打ち上げ花火が歌詞に入ってる歌ってなんて歌なの? 4. 焦る僕 解ける手 離れてく君 僕の使命だなんて そう思ってた ”突然ふいに鳴り響くベルの音 僕らは何処にいたとしてもつながっていける, ”改札の前 つなぐ手と手 君がどこに行ったって僕の声で守るよ”, 抱きしめながら、どんなことがあろうと君を守るからという想いを込めたのかもしれません。, ”君が僕の前に現れた日から 歌を歌うときに表現力を高めるためには、自分がその歌詞の意味を考えて自分なりに解釈するということがよく言われています。, ということで今回から、カラオケで人気の曲を中心にその曲の歌詞を僕なりに解釈して、表現力を高めていこうと思います。, あくまでこのブログに書いていくのは僕なりの解釈なので、本当は違う意味かもしれませんし、みなさんと解釈が違うかもしれません。(むしろ違うことの方が多いかもしれません), しかし、一番大事なのは根幹にある感情が伝わるのが大事だと思うので、細かい解釈の違いは気にしなくていいでしょう, 例えば、今回の「奏(かなで)」という曲は「別れ」「悲しい」といった根幹の感情が伝われば、どんな別れであっても良いということです。, あと、歌詞自体はJASRACの著作権の関係で個人ブログには載せられないということなので、正しい歌詞自体はみなさんで別のサイトを見ながらこの記事を読んでください!, 「恋人同士の別れ」「友達との別れ」「親子の別れ」など色々な解釈があるとおもいますが、僕は「教師と生徒の別れ」という意味で捉えようと思います。, 教師と生徒の関係性では手を繋いだり、抱きしめたりするのは少々行きすぎているかもしれませんが、地方の高校で生徒が東京の大学に進学する時の別れというのがこの曲の歌詞の随所に散りばめられているような気がします。, 本来は嬉しいことだし、卒業したらどちらにせよ会わなくなってしまうのに、生徒が遠い町へ行ってしまうと思うと、胸が苦しくなる。, もちろんこれは高校時代に付き合っていた恋人の一方が東京の大学へ進学してしまうというような情景でも当てはめられますね。, 僕は塾講師というバイトをしているので自分が教師という立場で、生徒のことを思うというのが一番イメージしやすいと思ったので、このような解釈にしました。. すすめる。差し上げる ふたりはいつもどんな時もつながっていける”, どんなに時が経とうとも、この歌があればあの日のことを忘れないでいれるようにとこの歌を作ったそうです。, そういう変わらない今の気持ちを形にしたいと思ったのではないでしょうか。 たとえばそこにこんな歌があれば To see this page as it is meant to appear, please enable your Javascript! 焦る僕 解ける手 離れてく君 重ねた日々が ほら 導いてくれる, 君が大人になってくその時間が 奏でる。演奏する 世界に一つだけの花の歌詞はこんな意味の歌だった? スピッツの名曲の1つである「楓」。今回は歌詞の意味について、どのような解釈ができるのか全文を通して考察していきたいと思います。冒頭から歌詞を見ていくと、君との思い出を歌った曲だと分かりますが、全体の曲調は明るいものではなく暗めですよね。 重ねた日々が ほら 導いてくれる”, これからもずっと一緒にいれると勝手に勘違いしていたのに、離れ離れになることが悲しくてたまらないのかもしれません。, ”君が大人になってくその時間が Copyright © 2017-2020 癒されマンタ! All Rights Reserved. 最後に何か君に伝えたくて うまく笑えずに君を見ていた”, 気持ちでは笑顔で送ろうと、昨日も想像していたのに、いざ見送る時になると笑顔なんて全然出てこないようです。, ”君が大人になってくその季節が See instructions, 腕時計欲しい!今話題の人が付けてる腕時計はやっぱりかっこいい!〜そこにはセンスが集まっている。安いものもありましたよ!, 【考察】「鬼滅の刃」が面白い理由はどこにあるのか?