25歳で母の大腸がん、父のパーキンソン病で介護がスタートした私の実話です。. 健康 大腸がん 20代 確率, 大腸癌 20代 遺伝. 20代で大腸がんの症状を感じることはあるのか? 大腸がんは20代の人にできることはほとんどありません。遺伝性の大腸がん(家族性大腸腺腫症やリンチ症候群)の場合は例外ですが、何らかの症状が持続するからといって20代の方が大腸がんを心配する必要性は非常に低いと考えて良いです。 大腸がんに20代でなる人はいます。大腸がんは、がんの中でも比較的高齢層が罹りやすい病気で、40代から増え始め、なりやすいのは60代以降です。20代でなる人はどれくらいなのでしょうか。そこで、大腸がんに20代がなる確率とその主な原因について紹介します。 特に健康診断が義務ではなかったので、長年健康診断を受けておりませんでした。, 今回なぜ大腸がん発覚に至ったか、本人が病院に行くきっかけとなった初期症状をご紹介します。, ストレスや疲れ、更年期障害の診断で経過観察が続き、 大腸がんは、初期症状がほとんどないことが知られています。そのため、進行して症状を自覚する前に検診を受けて早期発見することが重要です。 今回は、大腸がんの初期症状について大阪市立十三市民病院副院長の西口幸雄先生にお話を伺いました。 お願い今すぐ病院いこ!!」, 大腸がんは自覚症状があまりないと聞きます。 20代で大腸がんの症状を感じることはあるのか? 大腸がんは20代の人にできることはほとんどありません。遺伝性の大腸がん(家族性大腸腺腫症やリンチ症候群)の場合は例外ですが、何らかの症状が持続するからといって20代の方が大腸がんを心配する必要性は非常に低いと考えて良いです。 まさか自分が癌になるとは、、と思っていたそうです。, 「お母さん!お願い病院にいこ!大腸がんは早く発見すれば治る可能性が高いがんなの! 福岡市城南区七隈3-4-23092-864-1122, 福岡市 大腸カメラ・胃カメラ 内視鏡検査|まつもと胃腸内科. 大腸がんは、がんの中でも比較的高齢層が罹りやすい病気で、40代から増え始め、なりやすいのは60代以降です。, 予測では、年間およそ138,000人が罹患するとみられており、胃がんと肺がんを追い抜いて部位別がんの第1位になると予測されています。, 1%にも満たない 大腸がんに罹る世代で多いのは60代・70代で、この世代で全体の約6割を占めています。, 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎は、「炎症性腸疾患」と呼ばれていて、腸に原因不明の炎症が起きる病気です。, 潰瘍性大腸炎は、20~30代と若い世代が一番多く発症していて、大腸がんの発症リスクを高めることが分かっています。, そのため、潰瘍性大腸炎に罹っている方と過去に罹ったことがある方は、大腸がんになる可能性があります。, クローン病 クローン病も潰瘍性大腸炎と同じく、炎症性腸疾患で腸に原因不明の炎症が起きます。, クローン病は、10~20代と潰瘍性大腸炎よりもさらに若い世代で多く発症しています。, こちらも大腸がんの発症リスクを高めることが分かっているので、大腸がんに20代がなる原因となり得るのです。, 潰瘍性大腸炎、クローン病ともに家族内で発症するケースが一定の割合で見られる病気です。, 原因はわかっていませんが、このことから遺伝的なものが何かしら影響しているのではないかといわれています。, 20代で大腸がんになることは稀ですが、その原因として遺伝的な体質が関係していると考えられています。, 家族性大腸腺腫症(ポリポーシス) 家族性大腸腺腫症とは、APCというがん抑制遺伝子の先天的異常が原因で、これにより20代で大腸癌を発症してしまうことがあります。, 家族性大腸腺腫症は、10歳頃になると大腸にポリープが出来始め、加齢とともにその数が増していきます。, 大腸にできるポリープのほとんどは良性なのですが、家族性大腸腺腫症によってできるポリープは将来的に高い確率で大腸癌になることがわかっています。, なので、大腸癌を発症しにくい10代のうちに発見した場合、予防的に結腸を全摘します。, しかし、家族性大腸腺腫症の発症は自覚症状のない場合もあり、気づきにくいので、近親者にこの病気に罹った方がいるのでしたら、念のため検査を受けた方がよいでしょう。