彼は、山を移されるが、山は知らない。彼は怒りをもって、これらをくつがえされる。, 10 彼は心賢く、力強くあられる。だれが彼にむかい、おのれをかたくなにして、栄えた者があるか。, 5 彼は夢のように飛び去って、再び見ることはない。彼は夜の幻のように追い払われるであろう。, 9 わたしのしもべ、また、はしためがわたしと言い争ったときに、わたしがもしその言い分を退けたことがあるなら、, 14 たといわたしが、まことにあやまったとしても、そのあやまちは、わたし自身にとどまる。, 7 彼らは物言わず、立ちとどまって、もはや答えるところがないので、わたしはこれ以上待つ必要があろうか。, 19 あなたがもし知っているなら、だれがその度量を定めたか。だれが測りなわを地の上に張ったか。, 8 あなたは神の深い事を窮めることができるか。全能者の限界を窮めることができるか。, 8 彼はあなたを六つの悩みから救い、七つのうちでも、災はあなたに触れることがない。, 20 「まことにわたしは、その事のそのとおりであることを知っている。しかし人はどうして神の前に正しくありえようか。, 4 静音 みいな. 彼らは目をあげて遠方から見たが、彼のヨブであることを認めがたいほどであったので、声をあげて泣き、めいめい自分の上着を裂き、天に向かって、ちりをうちあげ、自分たちの頭の上にまき散らした。, 13 どうか神がわたしを打ち滅ぼすことをよしとし、み手を伸べてわたしを断たれるように。, 10 彼はわたしの道にかきをめぐらして、越えることのできないようにし、わたしの行く道に暗やみを置かれた。, 12 だれが、かぎでこれを捕えることができるか。だれが、わなでその鼻を貫くことができるか。, 1 王たる者に向かって『よこしまな者』と言い、つかさたる者に向かって、『悪しき者』と言うことができるであろうか。, 19 なにゆえ、その道の隠された人に、神が、まがきをめぐらされた人に、光を賜わるのか。, 25 わたしのよこしまと、わたしの罪がどれほどあるか。わたしのとがと罪とをわたしに知らせてください。, 27 それは暴力をもって、わたしの着物を捕え、はだ着のえりのように、わたしをしめつける。, 20 これはその子に無情であって、あたかも自分の子でないようにし、その苦労のむなしくなるをも恐れない。, 19 (わたしは彼の幼い時から父のように彼を育て、またその母の胎を出たときから彼を導いた。), 19 「神は生きておられる。彼はわたしの義を奪い去られた。全能者はわたしの魂を悩まされた。, 5 「知者はむなしき知識をもって答えるであろうか。東風をもってその腹を満たすであろうか。, 6 彼はおのれの糞のように、とこしえに滅び、彼を見た者は言うであろう、『彼はどこにおるか』と。, 8 皆同一である。それゆえ、わたしは言う、『彼は罪のない者と、悪しき者とを共に滅ぼされるのだ』と。, 24 ブズびとバラケルの子エリフは答えて言った、「わたしは年若く、あなたがたは年老いている。それゆえ、わたしははばかって、わたしの意見を述べることをあえてしなかった。, 7 なにゆえ、わたしは胎から出て、死ななかったのか。腹から出たとき息が絶えなかったのか。, 12 あなたはつり針でわにをつり出すことができるか。糸でその舌を押えることができるか。, 2 その日は定められ、その月の数もあなたと共にあり、あなたがその限りを定めて、越えることのできないようにされたのだから、, 6 力の争いであるならば、彼を見よ、さばきの事であるならば、だれが彼を呼び出すことができよう。, 20 わたしがもしわが富の大いなる事と、わたしの手に多くの物を獲た事とを喜んだことがあるなら、, 28 また、その夜は、はらむことのないように。喜びの声がそのうちに聞かれないように。, 8 どうか、わたしの敵は悪人のようになり、わたしに逆らう者は不義なる者のようになるように。, 11 なにゆえ、全能者はさばきの時を定めておかれないのか。なにゆえ、彼を知る者がその日を見ないのか。, 5 恐ろしい事はわたしに臨み、わたしの誉は風のように吹き払われ、わたしの繁栄は雲のように消えうせた。