〜発明級のアイデアがそこにはあった!, 【コロナウイルス問題考察】GW(ゴールデンウィーク)明け、どうする?8千万人が月に2,000円寄付するだけで貧困者を救える!?. うまく笑えずに君を見ていた, 君が大人になってくその季節が 何もかもが違くみえたんだ 歌詞の意味を考えて表現力を伸ばすシリーズ. 楓の歌詞をそのままブログに載せてしまうと 著作権的にまずいことになりますので、 スピッツの楓のカバーをした動画を載せておきます。, ちなみにスピッツの歌詞は基本的には 聴いている人の解釈に任せるということで 明確な答えは存在しません。, 恋人と別れたけれど時間が経ち 本当に大切なのは別れた恋人だと気づき、 再び恋人とよりを戻そうとする歌, 確かに過去の恋愛の要素もありますが、 学校(おそらく大学)を卒業して社会へ出た という要素も含まれてるように感じるのです。, 「かわるがわるのぞいた穴~」というのは 学生生活で進路を色々考えていたようにも取れますし、, 「他人と同じような~」というのも 社会に出て会社で安定した生活をする というふうにも取ることが出来ます。, そして「僕のままで~」というのは 社会生活の中で自分がどこまで変わらずにいられるか? ©Copyright2020 Brilliant Magical Box.All Rights Reserved. 米津玄師「アイネクライネ」歌詞の意味を考察. たとえばそこにこんな歌があれば ※GDPR(EU一般データ保護規則)対象国から歌ネットをご利用いただくことができません。. Copyright (C) 2020 気になる情報がここにあります All Rights Reserved. スポンサーリンク(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); ここで一般的に広く言われている解釈としては、「君」=「恋人」という捉え方が多いと思います。, なぜなら、君が笑ってくれることで私の心のトゲ(=イライラした感情、尖った暗い感情など)が小さく丸くなっていく…とあるからです。, では、「君」=「恋人」以外の捉え方はできないのか?と言われると、そうではありません。, 【心のトゲ】さえも笑い飛ばしてくれるような存在で、お互いにちょっかいをかけ合えるような【いたずらなやりとり】を繰り返してきた友達。, こういった解釈に正解というのはありませんが、色々な捉え方ができるのもスピッツの魅力の1つですよね。, まずは【かわるがわるのぞいた穴】という部分ですが、あなたはどのような穴を想像されましたでしょうか?, 私は「望遠鏡の穴」、もしくは「紙を筒状にくるくる巻いて作った穴」だと想像いたしました。, というのも、歌詞の中に【何を見てたかなぁ?】とあることから、同じ穴をのぞいていたとしても共通の対象物を見ていた訳ではないことが伺えます。, 仮に同じ風景を眺めてみたとしても、君が見ていたのは偶然飛んでいた鳥だったかもしれないし、面白い形をした雲だったかもしれない。, 君が「あっ!あそこに〇〇がいる!」とか「綺麗な△△がある!」とか言わなければ、何を見ていたか自分には分からないですよね。, どちらも冒頭部分の【忘れやしないよ】に関係いたしますし、【かわるがわるのぞいた穴】とあるので、君が穴をのぞいている時、自分はそんな君の姿をみていた…と考えるのが自然ではないでしょうか?, 【一人きりじゃ叶えられない夢があったけれど さよなら…】であれば、一人きりのままですし、叶わない夢も叶わないままです。, 【一人きりじゃ叶えられない夢があったけれど…(君と二人だったら叶えられる気がしたんだ)】, ここで、君の「さよなら」という言葉を最後に別れてしまったことが明らかになりますが、この別れが「普通のお別れ」か「死別」かどうかは解釈が分かれるところですよね。, 公式から明言されていない以上、どうしても推測になってしまうのですが、仮に「普通のお別れ」だとしたら君の声を【抱いて歩いていく】ことまでするでしょうか?, この場合、【一人きりじゃ叶えられない夢】を叶えられるほどの魅力を持つ君から「さよなら」という言葉をきっかけに別れてしまったことで、心に深い傷を負い、それを背負いながらこれからも歩いていく、という解釈であれば説明はつくでしょう。