, 遺伝性非ポリポーシス大腸癌(リンチ症候群) 遺伝性非ポリポーシス大腸癌も先天的異常が原因ですが、ポリープのできないタイプです。, 大腸癌以外にも小腸癌や腎盂・尿管癌、卵巣癌、子宮体癌などを発症しやすいことがわかっています。, 遺伝性非ポリポーシス大腸癌に罹った近親者が複数いるのでしたら、念のため検査を受けた方がよいでしょう。, スピードが速い 20代のような若い人は新陳代謝が活発で、細胞分裂のスピードも速いので、大腸癌に限りらず、癌に罹った場合、その進行スピードは速いです。, 大腸癌は一般的には、癌の中では進行がゆるやかな部類に入るのですが、新陳代謝の活発な20代の若い世代の場合、通常はかなりの年数をかけて成長する腫瘍が、見る見るうちに大きくなってしまうことはよくあることなのです。, 初期症状 20代で大腸癌を普通は疑いませんが、以下のようなことが当てはまるのでしたら、一度検査を受けたほうがよいでしょう。, 大腸がんの初期症状としてみられるもの ・おならの回数が増えていて、刺激臭や腐敗臭が酷い ・トイレに入っている時間が長くなった ・いつも下痢気味である ・時々下腹部がチクチクと痛むことがある ・最近お腹に違和感がある ・前よりも疲れやすい ・前よりも食欲がない, - 大腸がん 症状まとめ; 大腸がん 症状 初期症状に気づくことが大切? 大腸がん 症状 末期のステージでの余命は? 大腸がん 症状 おならや便のにおいが変わってきた? 大腸癌 症状 腹痛も大事なサイン? 大腸がん症状【痛みを訴える腸閉塞を起こしたりする? 大腸がんの初期症状は? あらわれる可能性がある症状のなかでいえば、便秘や下痢などは大腸がんによる狭窄症状の初期にみられます。また下痢によって水溶性の便になることがあるので、便性の変化には注意したほうがよいと考えられます。 そのほかの症状(血便、腹痛など)は、進行した� がんの症状は、がんの罹患部位によって異なります。症状を見逃してしまい、他の部位に転移してしまうと、大事に至ってしまったりすることも十分に考えられます。今回は主ながんの部位ごとに、症状について解説します。 大腸がんを初期症状で発見できるでしょうか?実は早期大腸がんにはほとんど症状がありません。進行して下痢・便秘などが出ることもありますが、似た症状はほかの病気で出ることもあり、症状だけで大腸がんを確実に見分けることはできません。大腸がんの早期発見には便潜血検査が役に立ちます。, 大腸がんに初期症状と言えるものはほとんどなく、自覚できる症状が出たときにはある程度進行している場合が多いです。, 早期大腸がんにはほとんど症状がありませんが、少し進行してくると上の症状を自覚することがあります。進行してから出る症状なので、症状をチェックしても大腸がんの早期発見につなげるのは難しいと言わざるをえません。, 大腸がんは20代の人にできることはほとんどありません。遺伝性の大腸がん(家族性大腸腺腫症やリンチ症候群)の場合は例外ですが、何らかの症状が持続するからといって20代の方が大腸がんを心配する必要性は非常に低いと考えて良いです。, 遺伝性の大腸がんを疑うべき状況については「大腸がんの年齢別罹患率と死亡率とは?」で説明しています。, 高齢者であっても早期大腸がんは症状が出にくいです。しかし、進行していけば症状は出やすくなります。下痢や血便、便秘などが出やすい症状になりますが、特に高齢者で気を付けなければならないのは腸閉塞です。, いつもはホースのような構造をしている腸管の中を流れている食べ物や飲み物が、何らかの影響を受けてうまく流れなくなることを腸閉塞と言います。高齢者は腸閉塞になりやすいので注意が必要です。急に以下の症状が出てきたら注意してください。, いつも下痢がちの人が下痢をしてもさほど心配は必要ありませんが、突然上の症状が現れて持続する場合は、大腸がんも考慮して検査を受けることになります。, 便が細くなる、下痢・便秘といった症状は、主に直腸がん、下行結腸がんで見られる症状です。, 大腸がんによる血便や下血(げけつ)は、痔(内痔核、外痔核、裂肛など)と間違えられることもあります。自分で見分けるのは難しいので、痔の出血と思っても一度は専門家に相談する必要があります。, がんのできる部位や進行度合いによって、現れる症状は異なります。