を置けないことや、部屋の仕切りがパーティションのみだったり、共有スペースでプライバシーが守りにくかったりする欠点があるかもしれません。地域活性化のために、自治体が起業家のためのレンタルオフィスを経営していることもあります。, 開業費用を節約するために、自宅開業を考えている人も多いことでしょう。自宅開業とバーチャルオフィスを組み合わせれば、プライバシーが守られないことなどの、自宅開業の問題点をカバーできます。レンタルオフィスを利用すれば、自宅開業よりは費用が大きくなりますが、立地の良い場所にリーズナブルな費用で開業できます。, 自宅開業が、司法書士にとってもっとも安上がりな開業方法です。しかし、賃貸マンションを事務所として使うことが利用規則に違反することになったり、自己所有のマンションであっても管理組合の規約に違反することになったりするかもしれません。また、自宅開業には、住所が公表されるという、プライバシーの問題があります。実質的に自宅で開業しつつ、住所としてバーチャルオフィスを利用すれば、このような問題を解決できます。士業の営業を認めるバーチャルオフィスはたしかにありますが、数が少ないのが現状です。士業がバーチャルオフィスを利用するときには、事前に管理会社に確認する必要があります。, 司法書士が自宅で開業しつつバーチャルオフィスを使う例はあまりありませんが、レンタルオフィスで士業を開業する例は数多くあります。レンタルオフィスであれば一等地にリーズナブルな料金で事務所を開くことができ、顧客の利便性や集客の面で有利です。自宅で開業すると信用してもらいにくいかも知れませんが、レンタルオフィスは一等地にあるので安心です。地域振興のために、自治体がレンタルオフィスを安く提供していることもあるので調べてみましょう。, 司法書士が開業するときの事務所としては、ほかにSOHOマンション1室、通常のマンションの1室、事務所用物件などがあります。自分がどのような事務所を経営したいのかを明確にイメージ出来れば、どのレベルの事務所が必要になるのかが明確になるでしょう。事務所を選ぶときには、ほかに、事務所の立地やコストも考えに入れる必要があります。, 司法書士は仕事をするのに特別な設備や広いスペースを必要としないので、レンタルオフィスは開業場所として十分考慮に値する選択肢です。レンタルオフィスを使うと地域の一等地にリーズナブルな費用で短期間に開業することができます。自分の事務所のイメージや、立地やコストの面でも合理的なレンタルオフィスが見つかるのであれば、開業場所として積極的に検討してみてはいかがでしょうか。, 司法書士業務支援システム「司法くん」を使えば、開業直後の司法書士様でも日々の業務効率化を図れます。まずは、お試しください!. 司法書士は、それほど広い事務所がなくても開業できる職業です。自宅で開業する司法書士も多いのですが、スペースが足りないことや、自宅の住所が人に知られてしまうという問題があります。そんなときには、開業場所として、自宅と事務所 […] 司法書士は、開業時の初期費用も少なく、比較的独立しやすい資格と言われています。 オフィスを構える場所は自宅・テナントでも大丈夫です。まとまったお金をどこかに預ける必要もありません。 各都道 … Copyright © WILLCO Inc. All rights reserved. 以前は、司法書士の資格予備校で「平均年収1,300万円」といったチラシがありました。 しかし、現在はそこまで年収のある司法書士というのは全国でも数が少なく、多くは年収ではなく、売上げが1,000万円を何とか超える、そこから経費や人件費を引いて300万円から700万円ほどの年収といった司法書士が多いと思われます。 それを聞くと、合格率3パーセントにも満たない難関試験を突破したにもかかわらず、実入りが少ないと感じるかもしれません。 ただ、独立して成功している司法書士も実際にいます … (さらに…), 独立、開業、起業をご検討のみなさまへアントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。, <PR>17時に家に帰って、土日はきっちり休んで、月商は100万円です。※大阪・2012年加盟, irODORu projectが“心を元気にするフィットネス”を信念にする壮絶な理由, サラリーマンにおすすめな月2万円稼げる副業18選  忙しい会社員でも副業できる実例を紹介, 大好きな仕事で主婦から起業!6年経った今も会員数45名、年収1500万円超をキープ!. 新たなビジネスがしたいとフランチャイズを検討している時に、カバーオールのことを知る。2012年に加盟。順調に経営を展開する。妻と子供3人を持つ家族を大切にするパパ。, 会社で働くサラリーマンの収入は、残業代の減少や、増税によって徐々に減ってきています。, いずれも、サラリーマンでも始めやすく、副業初心者の方でも簡単に取り組めるような副業です。, また、サラリーマンが副業をするときに忘れてはいけない「確定申告」についても解説しています。, 起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 今回は、「司法書士にはどのようなキャリアステップ・キャリアプラン・キャリアパスがあるのか」について解説します。