, 18 「あなたがたはとくと、わたしの言葉を聞き、これをもって、あなたがたの慰めとするがよい。, 4 1980年代から幸福感に関する心理学的・精神医学的な研究が盛んになってきた[20]。, 世界各地の110万人のデータを検討したマイヤースらの1996年の研究によると、2割の人が「とても幸福である」と答え、約7割の人が「かなり幸福」あるいは「それ以上」と答えていた。, 1990年のイングルハートによる分析では、ある程度以上裕福な先進諸国においては、個人の経済的裕福さと幸福感との間には関連性が見られなくなる[20]。, 統計学的に見て、幸福感に大きな影響を与えているのは、婚姻状況[21](未婚/既婚/離婚の違い)および信仰心であった(注. わたしが大衆を恐れ、宗族の侮りにおじて、口を閉じ、門を出なかったことがあるなら、, 35 幸福とはだれもが求める目標である、その特徴は、それが究極目標であること、つまりもはやそれが何かほかのものの手段にはなりえない、という点にある、と述べた[3]。 なにゆえ、わたしのとがをゆるさず、わたしの不義を除かれないのか。わたしはいま土の中に横たわる。あなたがわたしを尋ねられても、わたしはいないでしょう」。, 2 彼がもし行きめぐって人を捕え、さばきに召し集められるとき、だれが彼をはばむことができよう。, 11 わたしは寝るときに言う、『いつ起きるだろうか』と。しかし夜は長く、暁までころびまわる。, 7 たといわたしが呼ばわり、彼がわたしに答えられても、わたしの声に耳を傾けられたとは信じない。, 19 地の獣よりも多く、われわれを教え、空の鳥よりも、われわれを賢くされる方である』と。, 14 あなたは言う、『これはわたしになんの益があるか、罪を犯したのとくらべてなんのまさるところがあるか』と。, 6 これは彼の導きによってめぐる。彼の命じるところをことごとく世界のおもてに行うためである。, 13 彼の欲張りは足ることを知らぬゆえ、その楽しむ何物をも救うことができないであろう。, 21 あなたが正しくても、全能者になんの喜びがあろう。あなたが自分の道を全うしても、彼になんの利益があろう。, 4 海の水が流れいで、胎内からわき出たとき、だれが戸をもって、これを閉じこめたか。, 11 あなたはながく彼に勝って、彼を去り行かせ、彼の顔かたちを変らせて追いやられる。, 21 わたしは思った、『日を重ねた者が語るべきだ、年を積んだ者が知恵を教えるべきだ』と。, 9 だれかこの地を彼にゆだねた者があるか。だれか全世界を彼に負わせた者があるか。, 14 彼らは神に言う、『われわれを離れよ、われわれはあなたの道を知ることを好まない。, 15 あなたは野牛に手綱をつけてうねを歩かせることができるか、これはあなたに従って谷を耕すであろうか。, 11 あなたはこれをいなごのように、とばせることができるか。その鼻あらしの威力は恐ろしい。, 24 安らかな者の思いには、不幸な者に対する侮りがあって、足のすべる者を待っている。, 6 25 全能者があなたのこがねとなり、あなたの貴重なしろがねとなるならば、 26 その時、あなたは全能者を喜び、神に向かって顔をあげることができる。 27 あなたが彼に祈るならば、彼はあなたに聞かれる。そしてあなたは自分の誓いを果す。 もろもろの暗黒が彼の宝物のためにたくわえられ、人が吹き起したものでない火が彼を焼きつくし、その天幕に残っている者を滅ぼすであろう。, 2 『わたしの床はわたしを慰め、わたしの寝床はわが嘆きを軽くする』とわたしが言うとき、, 16 神がもしその霊をご自分に取りもどし、その息をご自分に取りあつめられるならば、, 16 だれか彼のためにその道を定めた者があるか。だれか『あなたは悪い事をした』と言いうる者があるか。, 24 あなたがたは今わたしにはこのような者となった。あなたがたはわたしの災難を見て恐れた。, 22 見よ、あなたがたは皆みずからこれを見た、それなのに、どうしてむなしい者となったのか。, 15 彼をしてみずから欺いて、むなしい事にたよらせてはならない。