硬いしこりに触れるのは上行結腸がんや横行結腸がんで現れやすい症状です。, 便秘や下痢が大腸がんの症状として現れることはあります。しかし、便通の異常を症状とする病気としては、大腸がんではなく次の可能性もあります。, これらはあくまで一部の例です。便通の異常があっても大腸がんとは限らず、ましておならが出るだけで「大腸がんかもしれない」と考えるのは合理的とは言いにくいです。, 大腸がんによる痛みを「腰痛」と感じることは多くはありません。腰の骨や筋肉が原因の腰痛を除き、腰のあたりが痛くなることがある病気と、それぞれで出やすい症状の例をいくつか挙げます。, これらはあくまで一部の例で、実際に腰のあたりの痛みの原因を見分けるには多くの病気を考える必要があります。, 通常は初期の大腸がんで発熱することはありません。がんが進行すると全身をむしばむこととなり、発熱が起こる場合もあります。, しかし、発熱は大腸がん以外でも起こります。風邪でも発熱しますし、骨折でも発熱は起こります。そのため、発熱したから大腸がんを疑うということはありません。症状や生活の状況から総合的に大腸がんを疑います。, しかし、貧血が起こったら大腸がんがあるということは決して多くありません。貧血はその他の多くの病気によって起こりうるのです。貧血を起こす主な原因は以下になります。, これ以外にも貧血の原因となる病気はいろいろ考えられます。貧血が見られた場合は、大腸がんのことも頭に入れつつ、むしろほかの病気を考えたほうが良いかもしれません。, なお、ここで言う「貧血」とは、血液の中で酸素を運ぶ物質(ヘモグロビン)が少なくなっている状態を指します。めまい・ふらつきの症状は、貧血が原因になっていることもありますが、貧血とは関係ない場合もあります。, 大腸がんが進行して大きくなると、上に挙げた腸閉塞などによる症状が出やすくなります。悪液質と呼ばれる食欲不振や体重減少などの症状が出る人もいます。しかしかなり進行していてもほとんど症状がない場合もあります。大腸がんと診断されたあとでも、「これまでなかった症状が出たから末期がんではないか」と考えるのは必ずしも正しくありません。, ステージとはがんが進行している度合いのことです。進行度が低いステージ0から進行度が高いステージIVまでに分類されます。, 大腸がんのステージは、浸潤の度合い(T因子)、リンパ節転移の数(N因子)、遠隔転移の有無(M因子)によって決めます。詳しくは大腸がんのステージ分類についてのページで説明しています。, 40歳以上で大腸がんが心配な人には、検診を受けることをおすすめします。40歳未満であれば大腸がんが発生する確率は非常に低いので、あまり心配は要りません。, 「有効性評価に基づくがん検診ガイドライン」では、「40歳以上に死亡率減少効果を認める」として、便潜血検査(免疫法)を推奨しています。, 便潜血検査は手軽にできて、かつ性能の高い検査です。便潜血検査によって大腸がんを早期に発見できることがあります。, 便潜血検査は、便の中に含まれる血液の成分に反応します。大腸がんの表面はもろいため、便が通るときに簡単に出血します。目で見てもわからない量ですが、検査で検出できます。血液の成分が便に混ざっていれば大腸がんの可能性あり(陽性)と判定します。, 検査には専用の検査キットを使います。便の表面をこすってキットに含まれている容器に取り出し、検査に提出します。, 検診を受ける人の大半は、実際には大腸がんがありません。そのため、たとえ便潜血検査で陽性の結果が出ても、さらに検査をすると「大腸がんはない」と判断されることが多いです。しかし、便潜血検査の結果が陰性だった人に比べると大腸がんがある確率は高いと言えます。このようにさらに検査を進めるべきかどうかを判断するために、簡単にできる便潜血検査は役に立ちます。, 大腸の粘膜にできるがん。国内のがん患者数がもっと多く、死亡者数も女性において原因の1位, 同じ "バファリン"でも主成分が違う?「大人用」と「子供用」の違いに要注意〔アスピリンシリーズ①〕, 子どもの「風邪症状」にどう対応する?インフルエンザや新型コロナ感染症との違い&適切な予防法とは, 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新情報まとめ:患者数(感染者数)、死亡者数、気をつけるべき点など(2020年11月14日更新), 胃粘膜に傷が。