, ただ、この解釈で進める上で注意しなければならないのが、(別れた理由は明らかにされていませんが)君の方から僕に「さよなら」と切り出してきた点と君が生きている点になります。, また、これに続く歌詞の【僕のままでどこまで届くだろう】の意味が分かりづらくなってしまうため、曲解する必要が出てきてしまいます。, 分かりやすく整理するために「さよなら」の部分から上述した意味で通して考えてみると、以下のようになります。, 文脈の流れを考えると最後の「届く」という表現は、「僕のままで(未来に)届く」という解釈をして、「生きていく」というニュアンスに近くなるかな…と思いました。, 大切な君が亡くなる最期に残してくれた言葉が「さよなら」であれば、その言葉を抱いて歩いていくのも、歌詞の通りに理解できますからね。(もしくは、亡くなってしまった君に対する僕の言葉が「さよなら」だとしても、「君の声を抱いて歩いていく」の部分にしっかり繋がります。), また、避けられない別れであったことを考えれば、冒頭部分の「忘れやしないよ」という言葉もより一層深く響くのではないでしょうか。, 続く【僕のままで どこまで届くだろう】の部分ですが、この場合だと、君と僕を対比させているようにも考えられます。, つまり、君は天国という遠いところへ旅立ってしまったけど、僕はまだこの世界で生きている、というカンジですね。, このように考えることで、【僕のまま】という表現もその言葉のまま理解することができます。, ※蛇足かもしれませんが、上述した「普通のお別れ」の場合にこちらの解釈を当てはめた場合、「もし生きているんだったら、電話かメールなどでその気持ちを伝えることはできないの?」と個人的に思ってしまったので、別の解釈をしました。, それは【君と合う日まで】とあることから君そのものに関することで、今では懐かしい言葉(聞かなくなった言葉)とあります。, ところで、1番の冒頭では「君」が誰なのかについて「恋人」か「気の許せる友人」の可能性を挙げましたが、どちらであるかによってこの部分の意味合いも変わってきてしまいますよね。, 仮に前者の場合でしたら「愛、愛情、愛している」といった言葉が思い浮かびますし、後者の場合でしたら「親友、友情」といった言葉が思い浮かびます。, しかし、君と別れてしまった今では、君に代わる存在はなく、それらの言葉も「懐かしい言葉」になってしまったと考えられます。, これに続く歌詞に【ガラスの向こうには水玉の雲が散らかっていたあの日まで】とありますが、ここには2つの意味が隠されていると推測しました。, 「水玉の雲」について調べてみると、巻積雲という言葉が見つかります。これは秋に見られる雲の一種で、俗称では「うろこ雲、いわし雲、さば雲」とも言われておりますね。, 上記の歌詞を【水玉の雲が】のところで文を切ると、【散らかっていたあの日まで】という文が残ります。, この部分だけに焦点を当ててみると、何かに熱中できることもなく、ほとんどが中途半端で散らかっていた日々を過ごしていた様子が伺えます。, 魂という漢字をわざわざ、「タマシイ」とカタカナで表記している点については、恐らく1つの意味だけではなく、複数の意味を持たせているからなのでは…と考えました。, 1番の曲のサビの解釈として「死別」の可能性を挙げましたが、その場合で当てはめてみると、この部分は君と僕の両方の視点から描かれている歌詞という風に思えませんでしょうか?, のように解釈すれば、【君と出会った日】からの僕と君の感情を表しているようにも考えられます。, 深読みしてしまうと悲しくなってきてしまうのですが、最期の「のに」という表現の後ろには反対の内容の言葉が続きます。, 【これから】というのが、君とお別れしてしまった後のことを指しているのは分かりやすいのですが、その後の解釈が少し迷いました。, 【傷ついたり 誰か 傷つけても】とありますが、人と関わって生きていく以上、(心もとない言葉などで)傷ついたり傷つけてしまったりする場面は想像できますよね。