その報いはむなしいからだ。, 33 あなたの光は暗くされ、あなたは見ることができない。大水はあなたをおおうであろう。, 13 それであなたは言う、『神は何を知っておられるか。彼は黒雲を通して、さばくことができるのか。, 14 彼が大いなる事をされることは測りがたく、不思議な事をされることは数知れない。, 11 わたしの言葉はわが心の正しきを語り、わたしのくちびるは真実をもってその知識を語る。, 6 わたしのまいたのを他の人が食べ、わたしのために成長するものが、抜き取られてもかまわない。, 9 あなたは十二宮をその時にしたがって引き出すことができるか。北斗とその子星を導くことができるか。, 35 あなたは怒りに誘われて、あざけりに陥らぬように心せよ。あがないしろの大いなるがために、おのれを誤るな。, 19 からすの子が神に向かって呼ばわり、食物がなくて、さまようとき、からすにえさを与える者はだれか。, 1 彼が破壊すれば、再び建てることができない。彼が人を閉じ込めれば、開き出すことができない。, 2 このともがらはわたしの右に立ち上がり、わたしを追いのけ、わたしにむかって滅びの道を築く。, 15 あるいは地の草や木に問うてみよ、彼らはあなたに教える。海の魚もまたあなたに示す。, 9 どうぞ、思いなおせ、まちがってはならない。さらに思いなおせ、わたしの義は、なおわたしのうちにある。, 30 「ああ過ぎた年月のようであったらよいのだが、神がわたしを守ってくださった日のようであったらよいのだが。, 3 わたしは正義を着、正義はわたしをおおった。わたしの公義は上着のごとく、また冠のようであった。, 18 あなたはなお、わたしに責任を負わそうとするのか。あなたはわたしを非とし、自分を是としようとするのか。, 9 地上の人には、激しい労務があるではないか。またその日は雇人の日のようではないか。, 4 わたしは知る、わたしをあがなう者は生きておられる、後の日に彼は必ず地の上に立たれる。, 27 町の中から死のうめきが起り、傷ついた者の魂が助けを呼び求める。しかし神は彼らの祈を顧みられない。, 15 それであなたがた理解ある人々よ、わたしに聞け、神は断じて悪を行うことなく、全能者は断じて不義を行うことはない。, 11 時に、ヨブの三人の友がこのすべての災のヨブに臨んだのを聞いて、めいめい自分の所から尋ねて来た。すなわちテマンびとエリパズ、シュヒびとビルダデ、ナアマびとゾパルである。彼らはヨブをいたわり、慰めようとして、たがいに約束してきたのである。, 12 どうか、わたしの言葉が、書きとめられるように。どうか、わたしの言葉が、書物にしるされるように。, 25 ところが今、この事があなたに臨むと、あなたは耐え得ない。この事があなたに触れると、あなたはおじ惑う。, 6 彼の肉を幼な子の肉よりもみずみずしくならせ、彼を若い時の元気に帰らせよ』と。, 26 「見よ、わたしはまことに卑しい者です、なんとあなたに答えましょうか。ただ手を口に当てるのみです。, 5 わたしは語ることがあると彼に告げることができようか、人は滅ぼされることを望むであろうか。, 21 今、わたしの論ずることを聞くがよい。わたしの口で言い争うことに耳を傾けるがよい。, 7 おもちゃを咥えてステップを踏むMugiちゃん。, 踊りたくなるほど嬉しいことってどんなことだろう? Mugiちゃん、何があったのか教えてよー!! その後、声とどろき、彼はそのいかめしい声をもって鳴り渡られる。その声の聞える時、彼はいなずまを引きとめられない。, 5 わたしもあなたがたのように語ることができる。もしあなたがたがわたしと代ったならば、わたしは言葉を練って、あなたがたを攻め、あなたがたに向かって頭を振ることができる。, 5 あなたがたは言う、『彼らは水のおもてにすみやかに流れ去り、その受ける分は地でのろわれ、酒ぶねを踏む者はだれも彼らのぶどう畑の道に行かない。, 20 あなたの叫びはあなたを守って、悩みを免れさせるであろうか、いかに力をつくしても役に立たない。, 23 だれが彼に向かって、その道を告げ知らせる者があるか、だれが彼のした事を彼に報いる者があるか。