「ストレスで胃が痛い」と感じたら知っておきたい病気、AGMLと胃潰瘍とは?, 本サービスにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。, 大腸がんのステージ別治療法はどうやって選ぶ?治療方法を選ぶ際に参考となるフローチャート, 大腸がん治療の副作用などによる嘔吐に対する薬剤:吐き気をうまくコントロールするために, 大腸がんで転移・再発が起きたらどんな治療法がある?手術はできるのか?抗がん剤は使えるのか?, 大腸がんの手術後に使うストーマ(人工肛門)とは?どういった時に作るのか?日常生活における管理方法について, 大腸がんの手術後に行う化学療法(補助化学療法について):用いる抗がん剤(レジメン)について. 便が細くなったり、出にくくなったり、、というのを母もあまり気にしてなかったようです。, あの時こうしていれば、、、と後悔が押し寄せて今でも泣き叫びたくなり、本当に苦しいです。, 皆さまもどうか健康診断を受けたり、 のほほんな性格のOL。 3. 痩せても、「はいらなかったジーパンがスラっと履けて嬉しい!」と、 もちろん20代や30代の人でも大腸がんや直腸がんができる事もあります。十代20代の人達でも粘血便・下痢などの症状が2,3日続く様でしたら、コロノスコープ検査を受けるべきです。がんやポリープがなくても炎症性や感染性の病気を疑わなくてはなりません。 なかでも「大腸がん」は、日本のがん死亡数の上位に入る疾患です。2015年に発表された厚生労働省の「人口動態統計月報年報」によると、がんのなかでも死亡数が多い部位は、「大腸」が女性で1位、男性で3位でした※。, このように多くの方の命にかかわる大腸がんですが、その症状はわかりにくく、なかなか発症に気付かない方も多くいらっしゃいます。具体的に大腸がんではどういった症状があらわれる可能性があるのでしょうか。大腸がんの治療に詳しい国家公務員共済組合連合会 横須賀共済病院 外科 医長 諏訪宏和先生に解説いただきました。, 大腸がんは、症状があらわれにくいといえます。初期ではご自身では発症に気付かない方も多いです。また症状があらわれている場合には、すでに進行した大腸がんであることが多いと考えられます。, そのため大腸がんの発症に気付くためには定期的な検診が重要です。無症状であるにもかかわらず大腸がんと診断された患者さんは、「まさかがんだったとは」と驚かれる方もいらっしゃいます。そうしたケースもあるからこそ、大腸がん検診を定期的に受けて発症を見逃さないことが大切です。, 大腸がんの症状のあらわれ方は、大腸のどの部位にがんがあるかよっても異なります。特に「上行結腸」など口側の部位にできたがんの場合には、症状があらわれにくいケースが多いです。, 上行結腸は肛門までの距離が長いです。そのため上行結腸がんから出血があっても、肛門に至るまでに腸内容物と混合してしまいます。その結果、出血や血便がわかりにくくなります。, またがんができたことで大腸の内腔が狭くなった(狭窄が起きた)場合でも、上行結腸のあたりでは便がまだ水分を多く含んだ状態のため、便が詰まることは比較的少なく、便秘やお腹の張りといった症状はあらわれにくくなります。, こうしたことから大腸のなかでも口側(より小腸に近い部位)に位置する「上行結腸」は、大腸がんの症状があらわれにくいです。一方で、大腸のなかでも肛門側にある「S状結腸」や「直腸」のがんは、比較的肛門に近い部分ですので、血便や便秘などの症状があらわれやすくなります。, あらわれる可能性がある症状のなかでいえば、便秘や下痢などは大腸がんによる狭窄症状の初期にみられます。また下痢によって水溶性の便になることがあるので、便性の変化には注意したほうがよいと考えられます。, そのほかの症状(血便、腹痛など)は、進行した大腸がんで出現する可能性があるものです。, がんから出血があると、便に変化がみられる場合があります。たとえば便の色が黒っぽい、または赤っぽくみえる黒色便・紅色便や、便表面に血液が付着する血便がみられます。また、がんによって大腸の内腔が狭くなると、腹痛、便秘、下痢などがあらわれます。