, 即独立を目指す人は、前職が不動産業だったりと、司法書士と近いところで働いており、顧客の見込があることがほとんど。, 昔は登記業務が多く、司法書士資格を取れば仕事が入ってくる状態だったので、即独立をする方が多くいらっしゃいました。, しかし現在は、登記業務の減少で状況が変わり、自身で仕事を作っていく必要があります。, 残業の少なさや福利厚生の充実具合に魅力を感じ、転職をするケースは珍しくありません。, 司法書士が他事務所や企業へ転職したいと思ったきっかけは、以下の記事に詳しくまとめられています。, それは、企業活動において司法書士が持っている法律の専門知識は必要とされるからです。, 一般企業に入ると、各部署で主任や部長の役職がつくことがあり、キャリアステップを目指せます。, 司法書士から企業法務へ転職を検討する一般的な理由や具体的な業務内容は、以下の記事にまとめられています。, 昔は、司法書士資格を取得すると独立を考えるほど、独立に意欲的な司法書士がほとんどでした。, 司法書士から企業法務へ転職を検討する一般的な理由や具体的な業務内容については以下の記事にまとめられています。, しかし、どういったキャリアパスを辿るにしても「事務所選び」は慎重に行わなければなりません。, それは、選択する事務所によって、経験し身につけることができるスキルが異なるためです。, 身に付けたいスキルや理想とするキャリアパスを歩むための事務所の選び方は、以下の記事に詳しく書かれています。, 上記のようなスキルを持っていると、どのキャリアを選んだとしても活躍できる司法書士になれます。, 基本的なスキルを身に付けつつ、特に自分が伸ばしたい専門性やスキルを見極めながら転職活動を行っていきましょう。, 司法書士専門の転職サイトである弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)では、司法書士のキャリアステップや相談会を個別に無料で実施させていただいております。. hbspt.cta._relativeUrls=true;hbspt.cta.load(6434164, '6b57b490-743f-4a98-9eb8-17e53390c81a', {}); ※お急ぎの方は右下のチャットやお電話(03-6774-8902)からお問い合わせくださいませ。, 司法書士は様々なキャリアパスがありますが、どの道を選ぶ場合でも経験を積む事務所選びがとても大切になってきます。, どんな事務所を選んだらいいんだろう?と、今後のキャリアに不安がある方や転職でお悩みがある方は、ぜひ弊社LEGAL JOB BOARD(リーガルジョブボード)にご相談ください。, プロの転職エージェントが、転職の不安や問題点を解決するお手伝いをさせていただいています。. 4.司法書士の開業は失敗が多い. 司法書士事務所の開業の次なるステップは、事業用の口座開設です。事業用とプライベートのお金を区別することが大切なので、個人名義の口座とは別に屋号名義の口座を開設します。 資格さえとれば比較的簡単に開業することができる司法書士ですが、実は開業後失敗してしまう人がほとんどだといわれます。その理由の多くは「顧客がつかない」というところにあるようです。 司法書士が開業する場合の場所選びについて教えていただきたいです。司法書士の試験に合格したあと、すぐには開業せずにどこかの司法書士事務所で実務を勉強させてもらうのが一般的かと思いますが、このとき働かせてもらう司法書士事務所 司法書士事務所の開業 ステップ4 銀行口座の開設. 司法書士事務所を開業する際、場所の選択は特に重要です。司法書士事務所の経営環境は、都市部と地方で大きな違いがあります。今回は、都市部開業と地方開業、それぞれのメリット・デメリットや注意点をご紹介します。また、開業場所を選ぶときにもう一つ考えるべきことは、事務所の立地や事務所のタイプです。どのような場所に事務所を構えるとお客様に来てもらえるのか、事務所のタイプの特徴をご紹介します。, 司法書士の人数は、2007年の18,520人から2017年の22,283人まで10年間で3,763人増加しました。近年の傾向を眺めると、毎年900人程度の新規登録があり、600人程度が登録を取り消しているため、おおよそ毎年300人程度増加していることが分かります。司法書士の増加は東京など都市部で顕著であり、地方にはむしろ減少している地域もあります。2018年の司法書士の人数は1位の東京都が4,174人、2位の大阪府が2,402人ですが、少ない県の鳥取県では99人、島根県では112人です。, 司法書士の人数がこのように偏在している理由は、基本的には仕事そのものが偏在しているように見えるためです。司法書士の仕事の多くは、土地や建物の不動産登記や、会社や各種法人の商業・法人登記です。このような仕事は経済活動が活発な都市部に集中しているため、必然的に司法書士も都市部に偏在しやすい、という結果になっています。, これまでの解説ですと、案件が多い都市部で司法書士事務所を開業するのが良いように思えてきますが、そうではありません。開業を考えるうえで重要になるのは司法書士1人当たりの案件数です。