, 33 どうか彼がそのつえをわたしから取り離し、その怒りをもって、わたしを恐れさせられないように。, 35 わたしはへつらうことを知らないからだ。もしへつらうならば、わたしの造り主は直ちにわたしを滅ぼされるであろう。, 3 そのむすこたちは、めいめい自分の日に、自分の家でふるまいを設け、その三人の姉妹をも招いて一緒に食い飲みするのを常とした。, 5 わたしがもし悪ければわたしはわざわいだ。たといわたしが正しくても、わたしは頭を上げることができない。わたしは恥に満ち、悩みを見ているからだ。, 16 悟りある人々はわたしに言うだろう、わたしに聞くところの知恵ある人は言うだろう、, 37 確かに、あなたはわたしの聞くところで言った、わたしはあなたの言葉の声を聞いた。, 12 幸福(こうふく、希: εὐδαιμονία 、羅: felicitas 、英: happiness )とは、心が満ち足りていること 。 幸せ(しあわせ)とも。人間は古来、幸福になるための方法に深い関心を寄せてきた。. そうしなかったならば、わたしは伏して休み、眠ったであろう。そうすればわたしは安んじており、, 16 見よ、わたしの心は口を開かないぶどう酒のように、新しいぶどう酒の皮袋のように、今にも張りさけようとしている。, 22 わたしの家に宿る者はわたしを忘れ、わたしのはしためらはわたしを他人のように思い、わたしは彼らの目に他国人となった。, 16 その明けの星は暗くなるように。光を望んでも、得られないように。また、あけぼののまぶたを見ることのないように。, 10 すべてこの事においてヨブは罪を犯さず、また神に向かって愚かなことを言わなかった。, 1 その威厳はあなたがたを恐れさせないであろうか。彼をおそれる恐れがあなたがたに臨まないであろうか。, 13 彼らはしばし高められて、いなくなり、ぜにあおいのように枯れて消えうせ、麦の穂先のように切り取られる。, 25 全能者は何者なので、われわれはこれに仕えねばならないのか。われわれはこれに祈っても、なんの益があるか』と。, 16 わたしがもし人々の前にわたしのとがをおおい、わたしの悪事を胸の中に隠したことがあるなら、, 34 幸福(こうふく、希: εὐδαιμονία、羅: felicitas、英: happiness)とは、心が満ち足りていること[1][2]。幸せ(しあわせ)とも。人間は古来、幸福になるための方法に深い関心を寄せてきた。, 幸福についての考察や、幸福であるためにはどのような生き方をすべきであるか、その方法論を提示した文章・書物は「幸福論」(eudaemonics)と呼ばれている。幸福を倫理の最高目的と考え、行為の基準を幸福におく説を幸福主義という。古典的にはアリストテレスが典型であり、近代哲学では功利主義がその典型である。, 本記事ではまず、哲学者や思想家や宗教家などによって幸福についてどのような考え方が提示されてきたのか見てゆく。→#哲学、思想、宗教における考え, その次に、近年の統計的な調査や精神医学的な調査・研究で明らかになった知見なども紹介することにする。→#統計的、精神医学的調査・研究, ソクラテスは、「生きること」以上に「よく生きること」を重視し、正しく知ることが重要であると説いた。, アリストテレスは『ニコマコス倫理学』において、 もし頭をあげれば、あなたは、ししのようにわたしを追い、わたしにむかって再びくすしき力をあらわされる。, 17 あの時には、全能者がなおわたしと共にいまし、わたしの子供たちもわたしの周囲にいた。, 12 「わたしの生れた日は滅びうせよ。『男の子が、胎にやどった』と言った夜もそのようになれ。, 4 神のみわざをほめたたえる事を忘れてはならない。これは人々の歌いあがめるところである。, 26 あなたは知っているだろう、あなたはかの時すでに生れており、またあなたの日数も多いのだから。, 23 その下腹は鋭いかわらのかけらのようで、麦こき板のようにその身を泥の上に伸ばす。, 2 見よ、たとい川が荒れても、これは驚かない。