, そしてがん腫瘍が大きくなると腸閉塞(がんによって大腸の内腔が閉塞されてしまうこと)が引き起こされます。腸閉塞になると腹部膨満感、嘔気・嘔吐といった症状があらわれます。, またがんからの出血や栄養の吸収不良などにより、全体倦怠感や体重減少などの症状もみられます。, ステージごとの症状を示すことは難しいと考えられますが、進行した大腸がんでは出血がみられるようになり、がんの大きさも大きくなることから腸閉塞が起こりやすくなります。こうした症状があらわれるときには、進行性の大腸がんの可能性も考えられるといえるでしょう。, 腹痛は、急性腸炎、骨盤腹膜炎、潰瘍性大腸炎といったさまざまな疾患でみられます。そして排便時の出血や血便は、痔や大腸ホリープ、炎症性腸疾患といった疾患でもみられます。, 大腸がんだけにあらわれる症状というものはなく、症状から大腸がんに気付くことは難しいと考えられます。何らかの症状があらわれたときには医療機関を受診し、検査を行うことが必要です。, 大腸がんは、進行すると大腸以外の臓器へ転移していきます。これは「遠隔転移(えんかくてんい)」とよばれます。がんが転移すると、それぞれの臓器で症状があらわれる場合があります。しかし、症状からがんの転移に気付くことは、まれです。, (大腸全体, C~Rb, 症例数25,612, 大腸癌研究会・全国登録 2000 ~ 2004 年症例), このデータからわかるように、大腸がんが転移しやすい臓器は「肝臓」で、つぎに転移しやすい臓器は「肺」です。, 大腸から流れ出る血液(静脈血)はまず肝臓に集まり、そのあと肺へと送られるため、大腸がんが転移する臓器は肝臓、肺の順で多くなります。肝臓に転移した場合、進行例ではたとえば黄疸、痛みなどがあらわれます。また肺に転移した場合には進行例で咳、たん、発熱、呼吸困難、痛みなどの症状があらわれます。, しかし先ほどもお話したように有症状の転移はほとんどないと考えられます。手術後の患者さんであれば多くの場合、定期的な画像検査によって転移があきらかになります。, 日本外科学会 外科専門医日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医, 専門は下部消化器疾患。信州大学医学部卒業後、横浜市立大学附属病院などを経て、現在は横須賀共済病院にて大腸の腹腔鏡手術を中心に診療を行っている。直腸がんに対してはロボット手術も導入。, 内科血液内科外科精神科神経内科脳神経外科呼吸器外科腎臓内科心臓血管外科小児科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科歯科歯科口腔外科麻酔科呼吸器内科循環器内科緩和ケア内科消化器内科糖尿病内科内分泌内科脳神経内科病理診断科, 横須賀共済病院 化学療法科 部長/呼吸器内科 医長、東京医科歯科大学 呼吸器内科/非常勤講師, 本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。, なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。, まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。, 「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。, 「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。, お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。, 本サービスにおける医師・医療従事者などによる情報の提供は診断・治療行為ではありません。, 本サービス上の情報や利用に関して発生した損害などに関して、弊社は一切の責任を負いかねます。. 受診された病院でなかなか症状が改善されない場合は、他の病院を受診されていろんな角度から検査されることをお勧めいたします。, おちゃっぴぃと申します。一人っ子。 大腸がんの初期症状は? あらわれる可能性がある症状のなかでいえば、便秘や下痢などは 大腸がん による狭窄症状の初期にみられます。 また下痢によって水溶性の便になることがあるので、便性の変化には注意したほうがよいと考えられます。 