司法書士1人当たりの土地・建物の登記件数は全国平均で約385件ですが、これを法務局管内別にみると東京管区より仙台管区(東北)や札幌管区(北海道)が多くなります。商業登記の全国平均は約57件で、地域別でみると東京管区が突出していますが、他はそれほど大きな違いはありません。司法書士1人当たりの人口の全国平均は約5,700人、認定司法書士1人当たりは約7,700人ですがこの数字は東京ブロックよりも東北ブロックや北海道ブロックが上回ります。開業後に取れる案件を考えると、都市部は必ずしも有利とはいえません。, 都市部で開業する問題点は他にもあります。2003年に司法書士事務所の法人化が認められて以来、大規模な司法書士法人が増えてきました。大規模司法書士事務所の多くは都市部に集中しています。業務の合理化により案件数を稼ぎ、価格競争で勝利するビジネスモデルは「登記工場」とも呼ばれています, 都市部で開業する場合、多数の競争相手の中に埋没しない事業戦略、すなわち差別化が必要です。薄利多売では大規模司法書士事務所に勝てないので、登記を中心とした価格競争では生き残れません。開業する地域の特性を見極めたうえで、その地域に適した分野に集中して、地域の中でトップになる必要があるでしょう。, 地方では都市部と比べて競争は少ないですが、できるだけ守備範囲を広げて取りこぼしを減らす「くらしの法律家」戦略を取る必要があります。地方では濃密な人間関係のなかで仕事を回す習慣が強いので、地域活動に参加することなどによって人脈を広げれば、徐々に仕事を紹介してもらえるようになるでしょう。地域によっては日本司法書士会連合会が実施している「司法過疎地開業支援事業」による開業・定着のための支援を受けることができます。, 都市部で開業するにせよ、地方で開業するにせよ、事務所を構えるときには場所柄も重要です。司法書士事務所を開業するのに適した立地を考えるときのポイントをご紹介します。, インターネットを使えば日本全国から集客できますが、開業後に実際に仕事を依頼してくれる顧客は、事務所近くの会社その他の法人や個人がほとんどです。そうした人々はなんらかの交通機関を使って事務所を訪れます。司法書士が自らお客様を訪問する営業スタイルもあります。移動にかかる時間やコストは誰にとっても見過ごせません。事務所に来てもらうのであれば来やすさが、訪問するのであれば行きやすさが重要です。, また、事務所の住所などの情報をGoogleなどの無料サービスに登録すると、検索で表示されやすくなり、地図サービスで見つけてもらいやすくなります。, 以前は、司法書士事務所と言えば、登記所や裁判所の周辺に集中していましたが、現在は登記の申請などをオンライン上でできるようになっているので、今日ではその必要性は薄れています。顧客の来やすさや自分の行きやすさを優先して立地を考えましょう。, 都市部では、電車やバスなどの公共交通機関が発達しています。駅から徒歩10分以内で道順が分かりやすい場所であれば、アクセスを調べた段階で「遠い」と敬遠されることはないでしょう。, 車で移動することが多い地方であれば、考えておくべきは道路事情です。駐車場が利用しやすいことも考慮に入れる必要があります。, 司法書士を開業する地域が決まったら、その地域で利用できるオフィス物件を探すことになります。自宅開業や、オフィスを借りての開業をはじめ、その他にもさまざまな選択肢があります。オフィスのタイプごとにその特徴をご紹介します。, 自宅で開業すれば、開業費用を最低限に抑えることができます。自宅を改築する場合は、改築規模によって費用に開きが出ます。訪問型の営業で自宅開業するのであれば改築は不要であり、最低限の事務機器の購入や手続き費用だけで開業することができます。, SOHOとはSmall Office/Home Officeの略であり、マンションを事務所として利用することを意味します。SOHOマンションとして提供される物件は築浅のものが多く、きれいでイメージも良いため、集客しやすいという利点があります。SOHOマンションはそこまで広くないことが多いため、開業初期に使用するというのも一つの選択肢です。, レンタルオフィスとは、業務に必要な机やイス、事務機器などを備えたオフィスを借りるタイプです。備品をそろえる必要がないことや、短期間契約で借りることができるという点で開業に適しています。シェアオフィスのようにオフィスを共同で利用し、机や一部のスペースを占有する形態も存在します。, オフィスマンションは、マンションの一室を事務所専用として借りる形態です。開業として思い浮かびやすいのはこのタイプでしょう。礼金・敷金なども含めて一定の費用がかかります。, テナントは、市街地の大きなビルを区画に区切り、オフィスや公共施設を入居させることで利便性を高めたビルに入居する形態です。利用しやすい場所にあることや、施設が集まっていることで高い集客効果を期待できますが、費用もかなり高額となります。, 以上、司法書士を開業する際の場所選びについて解説しました。最近では、競争を避け、地元でゆとりのある生活をするために地方での開業を選択する方も多いようです。開業した後にどのような仕事がどれだけ回ってくるのかを、ある程度シミュレーションしてから開業することをおすすめします。.