ヨルダンがその口に注ぎかかっても、これはあわてない。, 24 「もし人があなたにむかって意見を述べるならば、あなたは腹を立てるでしょうか。しかしだれが黙っておれましょう。, 5 あなたの手をわたしから離してください。あなたの恐るべき事をもってわたしを恐れさせないでください。, 22 神は天にある者たちをさえ、さばかれるのに、だれが神に知識を教えることができようか。, 27 主はサタンに言われた、「あなたはわたしのしもべヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にないことを気づいたか」。, 10 だれが先にわたしに与えたので、わたしはこれに報いるのか。天が下にあるものは、ことごとくわたしのものだ。, 12 人は伏して寝、また起きず、天のつきるまで、目ざめず、その眠りからさまされない。, 13 あなたが神にむかって気をいらだて、このような言葉をあなたの口から出すのはなぜか。, 14 サタンは主の前から出て行って、ヨブを撃ち、その足の裏から頭の頂まで、いやな腫物をもって彼を悩ました。, 9 彼は食物はどこにあるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられてあるのを知る。, 30 主はヨブの終りを初めよりも多く恵まれた。彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭をもった。, 14 彼らは人の住む所を離れて縦穴をうがち、道行く人に忘れられ、人を離れて身をつりさげ、揺れ動く。, 14 あなたは苦しみを忘れ、あなたのこれを覚えることは、流れ去った水のようになる。, 19 神がわたしの綱を解いて、わたしを卑しめられたので、彼らもわたしの前に慎みを捨てた。, 12 あなたは舌をもってむち打たれる時にも、おおい隠され、滅びが来る時でも、恐れることはない。, 24 わたしはあなたの事を耳で聞いていましたが、今はわたしの目であなたを拝見いたします。, 7 彼は正しい者から目を離さず、位にある王たちと共に、とこしえに、彼らをすわらせて、尊くされる。, 11 その家によりかかろうとすれば、家は立たず、それにすがろうとしても、それは耐えない。, 18 わたしは言ったことがあるか、『わたしに与えよ』と、あるいは『あなたがたの財産のうちからわたしのために、まいないを贈れ』と、, 23 その雄牛は種を与えて、誤ることなく、その雌牛は子を産んで、そこなうことがない。, 14 オフルの金をもってしても、その価を量ることはできない。尊い縞めのうも、サファイヤも同様である。, 17 彼は罪のない者を救われる。あなたはその手の潔いことによって、救われるであろう」。, 2 あるいは『あだの手からわたしを救い出せ』と、あるいは『しえたげる者の手からわたしをあがなえ』と。, 24 (わたしはわが口に罪を犯させず、のろいをもって彼の命を求めたことはなかった。), 31 PECO TVで動画を『もっと見る♪』, 忙しいあなたに、公式アカウントから あなたがもし言うべきことがあるなら、わたしに答えよ、語れ、わたしはあなたを正しい者にしようと望むからだ。, 33 あなたがたは、みなしごのためにくじをひき、あなたがたの友をさえ売り買いするであろう。, 29 左の方に尋ねても、会うことができない。右の方に向かっても、見ることができない。, 10 ある日、また神の子たちが来て、主の前に立った。サタンもまたその中に来て、主の前に立った。, 2 これらは悩みの時のため、いくさと戦いの日のため、わたしがたくわえて置いたものだ。, 31 あなたが拒むゆえに、彼はあなたの好むように報いをされるであろうか。あなたみずから選ぶがよい、わたしはしない。あなたの知るところを言いなさい。, 34 わたしは愚かな者の根を張るのを見た、しかしわたしは、にわかにそのすみかをのろった。, 5 あなたは変って、わたしに無情な者となり、み手の力をもってわたしを攻め悩まされる。, 23 そしてお呼びください、わたしは答えます。わたしに物を言わせて、あなたご自身、わたしにお答えください。