母はスーパーで週3~5日パートタイム労働者の契約で働いておりました。 特に女性は便秘の方も多く、母も便秘体質だったので大腸がんの特徴でもある、 病院の先生が一度内視鏡検査受けてみることをお勧めしてくれました。, 内視鏡検査なので、本人も怖い気持ちもあり渋っていたようですが、 大腸がん 初期症状 20代や30代でも起こる場合がある? 大腸がん 初期症状のまとめはこちら 早期発見が大切な大腸がんですが、早期発見するにはどの ような初期症状に気をつければいいのでしょうか? 母の大腸がんが見つかるまでの初期症状をまとめております。 大腸がんだと確約できる症状はなかなかなく、気づいたときには治療方法が限られた状態でした。もっと早く気づけばと何度も後悔しておりま … 大腸がんは、初期症状がほとんどないことが知られています。そのため、進行して症状を自覚する前に検診を受けて早期発見することが重要です。 今回は、大腸がんの初期症状について大阪市立十三市民病院副院長の西口幸雄先生にお話を伺いました。 All Rights Reserved. なかなか原因が特定できなかったので、ようやく大腸内視鏡検査を受けることになります。, 本人は微熱が続いていても「大丈夫よ~これくらい!」とあまり病院にいきたがらず、 ±åˆ¤æ–­ã›ãšã€ãã¡ã‚“とした検査を受けておきましょう。特に40歳を過ぎて便秘や下痢を繰り返したり、血便があったら、一刻も早く大腸がん・大領カメラの検査を受ける必要があります。, もちろん20代や30代の人でも大腸がんや直腸がんができる事もあります。十代20代の人達でも粘血便・下痢などの症状が2,3日続く様でしたら、コロノスコープ検査を受けるべきです。がんやポリープがなくても炎症性や感染性の病気を疑わなくてはなりません。炎症性の病気の中に潰瘍性直腸・大腸炎やクローン病(顆粒性大腸・小腸炎)などがあります。これらの病気はコロノスコープ(大腸カメラ)検査で比較的容易に診断が下されます。, まつもと胃腸内科 大腸がんに20代でなる人はいます。大腸がんは、がんの中でも比較的高齢層が罹りやすい病気で、40代から増え始め、なりやすいのは60代以降です。20代でなる人はどれくらいなのでしょうか。そこで、大腸がんに20代がなる確率とその主な原因について紹介します。 Copyright© 大腸がん末期の症状は? がんが末期になると積極的な治療は難しく、以前のような日常生活が送れなくなってしまいます。初期の大腸がんであれば、症状はぜんぜんないか、下痢や便秘程度の症状しか出 … 大腸がんは、初期症状がほとんどないことが知られています。そのため、進行して症状を自覚する前に検診を受けて早期発見することが重要です。, 今回は、大腸がんの初期症状について大阪市立十三市民病院副院長の西口幸雄先生にお話を伺いました。, 大腸がんには、初期症状がほとんどありません。大腸がんの主な症状は、大腸がんとそこを通過する便がこすれることによって生じてきます。, たとえば、大腸がんによる腹痛や張り、便が細くなるなどの症状は、がんがある程度大きくなって便が通りにくくなることから引き起こされます。そのため、便潜血検査や大腸内視鏡検査などの検査を受けなければ初期の大腸がんは基本的に見つかりにくいです。便潜血検査では、便に潜出血という肉眼では見えない微量な血が混ざっていないかを調べることができます。, 40歳になったら検診などで定期的に便潜血検査を受けて、自覚症状が出る前の段階でがんを発見することが大切です。, 大腸がんは、腸の右側(大腸の始まり)か左側(肛門に近いほう)にあるかで症状が変わってきます。左側にがんができている場合、初期症状として血便がみられることがあります。, 通常、便は右側の大腸にあるときは液状で、左側に行くにつれて固形になります。右側の大腸にがんがある場合、がんがある程度大きくなっても便は液状のためつまることなく通って行きます。その結果、右側の大腸にできたがんは、進行した状態で発見されることが多い傾向にあります。, 一方で、左側の大腸にがんができていると、便が固形になっているためこすれて出血が起こりやすいです。そのため、初期のがんでも左側の大腸にできている場合は、初期症状として血便がでる可能性があります。