, ただそういった経験を積んでいくということは、過去の自分と未来の自分が、必ずしも同じ自分ではないことも意味します。, 極端な例を出せば、18歳の頃の自分と60歳になった時の自分は全く同じかどうか…という例を考えて頂ければ分かりやすいかと思います。, では、この内容に続く【僕のままで どこまで届くのだろう】という歌詞は、どう解釈するのが自然でしょうか?, 【どこまで届くのだろう】というのは、行き先を「未来」と考えれば「どこまで生きていけるだろう」という解釈になりますし、「君のいるところ(天国)」と考えれば意味はそのままで、暗に「君の後を追うことを考えている」ような捉え方もできます。, 本来の瞬きは一瞬のハズですが、ここでは【長い季節】と表現していることから、現実の世界ではない可能性も考えられますね。, 仮にそのように考えた場合、その世界で【呼び合う名前がこだまし始める】のも理解しやすいかもしれません。, 「もう上記の解釈だけでいいや」とも思ったのですが、現実的な解釈も紹介しておきます。, そして、この季節(秋)になるたびに、僕の記憶ではお互いに呼びあった名前がこだまし始めるんだ。, 最期の大サビで「ハッ…!」と気付かされますが、最初の「さよなら」は君の言葉だったはずですよね。(もしくは、僕が君に言った最期のお別れの言葉であった可能性もあります。), 仮にその言葉を抱えながら「君のいるところ(天国)」まで歩いていくと考えたら、少し違和感が残りませんでしょうか?, 君に会いたいという思いから後追いを考えるのに、「さよなら」という言葉は抱いて行きたくないですよね。(もしくは、僕から「さよなら」とお別れを告げた直後に、自ら会いに行こうとするのも少しおかしい気がします。), 歌詞を繰り返しているのは、君がいないのは辛いけど君の分まで頑張って生きていくよ…という僕の気持ちを強調しているのではないかという風に考えました。, 私の解釈は、「大人になる青年がこれまでの少年である自分へ別れを告げる新たな旅立ちの歌」というものです。, 少年の時考えていたことや憧れを抱きながらも、簡単ではない大人の社会に入っていく青年の心境と勝手に考えています。, 投稿から1年以上経っておられますが、ふとこの曲を思い出して検索したところ、この記事にたどり着いたので、投稿させていただきます。 いろいろな感じ方があるのだなぁと、感心して読ませてもらいました。, その中で、私ならこう解釈するという点をいくつか。 前提として、恋人あるいは配偶者との死別と考えています。, 『かわるがわるのぞいた穴』 望遠鏡という、考えは同感ですが、実際に覗いているというよりは比喩だと思っています。 恋愛や結婚というレンズを通して未来を見ていた、という感じです。 『(「恋愛の望遠鏡」を共有して)かわるがわるのぞいた穴から、(君は)何を(どんな未来を)見てたかなぁ? (僕の見てた未来の中には、)ひとりきりじゃ叶えられない夢もあったけれど』, 『さよなら』 別れの言葉は『僕』から『君』に向けてのものだと思います。なぜなら、その後『君の声を抱いて歩いていく』と決意を表しているので、そのほうが自然かな?と思いました。, 『君の声』 これは、「何か具体的に言われた言葉」ではなく、沢山ある「君との思い出」の象徴として「声」と表現しているのではないかと思いました。 『君の声(君との思い出)を抱いて歩いていく』, 『僕のままでどこまで届くだろう』 上記の『のぞいた穴』の解釈から、「君に届く」というよりは「未来へ届く」と、解釈しました。 『(ひとりきりの)僕のままで(あの頃見ていた未来に)どこまで届くだろう』, あの頃見ていた未来の中には、ひとりきりじゃ叶えられない夢もあったけれど、君との思い出を大切に、どこまで届くか、行けるだけ行ってみるよ!, そして、その道のり(『瞬きするほどの長い季節』)の果てに、『呼び合う名前がこだまし始める』 のではないでしょうか?, 最後に歌詞の解釈ではないですが、 『楓』の花言葉は「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」です。 