, 23 あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。オリオンの綱を解くことができるか。, 32 わたしは神に申そう、わたしを罪ある者とされないように。なぜわたしと争われるかを知らせてほしい。, 3 全能者の矢が、わたしのうちにあり、わたしの霊はその毒を飲み、神の恐るべき軍勢が、わたしを襲い攻めている。, 8 つるぎを恐れよ、怒りはつるぎの罰をきたらすからだ。これによって、あなたがたは、さばきのあることを知るであろう」。, 2 そこで彼のすべての兄弟、すべての姉妹、および彼の旧知の者どもことごとく彼のもとに来て、彼と共にその家で飲み食いし、かつ主が彼にくだされたすべての災について彼をいたわり、慰め、おのおの銀一ケシタと金の輪一つを彼に贈った。, 12 あなたは自分の天幕の安全なことを知り、自分の家畜のおりを見回っても、欠けた物がなく、, 25 知恵の秘密をあなたに示されるように。神はさまざまの知識をもたれるからである。それであなたは知るがよい、神はあなたの罪よりも軽くあなたを罰せられることを。, 7 われわれはただ、きのうからあった者で、何も知らない、われわれの世にある日は、影のようなものである。, 11 あの時には、彼のともしびがわたしの頭の上に輝き、彼の光によってわたしは暗やみを歩んだ。, 4 「あなたはいつまで言葉にわなを設けるのか。あなたはまず悟るがよい、それからわれわれは論じよう。, 3 飼い主さんのInstagramアカウントはこちら! まことに、わたしのうちに助けはなく、救われる望みは、わたしから追いやられた。, 21 その収穫は飢えた人が食べ、いばらの中からさえ、これを奪う。また、かわいた者はその財産をあえぎ求める。, 12 エリフは彼らが皆、自分よりも年長者であったので、ヨブに物言うことをひかえて待っていたが、, 6 怒っておのが身を裂く者よ、あなたのために地は捨てられるだろうか。岩はその所から移されるだろうか。, 10 彼はすべての人の手を封じられる。これはすべての人にみわざを知らせるためである。, 12 こうして彼らは貧しき者の叫びを彼のもとにいたらせ、悩める者の叫びを彼に聞かせる。, 29 そうすれば、わたしは語って、彼を恐れることはない。わたしはみずからそのような者ではないからだ。, 1 見よ、彼らの繁栄は彼らの手にあるではないか。悪人の計りごとは、わたしの遠く及ぶ所でない。, 17 しかしヨブは彼女に言った、「あなたの語ることは愚かな女の語るのと同じだ。われわれは神から幸をうけるのだから、災をも、うけるべきではないか」。すべてこの事においてヨブはそのくちびるをもって罪を犯さなかった。, 11 あなたの手はわたしをかたどり、わたしを作った。ところが今あなたはかえって、わたしを滅ぼされる。, 9 もし、あなたに悟りがあるならば、これを聞け、わたしの言うところに耳を傾けよ。, 17 メンバーの宮舘涼太くんのお誕生日をお祝いするSnow Manに皆さんよる喜びの舞です ... @_aa___monaca. 人々はわたしに向かって口を張り、侮ってわたしのほおを打ち、ともに集まってわたしを攻める。, 12 (正しいはかりをもってわたしを量れ、そうすれば神はわたしの潔白を知られるであろう。), 7 どうぞ、わたしを陰府にかくし、あなたの怒りのやむまで、潜ませ、わたしのために時を定めて、わたしを覚えてください。, 14 ききんの時には、あなたをあがなって、死を免れさせ、いくさの時には、つるぎの力を免れさせられる。, 21 シバびとが襲ってきて、これを奪い、つるぎをもってしもべたちを打ち殺しました。わたしはただひとりのがれて、あなたに告げるために来ました」。, 16 もしわたしが金を払わないでその産物を食べ、その持ち主を死なせたことがあるなら、, 40 なにゆえあなたはわたしを胎から出されたか、わたしは息絶えて目に見られることなく、, 20 「あなたはこれを正しいと思うのか、あなたは『神の前に自分は正しい』と言うのか。