, 患者さんが「いつもの痔だろう」と思っているうちに、大腸がんの発見が遅れることがあります。出血が続くとき、特に排便時ではないのに血だけが出てくる場合は、大腸がんの可能性があるため受診してください。, ときどき「がんでは黒い血や便が出る」と考え、赤い出血や血便は、がんではなく「痔」だと捉えている患者さんがいます。しかし、がんでも、肛門近くであれば基本的に出血は赤い色をしています。血の色だけで自己判断しないようにしましょう。, 腹痛やお腹の張り、便秘や下痢の症状は、初期症状ではあまりみられません。このような症状がでた場合は、進行がんが見つかることが多いです。, いくつかの遺伝性の大腸の病気や、炎症性腸疾患、また高脂肪食が大腸がんの発生にかかわっていることがわかっています。以下の方は、大腸がんになりやすいため注意が必要です。, 患者さんの2人に1人が40歳代までに大腸がんになります。検査や治療をしなかった場合は、ほぼ100%大腸がんを発症すると考えられています。そのため、20歳くらいから年に1回大腸内視鏡検査を受けてください。, 家族性大腸腺腫症は優性(顕性)遺伝する病気です。そのため、子どもがいる患者さんには、子どもが高校卒業する頃など分別がついたとき、この病気について話をして、検査を受けさせたほうがよい旨を伝えています。そして、診断後は病気についてよく説明したうえで、大腸がんを防ぐために20歳代で予防的大腸切除術を受けるようにすすめています。, 家族性大腸腺腫症と同様に優性(顕性)遺伝のため、リンチ症候群の場合も子どもには伝えておくことが望ましいです。, 家系内で、右側大腸にがんができた方、50歳以下の若さで大腸がんになった方、大腸がん以外に子宮体がんや卵巣がん、胃がん、小腸がんなどが発生した方がいる場合はリンチ症候群の可能性があります。また、リンチ症候群と診断された場合は、20歳代など若い年齢の方も毎年大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。, 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に慢性的な炎症が起こる病気です。潰瘍性大腸炎が長期にわたると、大腸がんが発生するリスクが高くなります。, 遺伝するかは2018年7月時点ではわかっていませんが、家族歴が認められる患者さんもいます。遺伝的な要因だけではなく、環境要因などほかのさまざまな要因が関わって発症すると考えられています。, クローン病は、口腔内から大腸まで消化管の至るところに慢性の炎症や潰瘍を起こす病気です。クローン病にかかっている期間が長くなるにつれて、大腸がんになるリスクが高くなります。, 潰瘍性大腸炎と同様に原因は明らかになっておらず、遺伝的な要因や環境要因などによって炎症が起こると考えられています。, 脂肪の中でも特に動物性脂肪の摂取が多いと、大腸がんのリスクが高まることがわかっています。当たり前のことかもしれませんが、肉だけに偏ることなく野菜や果物などで食物繊維を摂り、バランスのよい食生活を心がけましょう。, また、がん化する可能性のある大腸ポリープは、運動選手には少ないというデータが多数報告されています。食生活と同様、適度な運動も大事です。, 厚生労働省は、40歳以上の方を大腸がん検診の対象としています。しかし、特に遺伝的要因でリスクが高いと考えられる方は、20〜30代と若くても大腸ポリープができるため、20歳くらいから検査を始めることが望ましいです。大腸ポリープは、見つけ次第切除する必要があります。, 当院では大腸がんになるリスクが高いと判断された方には、毎年大腸内視鏡検査をすすめています。, まず、大腸がんは患者数の多い病気ということを認識していただきたいです。大腸がんは、男性であれば11人に1人、女性であれば14人に1人の割合でかかる病気です。私も大腸がんになった患者の1人です。, 繰り返しになりますが、大腸がんは初期症状がほとんど出ないという特徴があります。症状が出る前に、助かるうちに見つけて治療しなければなりません。早期発見するためには、毎年便潜血検査を受けることが何より大事です。, 本サービスにおける情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず適切な医療機関を受診して下さい。.