最後の一つは西洋でのものらしいですし、この曲にはあまり関係ないと思うのですが、前二つから考えると、 悲しい別れがあったけれど「大切な思い出」を抱いてこれからを一生懸命生きようとする「美しい変化」を歌った歌なのでしょうね。, 漢字一文字の題名にもしっかりと意味が込められている、というのもスピッツの素晴らしさですね。, この曲を聴くと、死別してしまった友達の事を思い出します。 あくまで自分の経験に当てはめているだけですが、自分としてはその方がなんだかしっくりくる気がします。, この歌詞は生まれたばかりの子供が死んでしまったことを歌っていると聞いたことがあります。 かわるがわる覗いた穴というのは、保育器の穴で、楓は子供の手だとか。 他にも納得できるところばかりなので、多分合ってると思いますが。, CDジャケットの「楓、目、手」のイラストは、楓を見たら子供の手を思い出す、だったと思い, “ずっと真夜中でいいのに”の歌い手「ACAね」さんが歌う『秒針を噛む』という曲が最高すぎたので、今回はその歌詞と意味について考察していきたいと思います。感情を揺さぶる歌詞と力強くも可愛らしい声が魅力的ですよね。, 今回ご紹介していくのは、ミスチルの名曲「くるみ」の歌詞と意味になります。 何となく聴いていてもいい曲なのですが、 PVと一緒にみることで感動できる度合いがグッと高まりますよ。 それではいってみましょう!. -旅立つ「君」と上手に別れる方法- 今回はスキマスイッチ『奏』の歌詞を読んでみたいと思います。 出会いと別れの季節には、こういう曲がお似合いです。 この曲は、 君が大人になってくその季節が 悲しい歌で溢れないように という「君」への思いをつづった曲みたい。 ところでそんなスピッツの名曲である 「楓」の歌詞にどんな意味が込められてるのでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。. 演奏など「奏でる」という意味を持つ漢字一文字。 別れの時を経て新しい道を踏み出すそれぞれの道筋が、まるでハーモニーのように奏でられる、そんな意味があると感じています。 ちなみに、ボーカルの大橋さんが子供に付けたい名前をタイトルにしたなんていう裏話もあるようです! 2. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 歌詞のなかのキーワードとしては、“こんな歌”という表現が出てくる。 で、曲タイトルの「奏(かなで)」との関連だけど、つまり主人公たちが奏でていた、または、奏でていたかったのは、まさにその、“こんな歌”だったのだろう。 3. 最後に何か君に伝えたくて 大義ってどんな意味が込められているの? -旅立つ「君」と上手に別れる方法- 今回はスキマスイッチ『奏』の歌詞を読んでみたいと思います。 出会いと別れの季節には、こういう曲がお似合いです。 この曲は、 君が大人になってくその季節が 悲しい歌で溢れないように という「君」への思いをつづった曲みたい。 フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、チェコ、エストニア、マルタ、ドイツ、ルクセンブルク、ギリシャ、フィンランド、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、リトアニア、ブルガリア、オランダ, The regulated countries are as follows. 5. 子供や親子や恋人など 集まる いつものざわめき 新しい風 だけど今わかったんだ 僕らならもう 他の方の奏に対する解釈はあくまでも自分はこうだと思いますが対象は様々ですと色々書いてあって納得しましたが、あなたの解釈の仕方では恋人のみであって見ていて聞き手によってこうも違う解釈になるのかと。 『君が代』(きみがよ)は、日本の国歌。 10世紀初頭における最初の勅撰和歌集である『古今和歌集』の「読人知らず」の和歌を初出としている 。 作詞者が世界で最も古いといわれている。当初は「祝福を受ける人の寿命」 を歌ったものだが、転じて「天皇の治世」を奉祝する歌 となった。