, 3 しかしあなたはこれらの事をみ心に秘めおかれた。この事があなたの心のうちにあった事をわたしは知っている。, 14 これは滅びに至るまでも焼きつくす火であって、わたしのすべての産業を根こそぎ焼くであろう。, 13 つまり幸福は、それ自体のために求められる最高善であるとし、自足的で永続的な状態である、と見なした[3]。幸福が最高目標、永続的であるのに対して、実生活の具体的な活動の過程で得られる快は安定性も永続性も欠いている、とし[3]、幸福主義を唱えた。, またアリストテレスは、幸福とは、政治を実践し、または人間のプシュケー(=心、霊魂)の固有の形相である理性を発展させることであるとした。, ヘレニズム期の哲学においては、幸福について考えが分かれる二つの学派があったとされる。ストア派とエピクロス派である。, ストア派では、宇宙全体を貫くロゴスとの合一に幸福の理想が求められ[3]、理性に従い欲望を制御して、どんなことがあっても動じない状態、即ちアパテイアが幸福であるとした。, ストア派は理性に従い徳を高めることが幸福であるとする一種の主知主義の立場である、ともされる。, エピクロス派は「快楽を得ることが幸福であるとした」などとされ、快楽主義などと表現される。ただし、エピクロス自身が言っていたことは、現代人がつい思い描いてしまうような、単純に享楽を求めるような"快楽主義"ではない。, エピクロス自身は、快を「感覚的な快」と、「精神的な快」に分けて考えていた[3]。前者は生き物に共通の反応ではあるが、人間あるいは賢者にとっての幸福というのは、精神的な快であるとし、アタラクシアである、としていたのである[3]。アタラクシアとは、静かな心の平安、あらゆる苦痛と混乱を免れた精神の安定した境地のことである。 しかし、あなたがたは皆再び来るがよい、わたしはあなたがたのうちに賢い者を見ないのだ。, 14 しかもわたしの味方として見るであろう。わたしの見る者はこれ以外のものではない。わたしの心はこれを望んでこがれる。, 28 彼らは雨を待つように、わたしを待ち望み、春の雨を仰ぐように口を開いて仰いだ。, 24 しかしわたしも、あなたがたと同様に悟りをもつ。わたしはあなたがたに劣らない。だれがこのような事を知らないだろうか。, 4 淵は言う、『それはわたしのうちにない』と。また海は言う、『わたしのもとにない』と。, 16 言った、『ここまで来てもよい、越えてはならぬ、おまえの高波はここにとどまるのだ』と。, 21 「きょうもまた、わたしのつぶやきは激しく、彼の手はわたしの嘆きにかかわらず、重い。, 6 また口をもって、あなたがたを強くし、くちびるの慰めをもって、あなたがたの苦しみを和らげることができる。, 6 見よ、神はその聖なる者にすら信を置かれない、もろもろの天も彼の目には清くない。, 23 それで人はどうして神の前に正しくありえようか。女から生れた者がどうして清くありえようか。, 2 あなたがたは、なにゆえ神のようにわたしを責め、わたしの肉をもって満足しないのか。, 23 だれかわたしと言い争う事のできる者があろうか。もしあるならば、わたしは黙して死ぬであろう。, 20 わたしは彼のくちびるの命令にそむかず、その口の言葉をわたしの胸にたくわえた。, 13 「いつまであなたは、そのような事を言うのか。あなたの口の言葉は荒い風ではないか。, 6 小麦の代りに、いばらがはえ、大麦の代りに雑草がはえてもかまわない」。ヨブの言葉は終った。, 1 あなたがたがもし『われわれはどうして彼を責めようか』と言い、また『事の根源は彼のうちに見いだされる』と言うならば、, 29 わたしにどんな力があって、なお待たねばならないのか。わたしにどんな終りがあるので、なお耐え忍ばねばならないのか。, 13 あなたがお呼びになるとき、わたしは答えるでしょう。あなたはみ手のわざを顧みられるでしょう。, 17 わたしは神のみ手についてあなたがたに教え、全能者と共にあるものを隠すことをしない。, 12 かしこでは正しい人は彼と言い争うことができる。そうすれば、わたしはわたしをさばく者から永久に救われるであろう。, 9